カテゴリー「小倉駅北口ウォッチャー」の173件の記事

2018年7月 2日 (月)

ギラヴァンツ北九州今シーズンホームゲーム初勝利、を見た

ギラヴァンツのホームゲームで使える優待券をいただきました。

ちょうど息子のサッカーの試合が続いているし、このタイミングを逃すとかなり先まで見るチャンスがないので、土曜日に行ってきました。

Img_4825

18時キックオフ予定だったのですが、17時過ぎまで雨が降っており、雷雨の懸念があるとのことで繰り下げに。

先に食事をしてから出直しました。

Img_4826

なるほど、ゲームのある時はこんな感じなのか。

Img_4832

この日はガイナーレ鳥取が相手。片隅にアウェイ用のスタンドが確保されていました。遠方から応援ご苦労様です。

Img_4837

ホーム側のゴール裏近くにスターフライヤーの広告も。

Img_4838

DAZNが中継していますので、カメラもスタンバイ。

試合中も得点シーンやセットプレーの際は場内のビジョンにリプレイが出ていました。J3とはいえそのあたりはプロの試合らしい演出。

Img_4840

この日は「人権啓発マッチ

モモマルくんが登場して試合前のキックイン(始球式)

Img_4846

ハーフタイムには、自動散水機による散水ショー?

終わるとスッと引っ込んでいました。試合中飛び出していてはいけないし、穴が大きくても躓いてしまいますね。

Img_4851

この日は前半に1点取ったあと、追いつかれることなくギラヴァンツ優位の展開。

Img_4857

しかも、地元出身の池元が2得点と盛り上がっていました。

えーと、観客数は3,360人と発表されましたが、15,000人収容のスタジアムはまだまだ余裕がありました。優待券でたまーに見に行っただけでは申し訳ないので、こうやって宣伝しておきます。

Img_4858

90分終わって2-0とギラヴァンツリード。

最終結果のつもりで撮ったのに、アディショナルタイムに池元と交代で入った佐藤がすかさず1点取るというできすぎな結果もあり3-0でギラヴァンツ勝利

Img_4862

J3下位に沈んでおり、ホームゲームで勝ちのなかった今期、そしてシーズン中に交代で就任した柱谷哲二監督にとっても初勝利。

あまり期待せずに出かけたcoldsweats01試合でしたが、応援の甲斐がありました。

息子は自身のプレーに活かせる何かが得られたか?

さて、書き終わったらW杯ベルギー戦までひと眠りしましょうsmile

#そういえば、先日紹介したスタジアム北側の駐車場が営業を開始していました。ギラヴァンツの試合も含め、このエリアでイベントがある際の駐車場事情は改善が期待できます

| | コメント (0)

2018年6月19日 (火)

ミクスタ北側に駐車場が造成中

昨日の大阪での地震には驚きました。

阪神大震災が頭をよぎりましたが、ライフラインへの被害はそこまで大きくありませんでした。現時点で、鉄道では大阪モノレールが安全確認が済んでないことを理由に運転再開していない程度となっています(軌道が落ちたといった報道はありませんが、線路上を歩けないから確認に時間がかかるのでしょうか?)

Img_4539

倒れてきたブロック塀と本棚で犠牲者が出たのは残念です。

前者は「法律違反」という話と「できた当時は適法だけど現在の基準には足りていない」という話と両方出てきます。建築関係にはこういうものが多いです。既に建ってしまったものに「取り壊せ」「補修するまで使うな」というのは難しいんですよね。

後者は、改めて自宅を見回すと、寝ているところに棚が倒れてくる可能性がある個所があります。こういうところくらいは対策しておかないとですね。

Img_9685

さて、話は変わって、小倉駅北側のフェリーターミナルやミクスタのあるあたりの話。

Img_9691
Img_9693

フェリーターミナルの東側は「耐震強化岸壁」として整備されていますが、最近囲いができて、巡視艇がよく停まっています。

Img_9695

このときは「くにさき」が停泊中。ここを本拠地にしているのかどうかはちょっと検索しただけでは出てきませんでした。

Img_9688

ここから小倉駅のほうにふり返るとミクスタがあります。

春先から、草むしていたミクスタ北側の土地に重機が入り、整地が進んでいました。

Mikumap

Googleマップ(PCサイト)で見るとまだミクスタも建設中ですが(駐車場があったのが分かる状態)、今回はその北側の、ミクスタ建設時には特に手が入らなかったところです。

Mikumap2

同じ場所、スマホアプリで見るとミクスタがあります。Googleマップのこういうところ、不思議ですね…

Img_9702

ミクスタ横の道路から。歩道を横切るような通路を作成中。

Img_9703

「月極駐車募集中」の看板と幟。

Img_9704

これは駐車場ゲートなどの部品でしょうか?

