« 娘のために自動車保険を見直すの巻 | トップページ | 北九州空港アクセス道路の高架工事の進捗状況他 »

2021年1月31日 (日)

本日で公衆PHSサービスが25年の歴史に幕

サービス終了を告げるメールが端末に届いた」というのが話題になって気づいたことですが、本日1月31日をもってPHSのサービスが終了になります。

PHSが普及し始めた1990年代後半は携帯電話の音声品質が悪かったため、安価で通話品質の良いPHSは若者を中心にもてはやされました。その後は携帯の通信品質向上が目覚ましく、PHS人気は下火となり、2011年からはウィルコムの1社体制に。

2018年に新規の受付を終了し、もともと昨年7月にサービス終了の計画でしたが、折からのコロナ禍で機種変更の手続きが進みにくいという話になり、半年延長されていました。

Img_5988_20210131134901

こういうアンテナがPHSの基地局。

以前は電柱に中継ボックスから小さなアンテナが生えたような基地局もありましたが、ウィルコムの1社体制になってから見なくなりましたね。

もともと家庭内のコードレスホン子機をデジタル化して、そのまま持ち出して外では簡易的な携帯電話として使えるようにという発想の設計なので、基地局のアンテナや施設もこじんまりして簡易な感じがします。

車や新幹線で移動中にも途切れない基地局切り替え(ハンドオフ)性能を要求される携帯電話と異なり、PHSは電波が弱くなるといったん途切れて次の基地局を探す仕様で、高速移動には向きませんでした(今も仕事で持たされることがありますが、歩いていて途中で切り替わるのがよくわかります😅)

Img_5991_20210131134901

うちの近くに残るPHS基地局。

ウィルコムはソフトバンクの傘下となり、最後はワイモバイルブランドで扱っていましたが、機器はWILLCOMのロゴのまま。

同じ電柱の下にはソフトバンクの携帯のアンテナがついています。

Img_5987

関係ないですが、すぐ近くに最近建った電柱も携帯基地局。

この形は楽天モバイルが採用してるやつのようですが、当地もすでに自社回線でのサービスエリアに入っているようなので、電波も出ていることでしょう。

Img_5965

あとは、名残を惜しむ感じで小倉駅周辺を探索した写真から。

アイム(4月からセントシティ)の円筒形の部分のてっぺんには携帯基地局のアンテナ。低い棟のほうにひっそりとPHSのアンテナ(後で写真を見て気づきました)

Img_5970_20210131134901

カラオケボックスの屋根の上にも(奥の別のビルに携帯基地局)

Img_5978

駐車場の一角に立つ電柱にPHS基地局。ホテルの屋根の上に携帯基地局。

こんな感じの配置が典型的かと。

基地局1つのカバーする範囲が狭いPHSは、多くの基地局が必要ですが、出力は小さくて済みます。

Img_5981

おっと、このビルの上にも。

Img_5964_20210131134901

なかなか見上げながら歩くのもしんどいです😁

Img_5983

小倉駅北口のホテル、いつの間にかAPAに変わってました。

屋上の向かって左にPHSのアンテナ。右は、駅利用者を意識した配置の携帯基地局と思いますが、前からあったかなぁ…

4Gなの?それとも5G?、とPHSよりも今後のことに興味が🙄

サービスが終了して、これらのアンテナは撤去されるのだろうと思いましたが、テレメトリ向けの契約は2023年まで使用可能なようで、すぐに設備が消えるわけではなさそうです。ただ、企業相手の契約なので、契約企業の営業エリアから外れる地上施設は退縮していくような気がします。

私個人では契約することのなかったPHSですが、サービスが終了する公衆PHSと異なり、内線通話用の構内PHSは当面お世話になることになりそうです。これもWiFiを使ったIP電話などへそのうち移行することになるのかなぁ…

Img_5973

最後に、これもPHSと関係ないですが、リーガロイヤルホテル小倉の屋上で北側を向くアンテナがあります。

山口県下関市の、火の山が見通しにくいエリア(彦島や豊浦方面)に向けた下関西中継局です。左のパラボラアンテナで下関からの電波を受け、右のアンテナから送信している様子。県外の建物を利用するのは珍しいのではないでしょうか?

« 娘のために自動車保険を見直すの巻 | トップページ | 北九州空港アクセス道路の高架工事の進捗状況他 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

小倉駅あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 娘のために自動車保険を見直すの巻 | トップページ | 北九州空港アクセス道路の高架工事の進捗状況他 »

無料ブログはココログ