カテゴリー「飛行機・空港」の114件の記事

2020年10月20日 (火)

福岡空港の新デッキは「働くクルマ」見放題

週末、天気が良かったので、「リニューアルしたなら一度行きたい」と言っていた妻を連れて福岡空港の新しい展望デッキへ。

私自身も2か月ぶりの訪問。

Img_5675

あれは羽田行?飛行機乗りたいし東京とか行きたいけど、コロナが心配な間はちょっとなぁ…

などと話しながら妻も楽しんでおりました。

Img_5677
Img_5681

エバー航空のA330が到着。Flightradar24では台北からのBR106便と表示。

Img_5698

国際線ターミナルにはこの1機だけでしたが、見ていると、貨物の積み下ろしはたくさんあるようです。

BR106便と折返しのBR105便、FR24を見るとこのところほぼ毎日運航されています。しかし、ここ数日の福岡空港の運航案内では欠航表示で、エバー航空のサイトで運航情報を見ても表示されません。

貨物便として運航を続けているのか、一般販売せず限られた人だけ乗せているのか…

Img_5693

ANAのB787が到着。

Img_5701

展望デッキの目の前のSpot8に入りました。

Img_5703
Img_5704

カーゴドアが開いて、コンテナの荷下ろし、積み込みがテキパキと進みます。

Img_5708

こういう、機体横幅一杯のコンテナもあるんか…

Img_5744

カーゴドアが閉まり、PBBが離れると出発です。

Img_5737

ここで見ていて気付いたのが、垂直尾翼の後ろにあるこの開口部。

調べてみると、最後尾にあるAPU(補助動力装置)のエアインテークのようです。APUは小型のジェットエンジンですので、作動時だけここを開いて空気を取り込むのでしょう。

Img_5756 

プッシュバック開始。手を振る人多数。

デッキ横を通るときに手を振ってくれるパイロットも多かったです。
(目線近いですもんね)

Img_5759
Img_5768

入ってくるとき、デッキのすぐ横でターンするところを撮れなかったので、プッシュバックでここを通ると予測して3階デッキ越しの撮影。

Img_5775

エンジン始動後、APUは無事お役御免となり、インテークを閉じてタキシングへ。

どこの空港の展望デッキでも作業用の車両はいろいろ目にしますが、作業を真横から見られるのは貴重と感じました。

Img_5777

この便が出た後、デッキに近い一角がガランとしてしまいました。

訪ねた日はまだ4階デッキの一角(矢印のあたりまで)が閉鎖されていましたが、19日から「スカイプレイグラウンド」として、デッキを小さな滑走路に見立てたエリアに生まれ変わったようです。

2020年10月14日 (水)

朽網駅~北九州空港間で中型自動運転バスの実証実験が開始

週末の話。

マイカーの整備の間代車をお借りしたので、いつもと違う車でプチドライブ。

Img_4655

8月初めに県道25号線を跨ぐ高架橋の架設工事を見学に行った箇所。

2か月たってあまり変わった感じはなし。

Img_4656

ここは足場が無くなったかな。

高架区間前後のアプローチ部分の工事を進めているようでした。

Img_4657_20201014213301

その足で北九州空港へ。

スターフライヤーもそれなりに便数を戻したものの、まだ欠航便が目立ちます。

この日も2機ほどお休みしてる感じ。

Img_4658

8月まで仮設のVOR/DMEが運用されていましたが、すでに撤去済み。

撤収を見に行かなきゃなと思いつつ、この状況で空港へ足が向くことが減っていました。仕方ない…

Img_4660

空港島内にある東横インは、現在もCOVID19軽症患者の受け入れ施設となっており、一般の宿泊は受けていない状態。

とはいえ、スターフライヤーが深夜早朝のフライトを減らしていますし、本来の需要はないでしょうね。

協力に感謝しております(患者受け入れについては書いていいものかと思いましたが、公式サイトに載っていることなのでここにも書きました)

