カテゴリー「鉄道(乗り鉄・紀行)」の190件の記事

2021年4月29日 (木)

長崎新幹線改め西九州新幹線、肥前山口改め江北駅の巻

世間ではGW初日のようですが、コロナ禍に加え雨模様のため家でおとなしくしています。

Dsc_0166

少し時間のかかる洗濯槽洗浄などしてみたりして…

最近、JR九州から2つのリリースが続きました。

Nishiq1

一つは、来年秋開業予定とされる武雄温泉~長崎の新幹線の名称に関して。

「西九州新幹線」という路線名称に決まりました。

正式には九州新幹線西九州ルートという名称で整備されているものの、私はついつい「長崎新幹線」と呼んでしまってました。今後は「西九州新幹線」と呼ばないといけませんね。

もう一つは、長崎線と佐世保線の分かれる肥前山口駅の改称

西九州新幹線の開業に合わせて地元の自治体名に合わせた「江北駅」に変更されることが決まりました。

町議会でシステム改修費の拠出などの予算が議決されるのとセットで要望書が出されたことで本決まりに。

Img_5064

肥前山口は今でも列車の行先や乗換駅としてなじみがありますし、かつてブルートレインの分割・併合が行われていた駅としても知られています。

しかし、「山口」という名前は旧村名に由来しているので、現在の町を代表しているとは言えない、町名を冠して知名度を上げたいというのが改称派の理由。

一方で、「由緒ある駅名だ」として改称反対の請願もあったようです。鉄道ファン的な回顧の他にも、今でも駅周辺の地名は「江北町山口」ですから「肥前山口で何が悪い」という地元意識も背景にありそうです。

歴史ある駅名がなくなるのは残念ですが、新幹線開業で交通体系が変わることへの江北町の危機感も理解できます。

Nishiq2

西九州新幹線開業後の運行体系や料金体系はまだ見えてきませんが、個人的には運賃計算ルールがどう変わるか興味があります。

FGT計画の断念のあと、新鳥栖~武雄温泉の整備計画が進んでいないことには今回は触れませんが、西九州新幹線は基本的には長崎線の速達化のために作られるもの。

新幹線の運賃や乗車券の扱いの今までの原則に沿えば、西九州新幹線の運賃は在来線の長崎線経由と同じになります。一方で、いわゆる並行在来線が経営分離された場合には、新幹線は独立した路線として営業キロや運賃が設定されてきました。

開業済みの九州新幹線でも、在来線が肥薩おれんじ鉄道に移管された新八代~川内に関しては、在来線経由の119.7kmではなく新幹線の走行経路に沿った91.5kmが営業キロになります。

Nishiq3

今回開業する区間では、諫早~長崎の在来線は経営分離されないと当初から決まっていたので、新幹線の運賃も在来線(市布経由)と同じになるでしょう。なので、ここは省いて肥前山口(江北)~諫早に限って考えます。

#開業時を考えれば江北で記載すべきでしょうが現在の資料はすべて肥前山口なので、今後の文中は肥前山口で統一します

この区間の長崎線は上下分離され、設備維持は佐賀・長崎両県が行うこととなっています(費用負担割合の問題はあるけどこの点は変わってない)

列車の運行を担うのは、肥前山口~肥前鹿島は引き続きJR九州、肥前鹿島~諫早は第三セクター化というのが当初の計画。しかし、佐賀県内の整備計画も相まって二転三転し、「新幹線開業後23年間はJRが運行する」ことが現在の合意事項のようです。

さて、これがどう影響するか?

