カテゴリー「小倉駅北口ウォッチャー」の182件の記事

2019年2月10日 (日)

西鉄バスの「スマートバス停」をめぐる

つい最近の話ではありませんが、昨年から西鉄バスと安川電機(いずれも関連会社)が共同して「スマートバス停」の試験運用を行っています。

Smart_bus

「時刻表を貼る」のが基本のバス停を、デジタルサイネージ化したもの。

時刻表に限らず多様な内容の表示が可能になり、更新や監視もリモートでできるので、広告を充実させたり、臨時の運行情報や非常時の情報提供が可能になります。「貼替」に要する労力を減らす意図もあるとか。

Img_1014

まずは小倉駅近くの米町バス停。

門司方面や砂津(車庫)へ向かうバスがひっきりなしに来るバス停です。

Img_1018

見やすい位置に、当日のダイヤ(今日は日曜日)が表示され、さらに直近の時間帯は太字で強調されています。

こういうことができるのは電子化の強み。

Img_1020

砂津行きに関しては簡略表示(まぁ来たバスに乗れば必ず行きますし)

門司方面のバスに関しては接近表示も出ています。

一番下は、平日・土曜日の時刻表と、路線図や営業案内が切り替わるようになっていました。ここの情報は状況によって切替可能なのでしょう。

Img_1021

米町(矢印)の奥に見える砂津(観覧車のところ)にもスマートバス停が設置されているとのこと。

Img_1022

上に屋根のようにソーラーパネルが載っているのが、明和町バス停。

電源供給のないところに設置する「エコタイプ」とされています。

Img_1024

「スマートバス停実証実験」とありますが、市販の電波時計っぽいものが組み込まれていたり、北九州マラソンに伴う運行変更については紙が貼ってあります。

Img_1026

時間帯による強調表示がない、接近表示がない、という違いもありますが、全体に表示が暗いのが気になりました。明るくすると電源容量が厳しいのか…

スマートバス停を一般化しようと思えば、このタイプのコストや信頼性が鍵になりそうです。

Smart_bus2

スマートバス停が設置されていることを思い出したのは、先日からスマートバス停にさらに自動販売機を一体化したものが設置されているから。

Img_0961

こいつは黒崎バスセンターにあります。

Img_0964

普通のバス停の標柱も残してあって、右隣のでかいやつが自動販売機一体型スマートバス停。下に飲み物の表示があるのがポイント。

Img_0965

伊藤園とのコラボです。

バス情報に関しては、時間帯に合わせた強調表示がされていますが、残念なのは接近表示の字が小さく、フォントがつぶれていたこと。このパネルに最適化されていないという印象。

Img_0966

お茶を購入してみましたが、残念だったのは、近未来的な形のくせに、現金決済しか対応していないこと。

QRコード決済までとは言いませんが、どうせならnimocaなどICカードには対応しておいてほしかったですね。プロトタイプなのでそこまでコストをかけられなかったのかな?

今のところはバス停の標柱と、普通の自販機に挟まれて肩身が狭そうですが、省スペースとか、災害対応などに力を発揮することを期待します。

2018年12月27日 (木)

