カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の335件の記事

2021年5月 8日 (土)

新緑の河内貯水池(河内堰堤)へ

前の記事と同様、娘の部活の送迎のついでに立ち寄ってみたシリーズ。

Img_7118

1927年に完成後、今なお八幡製鉄所に水を供給する河内貯水池。

Img_7119_20210508113901

ダム(堰堤)の上は石畳を歩く感じになっています。

貯水池をとりまくようにサイクリングロードが整備されていて、自転車をレンタルして一周している人の姿もみられます。

Img_7122

真ん中の石組みの建物は操作室でしょうか?

「風雨龍吟」は「竜が吟ずれば風雨来る」という雨乞いの意味合い。

Img_7125
Img_7123

堰堤を渡った東側の法面には「乾坤日夜浮」と英語の銘版。

「日夜天地(太陽や月)が浮かぶ」という意味で、広く静かな湖面をうたった漢詩から。

Img_7120_20210508113901

堰堤の下流側に、橋が架かっているのが見えます。

Img_7128
Img_7143_20210508115101

下流側に「河内桜公園」と案内があります。

今は葉桜になって、ちょっとうっそうとしてます。

Img_7132

階段を降りていって、最初に目に入ったのが吊り橋。

堰堤から見えた橋とは異なり、橋の上から堰堤も見えません。

Img_7136
Img_7135

吊り橋を渡ると、建物がありその先に石積みが3つ並ぶ池があります。

亜字池と呼ばれており(形が亜の字に似てるからとのこと)、もともと石積みの部分が噴水になっていて、取水した用水を曝気する施設だったようです。

Img_7134_20210508115101

今は流れがほとんどないからか、大きなオタマジャクシがたくさん…

Img_7139

亜字池のところから川沿いにさかのぼると、太鼓橋が出現。

Img_7138

これが堰堤から見えてた橋ですね。

Img_7146
Img_7150_20210508115101

貯水池の一番奥のあたりの駐車場で時間調整をして、娘のピックアップに向かいました。

2021年5月 5日 (水)

皿倉山山頂からスペースワールド跡地の再開発などを望む

今は外は雨模様ですが、天気の良かった2日前の話。

午後から部活という娘を送迎する必要があり、迎えまでの2時間の間に「ドライブに行こう」と妻からの誘い。

Img_7043

天気がいいので久しぶりに皿倉山に行ってみたいとのこと。

なるほど。部活の会場からも近いしちょうどいい。

Img_7044

体温測定後にケーブルカーに乗車。

Img_7049_20210505091801

真ん中で対向車両とすれ違い。

#そういえば下りは検温なかったな…

Img_7050
Img_7051

線路を覆う木々が途切れ、洞海湾方面の視界が開けると山上駅に到着です。

Img_7062

スロープカーに乗り継いで、山頂(展望台)へ。

Img_7069

ケーブルカーは、車内が傾斜に対応した階段構造になっていますが、このスロープカーは傾斜の変化に対応して車内の水平を保つ構造になっています。

写真左側でお尻が浮いたようになっているのがわかるでしょうか?

Img_7070

しばし展望台や山頂を散策。

各放送局の電波塔が建っており、東は周防灘方面、西は遠賀方面までよく見えました。

Img_7064

代表的なのが、目の前に広がる洞海湾や若戸大橋、製鉄所あたりの景色。

Img_7065

黒崎バイパス(春の町ランプ)の深夜に架橋を見に行った部分(左矢印)や、最近架橋が進んでいる部分(右矢印)が目に入りました。

Img_7066

この空き地はスペースワールドの跡地。

営業終了から3年半、シンボルであったスペースシャトルが解体されてから2年半が経過し、更地に。

Img_7086

イオン系列のアウトレットモールが来春開業予定とされていますが、一部新しい建物ができ始めているのが山上からも見てとれます(写真はスペースワールド駅から昨日撮影)

Img_7067

枝光と戸畑を結ぶ建設中の都市計画道路も。

昨年夏に訪ねた都島展望公園(上)や松ヶ島港(下)はそれぞれ矢印のあたり。

枝光までの第一期工事が2022年度までの予定になっているので、まだ1-2年はかかる計画。

Img_7079

一通り各方面を見て下山。

ケーブルカーは、ロープウェイと同じで山上に吊った車両を動かす装置と操縦室があります。

Img_7078

お、こどもの日に向けてかこいのぼりと…わんわん…

Img_7080

スロープカーもケーブルカーも、わりとスムーズに乗れましたが、COVID19対策のためしっかり人数をカウントして車内の混雑をコントロールしているようでした。

短時間でしたが、行楽感があって良かった。

2021年5月 3日 (月)

