カテゴリー「猫日記」の133件の記事

2021年1月15日 (金)

2匹の猫の違い15選

唐突に猫ネタです。

Mugimame1

我が家には2匹猫がいます。

キジトラの先住猫(2013年生まれ)と、三毛のチビ猫(2016年生まれ)

どちらも雌猫ですが、毛色以外にも結構な違いがあります。

Mugimame6

①立派な尻尾の先住猫と、どこに置いてきたのか尻尾のないチビ猫(生まれてすぐにカラスなどに襲われたという説が)

Mugimame3

②前足が全く見えないくらいきれいに折りたたんで「香箱」になる先住猫と、かならずはみ出すチビ猫

③ゴロゴロ喉を鳴らす音が大きいのが先住猫、ほとんど聞こえないのがチビ猫

④ニャーニャー要求するチビ猫に対し、怒った時にしか声を上げない先住猫

⑤そういえば飼い主に猫パンチ繰り出すのも先住猫だけ…

Mugimame4

⑥ちょっと太めの先住猫と、ちゃんと食べても細いチビ猫(どちらも不妊手術をしたのでその条件は同じです)

Mugimame9

⑦先住猫は寄り付かないファンヒーターの前が、チビ猫は大好き

痩せてて寒がりなのかと思っていますが、鍋物をやっているカセットコンロの近くにも寄ってくるので、単なる怖いもの知らずなのかもしれません。

Mugimame8

⑧箱があるととりあえず入ってみるチビ猫ですが、先住猫はあまり箱に入ろうとしません。

Mugimame5

⑨でも、先住猫は子供の帽子とか、部活の用具とか、カバンの取っ手に執着することがあります。臭いフェチ?

Dsc_4054

⑩洗面台に上がって「蛇口から水を飲ませろ」と要求するのはチビ猫だけ

新鮮なのが旨いのかい?足濡れてもこれが好きなんだよね…

Mugimame7

⑪抱っこすると後ろ足を伸ばして美脚アピールするのもチビ猫だけですね

Mugimame2

⑫テーブルに上がった時、必ず新聞やチラシの上に座るチビ猫に対して、チラシを踏もうとしない先住猫は奥ゆかしい?

Img_5807

⑬奥ゆかしいと言えば、正面からきて顔をスリッとしてくるチビ猫に対して、先住猫は必ず横か後ろからすり寄ってきます

Img_5802

⑭扉の外で、入れて欲しそうなので開けてやると、中にいた人を見て一瞬たじろぐのが先住猫。一方のチビ猫は「出してくれ」というので開けてやると「外寒いんですけど」と固まることがしばしば

⑮扉を開けてほしい時、鳴いてアピールするのがチビ猫。扉の前で飛び上がったり、扉をひっかいてさりげなく音をたてるのが先住猫

Mugimame0

いろいろ違いはありますが、仲は良いようです。

これからも元気でね。

#今回の写真の多くは、Googleフォトが猫の写真と認識してタグ付けされたものの中から選びました

2020年12月31日 (木)

雪の大みそかになりました

ひとつ前の記事で今年の更新は終わりかと思っていましたが、30日から今朝にかけて雪模様になったので一つ記事に。

Img_5515

今年の我が家の大きな変化は、娘の進学と一人暮らし。

そして最近運転免許を取得しました。

Img_5516

帰省してきて「さて運転の練習するか」

妻の車に初心者マークを貼りつけて出動です。

Img_5517

「車庫入れ」の経験がないということで、駐車場が広くてほかの人の迷惑になりにくいところ…と考えて近くの公園へ。

方向転換や縦列駐車の教習あったよね?と聞いてみると、あれはハンドルを切る目印とか決まっていたので、と。たしかに…

駐車スペースにまっすぐ入れる、といった実践は免許取得後に自分で努力するしかないよう。

Img_5519

ほらほら、ハンドルが一見まっすぐでも、1回転してタイヤは曲がってますよ…

一発で真ん中に決められないのは仕方ないですが、切り返していい感じに修正する、のがまだ難しそう。

Img_5521

昨夜はちょっと家族で会食。

Img_5524

帰ってくると雪が少し増えており、路上は凍り始めていました。

Img_5533_20201231114701

今朝の庭先。

Img_5529

氷点下になったのか、大根の葉先がしおれ気味。

Img_5537_20201231114701

コロナ禍でいつもの年越しとは様相が異なりますが、来年はワクチンなど「接触を避ける」以外の有効な方法が実用化されて上向きを感じられる年になることを期待します。

2020年12月12日 (土)

