カテゴリー「鉄道(地元)」の135件の記事

2019年2月15日 (金)

博多駅新幹線ホームは1面だけJR九州風味

先日のNHKスペシャルで、東京の「巨大地下迷宮」を取り上げていました。

難易度の高いシールド工法、地下鉄線に駅を追加しようとすると人力での作業が多く発生するといった話題が取り上げられていましたが、「一続きの地下街に見えても、所有者が変わると内装が変わる、微妙な段差がある」といったことも触れられていました。最初からビルの配置や地下での連絡をすべて考慮してから開発を始めたわけじゃないので、致し方ないのですが…

「所有者」「管理者」の違いを地味に感じる部分を見つけたので一つ取り上げておきます。

Img_1035

ここはJR博多駅の新幹線ホーム。在来線ホームに隣接しています。

(下を往くのは香椎線仕様のキハ47系。回送です)

Img_1030

新幹線ホーム3面6線のうち5線は16両対応ですが、もっとも在来線ホームに近い11番のりばだけは行き止まりで短く、九州新幹線側の発着のみに対応しています。

ここ11番12番のりばは九州新幹線の博多開業に合わせて増築された部分で、11番のりばの分だけ在来線の7番8番のりばは吉塚側に寄せられました。そういう苦労が感じられる箇所です。

Img_1036

11番のりばには6両、8両編成しか停まらないことが分かります。

Img_1037

JR九州風味と書いたのは、このホームだけ、売店がファミリーマートなことと、柱に木製の腰板が装着されていること。

Img_1044
Img_1040

隣の13番14番のりばには、セブンイレブンが入っています。

柱の腰板も特にありません。

コンビニの違いは、JR西日本とJR九州がそれぞれKIOSKをコンビニと提携する形に変えているから。木をあしらうのも、JR九州が多用する手法です。

増築されたことが分かるものとしては、12番のりばと13番のりばの間には、14番15番の間にはない柱が多く立っています。

Img_1041

これらが分かるアングルで無理矢理1枚。

新幹線博多駅は九州新幹線乗り入れ前からの流れでJR西日本に所属しますが、増築ホームはJR九州が所有する在来線駅の上に建てられたため、売店なども含めJR九州が管理していると思われます。売店については、新幹線への移行で在来線特急が減る分の損失補填の意味合いもあるかもしれません。

ただ、上の写真を改めて見ていただくと、ホームのタイルや案内板には他のホームと違いがないですし、コンコースのデザインも統一されています(コンコース内のコンビニもファミマとセブンに分かれていますがcoldsweats01

意識しないとわかりませんが、微妙な権利関係の違いが垣間見えて面白いです。

Img_1047

新幹線改札を出たところの通路から。

ここまできれいに天井と床が違うと、JR2社の境目がよくわかります。

Img_1046

足元の床は、アミュエストへの入り口付近で色が変わっていて、さらに複雑です。こうなると、店舗への誘導を優先したデザイン上の施策なのか、やはり床の境目で管理者が異なるのか、良くわかりませんcoldsweats02

2019年2月 6日 (水)

小倉競馬場での開催を前に、北九州モノレールのJRA号が更新

今週末から、定例の競馬開催のあるJRA小倉競馬場

昨年、「HOT HOLIDAYS!」のコピーとともに、松坂桃李・高畑充希・柳楽優弥・土屋太鳳(敬称略)の4名を各車両にアップでラッピングしていた北九州モノレール。途中で色違いへリニューアルもありました。

Dsc_6919

CMの契約期間の関係か、昨年末にはラッピングが除去されていました(昨年12/30撮影)