長崎線を引き続きJRが運行するという前提で、例えば博多~長崎の営業キロが153.9kmで変わらないようにしようと思えば、新幹線武雄温泉~諫早の営業キロは在来線肥前山口~諫早の60.8kmから肥前山口~武雄温泉の13.7kmを引いた47.1kmに合わせるという方法があります。

実キロの44.8kmよりちょっと長くなりますが、ほかの新幹線沿線と同じといえば同じか…

Img_5194

もう一つは、新大村で新幹線と大村線が接続すること(写真は昨年の訪問時

Nishiq4

利用者目線では新大村~諫早を大村線と同じ営業キロにして、選択乗車可とするのがよさそうですが、本来の在来線・新幹線の関係とは異なるんですよね… 

まさか別駅扱い…ということにはならないよね😥

武雄温泉~新大村を早岐回りに合わせるのは並行在来線じゃないし大回りすぎるので実キロベースか。

いろいろ妄想を書いてきましたが、最初の前提の「並行在来線を引き続きJRが運行する」のが時限的であるとすれば、武雄温泉~諫早の新幹線は最初から長崎線とは別線として運賃体系を作り直すかもしれませんね。

JR九州がこのエリアの将来像をどう考えているかが来秋以降の運賃体系から見えてきそうです。

2021年3月12日 (金)

鹿児島市電鹿児島駅前停留場は3月27日から営業再開

前の記事の続きで、早朝の鹿児島駅から。

Img_6732

貨物列車を2本見送り、改札外へ。

Img_6727

前回訪問時は基礎工事中であった、市電の鹿児島駅前停留場ですが、3月27日供用開始とアナウンスされています。ホームなどの仕上げの最終段階か。

Img_6731
Img_6735

ここから乗るにはもう少し待たないといけないのは残念ですが、2つの駅が統一性のあるデザインで建て替えられたことは分かりました。

鹿児島中央駅(旧西鹿児島駅)より歴史のある鹿児島の玄関口ですから、大切にしてほしいです。

Img_6729

隙間から「鹿児島貨物ターミナル駅」の看板が見えましたが、雨模様のためにそちら側を探訪することは断念。

Img_6734_20210312161101
Img_6737

現在鹿児島駅側の終点になっている桜島桟橋通電停へ。

ここから乗ったのは私一人でしたが、隣の水族館口からは、日曜日の早朝にもかかわらず学生さんが数名。

駅名が紛らわしいですが、桜島フェリーからの乗り継ぎは水族館口のほうが近いのです(皆さんがそうか分かりませんが)

Img_6739

7時半前には鹿児島中央駅前に戻ってきました。

ホテルに戻って朝食を食べ、午前中は娘の部屋の片づけを手伝って帰路につきました。

Img_6332_20210312162901 
Img_6333_20210312162901

鹿児島市は「マグマシティ」を名乗ってプロモーションをしています。

Dsc_4457

前の晩には「マグマやきいも電車」なるイベント列車に遭遇。

Img_6740

コロナに負けず、「きばっど!カゴシマ」

2021年3月10日 (水)