北九州モノレール平和通駅に今年も「平和神社」が設置

気が付けば明日28日は御用納め。

Img_0737

年々、年の瀬の特別な感じは薄まっている感じがします。

Img_0738

小倉駅エリアでは、駅南側の「コレット」が来年2月末で閉店することが決まっており、その後のテナント構成がどうなるか話題になっています。

駅前の賑わいが減ることがないようにお願いします。

Img_0734

さて、初詣と受験シーズン前のこの時期、今年も北九州モノレール平和通駅に「モノレール平和神社」が設置されました。

Img_0735

改札横には、年末年始の運行についてこのような案内が。

30日は日曜日ですが土曜ダイヤ。31日~3日は日祝ダイヤでの運行と。

最終便の時刻が異なるので注意が必要です。

Img_0736

平和神社は例年蒲生八幡宮から分祀されており、今日午前中には神職を招いてお祓いを執り行ったようです。蒲生八幡宮の案内も出ています。

Img_0741

平和通駅では「合格祈願セット」の販売も。

今年は家内に該当者がいるので、買って帰りました。

Img_0744

御守と合格祈願切符の表。

Goukaku_kippu

切符にはこのようなこじつけいわれがあるよう。実際に乗れるとのこと。

Img_0745

そして裏。

御守には蒲生八幡宮とあるのかと思ったら、ちゃんと「モノレール平和神社」と刺繍されていました。

あとはJR九州のリリースから。

Hamono

半年ほど前に新幹線車内で起きた殺傷事件を受け、刃物持ち込みを禁止するルールが徹底されることになりました。JRグループと、民鉄グループから同様の内容のリリースが出ました。

モノレール各社からはリリースがないのですが、根拠となる法令が違うのか?実施は来年4月からなので、もう少しして出すのかも…

Orio_walk

3月から使用される折尾駅筑豊本線新高架ホームや、トンネルのお披露目を兼ねたウォーキングイベントが2月24日に開催されます。行けるかな?

2018年12月 8日 (土)

北九州モノレールに今年もクリスマス列車・サンタ列車走る、ほか折尾駅近辺の話題

先月末まで「高田憂希号」として運行されてきた北九州モノレールの原色編成(1103F)。

12月に入り、「クリスマス列車」にリニューアルされました。

Img_5785

走っているのを見かけたので、時間を計算して城野駅でお出迎え。

Img_0689

ドア周りはこんな感じ。所々に「モーノくん」も登場。

Img_0690

つり革周りと、天井照明にもデコレーションあり。

Img_0693

小倉駅に着いて、人が降りた一瞬を狙ってシート周りのデコレーションを。

Img_0694

青色照明で、外から見るとこんな色合いです。

クリスマスデコレーションも、ラッピングのない車両のほうが思い切ってやりやすいと思いますが、ラッピング車両に、スポンサー様提供のクリスマスグッズを飾り付けるというのも見てみたいですね。ワンポイントでもいいので。

Img_0688

まだ公式サイトには載っていませんが、車内には12月24日に恒例の「サンタ列車」が走るという告知がありました。

#12/10付で公式サイトにサンタ列車の告知が出ました

さて、先日、DENCHAことBEC819系の2次車(300番台)の甲種回送がありました。

おそらくは若松線に続き香椎線への導入への準備だと思います。

Img_0685

甲種の時は暗くて確認できませんでしたが、情報によると821系やYC1系と同様に車外確認用のカメラが設置され、画像伝送用か連結器に付属する接点が増えているとのこと(丸のあたり、写真の車両はオリジナル仕様)

現行車両も同様の変更が追加され、100番台に更新されるようです。

先日の記事と比較するために、折尾駅前後の筑豊線の現況を見てきました。

Img_5746
Img_5744

まずは折尾駅から。新ホームは駅設備の工事の最中で、6番のりば・7番のりばになることがわかります。

本城駅を出てから、折尾までを動画で撮影してみました。

Orio5

一線分のスロープが作られ、レールが敷設されているのは前回触れましたが、少し手前(本城寄り)に渡り線を入れるためのポイントが用意されています。

最初の段階ではここに場内信号が設置され、折尾までの間は単線運用ということになりそうです。

続いては東水巻から折尾へ向けて。

Orio1

こちら側は渡り線挿入の工事は終わっています。

Orio3

ここにはチラッとしか映っていませんが、トンネルの中にもレールが敷設されているのを肉眼では確認しました。

Orio4

こちらは現在の折尾駅への分岐部分。ここの役目もあと少し。

2018年12月 2日 (日)

若戸大橋・若戸トンネル無料化当日の様子

ひとつ前のKOKURA LOOPとどっちを先に取り上げるか迷いましたが、こっちは恒久的な変更なので後回しに。

今年5月に無料化の方針が報じられてから半年。特に地元の方にとっては待ちに待った日がやってきました。

料金所の状況など、移行期にしか見られないものもありますので、さっそく出かけてきました。

Img_0559

行きは都市高で。戸畑が近づくと、向こうに赤い若戸大橋が見えてきます。

Img_0561

若戸大橋と若戸トンネルへの分岐点。

若戸トンネルへの分岐が唐突でちょっと危ないなと感じるポイントなのですが、30km/h規制になってますね。前はどうだったかな?