Jra2019

今年は、同じく「HOT HOLIDAYS! 2019」がキャッチコピー。

昨年の4名に加えて、中川大志・葵わかなを加えた6名体制なので、4両編成にどんなふうにアレンジするのかな?と気になっておりました。

競馬開催を前に、どうやら今年のJRAラッピング編成が走り始めたとの目撃情報があり、さっそく確認に出かけました。

Img_0980

ちょっと遅い時間ですが、競馬場前にやってきたJRA号。

昨年後半と同じ、1104Fにラッピングが施されています。

Img_0981

小倉側の先頭車両をややアップで。

スナップ写真をちりばめるようなかたちなので、一人一人の顔は小さめ。

撮れないことはないですが、ホームの蛍光灯が写りこみますね…

徳力公団前から企救丘方面への出発を動画で。

Img_0996

翌日、まだ明るい時間帯に。徳力嵐山口にやってきた小倉行。

Img_0997

企救丘側の車両の側面。

前にも書きましたが、人物は小さめなんで、登場人物のファンの方は沿線よりはホームで待ち構えたほうがいいかもです。残念ながら充当列車の情報は公式サイトには出ていませんが…

明るい時間の動画も。

Img_0968
Img_0974

他の編成も見ていて、変化があったのが、先頭窓側面の編成番号。

上の999号は「10」。下は同じ青ですがmikuni号で「5」

Img_0979
Img_1000

北九州銀行号は「2」、ハレピョン号は「8」

前面の02とか04は運用番号です。

実は、最初に乗せた、ラッピングが剥がされた1104Fを見たときに「4」があるのに気づいていたのですが、他の編成にも浸透してきたようです。

北九州モノレールの車両番号は、特にラッピングが施されると分かりにくく、ここで編成が分かるのは助かります。「助かる」というのはラッピングの変遷をみたりする趣味的な意味ですが、中の人にもすぐ編成が分かる必要があるのでしょう(何らかの事案があった?)

Img_0975

最後に、競馬場前駅で見つけたPUDOステーション

駅など公共の場所に宅配ボックスを展開している会社のようで、北九州モノレールでは現在香春口三萩野・片野・城野・競馬場前の4駅に設置済み。

ヤマトや佐川の荷物をバーコードやパスワード入力で受け取れるようで、通勤通学で利用する人には帰り道で受け取れるから便利ですね。特に単身者が多いエリアでは、コンビニ受け取りとともに需要がありそうです。

2019年2月 2日 (土)

梅の咲き始めた大宰府天満宮へ

昨年末の「モノレール平和神社」の記事にも書きましたが、我が家には受験生がおります。

太宰府天満宮に参拝して御守をいただかねばと思っていたのですが、ようやく妻と都合が合いました。今回は電車でお出かけ。

Img_0934

JRから西鉄に乗り換えるのに、今回はJR大野城駅から西鉄白木原(しらきばる)駅への徒歩連絡を選択。

白木原は高架(連続立体化)工事の最中。

Img_0935

大野城から予想以上に近いじゃん、と思ったら、ここからは天神方面の電車しか乗れません。

Img_0936
Img_0938

ぐるっと回って、踏切を渡ります。

Img_0939

先ほどの改札とちょうど対角線の位置に、二日市・大牟田方面ののりばがあります。工事の都合とはいえ、ここまで離れていると不便に感じますね。

上下線で駅舎や改札が分かれている駅は他にもありますが、対角に位置するのは珍しい?

Img_0944

西鉄二日市で乗り換えて、大宰府に到着。

天満宮はアジア系の観光客も多く、今日も賑わっています。

Img_0945

節分に向けて、厄除け用の祓門が設置されています。

なぜ瓢箪?と思いましたが、厄除けの御守に使われるなど太宰府天満宮とは縁があるようです。

Img_0950

「飛梅」はチラホラ咲きはじめたところ。

Img_0954

品種による違いなのか、結構花が開いている株と、ほとんど花をつけていない株の差が大きいです。

2月に入ってからの参拝になってしまいましたが、梅が見られてよかった。

Img_0955

「えんむすびの神」と書かれているので見に行くと、「竈門(かまど)神社」とあります。

Kamado

境内にあるのかな?と思って案内の掲示を見ると、結構遠くの神社です。

背後の宝満山が信仰の対象で、大宰府政庁からみて「鬼門」の位置であったとあるので、そういう昔からのつながりが「出張授与所」の背景かもしれません。

Img_0957
Img_0958

無事御守も入手して帰路に就きました。

2019年1月30日 (水)