鹿児島で貨物撮影朝練の巻

娘の引っ越しの日は、翌日も手伝うことがあるだろうと鹿児島で一泊。

Img_6335

翌朝、まだ明けきらぬ鹿児島中央駅へ。

早朝に2便続けて鹿児島に到着する貨物列車を見るのが目的。

土日も運行されているのは事前に「どれどれ」で確認済。この日もちゃんと川内(せんだい)を通過して鹿児島に近づいているようです👍

Img_6336_20210310214401

PIXAR新幹線の大きな看板の横に、九州新幹線開通10周年を記念した「流れ星新幹線」の告知。

Img_6683

ホームに降りると、出発を待つキハ200形「なのはな」編成。

Img_6689

6番のりばの出発信号が青に。

Img_6692
Img_6699_20210310214401

ED76牽引の1071レが通過しました。

もうちょっと日の出が早い時期でないと撮影は厳しい…😅

Img_6704

1071レのあとを追って、鹿児島中央6:27発の国分行で鹿児島駅へ移動。

降りると、ちょうど1071レが2番のりばから引き上げ線へ出ていくところ。

Img_6708
Img_6712

貨物駅への入換と、次に来る4091レの到着とどちらが早いかと1番のりばから両にらみで見ていると、すぐに1071レが推進運転でコンテナホームに入ってきました。

宇部駅と同様、架線のないコンテナホームに電気機関車で入れ換えるので、架線終端ギリギリまで機関車で押し込む形。

Img_6715
Img_6717

EF81牽引の4091レが到着。こちらは中線に入ってきます。

Img_6724
Img_6726

7:01発の川内行が出たあとで、4091レは北側へ引き上げていきました。

本線を支障するので、待つことになっているのでしょう。

貨物駅の側で間近に見てみたかったけど、小雨模様だったのでこれで撤収することにしました。

#3月13日にダイヤ改正があるので、運用が変わってしまうかもしれません

2021年2月22日 (月)

36ぷらす3の次は「WEST EXPRESS 銀河」へ

日曜日は朝から下関へ。

Img_6212

改札前に「ふく提灯」がたくさんぶら下がっております。

Img_6214_20210222200401

この日のお目当ては、下関発大阪行の「WEST EXPRESS 銀河」

ホームの発車案内が英語表示も含め3パターンに切り替わります。

Img_6220
Img_6226

10時ころ、出庫してきて最西端の線路を通りいったん幡生側へ。

Img_6232
Img_6255_20210222201101

折り返してきて8番のりばへ入線します。

黒光りする36ぷらす3と比べて、瑠璃紺(るりこん)色に塗られたWE銀河も落ち着いていて美しいです。

公式サイトには、西日本が誇る美しい海や空の色と解説がありますね。

Img_6243_20210222200901
Img_6245

座席車があったり、寝台が見えたり、車両ごとに多機能です。

扉のカラーリングと、車内設備のカラーリングのテーマが車両ごとに変えてあるのが印象的。

Img_6251

なるほど。ヘッドマークはこんな感じで取り付けられてるのか。

改めて見ると、やっぱり117系です。

Img_6246_20210222200901

6番のりばには、「○○のはなし」が折り返し待ち中。

Img_6258

8番のりばからも車内を見てみます。

2週連続贅沢な旅、ではなくて見に来ただけなのであくまでも車外から。

Img_6261

光線の加減でこっちからだと撮りにくかったですが、フリースペースになっている4号車「遊星」が”You Say"と書かれてるとか、パーティションにマスクとかディスタンスとか書いてあるのが大変だなと思いながらも遊び心を感じました。

Img_6268_20210222200901
Img_6271

発車前、115系や415系との並びが見れます。

Img_6278_20210222200901

手前の415系が小倉へ向けて出発した後、WEST EXPRESS 銀河は大阪に向けて出発していきます。

服も同じ色でキメた女の子が旗を振って見送りしていました。

 

動画でも出発シーンを紹介。

下関発着の昼行便も終わりかけの時期ですが、ようやく見に行くことができました。

2021年2月20日 (土)

36ぷらす3 緑の路(土曜日)乗車記⑤オマケの別府宿泊

17時前に別府に到着します。

Img_6133

天気はちょっと残念でしたが、飽きることなく5時間ちょっとの乗車を楽しむことができました。

Img_6138

名残を惜しんでいると隣にやってきた博多行のソニック。

これに乗って小倉へ戻り、日帰り旅行にしてしまうことも可能ですが、さすがにもったいない。

Img_6139

子供に「泊まってきていいよ」と言われたので、このまま別府に泊まって一泊旅行に。

36ぷらす3は、午前中遅めに出て夕方までに着くダイヤ設定になっており(長崎からのディナープランを除く)、前泊あるいは後泊と組み合わせて九州観光を楽しんでね、あるいは九州周遊の一部に36ぷらす3を組み込んでね、という狙いがあります。

