カテゴリー「家(インテリア・設備)」の59件の記事

2019年5月20日 (月)

リビングのエアコンを更新して新しい「白くまくん」をお迎えしました

10連休があったことの記憶はどこへやら。

Img_1717

5月も下旬になり、庭のアジサイも間もなくといったところ。

豪雨の報道もあり、梅雨時分に大きな被害が出なければいいがと気になる季節になりました。

Img_1713

うちのリビングで、引っ越しも経験し、12年ほど頑張ってくれたエアコン。

昨年の夏、どうも冷え具合がイマイチとなり、今年の梅雨や夏を前に買い替えることに。

Img_1716

設置工事の打ち合わせなどもあり、なかなか通販というわけにもいきにくい大型家電。

前のエアコンより一回り能力の大きいものにして、あとは…機能の違いなどの説明を聞いたうえではありますが、最終的に店員さんの推しが強い日立の「白くまくん」をお迎えすることに。

日立製品に関しては、メーカー名よりも「嵐のやつにして」という「指名買い」もあるとか。

Img_1725

さて設置当日。外した室内機の上面は…まぁ汚いこと…

Img_1728

設置完了。よく見ると雨粒が写ってます。降ったり止んだりの中、作業ありがとうございました。

Img_1727
Img_1729

室外機の熱交換器がピカピカなのがいいです。

Img_1736

新しい室内機。フラップが3枚独立して動くのだとか。

Img_1741

日立は「くらしカメラAI」と名付けていますが、AI機能を選ぶと、2種類のセンサーが首を振って室内の監視を始めます。

どのくらい効果があるのかわかりませんが、このカメラの捉えたデータを見てみたいですね。

Img_1738

日立のこだわりを感じたのは、リモコン用に付属する電池。

開けてビックリ❗「白くまくん」のロゴ入りです。

Img_1742

喜んでエアコン設置についてまとめてしまいましたが、昨日も今日もひんやりしていて、冷房や除湿をONにする気配ではありません。

AI機能の効果を実感できることがあったりすればまた報告します。

2019年4月 6日 (土)

700MHz利用推進協会による地デジテレビ受信障害対策を受けました

4月に入って最初の週末。

Img_1353

当地の桜は散り始め、といったところ。

Img_1354
Img_1356

この時期は例年のごとく「紫川さくら通り」をチョイスすること多し。

Img_1358

家に着くと、駐車場の目地のところでスミレが花盛り。

多分ご近所から入り込んだのだと思いますが、徐々に生育範囲が広がっています。場所によっては車で踏んでしまうのが不憫で…

Img_1359

さて、残念ながら仕事の都合で私は立ち会えなかったのですが、携帯キャリア各社が出資した「700MHz利用推進協会」が行っている地デジ受信障害対策がありました。

700m_1

地上波テレビがデジタル化されたことで、テレビ放送に必要な周波数帯は縮小されています。

下のほう(VHF帯)が空いたところは、AM放送を補完するため(ワイドFM)にすでに活用されています。

UHF帯の上のほう(もともと53~62chがあったところ)は携帯電話用に割り当てられますが、古い地上波用ブースターは新しい携帯の電波を増幅してしまうので、地デジ受信に影響が出る可能性があるとのこと(それでも周波数は離れているはずですが、携帯の電波が強かったりしたら離れたところにも影響が出るのかな?)

700m_2

対策は、フィルターの設置かブースターの交換。

前者であれば屋根上の作業、後者の場合室内や屋根裏の作業が発生することもあります。

700m_3

高所作業車が来るとか、室内作業があるかもと聞いて、妻は少し抵抗したようですが、自宅の場所は受信障害が出る可能性が高いことと、費用の自己負担は発生しないことを聞き、了承したとのこと。

説明に回っていた方も「よく詐欺に間違われる」とこぼしていたそう。

Img_1361

結果としては、屋根上でブースターを確認したところ「対策品」であったとのことで確認作業のみで終了。

振り返るに、2年ほど前にブースターが故障して交換したことがありました。その時にはすでに対策品が出回っていたのでしょう。家が建った当時はまだアナログ放送が停波していませんでしたから、先代のままであれば対策工事が必要であった可能性が高いです。

2019年2月12日 (火)