新駅舎開業間近の折尾駅を一回り(前編)

1月2日の鹿児島本線切替、新駅舎開業まで3週間となった折尾駅。

新しい構内の様子も見えるようになってきたので一度ご紹介。

Img_5256

相変わらずお好きでんな。

Img_5317
Img_5319_20201212103801

折尾行の415系で到着。

線路のほうは、当日に切り替える個所を残す程度となっています。

現5番のりば(鹿児島線上り)が新しく3番のりば(鹿児島線下り)に変わりますが、そういう目で見ると、今5番のりばから上り本線に出ていくところは分岐側になっていて、最終形を想定した配線(今は仮設)になっていることがわかります。

Img_5322

現在、工事(エスカレーター設置)のために閉鎖されているところに、供用後を意識したペイントが増えています。

Img_5321

この場所、現3番のりばでは今は外階段(写真右)になっていますが、矢印の範囲のホーム面の材質が違います。

次の短絡線の高架化までの間に、ここにもエスカレーターが設置され、外階段は撤去されると思われます。

Img_5325_20201212103801

新しい4番・5番のりばは案内表示も設置されました。

Img_5323

レールを設置したあとからバラスト(にしては小さめの砂利)を入れている最中でしたが、レールを支えるというよりは騒音や振動対策か。

Img_5367

現5番のりばは、下り仕様に合わせた乗車案内も準備中。

「かも」と書いてある養生テープがありましたが、朝に1本設定されている「かもめ101号」(門司港→佐賀)でしょう。

平日は9両編成、休日は5両編成。博多を通り抜ける特急は少ないので、一度乗り通してみたいもの。

Img_5327_20201212103801

ホームから降りると、新しい駅舎内とは柵で仕切られた程度になっており、広い構内が見渡せます。

Img_5328

新しい改札口の自動改札機も設置済み。

Img_5326_20201212103801

改札口を入ったところに、東筑軒のうどん店の看板を発見。

欠かせませんよね😋

Img_5352

筑豊線ホームに移動する構内通路から、新駅舎が見える個所があります。

新駅舎への通路になる箇所の壁を先行して取り外した模様。

Img_5358

前回の記事の時はここは壁が残っていましたが、取り払われました。

他のホームとはちょっと距離がありますが、今までと比べれば近い近い🤗

左と右の壁面を見比べていただくと、ちゃんとホームの並びを反映した標示になっているのが良いです。

Img_5356

改札口方面を覗き込んだところで、折尾駅巡りの構内編は終わり。

新駅舎構内の床にところどころ線が引いてあるのは、リリースにもある、立体交差の歴史を伝えるためのレール跡の展示でしょうか?このあたりは開業後に確認しましょう。

2020年11月 5日 (木)

ネコをダメにするファンヒーターをグレードアップ

11月に入り、当地でも寒い日が。

Img_4783

夕食に鍋物をすると、チビ猫がテーブルに上がってきて、「分け前」を求めるというよりは暖を取るためにどっかりと寝転んでしまいます。

ヒゲなどを焦がさないかとか、取り分けるときに熱い具を落としたりしないかと気が気でありませんが、当人は全く意に介さず…

Img_4790_20201105223001

我が家はリビングの暖房にガスファンヒーターを好んで使っておりますが、今年の春先に娘が「ちょっとガス臭い」と指摘したことが続いたため、その時点で使用を中止。冬を前に、新しいヒーターを購入しました。

前のはちょっと力不足を感じていたので、能力をワンランクアップ。

#大阪ガスブランドなのは、購入したサイトで割安だったためで、中身はリンナイ製です。都市ガスの種類の適合は確認済み

Img_4794

ガスコンセントとガスコードを使った接続は以前と同様。

Img_4791
Img_4793

適切でないホースで接続させないためか、購入時はガス供給部分がカバーで覆われていて、ガスコードを差し込むとカバーが外れるようになっています。

前のヒーターは西部ガスの人が設置してくれたのでこのカバーがあったか覚えてないですが、いつから業界標準になっているのか?

