« 5年に一度の?大寒波①雪の通勤編 | トップページ | 5年に一度の?大寒波③雪解け、と志井駅のカンテラ »

2021年1月10日 (日)

5年に一度の?大寒波②北九州モノレールと日田彦山線採銅所編

一夜明けて9日土曜日。幸いに休みです。

Img_5670

勝手口から出ようとすると、この足跡。

戸の下を潜り抜けるときに脚を引きずったのか、尻尾のあとか…

いろんな足跡がありました😅

Img_7949

昨日に続いてモノレールへ。322号線は8日より雪が多い。

都市高速は通行止めが続いています(これを書いている10日現在も)

Img_5677_20210110104201

モノレールは運行されていますが、時刻表より少し遅れてる様子。

Img_7952

ホームに上がってみると、遅延のアナウンスあり。

折しも雪が降りだして、列車が来てない軌道上(写真右側、左は通過後)は白くなっています。

Img_5679

この日は出勤とは逆向きで、企救丘行に乗車。

Img_5681_20210110104201

乗ってみると、アラームが時折鳴り、そのたびにガクンとスピードが落ちます。

駅発車直後や上り坂で目立ったので、空転検知か。

そのためにちょっとずつ遅延が生じていたのでしょう。

Img_5684

企救丘駅の先、車両基地へ続く軌道は真っ白。

Img_7954

ポイント転換などは問題なく、次の列車も迎えていました。

Img_7960

志井公園駅まで歩いて、日田彦山線に乗車。

Img_5699
Img_5701_20210110110001

手近で雪深そうなところと考え、採銅所で下車。

Img_5702

ホームは雪で、庇の下の出札口は雪がないというコントラスト。

Img_5704_20210110110001

門松が残る駅舎に雪というのもいいですね。

Img_5707

採銅所までの道中、志井駅でポイントに凍結防止のカンテラが入っているのが見えたので、採銅所駅でもカンテラの風情を期待したのですが、電熱式の融雪装置のようです。

志井と比べて対策が必要な日が多いということでしょう。

Img_7968

次の列車が来る頃は、激しい降雪。

Img_7971

この先、筑豊方面に回る時間はなかったので、上の列車と交換する小倉行に乗って早々に引き上げました。

採銅所滞在は40分ほど。

残って撮影を続けておられた方は、いい写真が撮れたかな?

« 5年に一度の?大寒波①雪の通勤編 | トップページ | 5年に一度の?大寒波③雪解け、と志井駅のカンテラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5年に一度の?大寒波①雪の通勤編 | トップページ | 5年に一度の?大寒波③雪解け、と志井駅のカンテラ »

無料ブログはココログ