もともと駐車場があったところにミクスタができたので、(西側に新しくできた駐車場もありますが)総合展示場などのイベントに関しては駐車場事情が苦しくなっていると思われます。

全部が月極とは思えないので、ミクスタの試合も含めて、このエリアの駐車場需要を勘案して遊休地活用を決めたのでしょう。

Img_9706

当のミクスタは、「主」のギラヴァンツがJ3下位に甘んじるという体たらく。せっかくJ1対応のスタジアムができたというのに泣けてきます。

| | コメント (0)

2018年3月28日 (水)

「下関北九州道路」のルートは関門海峡フェリーの航路を思い起こすものに

本州と九州を結ぶ、関門トンネル・関門橋に次ぐ第3の道路として期待される「下関北九州道路」。お蔵入りになりかけていましたが、昨年国の予算(調査費)が久しぶりにつくことになり、実現に向けて盛り上がっているようです。

「下関北九州道路」推奨ルートを提案 両市などの検討会

下関北九州道路、国に早期実現要望 福岡・山口県など

対岸の福岡県と山口県、北九州市と下関市などの調査検討会が25日に彦島と西港を結ぶルートが適切という結果を示し、それに基づいて28日に国に早期実現を申し入れたという記事です。

Newroad1

このルートでの建設を推していくということ。橋かトンネルか、という点は現時点では未定。若戸トンネルのように沈埋工法でいいんじゃない?と思ったりしますが、橋のほうがランドマークや観光資源としてはいいかもしれません。

で、このルート見て思い出すのが、2011年に廃止された関門海峡フェリー。

Ferry1
Ferry2

図と写真は以前の記事から。

今また見直されているようですが、高速道路の割引のためにフェリーが苦戦していた時期だなと思い出します。

すでに廃止されていますが、航路を道路に置き換えると考えれば異論は出にくいでしょう。アプローチにあたる施設も双方作りやすいでしょうし。

Newroad2

今回のルート、2017年に山口県が作成したパンフ(PDF)にも記載されていますが、個人的にかなり便利なのではないかと思っています。

現在利用可能な道路が、トンネル・橋ともに関門海峡で最も狭い早鞆瀬戸にあることから、本州と九州相互の連絡ということであれば違和感はないものの、下関駅と小倉駅の周辺といったローカルな移動で考えるとかなり遠回り。

新ルートはそれぞれの街の中心部に近いところに接続しますし、下関側では豊浦側へのバイパス、北九州側では都市高速に接続して広域に良好なアクセスが期待できます。

Img_0867

都市高速に関連して、今年末には無料化される若戸大橋・若戸トンネル、整備中の戸畑枝光線も利用可能になることを考えると、北九州市内の大半で下関方面へ移動しやすくなるのでは?(言い過ぎcoldsweats01

戸畑枝光線ができると、スペースワールド跡地にできる予定の商業施設へのアクセスも良くなるってことよね。

なんか、捕らぬ狸の皮算用みたいな話ばかりですいませんでした。

| | コメント (0)

2018年3月12日 (月)

砂津~長浜のアンダーパスはまだまだ工事中

先日、チャチャタウン近くでこのような看板を見つけました。

Img_9292

砂津のところのアンダーパス工事に関する告知。

Img_9293

現場近くの看板に、現道の下にボックスカルバート(トンネルのパーツのようなもの)を施工していくステップが書いてありますがさて現在どの段階か…

Img_9293_2

今回の道路の変更はこのステップ3から4に移行する段階のように見えます。

Sunatsu2

1年以上前の記事に使った地図ですが、さてどのように変わったのか?