空路で宮崎空港に入って、別府で宿泊というパターンもお手本の一つになりましたら。

Img_6140_20210220171501
Img_6145_20210220171501

鉄輪温泉に宿をとりましたが、街中にも湯けむりが多くて雰囲気がありました。

湯気に関しては、雨模様で湿度が高いほうが派手になるので、この天気で良かったのかも…

Img_6147
Img_6153

翌朝、宿から歩いて行ける範囲にある「地獄」を数ヶ所観光。

Img_6161

車で観光すると歩くことのないであろう路地も散策。

Img_6162
Img_6164

緊急事態宣言を受けての一時休業か(大分は対象地域ではありませんが、関東関西や福岡からのお客さんは減っているでしょう)、コロナ禍のあおりで廃業したのか個々の事情は分かりませんが、休業や閉館が目立つのは残念です。

賑わいは果たして戻るのか…

Img_6172
Img_6173

日曜日は早めに帰路へ。883系ソニック。

Img_6569

実は、別府12:18発(大分12:10発)のソニック28号に乗車すると、小波瀬西工大前駅でこの日の36ぷらす3「青の路」を追い越します。

駅弁食べながら帰ろうかという思惑とも一致して良かった。

Img_6584_20210220172301

小倉でソニックを下車。

次の「団体」表示は、先ほど追い越した36ぷらす3「青の路」が大分・別府から門司港に向かう途中の運転停車でしょう。

門司港で折り返してきたあとは小倉で下車可能なので「36ぷらす3」の表示になるのか?(確認できてません)

Img_6587

駅ビル(自由通路)から入線してくる36ぷらす3を確認して、この週末の旅は終わりとしました。

2021年2月17日 (水)

36ぷらす3 緑の路(土曜日)乗車記④マルチカーや個室を紹介します

重岡の特別停車が終わると、下車可能な大分まで、2時間ほど車内で過ごすことになります。

Img_6111

4号車のマルチカーで、有料の体験イベントに参加するのも良いでしょう。

「緑の路」では梅酒づくり体験ができるようです。申し込みは車内にて。

Img_6110

それが終わった15時過ぎからマルチカーにお邪魔して、一服。

Img_6525_20210217171001

コーヒーはビュッフェで購入。会計後にカップを受け取り、自分でコーヒーメーカーを操作する形。

ビュッフェは、銅板を多く使っているのが目を惹きます。

Img_6521

左の「和栗を使った生どら焼き」は、妻の目撃情報も加味すると、宗太郎で積み込まれ、発車後にマルチカーのカウンター(写真右)で販売されました。

他の乗車記を見ると、天気の問題がなければ重岡駅で販売されるようです。

Img_6112
Img_6113

マルチカーの一角には大型ディスプレイがあり、宗太郎越えの情報が流れていたり、イベントに関連した映像が流されます。

蓋をすると大きな組子があしらわれたパーティションになる仕組み(組子の背景の照明が明るすぎ、周りが暗く写ってしまいました)

Img_6516

残りの時間で車内探索の仕上げを。

5号車6号車の座席車両は、座っている方の目線もあるのでそそくさと。

新幹線を思わせるシートで、800系の座席をベースに設計されたという記事もありました。グリーン車らしく2+1の3列仕様。

Img_6118

1号車へ移動。

Img_6119

両端の1号車と6号車は畳敷きになっているのが36ぷらす3のウリの一つ。

1号車では、入り口に個室別に下駄箱あり。

Img_6117

コロナ禍で乗客を制限しているのか、使われていない個室が各車両にあったので撮影させていただきました。

1号車は3-4名で使える個室が4つ。

もともとグリーン個室だった箇所と、新たに作った個室でパーティションが異なると公式サイトにあるのに後で気づいたのですが、乗車中に気づかなかったのが残念。

長いソファと、椅子が混ぜてある席の配置が面白いです。

次はここに乗ってみたいけど、夫婦2人じゃ乗れないのと、子供にはもったいない感じなのと、家族全員分奮発すると人数オーバーするのが悩みどころ…

Img_6121

続いて2号車。

Img_6120

4-6人用の個室が3室あります。

4人利用ならゆったりだけど、3人並ぶと結構密になる感じ。
(失礼ながら、大柄な男性のグループがあり出入りが大変そうでした)