Img_4795

石油ファンヒーターと違って「給油」は必要ありませんから、繋いでスイッチオンですぐに温風が出ます。

Img_4810

さて、温風が出るようになると、すかさずチビ猫が寄ってきました。

以前のものよりパワフルで風が強いためか、単に慣れないからか、最初は遠巻き。

Img_4811

部屋が温まって風が弱くなってくると、徐々に距離を詰めます。

Img_4814
Img_4818

初日からこんな感じです。

2020年10月 1日 (木)

酒税改正で「第3のビール」値上げの秋

10月になりました。年度の半ばが過ぎたことになります。

1年が過ぎるのが早くなると感じるののは年齢のせいが大きいと思いますが、今年はコロナ禍で行事やイベントが減り、「何もしていないのに季節だけ過ぎる」感じがより強いです。

Img_4561_20201001171401

先日の「世界ネコ歩き」の放送がどうも新作らしい(国内ロケですが)ということで何となく見ながら作業をしていると、先住猫がやってきて遠巻きに見ているのに気づきました。

Img_4562

本編はちょうど終わってしまったので、大きなテレビのほうで録画したのを再生してあげました。

Img_4564_20201001171401

さすが「猫視聴率ナンバーワン」と言われる番組。熱心に見てます。

Img_4566

と思うとウトウト…

Img_4569
Img_4571

寝ちゃいましたね…

Img_4572

そんな我が家の玄関先には、ビール(風飲料)がドッサリ。

Zei_beer

報道も多いので皆さんご存知と思いますが、10月からビール系飲料のうちいわゆる新ジャンル(第三のビール)の税率が上がり、一方「ビール」は税率が下がることに。

最終的には6年後に「発泡酒」も含めて税率が統一されることになります(図はこちらのページから)

Fuk_wpt1

直接は関係ないのですが福岡空港近辺のウェイポイントを参考に…

ビールから麦芽を減らせば税金が安くなるということに目を付けて、サントリーが「ホップス」、続いてキリンが「淡麗生」を出したのが1990年代。

すでに私はお酒を嗜む年齢でしたので、消費者にはうれしい、いや脱法的商品だ、本物のビールに比べると今イチ、といった議論とか、アサヒは「スーパードライ」にこだわってなかなか参入しなかったこととかが記憶にあります。

メーカーの努力もあって、発泡酒よりさらに税率が低く位置付けられる「第三のビール」も定着し、中間に位置する「発泡酒」は少し目立たないのが昨今です。

財務省からすれば税金のとりっぱぐれが続いていたようなものですから、段階的とはいえ思い切ったテコ入れをするものだと思います。

税額分の価格差がなくなるので「ビール回帰」となるのか、原材料等を調整したなるべく安いビール系飲料の競争が続くのか、別の面ではクラフトビールのバリエーションは増えそうとか、6年後のビール事情はいかに?

Fuk_wpt2

福岡空港の北側にはビール系ウェイポイントが目立つのですが、南側には並べると「ソフトバンクホークス」と読めるウェイポイントもあります(本題と全く関係ない)

Zei_wine

ビール系飲料だけでなく、醸造酒の中で清酒(日本酒)と果実酒(主にワイン)の税率の違いも埋められることになっています。

こちらは商品価格に比べて値動きの幅が小さいからか(ワイン1本で7円、日本酒一升瓶で18円)、ビールほどは話題になっていませんね。

先ほどの「第三のビール」は350ml缶1本で約10円。1ケースで200円以上になりますから大きいです。とはいえ、まとめ買いした結果飲みすぎたら何の意味もないですね…

あと、改めて思うのは、含まれるアルコール(エタノール)の量を考えるとビール系飲料の税率は高いです。「ストロング系」の飲料もアルコール依存を増やすと問題になっているようですし、最終的には「酔える度合い」に応じた税額に収斂できないもんですかね?