Img_9294

まず砂津交差点。東行きの1本だけの車線が3月10日から移設ってのが最初の看板。

Img_9295
Img_9296

上の地図の①あたりから、施工中の部分を見たところ。

アンダーパスへのスロープ部分の擁壁はできていますが、その先は土留めでふさがれています。ボックスカルバートの施工はこれからですね。

Img_9298

砂津交差点の北側から見ても、ちょうど「ステップ3」の覆いの施工が終わった感じで、撤去を進めている様子ではありません。

次のステップで現道下の覆いができて、その中でボックスカルバートを施工して、覆いを取って、となるとまだまだかかりますね。

工事看板には今年3月15日という期限が書いてあるのですが、延長でしょうな…

Img_9304

線路の北側に回ってみると、③~④のところの工事が進んでいます。

上のほうで書いたボックスカルバートができれば、3号線、199号線との接続工事に取り掛かれますから、開通が見えてきますね。

あと1年?それとも2年?

| | コメント (0)

2018年2月17日 (土)

小倉駅は北九州マラソン歓迎ムード

明日18日は、5回目になる北九州マラソンが開催されます。

Img_9167

小倉駅では、エントリーしたランナーへの案内が出ていました。

北九州モノレールも、マラソンで当地を訪れる人などに「#北九州モノレール」のハッシュタグをつけてSNSに投稿してねというキャンペーンをしています(奥の改札あたり)

Img_9169

駅北側のペデストリアンデッキには北九州マラソンの垂れ幕。

Img_9168

おっと忘れちゃいけないのが確定申告。

Img_9170

国道199号線を越えたところにあるあさの汐風公園。

今日はいい天気。

Img_9173

今日の受付と、明日のゴールがこの近くですので、マラソンと連動して屋台が出ています。

Img_9171

ここでは先日残念な事件がありました。

サクラなど32本折られる 小倉北区の公園

記事に直後の写真がありますが、ノコなどで切られたわけではなく、ぶら下がったりして折られたのだろうと。

Img_9172

すでに防腐剤などの処置は行われていますが、木の枝を折ることは器物損壊罪にあたるということだけでなく、特に桜は枝を折ると樹が腐るなどの影響が出やすいと聞いたことがあります。

花見の時期など、つい枝を折ることのないようにお願いします。

Img_9166

ま、明日のマラソン当日はコースには近づかず…

| | コメント (0)

2017年11月 4日 (土)

WILLERが?小倉駅新幹線口に新バスターミナルを運用開始

まずはホークスの2年ぶりの日本一おめでとうございます。

ベイスターズの勢いは脅威でしたが、あんまり下剋上を許してもよろしくないので、正直ホッとしたほうが強いです。

さて、今回はこんな記事が流れてきたので、現地確認。

福岡県北九州市・小倉駅新幹線口バスターミナルへ乗り入れ開始

「小倉駅新幹線口の高速バス乗降バス停は、これまで待合スペースがなく、天候や気温の問題で乗り降りに不便があったことから、小倉駅エリアで初めて待合スペース付きバスターミナルを整備」

Img_3357

まずは昨日。

小倉駅新幹線口でLCCもとい元ツアーバス系の高速バスといえば、KMMビル横のこのバス停。複数の会社が利用しています。

記事にもあるとおり、雨風をしのぐところや休憩設備はありません(コンビニはすぐ近くにありますが)

Img_3354

バス停を見てみると、WILLERの便が11月4日から移動する旨の掲示あり。

Img_3359

ここ、歩道を削って通路を作っていたんですよね。

Img_3362

訪れた時はチェーンがかかっていましたが、足元には「バス横断注意、北九州市」とのペイントあり。ここを入ってきて、ホテルとあるあるCityの間で乗降するのかな。

ここで一つ勘違い。前の写真の矢印のところ、あるあるCityの1階に整備中のところがあると思ったら、単なる空きテナントでした。

Img_3361
Img_3363

正解は、振り返ったところの、リーガロイヤルホテル1階部分。

オープン前ですが、中で作業をしている方がおられ、WILLERの時刻表をいただいてしまいました。

6:30から開くということは、7時ころに到着する便の乗客の利用も想定しているようです。記事によると更衣室があるとか。

Img_3365

こちらは今日の夕刻。

Img_3366

ブラインドが上がっていました。夜行便が出るにはまだかなり早い時間ですので、乗客の姿はなし。

入口は右側。リーガ1階のショッピングモールと共用ですので、一瞬二の足を踏むかもcoldsweats01

Willer

どうもわかりにくいのが今回のバスターミナル設置の主体。

関連記事を検索してみましたが、WILLERのリリースに基づいたものばかり。北九州市のサイトには今回のバスターミナル整備の件は見つけられませんでした。WILLERが独自に設置したのでしょうか?