香椎線向けのDENCHA納入が進んでいます

昨日、香椎線投入に向けたBEC819系DENCHAの甲種回送がありました。

Img_0929

今回は小倉駅で待ち構えてみました。

Img_0931

ちょうど3番のりばの在線と重なってしまいますが、向こうは4両、こちらはDE10+819系2両×3編成で計7両なので、先頭は出て停まります。

一旦停車の後、西小倉へ向け出発していきました。

香椎線向けの300番台は、今回で計8編成納入されたことになります。

Img_6020
Img_6021

既に架線の準備も終わり、DENCHAを待つ香椎駅ですが、果たしてダイヤ改正後の運用はどうなるか?

現在のダイヤをOuDiaでプロットしてみました。

Kashii_hiru

昼間は、西戸崎~香椎と、香椎~宇美で運用は分離されています。ほぼ30分ごとなので、5編成で足りる計算。

香椎で充電時間を十分とろうと思うと、雁ノ巣で交換するダイヤは改める必要があるのかな?

Kashii_yuu

夕刻以降は20分毎。香椎で分離されている運用は同じですが、7編成は必要です。

8編成では検査などを考えると足りないですね(22両導入としている記事もあり、11編成になれば足りそうです)

Kashii_asa

朝ラッシュは西戸崎~宇美を直通する列車が多いですが(青線)、DENCHAになると香椎で充電する時間が必要になります。折り返し運用に変更されるのか?あるいは停車時間を調整するのか?

新ダイヤが発表になったら確認してみましょう。

Img_0899

酒殿(さかど)駅に停車中の「アクアライナー」塗色。

Img_0890

昭和の香りがする扇風機ですが、香椎線で使われることはもうありませんね。

Img_0907

香椎駅から西戸崎側へ出発していくところ。架線はここまで。

Img_0911

最後は和白駅(右側は西鉄の駅)

2019年1月11日 (金)

BEC819系2次車の甲種回送の話題など

木曜日。出先から直帰できることになったのですが、少し早めに終了。

…しばし考えて、定時で職場を出ては間に合わないアレを見に黒崎に向かいました。

Img_0778

スペースワールド跡地で解体中のスペースシャトルは、わずかな残骸を残すのみ。ほかの建物も減ってきましたが、まだ手付かずのジェットコースターも。

Img_0787
Img_0788

黒崎駅到着。

筑豊線直通列車が使う3番・4番のりばでは屋根の工事中。

Img_0789

貨物の発着線では、三菱ケミカルから出てきた編成の点検中。

Img_0790

17時半前、北九州(タ)から単機で回送されたED76-1020が到着。

Img_0791

「単151」の標示の前で停止。これを確認したかったんですsmile

すぐにエンドを変えて機回しにかかります。

Img_0792

北九州(タ)行きの150レとして仕立てられました。

Img_0794

150レを見送った後で、西小倉駅へ。

この日はBEC819系(DENCHA)の2次車(300番台)の2回目の甲種回送があり、西小倉から小倉工場に入場します。

小倉側から到着。今回は2両×3編成。

停車間際に編成が伸びたり縮んだりするのを見ると、自力で走ってるんじゃなくて、荷物として牽引されてるんだなぁと感じます。

Img_0802

3番のりばから観察。

Img_0797

側面監視用のカメラ付き。

カメラが後付けされた100番台とは施工が異なるほか、IPアドレスの標示がありません。JR九州側が受け取り後に管理設定するのでしょう。

Img_0799

連結器やブレーキ管は甲種回送用に処理されています。

Img_0805

数分停車の後、小倉工場のほうへ発車していきました。

Img_0808

次はこのきっぷでおでかけです。

2018年12月30日 (日)

