カテゴリー「鉄道(地元)」の209件の記事

2020年3月24日 (火)

1152レ改め臨時扱いの8152レになった大牟田貨物の入換を見に

ちょっと無理矢理前の記事の続きから。

Img_3830

下関で小倉行を待っていると、ステンレス車体の415系1500番台がやってきました。

関彦橋からも同じ系列が走っていくのが見えましたが、先日のダイヤ改正以来1500番台が関門路線や折尾までのシャトル便に入ることが増えているようです。

821系の導入に合わせて鋼製の415系の退役が進むとみられていますが、その予兆でしょうか?

Img_3850
Img_3851

そのあと、タンコの入換を見に黒崎へ。

大牟田から到着した編成は既に入換が済んだ後でしたが、三菱ケミカルから出てきたのは機関車のみ…

Img_3858

これを三菱ケミカルのほうへ押していくとタンコは一掃され、「明日の大牟田貨物は走らないの?」と思いながら帰路に。

(帰り道でレール用のチキの編成とすれ違ったのと、翌朝も無事大牟田貨物は運行されたのを見ると、チキを黒崎に停めるために側線を開けておく必要があったのだろうと結論付けました)

Img_3859

明けて日曜日。

今年4月をめどに三菱ケミカルで硝酸の製造が終わり、それに呼応する形で大牟田の三井化学専用線の廃止も伝えられているので、早朝の大牟田へ向かうことも考えたのですが、雨の予報やほかの予定もあり断念。

JR貨物も、これらの動きは当然把握しており、今回のダイヤ改正で1151レ~1152レが臨時列車扱いの8151レ~8152レに変更されました。終焉を前提にした臨時扱いと思われます。

Img_3865

黄タンコ付きの編成が黒崎に到着。

銀タンコで運ばれる硝酸は調達元が変わり船とトラックでの輸送になるようですが、黄タンコで運ばれる塩素は延岡の旭化成とやり取りしているもの。こちらの運搬がどう変わるのかは報じられていません。

Img_3869
Img_3878

黄タンコ付きの場合は、到着後いったん後方の黄タンコを切り離して、前方の銀タンコのみ入換が開始。

Img_3896

そこに、三菱ケミカルからの編成が登場。

銀タンコ付きのいつもの光景に一安心。

Img_3901

一瞬、3線にタンコが並び、かなりにぎやかになります。

Img_3911

このあと、銀タンコとJR貨物のED76を連結し、黄タンコの待つところへ入換して組成変更は終了。

Img_3914

毎日のように行われているタンコの入換がなくなるのと直接の関係はありませんが、(まだ正式なアナウンスはありませんが)4月末で閉店すると思われる井筒屋と一緒に撮ってみました。

Nante

COVID19の蔓延で航空路線が大きく縮小される中、北九州空港が新しいキャンペーンを始めていました。

県内出身の小峠さんをの持ちネタを拝借して「なんて空港だっ!!!

彼との契約が切れる前に、航空需要も持ち直してほしいものです…

2020年3月14日 (土)