このあたりの標識は「有料道路」のままです。

Img_0562

ETCが使える都市高と異なり、必ず停まって支払う必要があった料金所ですが、「料金所」の文字はすかさず消されたようです。

Img_0563

レーンには「通行無料」の文字。

通行帯をずらしながら、料金所の解体が進められることでしょう。

Img_0564

若戸大橋を通って若松に入ります。

Img_0565

サンリブ若松(と公共機関が入っているビル)の駐車場は90分まで無料なので(買い物すれば延長あり)、散策と昼食の間、置かせていただきました。

Img_0566

無料化を挟んで2日間、感謝祭と称してイベントが開かれたようです。

上の写真は若松駅近くの会場。

Img_0567

若松側から橋に差し掛かったところにある、料金表。まだ目隠しもされてない。

Img_0571
Img_0573

「若戸無料化」とのラッピングが施された北九州市営バスが、サンリブの横を通過していきました。

市営バスは、若戸大橋を通る系統(戸畑や小倉方面)をすべて10円値下げし、マイカー利用意外にも恩恵があるようにしています。

Img_0576

帰りは若戸トンネルに回ってみました。

Img_0578

回送表示の市営バスを追いかける形に。

路線バスで、若戸トンネル経由の系統はないよなと思いながら…

Img_0582

若松側から利用した場合も、料金徴収は戸畑側で行われていました。

Img_0583
Img_0584

帰りは一般道へ。

ここで料金を支払って出る場合にはETC非対応だが、都市高に乗り継ぐ場合は戸畑入口のところで都市高の料金とまとめてETC払いが可能という非対称性がありました。

年末までには料金所の姿もなくなるでしょうか?

2018年12月 1日 (土)

小倉の街に循環バス"KOKURA LOOP"本日から運行

インバウンド向けの実証運行という位置づけではありますが、小倉中心部の観光地・買い物スポットを結ぶ循環バスの運行が始まりました。

Kokura_loop_map

その名も"KOKURA LOOP"。時刻などはこちら(公式サイト)

一方循環で、チャチャタウン(砂津)→小倉駅→図のように一周→もう一度小倉駅に着いたところで終点という運用。例えばドン・キホーテからリバーウォークへ直行はできません。

Img_0586

時刻を見て、まずはモノレールで「旦過市場」停留所へ。

紺屋町バス停に併設ですが、標柱が電話ボックスに隠れる窮屈な場所にあって、時刻の確認がしにくそうです。スペースの都合でこういう配置になるのなら、せめて紺屋町バス停にも案内貼ればいいのに…

Img_0591

バス停はモノレール旦過駅の北側にありますが、実際の旦過市場はモノレールを挟んで反対側。

Img_0594

側面などには大きく"LOOP"と書かれています。

慣れない街で公共交通機関を使うのは不安がありますが、循環路線は、分からなくなった時、乗ってれば元のところに戻るので、割と安心なんですよね。

Img_0595

TOTOミュージアム」に向け、市立医療センターのところを右折していきます。

普段路線バスが見せない動きなので、ここに陣取ってみた次第。

Img_0598

次は「黄金市場」。黄金町バス停に併設。ここは見やすい配置です。

ここも、肝心の黄金市場は国道3号線の向こう側。目の前に見えますけど、横断歩道渡ってくださいね。

Img_0601

ここからちょいと乗ってみます。

1乗車100円のワンコイン。nimocaなど交通系ICカードやフリー乗車券は使えますが、得パスが使用不可。得パス不可は違和感あるけど、定期券というくくりに入るためのよう。

旅行者向けなので、普段使いの人への配慮は不要…なのかな?

