カテゴリー「猫日記」の105件の記事

2018年8月25日 (土)

岡山駅前で見られる「猫耳バス」2種

昨日運行計画が明らかになった貨物列車の迂回運転。一般紙の記事にもなり、注目されているようです。

今回は岡山の残りの話。

Img_0063

妻が撮影中の桃太郎が見渡すあたりに、岡山駅東口のバスターミナルがあります。

Img_0025

多くのバスが行きかう中、「たま駅長」のバスsign02

Img_0026

前に回ると、ひげのペイントと「猫耳」がついています。

Img_0072

全体像。

たま駅長といえば和歌山電鐵、ですが、和歌山電鐵はこのバスを運行している岡山電気軌道(路面電車も運行中)の完全子会社。そんな背景があって岡山にも出張しているようです。

Img_0067

もう一つがこちら。竹久夢二の作品を展示する「夢二郷土美術館」へのバスに使われている「夢二黑の助バス」

職員が保護したために「お庭番」になった猫「黑の助」を竹久夢二風に描いたキャラクターがちりばめられています。黒猫がモチーフですが白い猫耳。

Img_0068

シートも黒猫柄。

Img_0069

あとで調べていて、降車ボタンを押すと「ニャ~」と鳴くと知り、時間をやりくりして乗ればよかったと思うのでした…

ちなみに、路面電車にも「ニャ~」と鳴く車両があるようです。ネコノミクスにのっかる岡電おそるべし。

Img_0029

岡山の街で面白いのが、回送バスが「すみません回送中です」と表示すること。英語でも"SORRY NOT IN SERVICE"

岡山駅だと、時間調整にいったん待機場所へ移動するときに回送表示になるので、たくさんのバスがスミマセンスミマセンと移動していきます。

Img_0064

さきほどの黑の助バスは、カラー表示で「すみません回送中ニャ~」(英語は同じニャcat

単なる「回送」よりは人情味があって良いですが、英語圏にこういう時"SORRY"という習慣があるのかなぁ?という点は気になりました。

| | コメント (0)

2018年2月 7日 (水)

チビ猫は雪に興味津々

寒い日が続きます。

豪雪で、福井~石川県境の国道8号線では立ち往生が発生しており、心が痛みます。

当地では昨日も今日も朝はすこし積雪していましたが、明日はようやく降らない予報。暖かい日はまだか…

Img_4071

さて、ここ数日のある朝。

暖かいとこでゴロゴロしていることの多いチビ猫が、窓辺で外を見ていました。

Img_4077

落ちてくる雪が気になるようで、目線が動きます。

Img_4082

時に虫が飛んできたときのように伸びあがって「攻撃」

Img_4090

先住猫はそこまで降る雪に興味はないようで。

Img_4069

チビ猫ですが、最近屋内用物干しのこの部分がお気に入り。

Img_4067

不安定なようですが。後ろ足をこの交差した部分に引っ掛けると安定するのを覚えたようです。

Img_4070

後ろからファンヒーターの温風が当たるのが、たぶんお気に入りの原因(反対向きには居座りません)

Jrasch

ひとつ前の記事で、北九州モノレールの新しいJRAラッピング編成を紹介しましたが、今週末からの小倉競馬場での開催に合わせて、モノレールも臨時便が出るようです(スケジュールはこちら

ちょっと変わっているのが、土日でなくて、10日土曜日と12日月曜日の運行ということ。小倉での開催もこの2日間です。

この週末だけでなく、月曜日を含む3連休には開催日を振り分けることとで月曜日にもレースが行われるようになっているんですね。いつからだろう?

| | コメント (0)

2018年1月28日 (日)

チビ猫が首輪の鈴を咬んで壊した?