PanasonicのLED電球保証制度に申し込んでみるの巻

点灯時間の長い主だった電球はLED化済みの我が家。

Img_1010

リビングのシーリングファンの5つの電球は、過去記事を探してみると2014年5月までにはLED化を済ませています。

この電球、実は昨年中ばに相次いで3つ、点滅したり点かなくなったりして交換しました。

Img_1012

そして今、残る2つがどうも怪しい(暗くなってきた)

昨年交換のために新しいLED電球を買った時(色味を合わせたくて同じPanasonicにしました)、「5年保証」の保証書が入っているのにびっくり。「前はそんなのなかったよな」と検索したところ、「LED電球保証制度」があると知りました。

この制度のすごいのは、制度開始の2016年12月以前に購入したものでも対応してくれること。購入日がレシートなどでわかればそこが保証開始日ですが、購入日が分からなくても大丈夫。

Pana_led1

ロット番号で製造年月が分かるので、ここから5年は保証しますとのこと。

Pana_led2

webサイトなら夜間休日でも申し込めますし、宅配業者が交換品を持ってきて、故障品を回収してくれるので、どこかへ出向く必要もありません。

Pana_led3

去年は明らかに点かない状態になって交換したのですが、受付ページを見ると「暗くなった」「ちらつく」のも対象。

Img_1005

これ(右)は暗いよね、去年ホントは保証対象なのに知らなくて申し込めなかったから、今度は早めに申し込んでいいよね

…実はロット番号を見ると保証期間ギリギリなのです

Pana_led4

申し込みのとき、調光機能に関する質問があります。非対応の電球が多いので、確認が必要なのでしょう。

Img_1009

暗くなった電球(左)の型番を入れると、生産終了品なので、として表示された代替品は、昨年購入した電球(右)と同じもの。私の「同等品」の目利きは正しかった

でも保証制度は知らなかった

Pana_led5

ロット違いが混ざるとか、複数個所の電球の交換を依頼する場合は、複数の故障品の入力も可能になっています。最後に住所などを入力して手配完了。

今は交換品の発送待ち。交換が完了したら顛末を報告します。

2019年1月20日 (日)

ガスコンロが突然点火しなくなった原因は…

数日前のこと。目覚ましで起きると、妻が困った顔をしてやってきました。

「ガスコンロが点かない、朝ご飯は電子レンジで何とかなるけど…」

Img_0880

慌てて起きて、確認を始めます。上流と下流から原因を絞ります。

Img_0870

まずは念のため上流から確認。

ガスファンヒーターはいつものように温風が出るので、我が家へのガス供給が止まるようなトラブルとか、ガスメーター部分の元栓が閉められているということはないと一安心(室外の元栓に悪戯をされるというような話も聞いたことがあります)

Img_0871

台所の裏側にあたる壁にファンヒーター用のガスコンセントがあるのですが、少なくともここまではガスは来ている。ということはコンロ側の問題。

Img_0872

コンロ本体は、着火用の火花が出るのが少し遅いと感じた妻の判断で電池を交換済み。

Img_0875

何度か点火操作をしてみると、ちゃんと放電しますが、ガスは出てこないようです。

制御基板や内部の弁の問題なら修理か交換しかない…

しかし3口すべてが同時に壊れるのは…

Img_0887

他に確認できるところは?と見ると、コンロの下にもガス栓があります。コンロを交換することを考えれば必要な弁です。

妻はここも見たというのですが、向きを変えてみると無事に火が点きました。

コンロの故障でないことも分かり、この件は解決。

Img_0878

その場はすぐに朝食を食べて出勤したので、後日検証。

(猫の手を借りるほどのことはしていません

Img_0889

妻の証言をもとに発見当時の状態を再現するとこんな感じでしょうか。

下に鍋などが収納されているので、扉を閉めるときに引っかかる感じがすることは時々あり、「少しコックが動いてそれでガスが出なくなった」と思ったとのこと。

Img_0874

そしてもう一つは、コンロの説明書に「ガス漏れを疑ったら元栓を閉める」という記載があり、このような図解。

これを見て「ツマミが縦(上下方向)だと『閉』だ、横にすれば開く」と思ったようです。

Gas_cock

実際には、設置方法によって「縦横」の関係は変化します。

ガスの流れる方向に対して「縦(平行)」が開く位置で、「横(直交)」が閉じる位置になります(写真はガス会社のサイトから)