Img_0602

乗客は少な目だったので、車内も撮影させていただきました。

案内は英語ほか外国人向け多し。

Img_0604

次は「ドン・キホーテ」、と思ったら、店の前は通過です。

Img_0607

中津口バス停のところに停まります。

Img_0608

チャチャタウン小倉」は当然砂津のバスターミナル。

Img_0611

ここで降りて、小倉駅まで歩いている横を、次の便が過ぎていきました。

小倉城をかたどったLED幕がちゃんと映るように、少し流して撮影。

Img_0618
Img_0619

小倉駅」は、北九州空港行きと同じバスセンター8番のりば。

「1番のりばではございません」という注意書きに苦労を感じます。

Img_0623
Img_0624

コレットの側のデッキから。

Img_0627

車内で英語・ハングル・中国語のリーフレットと、外国人観光客専用のクーポンを配布しています(特典の詳しい内容は公式サイトではわからないので、各施設に行ってからのお楽しみみたいです)

来年2月末までと決まっているので、どこまで有効性が確認できるのか分かりませんが、この時期に始めるということは、SFJの台北便も含め、北九州空港に国際線の就航が増えていることとも関連するのでしょう(北九州空港のトップページにもリンクを発見しました)

あ、もちろん日本人も乗車可能ですので、先日紹介したイルミネーションなどと合わせて是非当地の観光の際にはご利用ください。

2018年11月22日 (木)

小倉イルミネーション2018を一回り

街がクリスマスムードに包まれる時期になってきました。

当地でも、恒例の小倉イルミネーション2018が、街を彩っています。

Img_0478

仕事が早く片付いた日、小倉駅新幹線口(北口)側からスタート。

Img_0479

新幹線口のデッキは毎年こんな感じですね。

Img_0480

駅構内は、クリスマスツリーが出ていたと思うのですが、今年はどうなるのかな?(4年前のツリーの写真をどうぞ)

Img_0483
Img_0487

小倉城口(南口)は、モノレールの橋脚やデッキの屋根に電飾が。

写真の端になってしまいましたが、カモメがワンポイント。

Img_0492

リバーウォークにはミラーボール煌めくクリスマスツリー。

Img_0500

井筒屋界隈から小倉城を望む。

Img_0503

勝山公園の一角にできたコメダ珈琲店も参戦。

Img_0456

昼間はこんな感じです。

Img_0496
Img_0497

趣向が変わったのが、紫川にかかる鴎外橋。

光のアーチがなくなり、その代わり様々な色に輝く"KOKURA"の造形。

Img_0455

こちらは昼間の鴎外橋。

Img_0504

クリスマスや年末年始を過ぎて、来年1月14日まで。17時から22時までイルミネーションが楽しめますので、ぜひ小倉の街においでください。

2018年10月 8日 (月)

モノレール「北九州市観光大使“高田憂希”号」はラッピングでなくアナウンスジャック

北九州モノレールの特別編成の話題。

今回は外観をラッピングするのではなく、当地出身の声優さんがアナウンスを担当するという趣向。999号のように前々からPRされてるわけではなく、出発セレモニーまで行われるわりには少々突然でした。

公式リリースが5日。

そして、当人や、当日イベントを行うあるあるCityからも同日のアナウンス。

外観は変わっていないようなので、そのうち一度乗る機会があればいいか、くらいに思っていたのですが、本日午後から妻と出かける予定ができました。さりげなくsmile出発セレモニーにかかる時間のモノレールに乗って小倉駅へ。

Img_0299

セレモニーは撮影禁止なのと、ファンの皆様が鈴なりでしたので、編成のほうを。

現在ラッピング広告が施されておらず「原色」の1103Fが当該でした。権利関係の問題が出かねないラッピング編成よりは、このほうが無難ですね。乗ってみたいという方は、公式サイトに時刻の情報が出ているのと、このラッピングのない編成が目印です。

Img_0296
Img_0297

外観では分かりませんが、車内の広告枠はこの企画の告知で占められています。

Img_0301

15時前に到着した「ハレピョン」号は、15時発の便に「高田憂希」号があてられるために、車内照明も消されて回送に。

Img_0303

15時に「高田憂希」号が出発(主に見送る人たち)

Img_0304

続いて「ハレピョン」号の回送が出発。

Img_0305

私たちは、門司港レトロ地区で開かれていた地ビール企画を楽しんで戻ってきました。

Img_0309

帰りはちょうど「高田憂希」号に乗車できました。

アナウンスにアニメで活躍する声優を起用するというのは面白い企画ですが、外観に変化がないので「広告効果」がどのくらいあるのか?周知をどのように行うか?という点が気になります。

上に貼り付けましたが、高田憂希さん自身もツイッターに投稿していますし、SNSなどで「期間限定で見られる(声が聴ける)よ~」と拡散するのが一番効くのかな?