Bus_automatic1

さて、表題の話に戻ります。

今年2月に小型バスを使ったプレ実証として朽網駅~北九州空港のルートで自動運転バスが試験運行されました。

Bus_automatic2

今回は10月22日から11月29日の予定で同じコースを走行します。

バスが中型車になり一回り大きくなることや、高架橋の建設でGPS受信が難しくなる区間に磁気マーカーを設置したなどの工夫もみられます。

Img_4655_crop

そういう目で最初の写真を見直してみると、信号に何やら付属物があります。

自動運転と関係ないものかもしれませんが、興味を引きますね。

体験乗車も受け付けるようです。前回のは見に行けなかったので、今回は時間がとりたいなぁ…

2020年8月18日 (火)

福岡空港国内線ターミナルの新展望デッキにお邪魔してきた

8月7日にリニューアルオープンした福岡空港国内線ターミナルの展望デッキへ行ってきました。

前の記事にC-3PO JET(俗称:たくあん)の写真を載せましたが、他の部分も含め改めての紹介です。

Img_4150

小倉駅から新幹線・地下鉄を乗り継いで福岡空港へ。

Img_4149

改札を出たホールのエレベーターで4階の展望デッキに行けるようになりました。

3階のレストランエリアにも近いので、飛行機に乗る目的以外で遊びに行くにもより便利になりました(コロナ禍のさなかなのが恨めしい)

Img_4160

4階にオープンしたビアテラスSORAGAMIAIR(ソラガ・ミエール)が目玉の一つ。

Img_4153
Img_4154

デッキに行く前にチェックインカウンターや出発口を見てみましたが、例年ならUターン客の多い日というのに混雑はなし。

Img_4156

まずは3階の展望デッキ。北側を見たところ。

Img_4420

見上げると4階のデッキがありますが、左奥が先日まで暫定的に解放されていた部分だと思います。

Img_4404

ふと横を見ると、尾翼が目の前、ってのが新鮮でいいですね。

Img_4434

デッキの北側に隣接するSpot8に停まるB777。

左奥はプッシュバックしたB787。

Img_4439

B787が出発していきます。

このあたりだと、望遠だと飛行機の全体像が入りきらないので、レンズの付け替えが増えて忙しくなりそうです(あるいはカメラ2台持ちのほうが捗るか)

Img_4447

海風が吹く夏の昼間らしく、北側への離陸。

見晴らしがいい一方、日差しも強いので、このあたりで一度室内に入り休憩。

Img_4477

後半は4階デッキへ。一角に半開放のSORAGAMIAIRがあります。

大画面に空港のライブ映像を流す、と記事で見たのですが、この日はホークス戦の中継を流してました。

Img_4493

A350が出発。

Img_4504

北側へ離陸するところや、ターミナルより南側に駐機する小型機の動きなどは、4階からのほうが見やすそうです。

Img_4517

最後に、見ている間に唯一降りてきた国際便がこのフィリピン航空。

このご時世で、発着が1便もない日もあるようなので、貴重です。
(他の写真に写っている国際線ターミナル、全く飛行機がおりません)

2020年8月16日 (日)

