« 嵐電北野白梅町の新駅舎を見るついでに沿線観光 | トップページ | 南福岡駅で屋根上の照明を付けた811系”RED EYE"を目撃 »

2020年11月29日 (日)

阪急淡路駅高架工事の現場2020年11月(上新庄~淡路)

前の記事の続き。

大阪に行くとなると阪急淡路駅周辺の高架工事の進捗が気になります。

Img_4997

阪急嵐山から桂で乗り換えて淡路へ。

新幹線を高架で越えるように作り変えられる千里線と異なり、京都線は上新庄やその南側で新幹線の下を通る位置関係はそのまま。

Img_4999
Img_5001

その先、淡路駅までの間で左側(南側)に高架が作られ、徐々に二重高架に移行するのが見てとれます。

Img_5004

淡路駅到着。

Img_5007

ここからの眺めは今年1月の前回訪問と似たり寄ったりかな。

Map_awaji2

この先、前回使った地図にナンバリングを追加してご案内。

Img_5008

③のところの踏切では、京都線の上に作業用の桁が。

架橋作業の準備と思いますが、2層分を一気に架設するのか、1枚ずつ行くのかは気になるところ。

Img_5016

都市計画道路の幅の分ロングスパンの2層トラスは相変わらず京都線のみ。
(地図に線を引いている道路から②の方面を望む)

Img_5017

菅原1丁目交差点(⑨地点)から。

おおさか東線の高架もまだ新しいですが、迫力の点では2層になる阪急のほうが上ですね。

Img_5019

⑩の阪急京都線と府道が交差するところから淡路駅方面。

Img_5022

最初に載せた、高架の立ち上がり部分を車内とは別の目線から。

Img_5024

淡路に近づいたこのあたりは二層になってますね。

Img_5028

千里線の高架がJRおおさか東線と(現)京都線をまたぐ長いトラス。

Img_5029

JR淡路駅に入場して、ホームから。

今回一番変わっていたのはここですね。

いずれ京都線側も架橋されますが、おおさか東線のホーム(防音壁)と干渉するのではないかと思うくらいの近さです(架線のほうが高いので、千里線と同様クリアする設計のはずですが)

Img_7819
Img_7822

今回の内容にはあまり関係ないですが、百済への貨物が通過。

往復の乗車券(乗車票)が北九州市内~大阪市内だったので、JR淡路で入場してあとは帰宅の途となりました。

« 嵐電北野白梅町の新駅舎を見るついでに沿線観光 | トップページ | 南福岡駅で屋根上の照明を付けた811系”RED EYE"を目撃 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 嵐電北野白梅町の新駅舎を見るついでに沿線観光 | トップページ | 南福岡駅で屋根上の照明を付けた811系”RED EYE"を目撃 »

無料ブログはココログ