« 北九州空港の新しい駐車場精算システムを体験してきた | トップページ | 彦山駅解体が始まったタイミングで日田彦山線BRT化区間へ後編(大行司~彦山) »

2021年4月11日 (日)

彦山駅解体が始まったタイミングで日田彦山線BRT化区間へ前編(夜明~宝珠山)

晴れた週末。

前回訪問直後に解体決定の報道があった彦山駅の形があるうちに、と思いつつBRT化工事が進む区間へ。

Img_6705

今回は日田側から。日田焼きそばで腹を満たしてから探索へ。

Img_6706
Img_6707

久しぶりに夜明駅にも寄ってみました。

Img_6709

日田彦山線の線路が草むしている相変わらずの状況で、前回代行バスで立ち寄ったときと大きな変化はない感じ。

日田彦山線側の出発信号も点灯しています。

Img_6710

廃線の作業が進むと、この日田彦山線側の次駅の表示も塗りつぶされたり書き換えられたりするのかな?と思いながら記録。

Img_6712_20210411183101

帰ろうと振り返ると、日田彦山線の日田方面への出発信号を竹が支障していてびっくり。

冬の間に雪で倒れたのでしょうか?

信号機自体には接触していませんが、見えにくいし、列車に触れるだろうという状況。

これが放置されているのを見ると、廃線が決まったことを実感します。

Img_6714

特に工事が始まった様子のない今山駅はスルーして、大鶴駅。

Img_6715_20210411183001

前回訪問時は手付かずでしたが、レールが外され横に置かれていました。

ここの北側でも線路が外されていましたし、BRTが使用する計画なのか、別の活用計画が進んでいるのか、興味深いです。

Img_6717_20210411184801

続いて宝珠山駅。

少し片づけが進んだ感じはあるものの、大きな変化はなし。

Img_6716

ホームが残してある部分の、足元のレールには「残す」と記されたシール。

さて、どのように残されるのか…

Img_6719

駅前の大肥川の新しい橋は、すぐにでも渡れそうな状態になっていますが、周囲の舗装が済んでおらず未開通。

Img_6720

桜の時期に訪ねられなかったのが残念ですが、駅の目の前には立派な桐の木。

Img_6721

山間部を走ると、藤の花が主張してるのもこの時期ならではです。

« 北九州空港の新しい駐車場精算システムを体験してきた | トップページ | 彦山駅解体が始まったタイミングで日田彦山線BRT化区間へ後編(大行司~彦山) »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北九州空港の新しい駐車場精算システムを体験してきた | トップページ | 彦山駅解体が始まったタイミングで日田彦山線BRT化区間へ後編(大行司~彦山) »

無料ブログはココログ