BEC819系ZG007編成がカメラなど更新されてZG107編成に

前の記事の合間に見たままから。

若松に向かうのに、ちょっと遠回りして東水巻~折尾の分岐部分を観察。年内の進捗具合の報告ということでcoldsweats01

Img_0750

まずは東水巻を出てすぐのところ、第1閉塞信号ですが、すぐ下にカバーがかけられた部分があります。

並びからは進路予告機ですね。若松線と本線(短絡線)の分岐位置が手前になるので、見通しの問題か制動距離の問題かで、予告が必要になるのでしょう。

Img_0752

トンネル側に分岐する線路は本線と接続されていますが、矢印の位置の架線柱はさすがに干渉しそう。白い当たらしい架線柱も建っているので、撤去されることでしょう。

Img_0759

続いて折尾の北側。現在はここに渡りがあります。

Img_0761

高架のスロープが降りてきて、このあたりが切り替え点か。

南側と違って本線を付け替えるので、切り替えは改正日に一晩でやることになるでしょう。

Img_0762

本城駅近くに、渡り線を入れる準備が整っています。

Img_5817
Img_5820

若松に着いてみると、「聖者の行進」などジャズが流れるし、若松区のマスコット「わかっぱ」がジャズを演奏するイラストも用意されています。

Img_5822

若松にジャズが定着したいきさつなどの掲示もされています。

Img_5805

このとき若松まで乗ったDENCHAが、更新済みで改番されたZG107編成でした(元ZG007編成)

カメラ設置のほか、確かに連結器の接点部分が増えてます。

Img_5806
Img_5808

カメラは車両の各側面の前後についているので、1両当たり4個。

Img_5807

カメラに印字があるのでよく見ると、管理用の番号のほかIPアドレスが振られています。今どきネットワークカメラなんですね。

クラスBのプライベートIPアドレスなので、車内のみで完結するのか、あるいは本社システムから監視・保存できる仕組みになっているのか?

多分年内の投稿はこれで最後になると思います。来年もよろしくお願いします。少しネタが残っているので、そのあたりは年明け早々に更新します。

2018年12月29日 (土)

寒い中、若戸渡船の新しい桟橋を見に

26日から新しい桟橋での運行が始まった若戸渡船。

寒波襲来の中寒いですが、見に行ってきました。

Img_5797

途中でスペースワールド駅に立ち寄り。

スペースシャトルの残骸は倒れた状態で残されていました。

閉園から1年、スペースシャトルのほか、建物も解体が進んでいます。

Img_5801

遠目に、新日鐵住金の「くろがね線」の機関車が動いているのが見えました。

新日鐵住金は来春「日本製鉄」(NIPPON STEEL)に社名が変わります。

Img_5815

折尾界隈をちょいと見て、若松へ。

Img_5818

お昼時だったので、若松駅構内の東筑軒でうどんをいただきました。

無人駅になり、KIOSKも撤退するなか、うどん店が残っているのが驚きなのですが、応援の気持ちを込めて。

Img_5827

海岸沿いを若戸大橋のほうへ向かいます。

Img_5828

渡船がお仕事をしているのが見えました。

Img_5834

若松側は桟橋はそのままですが、連絡橋が架け替えられました。

Img_5842

桟橋を囲むフェンスも更新されています。工事前の写真と比べると、隙間がなくなったので安全性や風よけという点で改善されているかも。

Img_5843

若松から、3分100円の船旅へ。

Img_5846

戸畑側は、前の記事に書いたように、仮設桟橋として使用されていたものをここへ移動し、4本の支柱に固定されました。支柱に沿って、干満に合わせて上下する作り。

この固定金具、前回見た時はぐるりと溶接されているように見えましたが、改めて観察するとネジ固定されていて分解可能なところがちゃんとありましたcoldsweats01

Img_5847
Img_5848
Img_5849

新桟橋を様々な角度から。

Img_5851

「この待合所からの運航を再開」という貼り紙が誇らしげでした。

2018年12月27日 (木)