「最近、チビ猫の首輪の鈴が鳴らない」ということで見てみると、

Img_9072

つぶれて口が開き、中の玉が出てしまったんですかね。

Img_9075

使わなくなった首輪に鈴が残っていたので、付け替えるために鈴を外してよく見ると、金具の近くにも押しつぶした跡が。

歯型っぽいな。こういうの齧って変形させるとは舐めてはいけない顎の力です。

Img_9069

首輪を外したほうが、首筋のラインがきれいに見えるのですが、いたずらも目立つチビ猫なので首輪なしというわけにもいかず…

Img_9078

移植した鈴で復活しました。

Img_9096

一方の先住猫は、1年近く首輪がない状態で生活しています。

盗み食いなどしなくなったので、近づいてきたとき気配がなくてもあまり困らないので、外してそれっきり。

Img_9086

お気に入りの発泡スチロール箱(トロ箱みたいなの)に収まる先住猫。

Img_9088
Img_9090

後方からチビ猫が箱に入ろうとして、いつものパターンで喧嘩が始まりました。

Img_9091

あらあら、チビ猫に乗っ取られてしまいましたcoldsweats01

| | コメント (0)

2017年12月 9日 (土)

先住猫の「香箱座り」は膨らみすぎたパン?

更新が滞ってしまったので、自宅猫とご近所ネタから。

Img_8999

猫がくつろいでいるときに、前足をたたんで座ることがあります。

日本では「香箱座り」と呼ばれますが、由来となった「香箱」のホンモノはあまり見る機会がありませんね。ググればどんなものか出てきますがcoldsweats01

英語では"Cat Loaf"と呼ばれるようです。"Loaf"はパン一斤が代表で、そのくらいの大きさのひと塊のことをさすよう。ひき肉を型に入れて焼いた「ミートローフ」という食べ物もあります。

いずれも、猫が前足をたたんだ部分が箱の角のように見えることからの命名でしょう。

Img_8998

先住猫の「香箱」は前足のたたみ具合は上手なのですが、ちょっと「箱」にしては横幅がありすぎる印象gawk

猫の座り姿は下が四角(平ら)で、上が丸いので、香箱より食パンのほうが近いかもしれません。

Img_9000

チビ猫のほうはスリムなのですが、香箱座りは苦手のようで、あまりきれいに前足をたたんでくれません。

性格も違いますが、得手不得手も異なるようで。

Img_8994

先日も記事にした、モノレール守恒~徳力公団前で開店準備中のコメダ珈琲。

Img_8992
Img_8993

看板も立ち、建物もいかにもなデザインに。

Img_8991

今月22日開店とのことです。楽しみ。

コメダは小倉北区の勝山公園にも出店計画があるようで、攻めてますね~

Img_8995
Img_8996

コメダの近所、モノレールを挟んだ反対側に、蒲生八幡神社の鳥居(一の鳥居)がぽつんと立っています。本殿まではかなり距離があり、ここから歩いて参拝したことはありません。

交差点の名前もずばり「鳥居前」

斜めに合流する旧道から青信号を誤認されないように、ブラインド付き。

Img_8997

鳥居のちょっと先で志井川を渡るところ。

今はすっかり葉が落ちていますが、

Img_0156

春にはこんな桜並木になるんです(写真は一昨年)

| | コメント (0)

2017年11月28日 (火)

ご近所にコメダ珈琲建設中の巻、と薄型信号機の話題

昨日今日は少し暖かいですが、寒い日が増えてきた11月末。

Img_3368

猫も暖かいところを求めるようになってきました。

Img_6557

ファンヒーターが好き(平気)なチビ猫は、ヒーター前に陣取って好き放題。

Img_6677

まずは、先日記事にしたイオン徳力店跡地などの続報です。

Img_6676

駐車場の営業終了したはずなのに車が出入りしているなと思ったら、「営業延長」の文字。

実際結構停まっています。家族とも「ジムの駐車場足りないんじゃない?」と話題になったので、需要があるのでしょう。元イオンの建物の解体作業などによっては変化する可能性があります。