2020年5月17日 (日)

テレビに録画用HDDを増設した話など

新しく買ったテレビの話の続きです。

テレビが新しくなったので、できることを色々試してみました。

Dsc_2294

子供は、Nintendo Switchを繋いで大喜び。

SwitchのTV出力は1080pとのこと。

画面は大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL(スマブラ)の一場面。

Dsc_2289
Dsc_2288

一方、こっちは復刻版のファミコン(ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ)を繋いでみたところ。

こちらも昔と異なりHDMI接続で、出力は720p。

4Kパネルは3840x2160なので、ちらつきとかぼやけたりがないかと気にしたのですが、内部のアップコンバータが優秀なのか、気にならなかったですね。

古いゲームをやってみて、スマブラの舞台や、出てくるキャラ・アイテムの意味が分かったものもあるようで、「古典」に触れることの意義を感じてみたり…😅

Zoom3

他には、実家の両親のタブレットにもZoomアプリを入れてもらって、娘のところも含めて三元中継オンライン帰省を大画面でやってみました(HDMI出力が可能なノートパソコンと、iVCam接続のスマホを使用)

Img_3100_20200517135901

最後は、今のテレビには当たり前の機能ですが、主には4K番組の録画を期待して録画用HDDを導入。

PanasonicのテレビはどうもHDDを選ぶようで、ちょっと割高ですが推奨品を購入しました。

録画は番組表から選ぶのが基本になるので、既存のレコーダのほうが番組検索機能は豊富と感じましたが、慣れの問題か?

本体からだと、録画中の番組の「追いかけ再生」もできます。

HDDはひたすら静かなので、逆に不気味😓

Img_3098

録画した番組は、テレビ自体がメディアサーバになるので、他のクライアント機能を持ったテレビや対応アプリで再生可能。

Panasonic謹製のアプリをスマホやタブレットに入れて再生できますが、スクショできないように対策されており画面の紹介はできません。

上の画面は小さいほうのソニーのテレビで開いたところ。

Img_3096_20200517135901

面白いのは、「チューナ」を選ぶと放送中の番組がリアルタイムに転送されてくること。

テレビ同士だとほとんど意味がありませんが、スマホに転送してテレビのない部屋で見るのは良いかも。

テレビがONになっていると、「裏番組」的な視聴ができなくなるのは、チューナーやデコーダ/エンコーダの機能的な制限なのか、ライセンス等の問題があるのか?(裏番組録画とか、本体で2画面同時視聴はできるので不思議です)

Img_3107

BS4Kの番組を録画したものがリストに出てこないとか、上の「チューナ」にもBS4Kのチャンネルが出てこないとか、そういう制限もあります。

Img_3108

地デジの番組を録画したものは、別のテレビから問題なく再生できました。

自分が録画したい番組は、なるべくこっちを使ってみましょう。

Img_3050
Img_3049

さて、チビ猫は相変わらず箱が好きで、この間届いたこの箱はサイズが丁度いいみたいでお気に入り。

Img_3106

丸まるとピッタリ収まります。

Img_3103
Img_3028

先住猫のほうは、相変わらず箱はお好みでないようで…

2020年5月11日 (月)

「巣ごもり需要」で4K有機ELテレビを勝ち取った話

『稲葉さんが小さい』と君が言ったから四月二十日は4K記念日

どこかで聞いたことがあるようなフレーズですが、今回はここから始まった話。

外出自粛、「密」になる集会も自粛ということで、ライブ等のイベントが開かれない中、ライブやミュージックビデオの配信を強化しているアーティストの情報が我が家にも流れてきました。

Img_2897

ダイニングにある小さいほうのテレビ(24インチのSONY BRAVIA)はネット対応なので、「今はネット配信でも結構奇麗な映像だよね」とYouTubeを楽しんでおりました。