北九州モノレール平和通駅に今年も「平和神社」が設置

気が付けば明日28日は御用納め。

Img_0737

年々、年の瀬の特別な感じは薄まっている感じがします。

Img_0738

小倉駅エリアでは、駅南側の「コレット」が来年2月末で閉店することが決まっており、その後のテナント構成がどうなるか話題になっています。

駅前の賑わいが減ることがないようにお願いします。

Img_0734

さて、初詣と受験シーズン前のこの時期、今年も北九州モノレール平和通駅に「モノレール平和神社」が設置されました。

Img_0735

改札横には、年末年始の運行についてこのような案内が。

30日は日曜日ですが土曜ダイヤ。31日~3日は日祝ダイヤでの運行と。

最終便の時刻が異なるので注意が必要です。

Img_0736

平和神社は例年蒲生八幡宮から分祀されており、今日午前中には神職を招いてお祓いを執り行ったようです。蒲生八幡宮の案内も出ています。

Img_0741

平和通駅では「合格祈願セット」の販売も。

今年は家内に該当者がいるので、買って帰りました。

Img_0744

御守と合格祈願切符の表。

Goukaku_kippu

切符にはこのようなこじつけいわれがあるよう。実際に乗れるとのこと。

Img_0745

そして裏。

御守には蒲生八幡宮とあるのかと思ったら、ちゃんと「モノレール平和神社」と刺繍されていました。

あとはJR九州のリリースから。

Hamono

半年ほど前に新幹線車内で起きた殺傷事件を受け、刃物持ち込みを禁止するルールが徹底されることになりました。JRグループと、民鉄グループから同様の内容のリリースが出ました。

モノレール各社からはリリースがないのですが、根拠となる法令が違うのか?実施は来年4月からなので、もう少しして出すのかも…

Orio_walk

3月から使用される折尾駅筑豊本線新高架ホームや、トンネルのお披露目を兼ねたウォーキングイベントが2月24日に開催されます。行けるかな?

2018年12月22日 (土)

「筑豊・北九州ラウンドトレイン」が運行されました

SL人吉の客車を使ったイベント列車は以前も運行されたことがありますが、今回は「筑豊・北九州ラウンドトレイン」として、直方発着で運行されました。

直方~門司港(折り返し)~採銅所~田川後藤寺(折り返し)~直方という行程。

門司港で散策の時間と、採銅所で特製弁当の配布あり。

Img_9960

まず、折尾へ向かったのですが、特急待避の合間にスペースワールド跡地の観察。

先月下旬から解体の始まったスペースシャトルの模型は風前の灯火。

Img_0666
Img_0669

参考に2週間前の状態を(1枚目は車内から)

Img_9961

重機が今日の作業を始めようとしているのか動いていました。ツイッターを見ると、昼頃までに倒されてほぼ姿は無くなったようです。

シンボルであっただけに残念ですが、次の展開に期待しましょう。

Img_9967

「ラウンドトレイン」は、まずは直方から黒崎経由で門司港へ。

筑豊線と鹿児島線の通称「短絡線」を通るので、折尾の鷹見口で出迎え。

Img_9973

SL人吉に使われる50系客車の前後にDE10を連結したプッシュプル。折り返しの際に機回ししないでいいことがメリットですが、なかなか豪華な構成です。

Img_9981

来春の筑豊線ホーム移設に合わせてABのりばに変わる鷹見口。

折尾駅改築の最終段階で移設されるので、数年の間の措置か。

Img_0018

次は、採銅所に行く前に志井駅に立ち寄り。

跨線橋から俯瞰で動画を。

Dsc_6794

採銅所までは車移動も考えましたが、「ラウンドトレイン」の長時間停車や食事提供がアナウンスされているので、関係者や訪問者でいっぱいだろうと予測。

車が停めやすく、かつ券売機のある石原町できっぷを買って947Dに乗車。

昨今の風潮を反映してか、日付が平成ではなく西暦表示の券面でした。

Img_0028

採銅所に到着。「ラウンドトレイン」は予想通り駅舎側に停まっており、947Dは普段は小倉行が使うホームへ入線。

信号もあり進路構成には問題ありませんが、停車目標がないためか、係員の手旗の位置に停車していました。

Img_0033

停まっている「ラウンドトレイン」を撮影して、帰りの列車を待ちます。

Dsc_6796

採銅所で購入したきっぷは平成表示で、ローマ字駅名もないなど石原町と異なるフォーマットでした。改元までには石原町と同様のものに変更されるのか?