Img_6678

1時間は無料で停めておけるので、その間にひと足のばして、モノレール沿いに。

Img_6679

いかにもコメダ珈琲らしい建物ができています。

以前あったオープン予定の看板が外されていましたが、公式サイトでも12月22日北九州守恒店オープン予定としてスタッフ募集をかけています。

Img_6680

志井川に沿った場所ですので、桜の季節には貴重な休憩場所としてにぎわうかもしれません。

Img_6683

守恒店という名前ですが、モノレールからは、徳力公団前のほうが近いです。

Img_8943

さて、最近よく見るようになったのがこのタイプの信号機。

Img_8944

まず目立つのは薄いこと。

そして庇(ひさし)がなくツルっとしています。

Dsc_3888

LEDを使った信号機は既にかなりの割合を占めていましたが、それでも申し訳程度に庇はありました。

Img_8941

電球の場合は色のついたフィルターを通すことで信号の色を出しているので、点いていないところも色が分かります。そして、日が射すと後方の反射板で照り返し、点いているように見えることがあるという問題がありました。

なので、外部からの光を防ぐ庇は重要だったわけです。

Img_8940

LEDはそのものが特定の波長の光を出すので、点いていない状態で「何色に光るか」は(わざと塗ったりしない限りは)わかりません。

それでも庇はあった…

今回の薄い信号機は「低コスト型」と呼ばれたりするようですが、庇と薄さばかり気にしていて、ほかの大きな違いに気づかないでいました。

Dsc_3889

実は、電球部分の直径が30cmから25cmに小型化し、全体の幅もスリムになっているとのこと。視認性に問題がないことから、警察庁がLED信号機の基準を変えたとこちらの記事にあります。

庇の必要性についてもその時に議論されたのかな?前世代のLED信号機は、「全体の形はなるべく変えずに」電球部分をLED化した。今回ようやく全体の形をLEDに最適化するに至ったと考えて納得することにしました。

Img_8945

一つ不思議なのは、今回の薄型への更新、電球式が残っているところから優先的に行われるのかと思ったらそうじゃないんですよね(当地の更新状況を見ていると)。少なくなったものの電球式も残っていて、比較のための写真も撮れました。

道路や信号の重要性によって、信号機の更新サイクルが違ったりするんですかね?

| | コメント (0)

2017年7月15日 (土)

カブトムシ18匹と過ごす夏…(虫多め注意)

昨年、息子がもらってきて飼っていたカブトムシ(こちらの記事)

Img_2406

カゴの中に見つけた幼虫(写真再掲)

あの頃はまだ小さかったんですが、放置してしまうかと思っていた妻が本気でマット(腐葉土のようなもの)の交換をし(かなり私が手伝いましたが)、冬も無事に越し、暖かくなってまた活動を開始しました(フンが増えてくるので、食べているのが分かる)

デカい幼虫の写真は割愛しますsmile

Img_2278

幼虫がたくさんいると、蛹になろうとしたときに干渉してうまくいかない、とか、ペットボトルを切って一匹ずつにすると、観察しやすい、とか、ちょっと調べるといろんな飼い方の工夫が出てきます。

蛹化(ようか)と羽化はカブトムシ飼育のクライマックス。ここを失敗すると死んでしまったり、正常な形にならないこともあるとのこと。

妻も、ある時期からペットボトルを捨てずにとっておくようになりました。

Img_2275

5月下旬「これでマット交換も最後だね」「来週にでも個室に移してあげよう」と相談していた数日後…

「なんかギシギシいってる」ので恐る恐る見てみると…

Img_2268

ああっ。これはすでに蛹室(ようしつ)を作り始めてますね。自ら土の中に部屋を作って、その中で蛹化・羽化を行います。モリモリ食べて成長する段階を終え、蛹になる準備をするこの期間が前蛹(ぜんよう)。

前蛹が蛹室に適した場所を探したり、周りを固めて部屋を作るときに、結構音がするのだとか。運よく何匹かケースの外側から観察できそうです。

この段階で掘り起こすと、次に蛹室を作る力が残っていないことがあるそうで、個室に移すのはあきらめることにしました。

Img_2332

詳しく書けば色の変化などあるのですが、紙面?も足りませんし毎回は撮っていませんので、10日ほどあとの写真。

蛹になっています。角が目立たないのでメスのようです。

Img_2337
Img_2336

別の蛹。

ケースの反射もあって、なかなか思うように撮れないのですが、うまくピントを調節すると、オスの角と分かります。

#このあたりのアップの写真、EF-M 28mm MacroのLEDライトを使ってみたり、別の懐中電灯を向きを変えながら試してみたり、いろいろと苦労しましたcoldsweats01 フォーカスはもちろんマニュアル