そんな中、ふと呟かれたのが冒頭の妻の台詞。

ファンであるB'zのライブ動画を見ていて「このテレビでは稲葉さんが小さくしか映らない」「60インチくらいあれば大きく見えるかな」と。

Img_2894

もう一台、リビングにあるのは、Panasonicの37インチプラズマテレビなのですが、YouTubeなどの動画配信には未対応。

Img_2900

2006年に、引っ越しを期に地デジ対応にしようと求めたものなので、移行期の証として地上アナログ放送と両対応(BS/CSはデジタルハイビジョンに移行済)

いい加減買い替えたいのだけど、明らかな故障のない局面で、普段大型テレビに興味を示さない妻の了承を得るにはそれなりのきっかけが要ります。

ここ半年の個人的な葛藤はこんな感じ。

⤴ BS 4K放送が始まったし、買うなら4Kパネルだよね
⤴ どうせなら有機ELの締まった黒のほうが好きだなぁ
 (前回プラズマにしたのも、液晶の発色がどうも不自然だったから)
⤴ 東京五輪までには買い替えたいよね
⤵ 娘の進学費用がいくらかかるか分からないから、それまではダメ
⤴ 幸いなことに、国立大に行ってくれたよ
⤵ コロナ禍で五輪延期じゃん

最終的に、

「ライブ映像を大画面で見たい」との言質を得る形で大逆転 ❗

B'zさまさまと思いながら、さっそく動きました。

Img_2901

連休前の週末に、同じPanasonicの有機ELパネルのやつを滑り込み購入。
(有機ELであることを優先して、サイズは手頃な55インチで妥協)

「巣ごもり需要」(引きこもり需要?)か、販売店の方も配達の方も、テレビは結構出てますとのこと。

Img_2903

アンテナ端子とLANのほか、HDMIとUSBが多いのが今どき。

右側面に並ぶコネクタを使う限りはカバーを閉めてスッキリ配線できるけど、背面に向くコネクタを使うようだと閉まらないと…

こういうのは買った後でないと分かりにくいですね。

Img_2902

古いHDDレコーダ(アナログ放送時代のものでほぼ休眠)は前のテレビにD端子で接続しており、この機会に廃棄が決定。

Img_2906

4K放送の受信ができてまずは満足(4K画質に対応した放送はほぼNHKだけなんですが今後に期待)

画面周りの縁が非常に細くなっており、画面幅が40cmほど広くなったのに対して、外寸は30cmほどの拡大になります。

その分、前面の端子がなくなり、メーカーロゴも申し訳程度😅

Youtube_cast

次は妻が期待するYouTube。

テレビで動画を検索することもできますが、文字入力など操作性に劣るので、スマホやタブレットからキャストできるようにしたい。

テレビ側で受け入れを許可する設定が必要でしたが、キャスト可能なテレビが2つ出てくるようになりました。

Youtube_cast1

ジャン❗❗ ネット対応アプリの起動が早いのもいいですな。

Img_2907

新しいテレビの周りで様子を伺っていたチビ猫は、動画再生が始まると逃げ出し、しばらく遠巻きにしていました。

前と違うところから突然音が出て怖かったのかな?

テレビに関しては、とりあえずここまで。

しかし、今回の話はテレビだけでは済まなくなったのでした…

2020年4月 9日 (木)

ワンチャン埋蔵金あるで、と銀行に行ってみた結果

娘の引っ越しに伴って、子供部屋の移動とか、その他断捨離を妻が頑張っておりました。

そんな中「古い通帳に残高があるみたい」と…

Img_2794

結婚して間もないころ、積み立てていた「三和銀行」の通帳。

15年以上前の日付ですが、積み立てを止めた後、「おまとめ」された定期が解約された記帳がありません。

それなりの額なので、忘れて放置していたとは考えにくいのですが、解約されたお金の行先が分からないので、残ってないか確認してみる値打ちはある…

で、半日休みをもらって行ってみました。

Img_2667

😺さぼったのね

いや、新型コロナの影響で仕事も減っててね…

Img_2796
Img_2797

本題には全く関係ありませんが、小倉駅にN700Sの試運転が停まっていました。

結構汚れているという印象を持ちましたが、試運転で走りこんでトラブルを出し切るのが新幹線の信頼性確保に必要なのでしょうね。

Img_2799
Img_2801

さて、折しも当地に緊急事態宣言適用された初日のこと。

新幹線口の「ひまわりプラザ」は変わらず営業しているように見えましたが(コンビニ・土産店は営業でしょうが、下の飲食店はどうなってるのかな?)、在来線側のアミュプラザは閉館。