ダイヤ改正の日の折尾駅界隈

JRを中心に、各地でダイヤ改正が行われる日を迎えました。

全国的に報じられるレベルのものは山手線高輪ゲートウェイ駅開業、常磐線全線運転再開、羽田国際線ターミナルが第3ターミナルに変更されることに伴う駅名変更とか。

遠くへは行けないので、娘の送迎の合間に定番の折尾駅観察へ。

Img_7261

福北ゆたか線経由の列車に乗ったので、鷹見口に到着。

Img_7265

鷹見口のホームや改札、現3番のりばの仮設部分(右奥)、オリオンプラザ(左奥の建物)、いずれも近いうちに見納めになるものです。

Img_7270

ぐるっと回って西口側へ向かいます。

Img_7272

先日の記事で、アンダーパス撤去後に道路が復旧しそうと書きましたが、3月26日に通行方式が変わるとの看板を見つけました。

Img_7274

舗装してラインを引けば通れそうな段階になっていたので、2年ちょっと通行止だった部分が3月26日に復活すると考えてよいでしょう。

Img_7276

歩道は先行して通れるようになっています。

Img_7285

そのまま本城駅まで散歩。

アプローチ部分の複線化が完成しているかと思ったら、まだ単線運用。

改正後も折尾~本城で列車がすれ違わないダイヤになっているので、半分は「あぁやっぱり」という感想。

しかし、新しく敷かれた線路に速度制限表示が建っていたりして、近いうちに複線運用に戻るのは間違いなさそう。工事の予算消化を考えれば3月中のことでしょう。

Img_7290

本城を出たところのこのポイントの運用も見納めか。

Img_2560

(写真は折尾駅の掲示ですが)本城でBEC819系のドア開閉も確認。

 

すべてのドアが同時に開きますね。

Img_2551

折尾行に乗車して、先ほどのポイントを通過。

Img_2556

折尾駅北側のシーサス。

先日まで、現在の運用で動かす必要のある矢印の部分だけ転轍機が設置してありましたが、今日見ると他の3カ所にも転轍機あり(過去の状態はこちらの記事

線路のほうは完成していて、軌道回路や連動装置を切替え待ちって段階のよう。

Img_2559

折尾到着。

COVID19対策で、JR九州ではスマートドアの扱い変更や、ウォーキングイベント中止などの対応がとられています。

さらに、乗客減が著しいため臨時列車を中心に特急・新幹線の減便も各地で行われる予定。

後者はきっぷを売り出した後での運休決定なので、切符の扱いに関するトラブルもありそうです。

2020年2月27日 (木)

八幡~折尾界隈点描

えっと、月曜日の散歩の記録です。以前から取り上げていることの続報が主。

Img_2484

まずは八幡駅から。構内通路では掲示物の更新中でした。

J2に昇格したギラヴァンツは、開幕戦がミクスタにアビスパを迎えての福岡ダービーでしたが、0-1で惜しくも敗北。

次は山口に乗り込んでレノファと…というところでリーグ戦の延期が決定。当面2週間のイベント延期が要請されていますが「通常運行に戻して大丈夫」という判断のほうが難しそうな気がします。ダラダラと自粛モードが続かなければいいのですが…

Img_2445
Img_2448

八幡駅から見ると、黒崎バイパス春の町ランプの工事が一段階進みました。

前の記事と比べると、門司→博多方面のランプがかなりできています。

この部分は主要な道路や線路をまたがないので(東田出口の通行止めは必要ですが)、大型クレーンを使った架橋工事は発生しなかったようです。

Img_2486

3号線現道側は、左に写る橋桁が仮置きしてあった部分で、上り線を移す工事が進行中。

そのあと真ん中にできたスペースに橋脚を建てて、橋桁を載せて、という作業になるので、先は見えてきたものの、まだまだかかりますな…

Img_2469

次は折尾駅。

折尾4丁目交差点から南側の道路復旧工事が進んできて、南北を移動する歩道の位置が変更に。

Img_2471

西口に回ってくると、囲いが減って復旧後の状態がイメージしやすくなりました。

Img_2474

駅構内には背の低い橋脚のようなものが増えていましたが、階段かエスカレーターの支柱でしょうか?

Img_2463

折尾~本城間は、ついに工事用の踏切が撤去。

Img_2462

囲った部分で最終的にレールの長さを調節すれば敷設完了という段階に見えました。

まだ、折尾駅を出たところのシーサスに転轍機が入っていなかったのですが、3月14日のダイヤ改正までに間に合うのか?