Img_2401
Img_2407

羽化してもすぐには地上に姿を現さず、体が成熟するのを待つのだそう。1か月ほどを過ごす蛹室が重要なわけです。

夜中、地上に姿を見せ始めたのは6月末。成虫用にセッティングしたケースに移してやると、猫たち興味津々です。

Img_2434

徐々に数が増えて、最終的には幼虫を飼っていたケースを掘り起こして、無事全部の羽化を確認。一匹だけ羽が少し変形していました。

Img_2437

これはオスたち。つやつやと黒光りやしていて角がある。

Img_2439

こちらはメス。オスと比べると、角がないだけでなく、意外と毛深い、脚のトゲが大きい(ヘタに持つと痛い)といった特徴あり。観察していると、メスのほうがよく動き回るように思います。

羽化したカブトムシ計23匹、今のところ里子に出した(あげた)のが5匹なので、現時点ではまだ18匹と暮らしています。誰かいりませんか?

| | コメント (0)

2017年5月22日 (月)

ペットフードも値上げなんですね

様々な値上げが話題になります。

意識することはさほど多くないのですが、先日キャットフードを買いに行って実感しました。

Img_2253

左が今まで購入していたもの。見慣れた袋が店頭に見当たりませんが、ブランド名と「室内ネコ用」が同じもの(右)を発見。

「小袋に分かれてないので、まとめ買いみたいなパッケージかも」と妻に確認して購入。

家で見た妻には「なんか高級そうな袋になった」とおおむね好評。

Img_2254

しかし、よく見ると2kgであった容量が1.8kgに減っています。

ムム、これはいわゆる「実質的値上げ」というやつでは?

Img_2256

たんぱく質が従来品と比べて15%アップ、という「改良点」のアピールには余念がありません。

Img_2260

数字もいろいろと書いてあるのですが、栄養には詳しくないので、どっちがどのくらい良いのかはちょっと比較できません。

Img_2259

通販の検索すると従来品も出てくるので、一時的欠品か?とも思いましたが、メーカーのサイトでも新しいほうのパッケージしか出てきません。

定番商品のはずなのに、前回購入した従来品のほうに「棚はずれ特価」とあることからも、メーカーの生産終了に伴う販売終了だろうと結論付けました。

Img_2258

cat値上げゆうても食事の量は減らさんでね!

| | コメント (0)

2017年3月18日 (土)

小倉駅東側公共連絡通路がリニューアル

暖かくなってきた年度末。気が付けばお彼岸です。

Dsc_1747

チビ猫も春の花に囲まれて…
(カスミソウを食べようとするのが困りもの)

Img_8189

小倉駅の東側を南北に貫く公共通路は昨年末から閉鎖されていましたが、最近リニューアル工事が済んで通行可能になりました。

タイミング的にはミクスタのオープンに間に合わせたと考えられます。

Img_8190

あるあるCityのある一つ上の写真の右下あたりにセブンイレブンがあり、そこに公共通路があります。

Img_1065

ちょっとアングルが違いますが、2014年に同じところを撮ったものがありました(こちらの記事より)。

奥まったところに暗い通路がある、というのが以前の状況。手前に通路の玄関口?を延長し、内部も明るくすることで通行の抵抗感を減らす効果があるのでしょうか?

Img_8191

さて、入ってみます。

Img_8192

北側から入って、いきなり目を引くのが漫画ミュージアムの宣伝を兼ねた壁面の漫画パネル。

Img_8193

「壁ドン」ができると話題の絵。

それぞれ、隅のほうに「使用法」が書いてあるので記念撮影の参考にされてはいかがでしょうかsmile

Img_8194

駐輪場があるのは以前と同様ですが、通路に目隠しを作ったりわざと曲げたりというのは、自転車に乗って通り抜けるのを防止するとか、スピードを落とさせる工夫でしょうか?

Img_8195

ギラヴァンツの宣伝もあります。

床面のデザインは、小倉織の縞模様を意識したもの?