2018年9月22日 (土)

ミクスタのラグビーゴール解体を見た

関空の旅客便通常運用に戻りましたが、これを歓迎する報道の一方、貨物施設の被害が大きく運用が戻っていないことも報じられていました。

Anacargo

ANA cargoは26日から一部の便の運航を再開するとリリースを出していますが、北九州経由那覇行は再開が遅れるようです。

関空の運用が止まることで、成田の貨物上屋がいっぱいになってしまい、成田着の貨物の受け入れを制限せざるを得ないという苦渋のリリースも出ています。

しばらく影響が残りそうです。

Img_0193

先週のこと。娘の学校の創立ン周年記念行事としてラグビーとサッカーの招待試合がありました。会場はミクスタ。観戦自由とのことでしたので、ミクスタ未体験の妻と、サッカー少年の息子を伴って参戦。

メインスタンドのみ開放されていました。

Img_0194

試合の結果はさておき、ラグビーが終わってサッカーが始まるまで1時間。

長いと思いましたが、さにあらず。ラグビーのゴールを解体して、サッカーゴールを設置しないといけません。

Img_0196

ラグビー部員も手伝って、まずクロスバーが外されます。

気の早いサッカー部員がゴールを持ってきています。

Img_0197

ゴールポストがゆっくり倒されて…

Img_0198

真ん中あたりで分割。

Img_0200

運搬用のカートもあるんですな。

ポールを抜いた後に四角い芝生で蓋をし、サッカーゴールを設置すれば模様替えは終了。だいたい30分くらい。

時間節約のためか、サッカーのペナルティエリアなどはあらかじめ赤色で引いてありました。

Dsc_6133

合間に外周を歩いたら、新しく駐車場ができた部分の東側も整地されて作業中です。

Mikumap

以前の記事で使った図ですが、丸をした部分の左半分(緑が多い部分)が駐車場になった部分。右半分にも動きがあるようです。

Toujiki

現在陶磁器フェスタ、ファニチャーメッセが開かれている総合展示場。今日はそれに加えてミクスタでギラヴァンツの試合がありますから、昼間陶磁器フェスタに参戦する妻を送っていった時も混みあっていました。

さらに駐車場ができるのかな?

2018年7月31日 (火)

井筒屋、コレット他3店舗閉店の衝撃、他

7月末。先日の豪雨災害からの復旧工事に関していくつか発表がありました。

身近なところから。

Buzen

土砂崩れのあった東九州自動車道椎田南IC~豊前ICは8月10日開通見込みとなりました。

先日利用した際は、更新したナビの指示に従いこの区間を迂回しましたが、お盆の帰省ラッシュには間に合うようです(ここが通れると九州道の渋滞緩和にもつながります)

もう一つは中国地方のJR各線。

まず、岡山と山陰を結ぶ伯備線が明日から全線運転再開となります。特急「やくも」「サンライズ出雲」の再開を待っておられた方も多いのではないでしょうか。

Sanyou

上の図は広島地区ですが、運転再開の見通しが早まった区間が結構あります。特に山陽本線では白市~三原の運転再開が10月中に前倒しになりました。

貨物列車の山陰線経由での迂回が検討されているようですが、山陽本線の運転再開が早まるようなら、迂回便は出ないかもしれませんね。

さて、本日当地に衝撃が走ったのがタイトル通りの話題。

井筒屋が3店舗を閉店することを決定し、発表されました。

Img_0701

小倉駅前のコレット井筒屋(写真左端の建物)は来年2月末で閉店。

井筒屋からすると、本店(小倉店)と近隣で2店舗維持するのは厳しかったのでしょうね。

このビルはそごう→伊勢丹ときて現在コレットと専門店街が入居中。東側に再開発ビル建設も進む中、ここに大きな空きフロアができるのは街並みや人の流れを考えても残念です。コレットの後継に出店するところはあるのか?