小倉駅ホームの「ラーメン屋の向こう」に停まると案内される肥薩線応援特急の話題他

以前の記事でも紹介した、肥薩線から疎開した車両で走らせる臨時特急。

Img_4162

下りの「かわせみやませみいさぶろう91号」の小倉駅の発着案内で「ラーメン屋」が停車位置の基準になっているとごく一部で話題になっています。

そのあたりを確認に出かけました。

まずは上りの「かわせみやませみしんぺい92号」の発着案内。

ホームに「うどん屋」のある8番のりば。

Img_4393

ほかの4両編成の電車と同じ位置に停まるので、先頭がうどん屋近くになります。

小倉駅到着を確認した後、いったん福岡空港へ移動。

Img_4414

もちろん、リニューアルオープンした展望デッキが目的。

着いてみると、トーイング中のC-3PO JET (JA743A)が目に入りました。

Img_4427
Img_4429
Img_4430

デッキの目の前でターン。すごく近いです。

標準~むしろ広角のレンズでないとB777のような大型機は切れてしまいますね。

Img_4472

デッキの南側に隣接するSpot9へ。

以前は見通せなかった方向です。

Img_4482

先ほどは3階から撮っていましたが、食事がてら休憩した後、4階から見たのがこちら。

少し見下ろす位置になります。

Img_4486
Img_4496

プッシュバックすると、デッキの3階部分の目の前に。

Img_4522

北側に向け離陸していきました。

ちょっとイレギュラーなトーイングから離陸まで見ることができて満足しつつ、あまりの暑さに長時間の滞在は避けて撤収。

#福岡空港のほかの写真は別に記事にします

門司港からの折り返しの時刻に合わせて小倉駅に戻ってきました。

「ラーメン屋より門司側」との案内もバッチリ収録。

Img_4169

この「DC<4>」の停車目標を使うようですね。

ホームの門司側と聞いて、日田彦山線のように、かさ上げされていない部分を使うのかと思ったのですがさにあらず。5番のりばは門司側も電車に合わせた高さになっています。

Img_4524

門司側から「かわせみやませみいさぶろう91号」が進入。

Img_4534

小倉で10分ほど停まるので、隣接ホームから件のラーメン屋も入れて撮影。

ホーム高さが理由じゃないとすれば、長時間停車中「撮影タイム」になることを見越して、定期列車と異なる位置に停めるという配慮か?

2020年8月 9日 (日)

北九州空港アクセス道路の高架橋の架設工事を見に

以前の記事の後の進捗についての話です。

建設中の県道245号線新北九州空港線の高架が県道25号線をまたぐ部分の橋桁の架設工事がありました。

Img_3958

大詰めの工事の数日前に現地を訪問。

Img_3972

現場の「空港・IC入口」交差点や周囲の掲示板に通行止め情報が出ていました。

Img_3969

交差点南西角に、今回架設予定の橋桁が置いてあります。

Img_3965

お、すでに下に移動用の台車が入っていますね。

多軸式特殊台車と記事や行政のリリースには書かれるもの。「山九」のロゴがあるので調べてみると、同社のサイトでは「ユニットドーリ」という名前が記されています。

Img_4373

さて当日。道路の通行止のあと、仮設の信号機が除去され、歩道と車道の間の段差をならす鉄板が敷かれたりしてから移動開始。

Img_4378

まずは前進。

Img_4379

台車の車輪が一斉に横を向いて、進行方向を切り替え。

周りの観客から「車輪を見たら動いてるのわかる」という声が聞こえてきたので、車輪メインで動画撮影。

…ゆっくり過ぎてこれでもわかりにくい😅

Img_4383

設置する高架に寄り添う位置まで来ました。

次は横向きから前向きへの方向転換(人で一部隠れますが、車輪の向きが変わるのがわかるでしょう)

再度前進。近づいたこともあってすこし動きが分かりやすい。

Img_4385

このあと、ジャッキアップしてから横に台車を移動させ、橋桁を下ろして設置完了という段取り。

1cm以内の精度が求められるとアナウンスがあり、そこの微調整のために時間がとってあるとのこと。

Img_4390

翌日の予定もあり、ここで撤収としました。

結構な人出で、ちょっとした夏祭りのようでした。

Img_4019

本日再訪して、県道25号線をまたぐ橋が増えていることを確認。

ユニットドーリは元の場所に戻り、撤収を待っています。

Img_4022

南側からもう1枚。

今回の工事で、「橋」の部分の工事は山場を越え、構造部分の残りはアプローチ部分の擁壁や盛土程度に。

年度末には開通するでしょうか?