Img_0040

952Dで石原町に戻り、本日の追っかけは終了。

2018年12月15日 (土)

来年3月16日ダイヤ改正に合わせて香椎線にDENCHA投入と折尾駅ホーム切り替え、他

昨日、定例のこの時期に来春(3月16日)のJR各社のダイヤ改正の概要が発表になりました。

おおさか東線北区間の開業はありますが、全国的に話題になるような大きな変化はないかな、というところ。

青函トンネル内で新幹線の最高速度を140→160km/hに引き上げ、東京~新函館北斗が初めて4時間を切るとJR北海道は息巻いていますが、短縮は4分。旅客の流動がどのくらい変わるかな…

Jrq1

当地では、先日からBEC819系(DENCHA)の増備香椎駅構内の電化が話題になっていますが、来春から香椎線にDENCHAが投入されることが正式に発表されました。

時間短縮も書いてありますが、一方で必ず香椎で充電する時間をとる必要があると思われますので、西戸崎~宇美の直通列車に関しては時間短縮は期待しにくいです。とはいえ、現在も朝ラッシュ以外は香椎で折り返す運用なので、困る人は少ないかもしれません。

Jrq2

折尾駅の筑豊線ホームの切り替えも同じ3月16日。

切り替え後の構内図をリリース(PDF)から。新しいホームは先日写真を載せたように、6番・7番のりばに決定。一方、現在6番・7番を使用している鷹見口の筑豊線短絡線ホームはAのりば・Bのりばに改称されます。

最終的に短絡線は現在の3番・4番のりばのところに移るので、その際には1番・2番のりばを名乗ると思います。いきなり1番・2番と6番・7番を入れ替えると混乱を招くので、ワンクッションおくことにしたのでしょう。

Jrq3

西口東口の間はお役御免になる線路の上を塞いでつなげて対応(上の図は現状)。

西口から新ホームへの動線確保のほか、現在西口と鹿児島線ホームの移動にエレベーターが使えないという問題もあるので、必要な措置ですね。

筑豊線の線路がなくなれば、西口東口の区別は不要となりますから、その時点でまた変更があることでしょう。

Img_0696

さて、12日から運休して桟橋工事中の若戸渡船。今朝の状況から。

Img_0710

市営バスを使った代行バスが出ています。

Img_0697

新桟橋の完成予想図を見ると、仮設桟橋にあまりに似ていることから、代行バスの案内をしていた方に伺うと、これを移動して据え付けるとのこと。

前の記事では「仮設桟橋があるのになぜ?」と書きましたが、これをそのまま移動するから運休が必要なのですね。

Img_0699

ここの支柱に桟橋のフレームが通る…のは分かるのですが、上部の構造は横梁でつながっており、一方の桟橋のほうも支柱が通るところはガッチリ溶接してあるように見え、どうやって通すのかがすごく気になりましたcoldsweats01

Img_0701

地上側の橋が乗る部分も見えます。

Img_0706

さて、若松側にも行ってみましょう。今回は車。

Img_0719

橋が無料になったおかげで気軽に渡れますsmile

Img_0714
Img_0711

連絡橋の取替工事と出ていて、確かに作業用の通路だけになっています。

どうせ運休するなら、この機会でないとできないことを両岸で同時にやらないとですね。

Img_0721
Img_0722

おまけ。警察官詰所の前で警備にあたる茶トラの猫がおりました。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