« 小倉駅前アイムがセントシティに名前を変えてリニューアル | トップページ | 彦山駅解体が始まったタイミングで日田彦山線BRT化区間へ前編(夜明~宝珠山) »

2021年4月 9日 (金)

北九州空港の新しい駐車場精算システムを体験してきた

新年度でバタついているため、だけではないのですが、更新が1週間あいてしまいました。

ネタに困ったときに、日が長くなってくると仕事終わりに一足伸ばせるのがありがたいです。

Img_6638_20210409165001

高速のインターと空港連絡道を結ぶ高架ですが、現在接続部分の分離帯などの工事をしています。

高架上に照明が設置されているので、接続部分の工事が終わって舗装やライン引きの仕上げをすれば開通?

Img_6643

今回確認したかったのは、3月下旬の記事でも触れた、北九州空港の駐車場精算システムの変更

Img_6644_20210409165101

前回訪問時にカメラ設置済みであったレーンが通行可能となっていました(右側)

左はまだ運用されていませんが、カメラを取り付ける台座が付いています。

Img_6645

ナンバープレートを撮影します、番号を入力して清算します、という掲示が出ています。

Img_6647_20210409165001

ターミナルビル内の精算機(右端)。前と同じ場所。

Img_6649
Img_6650

ターミナルビル内には、開港15周年を記念してメーテル像が増えました。

Img_6651_20210409165001

利用が低迷していたところにコロナ禍を受け、長く「運休」が続いていたFDAの静岡~北九州線ですが、夏ダイヤでいよいよ路線の設定が無くなりました。

Img_6652_20210409165001

チェックインカウンターにはまだFDAの文字が残っていましたが、3階のここにあった富士山バックのパネルは撤去されていました。

Img_6653

就航日ではないように思いましたが、ソウルからの貨物便がちょうど荷役を終えた様子。

Img_6664_20210409170401

夕日を受けながら出発していきました。

コンデジだったので離陸滑走のスチル撮影はやめて動画で(揺れちゃいました)

Img_6668

収穫もちょっとあったので、帰りましょう。

精算の際は、画面をタッチして愛車のナンバーの4桁を入力。

Img_6669_20210409170401

自分の車が表示されてドキッとしますが、確認して「はい」を押します。

今度の料金体系だと1時間以内は無料なので、今回は支払いのないことを確認して終了。

「30分以内に出庫してください」とのアナウンスがありました。知っていればちょっと無料時間にオマケがつけられる?

Img_6670_20210409170401

駐車場出口へ。

ここにも「出口に精算機はないので事前清算を」と。

突破した場合、①次回利用時にまとめて請求される、②同システムの駐車場相互で未払い情報共有する仕組みがあり、他の駐車場の精算時にまとめて請求される可能性がある、③額がかさめば回収業者から請求が来るかも、という形で追いかけられるようです。

Img_6672_20210409170401
Img_6673

出口も1レーンはまだ準備中ですが、近いうちに2レーン体制になるでしょう。

カメラの向きが気になると前回の記事でも書きましたが、やはり外を向いています。

駐車券とゲートを使う、入口出口が分離された駐車場からの移行だと違和感がありますが、出入とも同じ通路を使う駐車場と同じ配置と考えれば合点がいきます。敷地の外に向けてカメラを設置して、向かってくるのが入場車、去っていくのが出場車と判断するロジックになっているのでしょう。

同様のシステムを入れた近所のファミレスのように、無料駐車場から移行するのも容易ですし、複数の道路に面している場合などに出入り口の設置の自由度が増すのがいいですね。

今後は1時間無料枠を利用することが増えそうです。

« 小倉駅前アイムがセントシティに名前を変えてリニューアル | トップページ | 彦山駅解体が始まったタイミングで日田彦山線BRT化区間へ前編(夜明~宝珠山) »

航空・鉄道」カテゴリの記事

飛行機・空港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小倉駅前アイムがセントシティに名前を変えてリニューアル | トップページ | 彦山駅解体が始まったタイミングで日田彦山線BRT化区間へ前編(夜明~宝珠山) »

無料ブログはココログ