2020年8月 7日 (金)

福岡空港新展望デッキオープンや、「ゆふいんの森」運転再開の話題など

例年ならば今週末から「お盆の帰省ラッシュ」「長い人は9連休で海外へ」といったことが話題になる時期ですが、今年は海外旅行はほぼ不可能な状況かつ帰省は控えて感染拡大防止をと呼びかけられるご時世。

全く混雑がないということはないでしょうが、高速道路の渋滞の名所が(緊急事態宣言中の)GW並みにスムーズに流れるのか、といったあたりくらいしか興味は向けられません。

Saikai_fuk_deck

そんな中、今日から福岡空港の新展望デッキがオープンし、常設のビアテラス(以前期間限定でビアガーデンが作られていた)もオープンです。

バス搭乗のラウンジの上にあたります。以前のデッキとは違う方向に展望が開けますから楽しみ。

いつ行けるかな…

Hisatsu1

7月豪雨で大きな被害を受けたJR九州ですが、JRからのリリースでは、肥薩線の被害は450ヶ所にのぼるとされています。

Hisatsu2

リリースはこちら(PDF)で見ることができますが、鉄橋の被害に加え、路盤が流出したところ、そして、道路の仮復旧のために残っている肥薩線の路盤を使っているところがあるなど、復旧までの期間や費用は日田彦山線を大きく上回ると思われます。

球磨川の治水計画とも不可分な話になるでしょうから、どういう議論になるか分かりませんね。

この先は今後の運転計画の話。

Saikai_nanatsu1

まずは「ななつ星」の運転計画。8月15日出発から再開されます。

3泊4日コースは後半で鹿児島経由で肥薩線(矢岳越えでスイッチバック体験)を通って博多に戻るルートでしたが、肥薩線に加えて代替ルートになりうる肥薩おれんじ鉄道も八代~佐敷の復旧に3ヶ月ほどかかる見通しなので、南宮崎折り返しに変更。

門司港での折り返しが毎週2回見られるのは当地には朗報なのかもしれませんが、周遊を楽しみにしていた乗客には残念ですね。おれんじ鉄道が復旧した後の運行ルートが気になります(36ぷらす3が走る予定になっていますしね)

Saikai_nanatsu2

1泊2日コースは、2日目に由布院に行っていたのを阿蘇方面へ変更。

ここは、明日8月8日に運転が再開される区間なので、JRにとっても乗客にとっても悪くない選択肢があってよかったなと…

Saikai_yufuin

同じく8日から運転が再開されるのが特急「ゆふいんの森」

1編成が由布院に取り残されており、1編成で運用が可能な2往復の運行。豊後森~由布院の代行バスと接続する形です。

光岡~日田の鉄橋流失のときは小倉・大分経由の迂回運行が行われましたが、今回は由布院の東側にも不通区間があるので同様の迂回では対応できませんね。

Saikai_isashin

もう一つ、復興支援に「出稼ぎ運行」が計画されているのが、本来肥薩線を走る「かわせみ・やませみ」と「いさぶろう・しんぺい」

併結して4両で博多~門司港を走行します。

遠出しなくてもJR九州のD&S列車を体験するチャンスですので「密」にならない程度に是非ご利用ください。

2020年6月26日 (金)

北九州空港アクセス道路の高架工事が進む

2年くらい前から何回か取り上げてる、北九州空港空港アクセス道路の高架工事。

工事は大詰めを迎えています。

先日架橋工事が一つあったので、そこの進捗を見てきました。

Img_3571

東九州道、苅田北九州空港ICのオフランプから。

一度降りて、またすぐに高架に上がる形なのが乗り心地や安全面ではイマイチですが、コストや、高速専用ではなく国道10号線側からのアクセスも考えてのことでしょう。

Img_3573

空港IC入口交差点西側のスロープを間近から。

橋梁構造は完成しており、この手前は盛土でしょうね。

Img_3574

県道25号線を跨ぐ部分の架橋はまだです。

Img_3576

空港方面に進んで、苅田臨空産業団地交差点のところは、先日6月4日深夜から翌日未明にかけて通行止め工事がありました。

深夜の県道に歓声 重さ250トン、ミリ単位の接合 重量橋桁が道路につながる瞬間

残念ながら行けなかったので、新聞記事で代用。

空港のほうに少し進んだスペースに橋桁が仮置きしてあったのが無くなっていました。そこから多軸式特殊代車で運んできたんですな。

Img_3577_20200626173801

Uターンしてきて、東側のスロープ。

Img_3580
Img_3581

空港IC入口交差点南西角に、ここで使うと思われる橋桁が姿を現していました。

4月の記事のときは、仮受け用の台座だけでしたな。

次の架橋工事はいつだろうと思って調べると、ちょうど昨日県からリリースが出たばかり。

Kisei_kuukouic

8月8日土曜日21時~(予備日は翌日)の予定です。

前回の架橋と同様の工法だということなので、予習の上で見に行きたいですね。

Img_3564

ワタシは家で寝てますけどね。

2020年5月26日 (火)