あとは、水道の蛇口や一般的なネジと同じですが、右回り(時計回り)で締まり、左回り(反時計回り)が緩む方向、というのが直観的な動き。

Img_0887_char

我が家のコンロの場合はこれが正解。これは妻にも説明。

Img_0869

鍋やフライパンが何回かぶつかるうちにコックが回ったという妻の考察は正しいと思いますが、「90度近く回っていた」のですね。繰り返しの力というのは恐ろしいものです。

結局大きなトラブルではなかったのですが、ガス栓の扱いの再確認もかねて記事にしてみました。収納棚にあまり詰め込んではいけないってのも教訓です。

2018年7月25日 (水)

エアコン増設とかカーナビの地図更新とか

暑いですね。

最高気温が39度とか40度というのは確かに異常事態ですが、酷暑の報道を聞いていて、少し物足りないのは「暑さ指数(WBGT)」が報じられることがほとんどないから。

4月末には「暑さ指数を報じますよ」とやっていたと思うので、私も記事にまとめてみたのですが、実際暑くなってみると相も変わらず気温ばかり報じられます。

Wgbt2

WBGTに基づいた行動指針が決められているわけですから、学校行事・部活などもこれに従うようにすれば痛ましい死亡事案なども減らせるのではないかと思います。

さて、我が家の夏対策の話。

成長とともに、勉強や部活などで生活時間がバラけてくる子供たちに個別対応が必要になっています。先だってはアコーデオンカーテンで子供部屋を仕切りました

Img_9846

今夏は、長女の小さな個室にエアコンを設置。

Img_9845

これは施工中の写真。

Img_9847

設置完了したところ。

左の小屋根に室外機を乗せることもできるようですが、メンテナンスや置き換えが必要になった時のことを考え地面へ。

Img_9848

容量の小さなエアコンで室外機も小型なので、通路を支障せずにすみました。

Img_9838

もう一つは愛車のカーナビの地図更新。

3年か4年新しいバージョンになったはずです。

Img_9837

一番欲しかったのは、大分方面への東九州道の情報。

全面開通から2年になるのに、ナビでは苅田北九州空港から先一般道を案内されていました。今回から収録されたと聞き更新した次第。

ちゃんと繋がりましたが、表示されたのは豪雨災害に伴う椎田南~豊前の通行止め情報(ほかにも通行止め多い

今度利用予定なのですが、迂回になりそうです…

Img_9836

ミクスタと、このあたりの道路の変化にも対応しておりました。

Img_9841

まだまだ暑い時期が続きますが、皆様ご自愛くださいませ。

Img_4740

関係ないですが、今年は北九州市下水道事業100周年とのこと。現在下水道展が当地で開催中のようです(写真は北九州空港ターミナルビル前のマンホール)

2018年5月22日 (火)

ツードアワンルームの子供部屋をアコーデオンカーテンで仕切るの巻

数年来懸案であったことをようやく実行に移しました。

Kidsroom1
Kidsroom2

これらの写真は今の家ができて引っ越し直前くらいに撮ったものですが、子供部屋は広くとってドアを2つ付けています(ツードアワンルーム)

子供が小さいときは一緒に過ごせて広く使えるほうがいいでしょ?大きくなったら仕切りを入れて独立した部屋に、といった使い方ができる構造です。

写っている子供たちも大きくなり、受験もあり、特に上の子から「部屋を分けてくれ」と矢のような催促を受けていました。

壁を入れる方法もあるのですが、本当に別室が必要な期間もそんなに長くないですから、状況によって撤去も容易なようにアコーデオンカーテンを選択。近所のナフコ経由でタチカワブラインドに採寸や施工を依頼しました。

Img_9487
Img_9488

施工当日朝、子供部屋ドアを外(廊下)からと中から。

Img_9491

2枚のドアの間から本棚の右端の柱のところにかけて、天井に梁が入れてあり、壁やカーテンを設置しても強度的には問題なし(タチカワさんも採寸時に確認されてました)

