« 列車の来ない駅を一回り後編:日田彦山線のBRT化予定の区間も | トップページ | 36ぷらす3 緑の路(土曜日)乗車記①まずは福岡空港から宮崎へ »

2021年2月11日 (木)

九州国立博物館の「奈良・中宮寺の国宝」展を目当てに太宰府へ

先週末の話ですが、太宰府にも行ってきました。

Img_6031_20210211212301

昨年7月に訪ねた時と比べると、駐車場の車も多かったですが、観光バスの姿はなし。

Img_6035_20210211212301

参道もそれなりの人出ですが、まだ余裕あり。

今回のお目当ての中宮寺展の幟がでています。

Img_6039

御神牛に並ぶ人の姿もちらほら。

Img_6041

立春は迎えていますが、「節分厄除け大祭」の幟が並んでいました。

公式サイトを見ると、2月28日までと、長めに厄除けの期間をとっているようです。

Img_6042

境内の梅は、咲き始めた樹とこれからのものが混在。

Img_6049

お詣りの前に、九州国立博物館へ足を向けます。

Img_6050

コロナ禍をうけ、今回の特別展は事前に日時指定のオンラインチケットの購入が推奨されています。

指定の時間になるので、先に博物館を目指した次第。

オンラインチケット購入済みであれば1階はスルー。余裕があればここで当日券を購入しての入場も可能ですが、その場合は連絡先の記載など求められるようでした。

Img_6051

オンラインチケットのQRコードをかざして入場です。

人数制限のため、目玉の半跏思惟像もゆっくりと見ることができて満足。

Img_6053

帰り道で、
「阿修羅展の時は何重にも人垣ができていて大変だったね」
「今後もこういうスタイルで館内が混み過ぎないようにしたほうがいいよね」

Img_6054_20210211214801

太宰府天満宮に戻ってきました。

手水は上から流れ落ちる水に手をかざすスタイル。

Img_6055

ひょうたんの形の祓門をくぐります。

Img_6056

参拝まで少し並ぶ必要あり。

Img_6059_20210211214801

「飛梅」は開花宣言があったばかりで、ちらほらといったところ。

Img_6061

本殿の裏にひょうたんがたくさんかけてありました。

厄除祈願をするとお札とともにひょうたんがいただけて、厄が晴れた後にお礼参りとともにここに納めるのだそうです。

« 列車の来ない駅を一回り後編:日田彦山線のBRT化予定の区間も | トップページ | 36ぷらす3 緑の路(土曜日)乗車記①まずは福岡空港から宮崎へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 列車の来ない駅を一回り後編:日田彦山線のBRT化予定の区間も | トップページ | 36ぷらす3 緑の路(土曜日)乗車記①まずは福岡空港から宮崎へ »

無料ブログはココログ