Img_6122

2号車には、車いす利用が可能な座席も。

Img_6123
Img_6124

最後に、私たちが乗った3号車。1-2人用の個室が6室。

もともとボックスシートだったところを改造したと公式サイトに(以前ボックスシートを利用したときの写真がありました)

1号車のグリーン個室改造もそうですが、窓の配置が変えられなかったり、天井まである仕切りの変更が難しかったりと、この手の車両改造の難しさと、制約のある中で最適解を出す楽しさが感じとれます。

各車両とも個室ごとに座席のデザインが異なるほか、壁や床の基調が変えてあり、障子の組子のデザインも違います。

見飽きないように工夫されてるし、次は違う座席で楽しみたいという気持ちになりますね。

Img_6561

そうこうしているうちに大分に着きました。

終点の別府まであと少しです。

2021年2月16日 (火)

36ぷらす3 緑の路(土曜日)乗車記③延岡、宗太郎、重岡に連続特別停車の巻

「緑の路」の旅は続きます。

Img_6107

リニアの旧実験線(現在はソーラーパネルが並べられたりしてます)などを眺めながら食事を終えたころ、延岡に到着します。

Img_6508

783系のにちりん9号と、「宮崎色」の713系がお出迎え(いずれも宮崎方面行)

10分ほど特別停車(ホームに降りられるけど駅の外には出られない)の時間を取ってあります。

特産品の販売コーナーあり。

Img_6514

わざと映り込むように撮ってみたりして…

Img_6509

宮崎空港は雨が強く先頭が撮れなかったので、ここで1枚。

隣には貨物。4075レが13時前に到着するようなので、その編成か。

Img_6520

特別停車のときは、乗り遅れがないように、3分前からスタッフが🔔鐘(ハンドベル)を鳴らして回ります。

Img_6524_20210216182401

乗り込んでみると、コキに入換用機関車が連結されていました。

この先、36ぷらす3は通称「宗太郎越え」と言われる区間に入ります。

大分~宮崎県境地帯で、佐伯~延岡ノンストップの特急は1時間に1本程度設定されていますが(現在間引きあり)普通列車の本数が極端に少なく、間の小駅で乗降するのが難しい区間となっています。

Img_6527_20210216184001

次に停まるのが、大分県に入ってすぐの宗太郎駅。

この区間を代表する秘境駅として知られ、「緑の路」の目玉の一つに挙げられています。

ドアが開くのは前3両だけ。

Img_6530_20210216184001

787系4両の「にちりん11号」と交換。

今回のルートは大半が単線区間なので、特別停車以外にも交換のための運転停車が多いです。

Img_6534
Img_6533

雨模様でしたが、皆さん結構降りて秘境駅を楽しんでおられました。

Img_6539

ここでは、鐘を持ったスタッフが向かいのホームまで出張って「追い出し係」をしていました。

Img_6545

となりの重岡駅にも20分間特別停車。

本来物販コーナーができるようですが、雨のためか用意なし(前の宗太郎で積み込みがあったのを妻が目撃していたので、状況によって車内販売に切りかえるのかも)

Img_6547

2面3線の立派な構内ですが、ホームが整備(かさ上げ)された部分は短く、宗太郎と同様前3両だけドア扱い。

Img_6554
Img_6557

20分の間に、後続の「にちりん14号」に追い越されるのが見どころ。

同じ787系6両編成なので、黒さの異なる2編成が並ぶ姿には見ごたえがありました。見比べるのにも向いてます😁

待ってる間、傘をさしてくれた妻に感謝。

Img_6559

追い越して行く列車を見送るように撮ると、駅舎のある側に、鐘を持ったスタッフが行って目を配ってましたね。

さすがです。

2021年2月15日 (月)

36ぷらす3 緑の路(土曜日)乗車記②宮崎空港発~まずは車内でランチ

そろそろ駅へ移動します。

Img_6090

宮崎空港は、ターミナルビルに隣接して駅があり、土曜日の36ぷらす3は朝の飛行機から乗り継ぐことを意識してか、宮崎空港発で設定されています(今は欠航が多いので、福岡からの便が予定通り出るか、ギリギリまで冷や冷やしてました)