国東半島の文殊仙寺を訪ねて

GWの避密のお出かけシリーズ。

今年も受験生を抱える我が家。学業成就のお参りを目的に、ドライブにちょうどいい距離かつCOVID19感染者が増えてきているところは避けてと考えていて目についたのが、国東市にある文殊仙寺

「三人寄れば文殊の知恵」で知られる文殊菩薩が本尊で、「日本三文殊」に並べられるよう。

#三文殊は京都府宮津市の天橋立にある切戸文殊(知恩寺)、奈良県桜井市にある安倍文殊院は定番ですが、3つ目は諸説あるようです

Kunisaki2

カーナビに目的地をセットして、宇佐から豊後高田を経由して国東半島へ。

矢印の方向に走っているあたりまではよかったんですが、その後離合困難な区間もある険しい道に入り「バス用の駐車場もあると書いてあるけどバスは無理だよ」と思いながらナビを信じて進みました。

Img_7017
Img_6993

急に開けたと思ったらそこが文殊仙寺の駐車場。

参道入口の横にはバス停もありました。反対側から上がってくるのか…

Img_6992

目に入ったのがこの看板。

豊後高田や宇佐方面は隘路へ誘導されがちなので注意と…

よくわかりましたが、現地に看板出すくらいなら公式サイトのアクセスのページにも書いておいてほしかったです😅

Img_6994

ともかく無事に着いたことには違いないので、参道へ。

Img_7015

上がり始めてしばらくして、仁王像が現れます。

国東半島には、門の中ではなく独立して立つ石像の仁王が多いのですが、雨上がりの雰囲気もあってゲームのワンシーンみたい、って思ってしまいました。

Img_6997

この先の階段がちょいと長い。

Img_6999
Img_7003

本殿奥の院に到着。岩壁を背にしていて迫力があります。

Img_7005
Img_7006

十六羅漢を拝し、まずは奥の院の脇の岩窟に祀られる、開基とされる役行者像にお参り。

Img_7009

御本尊の文殊菩薩は秘仏で、12年に1回、卯年にだけ御開帳されるそう。

卯年の守護仏ということで、絵馬にはウサギも描かれています。

我が家も1つ奉納を…

Img_7011

さほど遠くではないものの、これまでほとんど縁のなかった国東半島。

山岳信仰と神仏習合の場ということで、独特の雰囲気のある寺院をほかにも訪ねてみたくなりました。

Kunisaki3

とはいえ、来た道を戻るのはやめようとのことで、駐車場の看板のおすすめの通り富来(とみく)方面へ下る道へ。

#開運ロードとみくじ、とあるのは「富来路」をもじったネーミングのよう

これが笑えるくらい快走路で、行きに走った山道はまさに修行であったのでしょう。

Img_7018
Img_7020

海沿いの国道213号を通って道の駅くにさきに立ち寄り。

Img_7022

ちょっと遠回りになりますが、高速道路までの時間が読める大分空港回りで帰宅しました。

Kunisaki1

国東半島は中央の山地から放射状に尾根と谷が広がっているので、これを横切るような道路は要注意なのでしょう。

国東市が出している地図では赤色の国道と、緑色の主要な県道のほか、上の図で「オレンジロード」とある広域農道を主に使うのが確実か。

次の機会には、外周から山腹にあるお寺などにアプローチする形でプランを立ててみましょう。

2021年4月28日 (水)

新車のお祓いに宗像大社へ

6年半ほど乗ったマイカーを更新しました。

Img_6928_20210428170101

前の車と同じA4 avantですが、フロントはより精悍になった感じ。

ヘッドライトのLED化、各種安全機能やクルーズコントロール(下に見える丸いのはフォグランプではなくて前方のセンサーだとのこと)のほか、クリーンディーゼル(TDI)搭載なのが新しいです。そのへんはしばらく使ってみてから。

細かいところでは、カーオーディオがワイドFM対応になったので、野球中継をFM音声で聞くことができます。

Img_6930

納車のあと、ドライブを兼ねて宗像大社(辺津宮)へ。

Img_6931

参道に除菌スプレーが設置。

Img_6933

さて、手水は…

柄杓はなく、流水で手を清める形。

Img_6934_20210428170101

「皇族下乗」の碑に格式の高さが表れています。

Img_6935 

何はさておき、交通安全と子供の学業のお詣り。

Img_6937

拝殿~本殿の横には大きな楠(クスノキ)

Img_6938

その奥に、御神木の楢(ナラ)の木。

こちらも新芽が伸びて緑になったところ。樹齢550年以上とのこと。

Img_6939_20210428170101

本殿の奥(内陸側)に、沖津宮と中津宮の分社である第二宮、第三宮。

妻と「わりと新しくて小綺麗」と話していたのですが、伊勢神宮の古殿を移築したものとあります。20年の式年遷宮ごとに古木をいただいて新調しているのでしょうか?