Img_8197

南側に出ました。

Img_8199

南側は北側以上に奥まったところにあり、知らないと利用しづらいです(以前からですが、再開発工事中で壁があるのでなおさら)

Img_8198

建設中のこのビルが完成した暁には、より利用しやすい(利用者の多い)通路になるのでしょうか?

Dsc_1752

んー、通路内で記念撮影を勧めるということは、基本通る人も少なく空いているってことだよなcoldsweats01

| | コメント (0)

2017年3月12日 (日)

北九州モノレールの「銀河鉄道999」編成が通常塗装に

暖かい日曜日。ギラヴァンツのJ3開幕戦は賑わったようですが、時間が合わず応援には行けず。

Dsc_1722

クリスマスローズが花盛りですが、下のものは落ちた種からの実生。3年か4年かけてついに花が付きました。

さて、タイトルの話題に戻ります。

昨年秋から全般検査(全検)に入ったと思われ姿を見せなかった1110~1410編成(10編成)が出場したとの目撃情報があり、確認に。

Img_6691

もとは「銀河鉄道999」(通称メーテル)のラッピングが施されていた編成ですが、おそらくは今回の検査が原作の松本零士との契約が切れる時期。

Img_1523

志井駅に見に行くと、青帯のノーマル塗装がやってきました。

Img_1527

一瞬同時に停車した、「福岡銀行」編成と比べると、前面がストンと垂直になっています。微妙ですがここの形が違うのが10編成の特徴。

小倉駅乗り入れに伴い1編成増やしたもので、この編成だけが「若い」のです。

Img_1528

企救丘へ向かうのをいったん見送り…

Img_1538

折り返し戻ってきたのに乗車します。

Img_1541

室内を見ると、今月検査が完了したとのプレートが。

Img_1543

名物?徳力嵐山口南側のカーブを走行中。

おそらくはVVVF化の工事が行われたと思います。これで、北九州モノレールの全編成が改造済みとなりました。

#4/22追記:どうも音がほかの編成と違うようです。VVVF化は見送られたかもしれません。

Img_1514
Img_1517

チビ猫はゴミ箱やら電子レンジやら、いろいろ入りたくなるお年頃?のようです。

| | コメント (0)

2017年3月 4日 (土)

「箱」をめぐる猫どもの争い、とofficeの電話認証ができないと出る件

うちの猫2匹は、一方がまだ子猫ということもありますが、結構性格が違います。

Img_1289
Img_1290

チビ猫のほうは、箱や袋にとりあえず一度は入ってみるタイプ。お歳暮か何かが入っていたこの発泡スチロールの箱はお気に入り。

Img_1344
Img_1294

一方の先住猫は、あまり箱に入ろうとしないのですが、この箱は気に入ってしまったようです。チビ猫と違って少しあふれますがcoldsweats01、あごを乗せていたりするのもかわいい。

Img_1284

2匹ともお気に入りなので、こういう領土争いがしばしば…

動画で2パターンご覧ください。

最後に備忘録をかねてPCネタ。

先日HDDとOSを更新した自宅のPC。持っているoffice2010はちょいと古いのですが、機能的には十分。windows10にもインストールできるとのことなので引き続き使うことにします。

インストール後に起動すると、ライセンス認証をしろと。本来はofficeからインターネット経由でできるのですが、「既定の回数を超えている」とのことで受け付けてもらえず。

同じPCでの入れ直しなので、ライセンス上は問題ないはず。こんなときは電話して認証するんだよね?と思ったまではいいのですが、こんなメッセージ。本来連絡先が表示されるはずがサポート外と出る。

Office

ここで、「古いofficeだからライセンス認証受けられないのかな?」とくじけかけたのですが、検索してみると、こちらのページで電話をかける先がわかります。

電話すると自動音声での対応。officeのダイアログに表示された数字をポチポチ入力し、「前のPCからofficeを削除したか?」などの質問に回答すると、ライセンス認証するための番号が通知されます。

ネットのブラウザ使ったウィザードでできるんじゃない?という想いと、「電話かける」手間をかける人は正規のユーザーである可能性が高いってことかな?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