…まぁ、ざっと見るとダイヤ改正後も折尾~本城ですれ違うことはないようなので、年度内に完成すれば問題ないのだと思います。

Img_2493

最後は黒崎駅で、全検を受けて最近運用に復帰したEF81-404を記録。

Img_2505
Img_2501

車体もですが、碍子やパンタグラフが奇麗なのが目を引きますね。

2020年2月26日 (水)

国道322号香春大任バイパスの工事現況

COVID19の影響で各地のイベントが中止、卒業式も規模を縮小という流れになっています。

プロ野球もオープン戦を無観客で行うことになりましたが、これはレギュラーシーズンのスケジュールに影響が出ないことを最優先に、調整のための試合を予定通り行うことにしたと理解しましょう。

さて、工事の進む国道322号香春大任バイパス。

改めて見ると前回の記事とすごく変わったわけではないのですが、近隣の状況を確認してきたのでアップします。

Img_2428
Img_2429

まずは既開通区間と工事中区間の接続部分。

Map_bypass

前回記事の地図を流用しますと⑥地点。

Img_2431

まだ先の区間が舗装されておらず、段差も残っていますが、法面に植栽がされたのが進捗?

Img_2434

次は⑤地点にあるトンネルの坑口。

Img_2435

トンネル自体は開通しており、防災設備にも明かりが灯っています。

Img_2433

一つ気になるのは、振り向いたところの橋梁に、今年5月1日までと工事期間の記載があったこと。

…やっぱ年度内の開通はないのかな?

Img_2440
Img_2441

最後は、④地点の322号バイパスと201号の交点を望むところから(2枚目に見える道の駅の少し北側から)

Img_3640

南側の切通区間の舗装も進んでいるようでした。

Img_3649

そばを通過していく日田彦山線(香春→採銅所)

Img_2442

線路沿いへ移動。

Img_3655

採銅所で交換した添田行を1枚。

日田彦山線は、先日の復旧会議で東峰村を除く関係自治体(福岡大分両県、添田町、日田市)がBRTを容認する方向に転じ、BRT化の流れと全面的に報じられました。年度末に予定される次回の会議までに「東峰村が納得する施策やレトリックをどのように盛り込むか」という調整がなされているものと思われます。

鉄路が失われると決まるのは残念ですが、一方で多額の復旧費用をかけてもペイする見込みがないことも残念ながら明らか。BRT化して、列車より1本あたりの輸送力は減るが便数が増える方向で調整するのが妥当なところか?

2020年2月20日 (木)

ディーゼルハイブリッドYC1系量産車、九州入り

2月も中旬にしてようやく寒波らしい寒波が来て、当地でも少し雪が降りました。

今シーズンは雪を見ることなく終わるのではないかと思っていたので、むしろちょっとホッとした次第。

Img_2403

全体的に暖冬のはずなのですが、茎ブロッコリーの葉を齧っていくヒヨドリが今冬はむしろ凶暴で、丸裸に近いです。

左側にある、久しぶりに植えてみた芽キャベツもちょっと寂しいですが、脇芽が大きくなってきたので収穫。

Img_2401
Img_2402

今朝、妻がシチューに投入しておりました。

Img_2409

夕刻、仕事がちょっと早めに片付いたのでまずは門司へ。

Img_2410

上り貨物が通過するのを何気なく見ていると、少しサイズが大きい20Dのコンテナが増えています。

今後はこれが標準になっていくようです。

Img_2412
Img_2424

一足伸ばして下関へ。JR西日本管理の駅でありながら、JR九州制定の駅ナンバリングが貼ってあります。

SUGOCA導入の件といい、境界駅ゆえの面白いところ。

 

下関で待ったのは、3月のダイヤ改正から投入されるディーゼルハイブリッド方式のYC1系の甲種輸送。

2両編成×3編成の6両。

数日前に821系の量産車も九州入りしたので、今年も春に向けて新車の季節ですなぁ…

Img_2420
Img_2421

一方で、105系+123系という不思議な編成の宇部新川行きも見かけました。

小野田線用の送り込みも兼ねているんでしょうね。

Dsc_1814

帰ってきて、朝作ってあったシチューをいただきました。

写真は、ご飯に乗せてドリア風に…

2020年2月14日 (金)