Img_6475
Img_6093

「緑の路」のウェルカムボード付き。

Img_6091

36ぷらす3は1周すると進行方向が変わるので、こんな注意書きも。

予約される際も、webだとその日の進行方向が表示されるので、海側とかの希望があれば注意して申し込んでください。

Img_6480

11時過ぎに回送されてきます。

Img_6485

結構な雨なので、撮影はそれなりで切り上げ…

Img_6495

乗り込んでみると、この日の旅程(停車駅)が掲げてありました。

ここは日によって差し替えるんでしょうね。

Img_6498

今回の座席は3号車。

Img_6496
Img_6497

妻と一緒なので、2人用個室を確保しました。

Img_6502

3号車は半室がビュッフェになっています。

飲み食いに便利ととるべきか、1号車2号車と比べると人通りや話し声が気になるととるべきか…(とはいえグループの人数で使える個室は決まってしまうのですが)

Img_6506

11:25に宮崎空港を出発して、まずは宮崎へ(写真は南宮崎駅)

宮崎でも乗車があり、この先が本格的な旅程になります。

Img_6099

高鍋に運転停車し、発車するとまもなく「右手に日向灘が見えます」とのアナウンスが入り、小丸川橋梁の上で徐行。

大川組子の調度品や、ランプのしつらえは素晴らしいのですが、障子を全開にできないので、車窓は隙間から覗くかんじで控えめです(どっちにしろこの日は雨模様…)

Img_6100_20210215232601

ランチプランを頼むと(個室は基本的に食事つき)、12時過ぎからドリンクの希望を聞きに来て、そのあと食事が運ばれます。

ドリンクはアルコールも選べますが、コースに含まれるのは1杯なので、もっと飲みたい方はビュッフェに調達に行くか、スタッフに頼みましょう。

Img_6102

「緑の路」では宮崎の「季節料理かわの」のお弁当。

写真で見て、右下の鯛のちらし寿司が奇麗だなと思ったのもこのコースを選んだ理由の一つですが、ほかにも鰤や地鶏、宮崎牛など、十分おなか一杯になる量でした。

この時点で、お酒も少し入って満足してしまったのですが、まだまだ続きます。

2021年2月14日 (日)

36ぷらす3 緑の路(土曜日)乗車記①まずは福岡空港から宮崎へ

昨年10月からJR九州が運行している「36ぷらす3」

小倉駅に試運転を見に行った時からいつか乗りたいと思っていましたが、週末に乗車可能な土曜日の「緑の路」(宮崎空港・宮崎~大分・別府)がいいかなと考え、2月分の発売早々に予約しました。

日曜日の「青の路」(大分・別府~門司港~小倉・博多)のほうが旅程的にはよりお手軽ですが、さすがに地元すぎて…

というわけで、まずは宮崎空港に向かうところから。

Img_6067

博多駅で地下鉄に乗り換えますが、乗換通路のエスカレーター増設工事が本格化し、狭い階段のみになっています。

7月までの我慢我慢。

Img_6071

空港について、まずはキャリーを預けようかと(100席以上の機材なら持ち込み可能なサイズですが、今回は小型機なのでサイズオーバー)

Img_6073

んー、JALも手荷物タグを自動発行する機械を入れてるのか…

飛行機も1年以上乗ってなかったので、空港の変わっているところに気づく機会が減ってますね。

Img_6072

タグの発行はQRコードなどで予約情報を読み込ませ、個数を指定する程度なので簡単。

さて取り付けは…

既に剥がしている1の部分を剥がして、3に貼れば完了。タグを貼った荷物をカウンターに渡せば手続きは終了です。

要注意な点を挙げるとすれば、剥がした1の部分が手荷物引換証(クレームタグ)になるのに気が付かず、危うく捨ててしまいそうになったこと(到着地で荷物がちゃんと出てくればクレームタグがなくとも大丈夫なのですが、トラブった時には必要になります)