Img_6940_20210428170101

しばらくは新車のアシスト機能やインフォテイメントを使いこなすのが目標になりそうです。

2021年4月19日 (月)

遠賀川駅の新駅舎建設中、と若松惠比寿神社の手水の件

ちょっと更新が開いてしまったので小ネタ。

Img_6751_20210419222701

2017年に火災で駅舎が消失し、仮駅舎での営業が進む遠賀川駅ですが、新しい駅舎の建設が進んでいます。

詳しい計画は遠賀町のこちらのページなど。もともと新駅舎と交流センターを整備する計画があったところが、火事を受けて待ったなしの状況になったようです。

Img_6753_20210419222701

現在仮駅舎で営業中ですが、最終的にはここに交流センターができる予定とのこと。

駅舎ができた後の施工なので、お目見えは少し後のこと。

Img_6752_20210419222701

仮駅舎から建設現場の側を見たところ。

左の斜面は階段やエスカレーターが整備予定。

Img_6759_20210419222701

既設の南北自由通路(左)と構内跨線橋(右)の間をつなぐように建物を作り、そこ(2階)に改札を作る形のよう。

ちょうどいい感じ…の位置関係になるように自由通路を作る段階で見込んでいたのでしょうね。

Dsc_4583

3月までさかのぼりますが、構内通路の側から建設現場を見たところ。

Img_6755

自由通路のエレベーターのところに、5月10日から7月末まで利用停止との告知が出ていました。

この計画通りに接続工事が進めば、7月末か8月に新駅舎供用開始(町のサイトでは7月に新駅舎開業予定とされています)

Img_6765_20210419224601

話変わって、待ち合わせの時間で若松惠比須神社にお参りした話。

Img_6775
Img_6771_20210419224601

若戸大橋に近く、境内の楠の新緑が奇麗。

Img_6768

コロナ禍で手水に工夫をする篠崎八幡宇佐神宮を紹介したので、ここでも目が行きます。

Img_6769

赤字のところが消えかかっていますが、「消毒液の使用をもって手水とします」との掲示。

なるほど、そうきたか…

Img_6770_20210419224601

ん?次亜塩素酸水とな🤔

新型コロナウイルスへの次亜塩素酸水の効果は賛否ありますが、どうせならアルコール消毒液を置いてほしかったです。

2021年3月30日 (火)

FAXに卒業いただいて、シンプルなコードレスホンに変更の春

週末は雨が降りました。
(そして昨日今日と黄砂に見舞われているわけですが黄砂の話題は出てきません)

Img_6590_20210330174701
Img_6588

桜が散ってしまったかと思いましたが、近所の志井川沿いはまだまだ残っていたので、雨上がりに散歩がてら花見。

Img_6583

まだ盛りの桜の花と、路上に落ちた花びらが両方楽しめました。

Img_5891_20210330175701

さて、我が家の設備でこのところリストラを考えていたのがFAX。

家を建てたころはまだスマホ全盛ではなく、私と妻の実家の両親から子供の誕生日などにFAXでメッセージが届くことがあり、それなりに必要なものでした。

Img_5894

なぜかチビ猫が乗りたがるので、全く無用とは言えないのですが、実家との連絡もスマホでLINEなどを介するようになったので、電話以上の役割は必要なくなっていました。

あとは、我が家は2階に光ファイバーを引き込んでそこに光電話アダプタを設置し、壁内配線で1階の電話機のところに繋げているのですが、どうもここがノイズを拾っていることも分かってきました。

Img_6339_20210330175701

というわけでFAXと壁内配線と両方のリストラを断行。

JD-SF2CL-Wを購入しましたが、この箱の小ささよ。

Img_6340_20210330175701

通信ユニットのみの親機と、子機1つの構成。

Img_6341

子機は前の電話機の子機と似た大きさ(当然か…)