折尾~本城を歩いて、レール溶接作業に遭遇の巻

前の記事の続きです。

高架ウォーキングをした後、JRが設定したウォーキングコースを外れて本城駅方面へ。

Img_2358

線路際へ出ました。

以前取り上げた「不思議な踏切」がそのままだったので、あまり変わってないのかなぁと思いながら歩きます。

Img_2359
Img_2360

ん?レールが浮かしてあって、何か作業してる人がいる。

Img_2361

バーナーのような音と、時々ポンポン爆ぜる音がするので慌てて駆け寄ってみると、溶接作業のようです。

Img_2362

運がいいことに、ちょうど加熱が終わり、赤く焼けた鉄が露わになったところが目に入りました。

Gas_pressure_welding

2枚の肝心の部分を切り出してみました。

技術情報を検索してみると「ガス圧接」という溶接方法のようです。

Img_2363

行き過ぎると、溶接後に盛り上がった鉄を削り取った後も。

Img_2365

現場でロングレールを作成しているところでした。

普段の保線は深夜作業ですから、こうやって昼間に見られたのは貴重な機会。

Img_2370

本城から若松線に乗って、折尾に折り返します。

単線にするためポイントが挿入された箇所にも、再びレールが置いてあります。

Img_2372
Img_2374

先ほどの作業個所を抜けて、築堤へ。

ダイヤ改正までに複線に戻すとすれば、あと1ヶ月。

Img_2375
Img_2377

折尾へ戻ってきました。

ちょうど「ななつ星」が門司港方面へ出ていくところで、高架ウォーキングから見られた人はラッキーでしたね。

2020年2月13日 (木)

折尾駅新駅舎建設開始と、高架ウォーキングのこと

11日のこと。

「これで最後!?折尾駅鹿児島本線高架メモリアルウォーク!!」が開催されるので折尾駅に行ってきました。

Img_2313_20200213175101

折尾へ向かう車内から。さっそく皆さん集まってますね。

Img_2317

折尾着。今回まず見たかったのは、鉄骨が組みあがった新駅舎。

Img_2319
Img_2320

ホームからと、北口の横から(旧筑豊線越しに)。

今の北口仮駅舎の真後ろで、鹿児島線高架と筑豊線高架に挟まれるように、旧駅舎を模した屋根が作られています。

高架が完成したとしても、ホームの間に少し距離が残る折尾駅ですが、そのためありきたりな高架下の駅舎ではなく、高架の間に駅舎が建てられて異彩を放つことになります。

Img_2324

北口と西口をつなぐ歩行者通路から。

前回訪ねたときも同じアングルの写真がありますが、前の工程が片付いて、駅舎建設に取り掛かる直前だったから広いスペースが開いていたんでしょうね。

更地だった前回訪問のタイミングと、ネット上に「駅舎が建ってる」と上がり始めた時期を比べるとほんの数日。鉄筋コンクリートの高架橋と比べると、鉄骨造ですから形になっていくのが速いです。

Img_2325

さて次は高架に上がるために鷹見口に…

と思って、改札内は通れないことに気づき、旧線を見ながら遠回り…

Img_2332

前々回前回に続いて参加した高架ウォーキングですが、毎回人気で結構並びます。

今回は、写真の作業用階段を使って上がるので、そこが一番律速段階になっていました。考えようによっては、一気に上がられて高架上が人で一杯になると危ないですから、絞るのにちょうどよいのかも。

Img_2336

階段の上から1枚。高架上を歩く人に比べて、下で並ぶ人の多さよ…

今回は、駅東側の、躯体は完成したがレールが敷設されていない部分のウォーキング。駅部分はホーム造作の真っ最中のためか、以前予想したとおり入れませんでした。

Img_2338

上がって早々、EH500牽引の上り貨物が通過して大迫力。

Img_2341
Img_2344

上りの817系。

Img_2347

降りる階段の列を待つ間に、折尾に到着する415系。
(折り返すので、すでに行先は門司港表示)

