« 5年に一度の?大寒波②北九州モノレールと日田彦山線採銅所編 | トップページ | 2匹の猫の違い15選 »

2021年1月11日 (月)

5年に一度の?大寒波③雪解け、と志井駅のカンテラ

北陸で大規模な立ち往生が発生しているのを見ると、この程度の雪で騒いでいるのが申し訳ないですが、当地では珍しいことなのでもう少し記録。

Img_5734

9日は1日雪に閉ざされた感じでしたが、10日は午前中から陽が差して、雪も解け始めました。

Img_5738

屋根の雪が解けて、ちょっとした雪解け水の流れができていました。

Img_5741

猫も久しぶりに窓辺で日向ぼっこ。

Img_5731

菜園はちょっと心配です。

Img_7996

ブロッコリーは寒さでしおれ気味なのに加えて、今年もヒヨドリの襲撃が始まりました。

Img_5732

大根はだいたい収穫が終わっていますが、残ったやつの地上に出た部分が凍っているかもしれません。

Img_5730

秋蒔きで、越冬させて春に花をつけるエンドウ(グリーンピース)ですが、耐寒の限界を超えてなければいいのですが…

Img_5749
志井駅のポイントにカンテラが入っていたと前の記事に書きましたが、路上の雪が減ってきたので、直接確認に行ってみました。

Img_7998

記憶の通りなら、城野側にある安全側線のポイント。

Img_8004

おお、確かに火がチロチロと。

Img_8009
Img_8015

日暮れを待っていると、雪がまた振ってきました。

Img_8064

なんとか火が見えるのを1枚。

真っ暗になる前に帰路につきました。

Img_5744_20210111142901

雪だるまが、最後のお化粧をされていました。

寒さもゆるみ、連休明けは普通に通勤ができそうです。

« 5年に一度の?大寒波②北九州モノレールと日田彦山線採銅所編 | トップページ | 2匹の猫の違い15選 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5年に一度の?大寒波②北九州モノレールと日田彦山線採銅所編 | トップページ | 2匹の猫の違い15選 »

無料ブログはココログ