Img_2805

アミュプラザも、1階のパン屋や土産店、地下のスーパーは営業中。

それでも、人通りは少なく、賑わいがほとんどなくなっていました。

Img_2806

さて、たどり着いたのは三和銀行が合併を経て現在に至る「三菱UFJ銀行」

「古い通帳が出てきた」と伝えると丁寧に対応していただき、調べてもらうことができました。

結果は「口座があったことは確認できるが、残高はなし。合併前の口座なので解約の時期までは分からない」とのこと。

Img_2809

いくつか使い道を妄想しながら待っていたので、ちょっと落胆しましたが、帰り道で同じ支店の総合口座の通帳を確認しなおして解決(こちらは三和銀行と東海銀行が合併した「UFJ銀行」当時のもの)

残っているように見えた定期の額+αが総合口座に入金され、直後にとある大きな買い物へ振り込まれていました。

定期の通帳に印字がないので、ネットバンキングで解約して総合口座へ入金されたのだと思いますが、ネットバンキングも合併に伴いシステムが変わったので、積立の口座がどのように見えていたのか思い出せません。

埋蔵金が出てこなかったのは残念ですが、大金を死蔵させるほど耄碌していなかったことも分かって一安心🙄

Img_2812

思ったより早く終わったので、ちょいと遠回りして帰宅。

国道201号と、322号バイパスの交点部分は、拡幅側に道路が切り替えられ、信号柱が建っています。

Img_2814

道の駅香春の出入り口が、上の交差点を支障しないように東側に移設され、信号付きの交差点になりました。

322号を通る車の立ち寄りが増えることも想定しているでしょうね。

Img_2815

最期に定点観測みたいな写真。

信号柱が建って交差点らしくなりましたが、手前側の最終的な整備が進んでおらず、開通にはもう少しかかるか?

こういう現場も、新型コロナの感染者が出るといったん止まってしまうでしょうから、各種工事の進捗が見通しにくくなりますね。

#特定の現場で感染者が出たとかそういう話ではなく、一般論です

2020年3月27日 (金)

娘に代わってノートパソコン開封の儀の巻

大学進学の際に準備しないといけないものはイロイロとありますが、昨今不可欠なのがパソコン。
(大学によっては指定のものがあったり、タブレットを配布したりというところもあるようです)

娘の課程で本格的に持ち運ぶ必要があるのかは分かりませんが、一応持ち運びも考慮してチョイス。

Img_2578

最近ずっとDELLで通販しているので、今回もDELLのラインナップから。

いつもと違うのは、サプライチェーンが不安定なこのご時世、BTOにするといつ届くか分からないので、即納モデルから選んだこと。割引クーポンとポイント還元のチェックも忘れずに😁

Img_2582
Img_2586

届いたのはInspironの14インチモデル。これを選んだ理由は後に書きます(即納品があったというのも理由ですが)

Img_2579

手元にあるモデルと何が違うって、充電がUSB typeCコネクタでの給電なこと。

Img_2580

充電器から先はコンパクトですが、コンセントから充電器までは相変わらず武骨。

DELLに限らず、最近のACアダプタや充電器は100ボルトにも200ボルトにも対応していて、コンセントの形状さえ対応させれば世界中で使えるものがほとんど。

AC電源に挿す部分は国ごとに対応品を付けて売っていると思われ、DELLのロゴが入った本体や充電器と比べるとデザインが練られていないように感じます(おそらくは汎用品でしょう)

Img_2584

コネクタ類。向かって右側はUSB(type-A)とイヤホン/マイク。

Img_2585

反対側は、先ほどの充電器に対応したUSB type-Cと、外部ディスプレイ用のHDMI、そして、メモリカードスロットは、SDでははくmicroSDになっています。