Img_2353

高架上を歩いた距離はそんなに長くありませんでしたが、いつもと違う目線で列車を見られてよかったです。

最後に、ひとつ気になったのは、今回の企画のタイトルに「これで最後!?」と疑問符がついていたこと。

本当に最後なのかもしれませんが、鹿児島線切り替え直前に新駅舎の見学も兼ねてとか、はたまた短絡線の切り替え直前に鷹見口に別れを告げるのを兼ねてとか、状況が許せば企画されるかもしれません。あまり期待せずに待ちましょう。

2020年2月 2日 (日)

折尾駅西口前アンダーパスは埋め戻され、間もなく通行可能に?

昨日の話です。

自宅の外壁補修が続くため(土曜日は作業があります)、自宅にこもりにくくて、先週に続き特に目的を決めずに外出。

Img_2178

とりあえず来ちゃうのが、鹿児島線の新高架の工事が続く折尾駅。

2月11日にJR九州ウォーキングで高架ウォーキング企画があるため、下見に…

Img_2176_20200202211901
Img_2182

ホームから見やすいところでは、駅の東側は高架のコンクリート部分が完成しており、線路敷設前ということもあって通路は確保しやすそう(どこから上がるのか当日にならないと分かりませんが)

駅部分は、ホーム建設の型枠なども多くあり、1枚目の写真のように桁が乗ってない(ズレた位置に仮置きしてある)箇所もあります。このままだと駅部分には立ち入れないかもなぁなどと感じました。

Img_2184_20200202211901

周りを歩いてみます。

北口から出て少し西に行った折尾四丁目交差点で、通行止の(旧)折尾駅西口前アンダーパスに通じる道路の整備をしています。

Img_2188_20200202211901

現在の仮設歩道から。

アンダーパスは既に撤去され埋め戻し済みで(撤去作業中の様子はこちらの記事など)、かなり幅広の空間が確保されました。

もともとの道路(アンダーパス)はだいたい右半分の幅で、左半分の矢印のところは後で写真を載せますが、西口側の駅施設があります。

この部分の高架の桁が乗って、足場が外されたので最終形が見えてきたのでしょうね。

Img_2190

仮設歩道を西口のほうへ。

左手は筑豊線ホーム、右が建設中の新鹿児島線ホーム。間に新駅舎ができるはずですがまだ姿はありません。

Img_2191

西口の前は通行止になった当時と変わらず。

通行止が始まった時の記事がこちらで、市のリリースには今年春まで通行止の予定とあります。折尾四丁目の工事看板には3月末までとあったので、年度内に通行可能になることを期待しましょう。

Img_2193

西口から入って高架の下を見るとこんな感じ(先ほどの写真の矢印部分に緑の柵が写っています)

最終的に短絡線も含めて筑豊線の線路やホームは撤去され、駅舎も高架下に集約されますから、今は構内のこの部分もいずれは道路用地になるのでしょう。

まずは暫定的に1枚上の元の道路(2車線)に接続して復旧。筑豊線の撤去後に拡幅して、北側の学園大通りにつながる4車線道路になるのか?

Img_2214

このあと昼食をとっていたら、北九州空港に着陸するB747-400Fを発見。

行ってみると、真っ白なやつです。

Img_2213

Spot0の近くから。

Img_2204_20200202214301

展望デッキから。

Img_2209_20200202214301

アトラス航空の運航するN407KZですが、ノーズのところに小さく会社名が書いてあるだけで、機体は真っ白。

もともと日本貨物航空(NCA)が運行していたB747-400Fで、NCAが機材をB747-8Fに統一する過程で手放したもの。NCAが運航していた当時(レジはJA07KZ)も北九州空港に飛来しています(在りし日の姿はこの記事など)

見に行ったときはタラップを外され、ローダーやトーイングカーもおらずひっそりとしていました。現時点で北九州空港を離陸した情報もなく、何をしに来たんだろうなぁという感じです。

2020年1月26日 (日)

日田彦山線大行司駅の再建駅舎の活用やいかに?