北九州空港のVOR/DMEは仮設のもので運用中

週末のこと。久しぶりに北九州空港へ出かけてきました。

Img_4015

欠航便ばかりの発着案内。

Img_3963

(出発が午前中の1便のため)ひっそりした航空会社カウンター。

Img_3964

物販は井筒屋の売店と、1階のコンビニくらい。
(6月になると少し運航便が増えるので、開く店舗が増えるかも)

Img_4010

誰もいない搭乗口にも、ご丁寧に運航予定と欠航の表示。

Img_3966
Img_4006

スターフライヤーの機材が多く羽を休めていましたが、近くで見ると、ピトー管や静圧孔(Static Port)に封印がされ、しばらく飛ぶ予定がないことが分かります。

いつも通り忙しく飛び回る日々が戻るのを待ちましょう。

Img_3994

この日空港に行ったのは、GW明けから運用が変更になったコリアンエアカーゴの到着を見るため。

LAX→KKJ→ICNという一方向の寄航であったKE230便から、同じ週2便ですがICN⇔KKJの往復(KE557/558)に。

韓国→日本の輸送にも応える必要があったのでしょう。

Img_3981

時刻はKE230の早朝から午後に変わり、KE557便の北九州到着が15:00、KE558便の出発が18:30というダイヤ。
(現在、ターミナルビルの閉館が早いので出発は展望デッキから見られません)

だいたい早めに着くので、FR24でICN離陸を確認して家を出ました。

Img_3968

西からきて、空港の上をパスして東側(周防灘上)で旋回して進入するのが定番ですが「音が大きい」と思ったら展望デッキの上を通過していきました。

Img_3971

わりと真正面に戻ってきて、左旋回してR/W36へ。

Img_3974

この日の機材はHL7605でした(その後は最初の2枚)

Vor_b2

このときの着陸ルートをFR24でおさらいするとこんな感じ。

Vor_b1

普段は、空港北端にある周防VOR/DME(SWE)を目標に飛んでくるので、もうすこし展望デッキから離れたところを飛びます(上の図は4月中旬の沖縄便、レーダー誘導で違うコースになることもあります)

Vor_swe

現在有効のチャートでも、SWEを基点にしたルートが載っています。

だが、FR24で見直すと、どうも4月下旬から、SWEを目標にしたルートではなくなっている…

どこかに情報があるはず、と、AIPの中を探り、ようやくSupplementの中にSWEの運用停止の項目を見つけました。
(一時的な変更はこっちに載るのか…)

今年4月23日~8月12日まで工事のため停波、代わりに駐車場の南側に仮設された小倉VOR/DME(KKE)が運用中。

航跡の変化とも合う内容です。

Vor_kke

同じ項目に、KKEからの方位や距離が記載されたチャートも載っていました。

現地で運用を感じることは大切だなぁ…

2020年5月 4日 (月)

ANAの減便に、コードシェア相手に対する配慮が?

国内航空路線の減便が進み、北九州空港の旅客便は1日2往復まで減ってしまいました。

Timetable_kkj2

今日の出発予定ですが、SFJとJAL各1便だけの運航。

#ここから先は、明日5月5日の羽田発運航予定に基づいて記載します

Timetable_kkj

これはSFJの羽田→北九州の予約画面。やはり1便だけ。

そんな中、連休前に娘が「鹿児島は羽田から来る飛行機がなくなる」と言っていたのを思い出しました。

多分この報道あたりだと思うのですが、ANAが羽田~鹿児島便を全便運休するとのこと。

実際のところをANAのサイトで確認してみると、1日2便の運航あり。

SNA運航便の一部は飛んでおり、コードシェア便が表示されています。

Timetable_kmi

お隣の宮崎も同じで、ANA運航は全便運休してSNAのコードシェア便のみ。

他には長崎や大分が同じ状況。熊本はSNA運航便も含め全便運休です(JALが1往復あり)

Img_6836

ANAが減便を決める際に、宮崎が本拠地で九州南部を中心に就航するSNA(ソラシドエア)に配慮をしたのでしょうか?