WILLERが積極的にこういうところに投資して他社と差別化を図る、あるいは小倉駅新幹線口経由の便を昼行便も含めて増やしていくというのであれば理解できるのですが、あまりバス停が分散してしまうと乗客は混乱します。

道路整備を伴っていることも考えると、共同利用を前提に市が手を貸したのではないかと思うのですが(冒頭のKMMビルのところのバス停は共同利用)、真相はいかに。

| | コメント (0)

2017年11月 3日 (金)

モノレールまつりの話題と、駅ナンバリング導入準備中?

文化の日、日中はいい天気。

企救丘の車両基地では恒例の「モノレールまつり」が開かれましたので、ちょっと覗いてきました。

Img_3337

所用の後だったので、小倉駅でモノレールに乗るところから。

Img_3336

駅の南西側で建設中だったビルは完成し、ペデストリアンデッキとも接続しました。飲食店などが入っています。

Img_3335

一方、南東側の再開発ビルも鉄骨が立ち上がり始めました。こちらは上層がマンションになるので、まだまだ高層になります。

小倉は地下街や地下通路がないので、デッキで繋がったり、アーケードの下で移動できる形で駅直結の街区が広がっていくのは良いことです。

Img_3334
Img_3339

モノレールの各駅では、ホームの駅名票に駅ナンバリングと思われる数字が入りました。

駅ナンバリングは、当地では西鉄や福岡市地下鉄が導入済みですが、モノレールと接続するJR九州は未導入ですし、特にアナウンスもありません。単なる通し番号じゃなく、他社と連携して頭文字を決めたりしないと、海外からの旅行者へのメリットは少ないんじゃないかなぁと余計な心配。

ツイッターには「車内放送がナンバリング対応に変わってる」などとの声もありましたが、今日乗った車両では分かりませんでした。ナンバリングの件は公式サイトにも載ってないですし、ホーム以外の対応も済んでから公式発表になるのかな?

Img_3348

さて企救丘に到着。

Img_3346
Img_3345

例年通り試乗会をしている工作車を横目に車両工場へ。

ん?前はここに停まっていた1101F(1101-1401)がいませんね。

Img_3343
Img_3344

工場で足回りやモーターなどをご開帳していたのはNHK北九州放送局のハレピョン編成(1108F)。

1101Fはまさか解体されたcoldsweats02と気になったので、中の人に聞いてみると、ここからは見えない塗装線に入れているとのこと。今まで停まっていた位置を今日は工作車が行ったり来たりしていましたから、一時的な避難か。

現在本線に出せるような整備はしていないけど、今後の処遇や時期についてはまだ決まっていないとのことでした。

駅ナンバリングの件、やるのなら先に方針や予定を発表しておけば宣伝にもなるのに、乗客に先に気づかれるようではもったいないですよsmile

| | コメント (0)

2017年8月26日 (土)

ベスト電器小倉本店の1階がインバウンド向けの店に

久しぶりに小倉駅北側を(用もないのに)一回り。

Img_8713

新砂津大橋は4車線開通し、ようやく定着した感。

Img_8719

以前の記事でも疑問を呈しましたが、先日矢印の向きに交差点を突っ切って出てきた車を目撃してしまい、ここんとこの通行ルールちゃんとしてよ、って思った次第。

この写真の右側に写っている赤い車も、どこから来て、どこへ行くんでしょうね?

Img_8714

5月に更新された小倉~馬島~藍島航路の「こくら丸」が停まっていました。時刻を確認すると10分ほどで折り返すようです。

Img_8715
Img_8718

定刻に出航し、大型船の行きかう関門海峡へ進んでいきました。

Img_8720

小倉駅北側のデッキとつながっている、「ベスト電器小倉本店」。このビルの1階と2階を占めていましたが、最近2階部分だけに縮小されました。

Img_8723

1階の入り口にはこんな掲示。

Img_8722

よく見ると、「生活広場北九州点」の案内が貼ってあります。これは韓国人・中国人向けのバイト募集でしょうか?