機種を選ぶときに悩んだのはここで、モデルによっては(特に13インチのもの)はUSB-CとmicroSDのみで、タブレットに近い感じ。

USB-Cに統一するのも悪くないですが(スマホは私も娘もUSB-C)、なんだかんだUSBメモリとかの周辺機器はまだUSB-Aで繋ぐものが多いです。USB-Aがあったほうが戸惑うことも少なかろうと考え、その中でコンパクトなものを選ぶと14インチモデルになった次第。

個人的には有線LANが欲しくて、microじゃないSDカードスロットのほうがいいけど、娘はそんな世代じゃないでしょう😅

Img_2581

マニュアルは、「電源繋いで」「電源ボタン押して」「後の設定は画面に従ってね」(分かんなければwebへ)といたってシンプル。

スマホなどほかのデバイスもあることを前提にしてますね。

Img_2587

アカウントなどの設定はなるべく娘に操作してもらいました。

Dsc_2041

外付けDVDドライブの設定をしていると、さっそくチビ猫の洗礼が…

2020年3月25日 (水)

「無観客大相撲」の初日と千秋楽を目にして感想と記録

(世界の流行状況からすれば当然ではありますが)東京五輪を1年後をめどに延期する方針が決定し、野球やサッカーなどプロスポーツの再開も見通せない状況になりました。

身近なところでは、わが子が進学する大学も全員出席の入学式は取りやめ(代表のみ)、オリエンテーションや授業開始も延期となりました。

引っ越しの手配は進めてきたものの、予定通り進めていいのか?と家庭内でも議論中。

Dsc_1918

そんな中、異例の無観客での開催となった大相撲春場所(大阪場所)

ちょうど初日の中継が始まったところと、千秋楽の取組終了後を目にしたので、この特殊な状況の記録をと(画像はテレビをスマホで撮ったももの)

Dsc_1919
Dsc_1922

土俵入りも無観客。

静かな中、四股(しこ)を踏む音が良く聞こえるのが儀式っぽい。

相撲の古来の姿に近いのかもしれませんが、横綱の四股に合わせて「よいしょー」と掛け声がないのも変な感じです。

Dsc_2025
Dsc_2024

千秋楽に飛んで、表彰式。

いつもは観客が取り囲む中で行われますが、幕内力士と協会幹部が整列してという異例の形式。

これも、開会式や閉会式と思えばある意味当然の形ではあります。テレビ写りも考えてのこの工夫は評価に値するかと。

優勝した白鳳への表彰は、賜杯と優勝旗、総理大臣杯だけで終わりました。いつもは副賞がずらっと並びますが、今回は全て辞退したとアナウンサーが話していました。部屋には賞品が届いていたりして…

優勝力士表彰が短い代わり、三賞の表彰が見られました。

Dsc_2026

普段、優勝力士への表彰の途中で中継が終わるので、見られないシーンが表彰式に続けて中継されました。

前相撲から出世(序の口になり次の場所から番付に四股名が載る)を決めた力士が土俵に上がっての「出世力士手打式」

Dsc_2028

そして、御幣を持った行司が胴上げされる「神送りの儀式」

これで、土俵から神様がいなくなり、本場所の土俵も終わりになるとのこと。

ともあれ、無事に本場所が終わって良かったです。次の場所がいつもどおり開けるか全くわかりませんが…

初日と千秋楽の協会理事長の挨拶が印象的でした。

  • 相撲は世の中の平安を祈るために行われてきた
  • 力士の身体は健康な体の象徴
  • 力士の四股は、邪悪なものを土の下に押し込む力があるとされている
  • 横綱の土俵入りは五穀豊穣と世の平安を祈願するもの

今回の本場所は、テレビ中継がありお茶の間の注目はいつも通りありましたが、観客の歓声がないことで、この状況を鎮める神事の要素を強く感じました。

早く、相撲以外のスポーツやイベントも通常開催できる状況になることを願います。

Dsc_1925

最後に、相変わらずガスファンヒーター前から離れないチビ猫の姿を。

Dsc_2029

暖かくなってヒーターを消すことが増えたのですが、上に乗って催促。

スイッチを押して点いてしまうことがあって、覚えたのかもしれません。

おかげで、今シーズンはリビングを離れるときは必ずコンセントを抜くのが習慣になりました。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