ANA運航便より機材が小さいので運航コストがかからないという面もありますし、コードシェアで一部座席をANAが買い上げているので、SNAに対する一定の支援ととらえることもできます。

Img_2629

SFJ(スターフライヤー)運航便にも同様の傾向があります。

SFJは地元北九州便と羽田~福岡便を各1往復まで減らす一方、羽田~関西、羽田~山口宇部は減便せず運航しています。

(それでも、FR24で調べると全13機のうち5機しか飛んでないので半分以下です)

Timetable_ubj

山口宇部も、ANA運航便が欠航表示で、SFJ運航便のみ。

Img_6868

もう一つ、ANAと連携しているADO(エア・ドゥ)就航地域はどうか?

Timetable_hkd

函館を見てみると、ここもANA運航便が欠航してADO運航便のみ。

ANA本体も楽ではないと思いますが、各地方の運航を担っている連携会社に配慮していただいているようです。

Img_4079

非常事態宣言も延長されるようですし、北九州空港に賑わいが戻るのはいつの日なんでしょうか…

2020年4月11日 (土)

スターフライヤーの運休増加、成田空港B滑走路閉鎖など航空業界は縮小が著しく…

内容的には、前の記事の続きです。

通常早朝北九州空港に到着するKE230便が、この日は午後になっての到着。

しかも、通常B747F(400Fだったり8Fだったり)がB777F (reg. HL8252)での運航でしたので、流れでチラ見に。

Img_2818

国道10号線から空港方面へ。

工事中の高架道路の立ち上がりは現在このくらいの出来。

Img_2819

県道25号線をまたぐ部分はこんな感じ。

Img_2820

道路に沿って、なにか仮受けするような支柱が置いてあったので、そのうちここに県道をまたぐ部分の橋桁が登場するかもしれません。

Img_2823_20200411123301

空港に着いて、まずは海上保安庁の北九州航空基地。

どの程度福岡から移転が進んだのかはあまり報じられていませんが、門やフェンスが整備され、工事の看板や事務所は無くなっています。

Img_2826

お、いたいた。

777のエンジンはでっかいなぁ…

Img_2824_20200411123301

空港で待つバスは、新型コロナ対策で換気をしているのかドア開放多め。

Img_2827

北九州空港発着の国際旅客便は現在すべて運休状態で、国際線チェックインカウンターは閉鎖中。

Img_2830

展望デッキへ行くと、タイミングよくKE230がプッシュバック。

Img_2836

出発準備中のJALの周りをぞろぞろ歩くのは、研修中の新人かしら?

Img_2839

出発していきました。コンデジしか持っていなかったのでここまで。

Img_2853

航空業界は旅客減を受けて減便が進んでおり、北九州空港にも、少なくとも4機が羽根を休めた状態で停まっていました。

Sfj_kkj

さらに、明日12日からは、北九州~羽田が1日3往復に減便されます。

当地も東京も緊急事態宣言の対象地域で、移動は控えるように言われていますから致し方ない対応ではあります。

現在減便計画は発表されているのは28日までで、29日以降は現在も全便の予約を受け付けています。

GWも緊急事態宣言の対象期間ですので、減便は避けられないと思いますが、帰省の動向を見極めてから運航計画が発表されることでしょう。

他には、緊急事態宣言後の山陽新幹線の利用が通常期の83%減といった厳しい数字も出ていますが、驚く一方納得せざるを得ないのが、成田空港のB滑走路閉鎖

リンクを貼ったNHKの報道によれば、成田空港の発着は昨年同時期の16%まで落ち込んでいるとのこと。B滑走路はターミナルから離れているので、灯火の維持管理なども含めて見直しはやむを得ないという判断でしょうね。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