先月半ばに、「完成間近」な状態を記事にした日田彦山線大行司駅ですが、12月21日に完成記念式典があったと報じられました。

完成後の状況確認がしたくて足を延ばしてみました。

Img_2086

まずは宝珠山駅から。

「迎春」のメッセージと花を飾るのは地元の方か。

Img_2082

駅前を流れる大肥川の護岸整備が本格化しています。

Img_2080

Img_2081

国道211号と駅をつなぐ橋の架け替えのほうは、前回と比べると国道側の取り付け部分の造作が進みました。

Img_2089

次いで大行司駅。

前回と比べると、駅名の看板が掲げられ、駅舎らしくなっています。

Img_2091_20200126223401

駅前の地面に曲がったレールが埋められていますが、解説板を見ると、水害で筑前岩屋駅付近から川に流れだしたレールの一部だそう。

Img_2094_20200126223401

駅舎の裏(ホーム側)には、ホーロー看板の駅名票。

Img_2098_20200126223401

駅舎として使う際には出札窓口とするためか、カウンターが造作されています。

残念ながら建物内には入れませんでした。

Img_2093

もう一つ興味深かったのが、新しい建物は「駅舎」を名乗ってはいるものの、日田彦山線代行バスの情報などは掲げられておらず、JRからの情報板は今まで通りホームへ上がる階段脇にあること。

JRが主体となったわけではない駅舎の再建。日田彦山線の復旧方針が未だに決まらない状況で、この新しい建物に対してJR九州は当面「我関せず」を貫くのでしょうね。

Img_2099

ここまで来たら、筑前岩屋駅にも寄ってみました。

Img_2101_20200126230701

釈迦岳トンネル坑口付近が少しスッキリしたかな?

Img_2105

ついでに、というのは申し訳ないのですが、筑前岩屋駅の奥の竹地区にある棚田も見てきました。

Img_2110_20200126230701
Img_2111_20200126230701

もちろんこの時期に水や稲はありませんが、この狭い谷あいで稲作をしようとした昔の人の執念が感じられました。

Img_2116
Img_2118

最後のオマケは、国道322号バイパスが、201号と交わる部分を北側から。

2020年1月25日 (土)

折尾~本城の線路敷設に伴い、不思議な踏切が出現

前の記事に続き、自宅は外壁の補修中。

Img_2050

窓は目張りされ(塗装するので養生)

Img_2048_20200125232201

シャッターのある個所は降ろされた状態に。

Img_2049_20200125232201

ベランダで作業をされて、猫も不安ではないかと思うのですが、

…意外と平気?

Img_2051

外さないと作業できない格子もまとめて養生してありました。

Img_2053_20200125232201

蛹の囲いは今のところ無事。

Img_2066_20200125232701

こんな状態で、家にいても落ち着かないので少しプラプラ。

Img_2067

定点観測の折尾~本城間ですが、前回の訪問と比べると枕木の下にバラストが入ったりして線路らしくなりました。

Img_2070
Img_2071

まだ枕木に締結されていない、溶接してロングレール化していない、最終的に長さを調整する部分を残しているなど、まだ完成ではありません。

Img_2073
Img_2076

折尾駅の高架へ向けての築堤が始まるあたりの踏切は、線路撤去後を埋めていたアスファルトが取り除かれ、踏切の通路に戻りました。

Img_2074

面白いのが、築堤の工事のために設置された踏切を取り除かずに線路を敷いていること。前は工事用通路があったので目的もよくわかりましたが、今の状態だけ見ると、線路を遮断する不思議な踏切です。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