« 梅田貨物線地下化の現場に沿って朝の散歩 | トップページ | 西鉄バスの自動運転バスに体験試乗の巻 »

2020年11月21日 (土)

阪急阪神連絡デッキ、など変わりゆく大阪梅田界隈

前の記事の続きの散歩。

JR大阪駅から徒歩エリアが今回の(お仕事の)目的地。

Img_4907

大阪駅の上を通り抜けて、南側に出ました。

Img_4908

何やらでっかいビルの工事中、と思ったら、足元に「阪神の鉄道工事」との看板。

Hanshin_umeda

その場ではピンとこなかったのですが、あとで確認してみると、地下では阪神大阪梅田駅の拡張工事の最中なんですね(図はこちらのリリースから)

上の工事は、阪神百貨店が入ってるビルの建て替え中。

Img_4910
Img_4909

阪神百貨店の下の歩道橋には「阪急阪神連絡デッキ」の文字。

こんなんなかったよな?と思いながら、この日の本来の目的地へ。

Dsc_3505

途中で「泉の広場」を通ったのですが、泉(噴水)の姿はなく、名前だけが残っていました。

Img_4915
Img_4913

日が暮れたころ解放され、再び「阪急阪神連絡デッキ」のあたりへ。

阪神百貨店が、工事中のエリアも外装の意匠を先にまとっているあたりに、街の景観を意識しているんだなぁと感心。

Img_4919
Img_4920

こちらは阪急百貨店側。

Hankyu_plate

昔はライバル、今はグループ会社となった阪急と阪神。

それを意識づけるかのように、2つの百貨店につながる「梅田新歩道橋」のネーミングライツを獲得して3年前から「阪急阪神連絡デッキ」というプレートが掲げられているんですね。

Img_4921

左が阪急、右が阪神という、こういう位置関係です。

鉄道の乗り換え目的もあるのかとちょっと考えましたが、阪急(3階ホーム)⇔JR高架下(地平)⇔連絡デッキ(2階)⇔阪神(地下ホーム)となり、地下道経由より無駄なアップダウンが多いですね。

Img_4918

JR大阪駅の前も工事をしているのが見えますが、阪神の駅空間を拡張した上に「東西地下道」を整備しているのがこちら側か。

大阪駅の変化が目立つ梅田界隈ですが、ほかにもいろいろ変化があることに気づいた今回の出張でした。

« 梅田貨物線地下化の現場に沿って朝の散歩 | トップページ | 西鉄バスの自動運転バスに体験試乗の巻 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅田貨物線地下化の現場に沿って朝の散歩 | トップページ | 西鉄バスの自動運転バスに体験試乗の巻 »

無料ブログはココログ