Img_8724
Img_8725

正直全く知らないブランドの広告が出ているのですが、「日本製」を前面に外国人を主要なターゲットにした商品群でしょうか?

この記事によると7月末にはインバウンド向けの店としてオープンしているようですが、199号線側からは入れないようでした。ぐるっと回ってみればよかったかな?日本人向けには免税手続きができないけど、商品の購入は可能だとか。

| | コメント (0)

2017年6月15日 (木)

祝!国道199号線新砂津大橋4車線供用

昨年11月の2車線(片側1車線)暫定開通から半年以上、4月に東行きのみ2車線になりましたが、渋滞の原因となっていた新砂津大橋。このたび、ようやく西行きも2車線走行可能となり、4車線供用となりました。

Img_8485

いつものように?国際会議場入口交差点のところの歩道橋からスタート。

Img_8486

交差点の南東角から新砂津大橋方面を見たところ。

新たに舗装された紫矢印部分と、緑矢印部分の違いがどうもわかりにくいのですが、少し足を進めてみます。

Img_8487

ここまでくると、新道の歩道部分と、もともと車も通れる路地であることが分かります。

右側の路地を行くと砂津大橋西交差点にでるので、それはいいのですが、1-2枚目の矢印を付けたところで完全に歩道と車道の区別は完全に崩壊しています。車を乗り入れた場合のお作法はいったいどうすれば?と疑問

Img_8488

余計な疑問は置いておいて足を進めると、車道を1車線に制限していたフェンスは取り払われ、橋の南側の歩道も通れるようになっています。

工事期間は7月末までになっているので、植栽などの付帯工事がまだこれから続くのでしょう。

Img_8491

少し通り過ぎて、東から攻めてみます。

6月13日から4車線供用になるという看板を発見。

Img_8492

砂津大橋東交差点の手前から。

長浜地区へ向かう道路、バス停と思われる切り欠きなどまだ整備中の部分もあります。

Img_8490

新砂津大橋を東側から。

Img_8489
Img_8493

砂津川の西側には、旧道との段差を埋めるような歩行者向けのスロープが出来ています。通れるのは旧道側の歩道の整備が進んでからでしょうね。

Img_8484

ようやく199号線のボトルネックが一つ解消されました。続いて、砂津と長浜をつなぐアンダーパスの開通が待っています(1年後?2年後?)

| | コメント (0)

2017年5月27日 (土)

ミクスタは「地元製品街かどショールーム」

今回の廃線跡(浅野町緑道)散策のおまけです。

Img_8350

緑道を国際会議場のところまでたどると、隣はご存知ミクスタ(北九州スタジアム)

Img_8351

ゲートが一部開けてあるので、どこまで入れるのか調査(この日だけでなく、昼間開いているのを見ます)

Img_8353
Img_8355

ピッチは芝刈り中。

歩道橋とつながるデッキから、客席やピッチをチラ見することはできますが、客席につながるゲートは閉ざされていました。当たり前ですが、逆に、デッキ部分は開放しているのだなと理解しました。

Img_8358

デッキに、地元メーカーの製品が使われている部分の展示があり、「地元製品街かどショールーム」と名づけられています。

わかりやすい例を挙げると、トイレはTOTO製です。

Img_8359

歩道橋から入った正面あたりに、寄付者の銘板。

Img_8362

北側に回ると、ここからもピッチが覗けます。

Img_8363

国交省の船が係留されているのも近くに見えます。

スタジアムができる前からここを使っていますので、ボールが海に落ちた時のために待機しているわけではなさそうです。

Img_8364

まぁこのあたりどこからでも見えますが、小倉~松山間のフェリー。

Img_8368

矢印のビルに、ギラヴァンツの本社と選手寮が入っています。

このくらいの距離感ですよーという写真。

試合などのない日でも、昼間ならこのようにスタジアムの雰囲気だけは味わいに行くことができそうです

#開放に関して正式な情報は見つかりませんでしたので、確約はできません。ご理解ください

| | コメント (0)

より以前の記事一覧