Img_6440

搭乗までちょっと余裕があったので、展望デッキへ。

ちょうどANAのB787がプッシュバックしたところ。

奥にいつも見えていた「キシヤ」の倉庫が取り壊されてるな…
(調べてみると、滑走路増設に伴う移転のようです)

Img_6456

離陸を待つ間に、次の便がスポットに入ってきました。

Img_6445

マーシャラーによる誘導ではなく、停止位置までの距離がカウントダウンされて「STOP」に変わるところを見ることができました。

Img_6467

今回乗るのは、A350の向こうに停まっているエンブラエルE170。

Img_6078

乗客も少なめで、減便で滑走路の混雑もなく、早めの離陸。

混雑しすぎるのも困るけど、早く元の活気に戻ってほしいものです。

Img_6080

機内では、バレンタインデーの企画でチョコをいただきました。

Img_6084_20210214180201

福岡は晴れていたのに、宮崎空港は雨。

Img_6085_20210214180201

36ぷらす3の出発まで1時間ほど時間ができたので、空港内を散策。

Img_6473

展望デッキは雨なので早々に退散。

Img_6088

プロ野球やJリーグのキャンプを歓迎する垂れ幕が出ていましたが、いつもの年なら関係者以外にもファンが宮崎を訪れる経済効果を期待する時期。

今年は各チームとも無観客なので、寂しい2月ですね。

ところで、プロ野球チームの並びは昨年の順位に従っているんでしょうか?

Img_6086

ね?温水さん。

2021年2月10日 (水)

列車の来ない駅を一回り後編:日田彦山線のBRT化予定の区間も

前の記事の続きです。

Img_6029

湯布院から日田まで、国道210号線を走りました。

通行止こそないものの、何ヶ所か片側交互通行として法面や路肩の復旧工事をしています。

規制区間が長く、5分以上待たされたところも…

Img_6028

ここは、久大線の法面を補強したところですね。

Img_6030

早朝からウロウロして、昼に日田焼きそばで一息つきました。

そのあとは、日田彦山線に沿って北上し帰路へ。

Img_6384

まずは今山駅。

特に工事はされていませんでしたが、踏切の横にはロープが。

BRT発着場ができるあたりの桜の木が1本倒れていたのですが、もしかしたら工事の準備?

Img_6387

続いて、前の記事でも取り上げた宝珠山駅。

ホーム上の「ここが県境」という目印は残っていますが、それ以外の待合室や駅名看板などが撤去されてしまいました。レールの撤去も進んでいます(以前の姿はこの記事など)

彦山駅からここまでBRT専用道を整備する計画なので、ホームを撤去して乗降場が整備されることでしょう。県境の標示はどこかに残してほしいですね。

Img_6395

駅前の大肥川にかかる橋は、かなり形になっており、工事看板の3月11日までには完成するのでしょう。

Img_6399_20210210233801

護岸工事で片側通行となっている区間があり、宝珠山駅前の代行バス停留所は、バスが歩道に乗り上げる形になっていました。

Img_6411
Img_6416

大行司は前回と大きな変化なし。

Img_6424

筑前岩屋もレールの撤去が進んだ様子はなし。

Img_6421

ちょうどやってきた代行バスですが、乗客ゼロに見えました…

Img_6431
Img_6426

彦山駅は、レールの撤去が進んでいます。

もともと構内通路だったところもバラストだけになってしまいました。

宝珠山と同様、BRT専用道と一般道を接続する設備ができるので、駅舎側のホームは残るかもしれませんが、島式ホームは撤去されるでしょうね。

Img_6439

最後に、道の駅で買い物をしたついでに立ち寄った歓遊舎ひこさん駅。

Img_6438

ここはBRTが一般道を走行する区間なので、レールや駅舎は手付かずのままですが、ここでも隣接する踏切にはロープが。

BRT化工事については引き続き注視していきましょう。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