Img_6342_20210330175701

親機は2階にある光電話アダプタ(うちのは無線ルータと兼用)の横に設置。

Dect

周波数帯が異なるので無線LANとの干渉は起こりにくいそうです。

音質は、やはり壁内配線の部分がネックだったのか、改善しました。

Img_6344

子機1つになったので、留守電にメッセージがあるのが液晶表示を見ないと分かりにくい。

あと、迷惑電話を着信拒否設定できるものの「着信履歴の番号をそのまま登録できない」のはSHARPのこの機種の残念な仕様です。

Img_6301_20210330175701

「固定電話で繋がらなかったら、携帯にかけるかメールとかにするやろ」

ま、そういう前提での縮小なので、電話機に多くは求めまい、と納得してます。

Img_6569_20210330174701

今年は桜が散ってからの新年度になりそうですね。

2021年3月27日 (土)

北九州空港のバス停と、駐車場のスマートパーク化の話題など

天気の良い土曜日。

Img_6564_20210327181301
Img_6560

当地の紫川や志井川沿いの桜もほぼ満開。

明日は雨というから今日が見ごろかな?

Img_6506_20210327181501

ここから先は数日前のこと。

仕事が終わったところでまだ明るかったので、ひとっ走り北九州空港へ。

Img_6511
Img_6513

前の記事で取り上げた、エアポートバスのスマートバス停がどうなっているか気になったのですが、何度見ても普通の掲示です。

前回もリンクを貼ったリリースをよく見ると「空港向きバス停のみ」とありましたね…

Img_6530_20210327181501

ターミナルビル内にバスの券売機や発車案内(右側のディスプレイ)があるのと、案内役の人が詰めているので、メンテナンスコストを減らす目的でスマートバス停化、というのはここには当てはまりませんね。

Img_6516_20210327181501
Img_6517

もう一つの話題は、駐車場のシステム更新。

今は駐車券を使うタイプ(事前精算機あり)ですが、現在通過できないレーンにカメラと照明らしきものが設置されています。

Img_6534_20210327182401
Img_6533_20210327182401

出口のほうも同様(カメラの向きがこれでいいのかなという気もしましたが)

Img_6531_20210327182601

4月1日から変更予定で、空港の公式ページに駐車場の案内もあるので利用前に確認いただければと思います。

ターミナルビルに設置された精算機や出入り口のカメラの形から察するに、こちらのスマートパークというシステムが導入されるようです。

ナンバーを読み取って入出庫を管理する仕組みで、精算の際も駐車券でなく車のナンバーを入力し、保存されている映像が自分の車と一致していることを確認して支払いを済ませます。

近所のファミレスにも設置されたところがあり、導入例が増えているようです(店舗の場合、レシートにQRコード式の割引チケットを付けられれるので、レジで駐車券の割引処理をする手間も減らせるよう)

Img_6519

ここにも新しい精算機が置かれるんだろうけど、まだだな…

Img_6520_20210327181501

ん?空港に居ついてる猫いるのか!?

Img_6527_20210327181501
Img_6528_20210327181501

空港ではソウルから来た貨物機が荷役中でしたが、一方でスターフライヤーは3機が休憩中。

相変わらず減便が続いており、厳しいですね…

2021年3月 8日 (月)

2年連続で鹿児島へ引っ越しの手伝いに行くの巻

国公立大前期試験の合格発表が続く時期です。

昨年の入試は、募集要項などはコロナ禍のまえに作られており、例年通り(要項掲載通り)合格者を構内に掲示する(けど見に来るのは自粛してね)という大学が多かったようですが、今年は最初からコロナ対応で「掲示はしません」というところが増えたようです。