1458img_8820

黒崎駅に隣接する井筒屋黒崎店は来年5月末の閉店。

私はこうやって黒崎駅側から眺めることがほとんどですが、聞いた範囲では、直線距離で1kmほどのところにできたイオンに負けたとの声がチラホラ…

最後は、今年の大晦日で閉店する山口井筒屋の宇部店。

「ちまきや」を引き継いだ山口店より井筒屋としては古株ですが、残るのは山口店のほうということに…

百貨店全体を取り巻く環境が厳しい中、また自治体単位でみると人口が減るペースの早い北九州市にあって、やむを得ない決断であったと思いますが、地場の企業が縮小していくのを見るのは辛いですね。

Img_2685

モノレールから井筒屋ラッピング編成が消えたのも、関係あるんじゃないのかと思ってしまいますね。

#以上、本日の写真は過去記事からです

Typhoon12_2

山陽新幹線、九州新幹線の下りかという異例のコースで当地を通り過ぎて行った台風12号。まだ鹿児島付近に居座っています。

ぐるっと回って改めて東へ向かうのかと思ったら、東シナ海を西へ向かう予報。まったくもって不思議な動きです。

2018年7月 2日 (月)

ギラヴァンツ北九州今シーズンホームゲーム初勝利、を見た

ギラヴァンツのホームゲームで使える優待券をいただきました。

ちょうど息子のサッカーの試合が続いているし、このタイミングを逃すとかなり先まで見るチャンスがないので、土曜日に行ってきました。

Img_4825

18時キックオフ予定だったのですが、17時過ぎまで雨が降っており、雷雨の懸念があるとのことで繰り下げに。

先に食事をしてから出直しました。

Img_4826

なるほど、ゲームのある時はこんな感じなのか。

Img_4832

この日はガイナーレ鳥取が相手。片隅にアウェイ用のスタンドが確保されていました。遠方から応援ご苦労様です。

Img_4837

ホーム側のゴール裏近くにスターフライヤーの広告も。

Img_4838

DAZNが中継していますので、カメラもスタンバイ。

試合中も得点シーンやセットプレーの際は場内のビジョンにリプレイが出ていました。J3とはいえそのあたりはプロの試合らしい演出。

Img_4840

この日は「人権啓発マッチ

モモマルくんが登場して試合前のキックイン(始球式)

Img_4846

ハーフタイムには、自動散水機による散水ショー?

終わるとスッと引っ込んでいました。試合中飛び出していてはいけないし、穴が大きくても躓いてしまいますね。

Img_4851

この日は前半に1点取ったあと、追いつかれることなくギラヴァンツ優位の展開。

Img_4857

しかも、地元出身の池元が2得点と盛り上がっていました。

えーと、観客数は3,360人と発表されましたが、15,000人収容のスタジアムはまだまだ余裕がありました。優待券でたまーに見に行っただけでは申し訳ないので、こうやって宣伝しておきます。

Img_4858

90分終わって2-0とギラヴァンツリード。

最終結果のつもりで撮ったのに、アディショナルタイムに池元と交代で入った佐藤がすかさず1点取るというできすぎな結果もあり3-0でギラヴァンツ勝利

Img_4862

J3下位に沈んでおり、ホームゲームで勝ちのなかった今期、そしてシーズン中に交代で就任した柱谷哲二監督にとっても初勝利。

あまり期待せずに出かけたcoldsweats01試合でしたが、応援の甲斐がありました。

息子は自身のプレーに活かせる何かが得られたか?

さて、書き終わったらW杯ベルギー戦までひと眠りしましょうsmile

#そういえば、先日紹介したスタジアム北側の駐車場が営業を開始していました。ギラヴァンツの試合も含め、このエリアでイベントがある際の駐車場事情は改善が期待できます

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