1年前大学に進学し、引っ越した長女ですが、ちょっと条件が悪い(遠い)ところに住むことになったため、1年で引っ越し希望。

まぁ新入生は選ぶ余地が少ないので、1年か2年で条件の良いところへ引っ越すのはわりとある話。仕方ない。

Img_6310

というわけで、まずは指宿枕崎線谷山駅近くの娘宅(旧宅)へ。

高架になった直後の4年半前には娘がここに住むことになるとは思いもしませんでしたが、在学中、再開発が進むのを見られるなとちょっと楽しみにしていました。

Img_6315_20210308225801

駅に出入りする列車も見られますしね😁

…とはいえ大学に遠いんだった😅また見に来よう🖐

ここを片付けて、引っ越しのトラックが出るのに合わせて新居へ移動。

Img_6320_20210308225801

一人暮らしですから、新居に搬入する荷物の量も知れたもの。

新居では天井の照明を自分で用意しないといけませんが、前の部屋の「暖色と寒色が切り替えられる照明」が気に入っていたようで、同様の機能を持ったものを見繕って設置。

Img_6316_20210308225801

隅の、ちょっと入り組んだところが暗くならないように追加で照明が設置可能でしたが、ベッドを置くというので暖色の小型のものを。

Img_6323

WiFiは設置済み。外付けの無線ルータが貸与された前の部屋と違って、壁に埋め込まれていました。

PoEの文字があるので調べてみると、裏ではLANケーブル1本で接続されるので、工事する側にとってもありがたいのだとか。

こういう部材も需要に応じて進化してますね。

Img_6324

片付けが一段落して一服。

隣がシフォンケーキ屋さんでした。

Img_6325_20210308225801

買出しに出る前に、メーターボックスを観察。

ガスメーターの上に、LTE接続されるテレメトリ用通信機。

Img_6326

水道のメーターには、無線ではないようですが(右側の壁のボックスは結線だけ)配管に沿って伸びるケーブルが。

こちらはおそらく建物の一角でまとめて検針できる仕組みですね。

戸建て住まいが長くなると、こういう集合住宅向けの仕組みが興味深いです。

Img_6328_20210308225801

新居近くに市電の停留所。

Img_6329

夜は天文館でささやかな引っ越し&進級祝いを。

2021年2月27日 (土)

門司エリアで厄払いの巻下、淡島神社編とおまけで山陽新幹線新門司変電所

前の記事の続きです。

行けるところにお詣りに行っておきたい気分だったので、門司エリアでもう一社。

Img_6190

都市高速から看板が良く見える、淡島神社へ。

ここの駐車場にもギラヴァンツ北九州の応援メッセージが。
(残念ながら今日の開幕戦では勝ち星をあげられませんでした)

Img_6191_20210227215301
Img_6194

朱塗りの本殿。

Img_6195_20210227215301
Img_6197

お守りは自分で封筒にお金を入れていただくスタイル。

Img_6200

この絵馬と同じ柄の災い除けのお守りをいただきました。

Img_6198_20210227215301

境内のお稲荷さんの狐も着飾っていました。

Img_6667

淡島神社から新門司方面へ車を走らせていると、思わぬものに遭遇。

Img_6682

鉄塔から引き込まれる先は、JR西日本の山陽新幹線新門司変電所。

Img_6677

遮断機を経て、ここで三相から2組の単相に変換されているように見えます。

Img_6675

もう一つ先で、2組のうち片側だけトランス?が入っているように見えるのが現地では謎だったのですが、戻ってから調べてみると、変形ウッドブリッジ結線のB座側に必要な昇圧変圧器のようです。

Img_6678 

そのあとは開閉器や、ATと書いてあるトランスなどが続きます。

Img_6662
Img_6658

敷地の北西側で、山中にケーブルがつながっているのが見えました。

この先で山陽新幹線のトンネルにつながっているはず。

Img_6666_20210227220501

変電所の敷地内も、新幹線関連の法令に基づいて立入規制を受けるようです。

2021年2月25日 (木)

門司エリアで厄払いの巻上、甲宗八幡宮編

先日、WEST EXPRESS 銀河を見に行った時と重なる話。

Img_6202

小倉駅新幹線口前は「ひまわりプラザ」が改装中ですが、最近囲いがきちんとつくられたので、中では作業をしているのでしょう。

リニューアル後のことはまだわかりません。6月予定。

Img_6206

在来線改札前の大型ビジョンに、天神に掲出されて話題になった福岡県の緊急事態宣言に関する動画が流れていました。

今月いっぱいでの解除を検討、と報じられていますがどうなるか…

Img_6203
Img_6204

ここの広場の床面、以前はキティちゃんとていたんがソーシャルディスタンスを啓蒙するものが貼られていましたが、ギラヴァンツを応援するステッカーに変わりました。

こちらは今週末開幕。

昨シーズンは終盤伸び悩んでJ1昇格が果たせませんでしたが、今年はどうなる?

Img_6179_20210225222001
Img_6180

ギラヴァンツが必勝祈願をしていたな、と思い出したのが、門司港エリアにある甲宗八幡宮。

壇之浦の戦いに際して源氏方が必勝祈願をしたという言い伝えがあるそう。

Img_6181

手水は水が抜かれていました。

Img_6186_20210225222001
Img_6189

本殿に面した中央の他、両脇にも階段のある立派な作りです。

Img_6183

ギラヴァンツのほか、フットサルのボルクバレット北九州の絵馬も奉納されていました。

Img_6184

兜の絵馬。

Img_6187

境内には立派な能舞台があります。

Img_6188_20210225222001

すぐ隣が、廃ラブホというのも味わい深いです。

ちょっと職場で厄介な案件が続いているので、と気分を改めるためのお詣り、もうちょっと行ってみましょう。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