今のうちに邪魔にならないよう本棚をよけておかねば。

Img_9494

あんた今はいいけど午後はここにはおれんからね

Img_9498
Img_9497

午後、職人さん来訪。

作業の様子を見に行くと、柱から天井にかけて赤い光の線が。

Img_9496

水平や垂直を出すための、レーザー墨出し器というものがあるのですね。これを基準にレールや壁の金具を設置するようです。

Img_9503

2時間もかからず設置完了。

Img_9504
Img_9508

柱や建具の幅がだいたい決まってるってこともあるでしょうけど、既存のドアや柱との納まりもちょうどいいです。適当な仕切りを買ってくるのではなく、プロに任せて正解でした。

Img_9507

仕切ってほしかったお姉ちゃんは納得してくれるかなぁ

2018年3月 6日 (火)

浴室の床を張り替えてもらいました

久しぶりに家の話題。細かなことですが。

Img_9180

今の家に引っ越してから8年が経ちました。
(ということはこのブログもそれだけ続いているということ…)

Img_9181

新築だった家も、そろそろ経年変化が出てきますが、妻が気にしていたのが風呂の床の黒ずみ。一部、凹凸がすり減ったようになったところもありました。

Img_9182

シャワーのホースも結構黒ずんでいます。

Img_9179

風呂蓋をかけておくフックが壊れたり(写真右端)、蓋も黒ずみだけでなく一部破れてきていたので「この修理や買い替えのついでに床のことも聞いてみよう」となりました。

Img_9185

で?どうなったの?

Img_9271

TOTOの販売店の人に見てもらったところ、穴が開いたりしてるわけではないのでそのまま使っても良いが、床面の張替は可能と。

フックの件なども含め、当初十数万円?の話が一桁万円でできるということになり、すべてお願いしてしまいました。

朝から昼過ぎまでの作業で、こんなにきれいに(床以外の壁や浴槽はそのままです)

Img_9272

風呂蓋も仕方なく床に置いていたのですが、元のように壁に掛けられるようになりました。

風呂蓋自体も、材質が変わったのか以前よりかなり軽くなってます。

リフォームというほどではない修理なのですが、気持ちよく入浴できるようになりますので、汚れや傷が気になっている方は相談する値打ちあると思います。

2017年2月 8日 (水)

TVアンテナ故障と更新の巻

夜、ミクスタのほうに青い光が見えるので立ち寄ってみました。

#「ミクニワールドスタジアム北九州」と毎回書くのも冗長ですし、「北九州スタジアム」も表立って使われることはなくなると思うので、Jリーグ公式の略称「ミクスタ」を当面(ミクニのネーミングライツが続く間は)使うことにします

Img_8120

電飾入りの銘板が設置され、ようやく「ミクスタ」の完成形か。

Img_8121

スタジアムの銘板、案内図、そしてスポーツくじの補助事業であることの標示。真ん中はイベントの案内ポスターなどを掲げるスペースでしょうか?

18日のラグビーの試合がこけら落としになります。

Dsc_1245

さて、2週間前の風の強い夜、我が家のテレビが映らなくなりました。

その前に数回、一時的に映らないことがあったのですが、短時間で復旧。今度ばかりは戻らない。

2台のテレビとレコーダー全てで地上波もBSも映りませんので、アンテナ側の同軸の断線とかブースターの故障かな、と。

設置してくださった近所の業者さんと連絡をとり、みてもらうことにしましたが、案の定ブースターの故障。部品の手配などもあり、ようやく本日復旧となりました。

Dsc_1331
Dsc_1332

室内で分かるのは、ブースターの電源部分が更新されたことくらいですが、屋根側のアンテナ下のブースター本体やケーブルを更新していただいたそう。

Dsc_1341

いやー、プロ野球のキャンプ情報、初めて見ました

今回のトラブルの間、意外と理解されていないことがあると分かったこと。

「予約録画出来ないの?なんで?」
…テレビの故障じゃなくて、アンテナがダメだから、レコーダーにも放送の信号が届かないのよ

「録画したやつはみられるの?ホント?」
…録画したやつはアンテナとは違うケーブルでテレビに繋がってるからね

特に息子は、「テレビをつけても何も映らない」もんだから、いつものように入力切替してレコーダーの操作をすれば録画してあるやつとかDVDはみられるのに、全くその気にならないようでした。面白いです

Dsc_1339

ちょうど早く帰ったので、工事が終わったところで故障箇所などの話が聞けました。

Dsc_1340

最後は工事と関係ない猫写真でした。

2016年9月 8日 (木)

まほうびん方式のコーヒーメーカーを買ってみたのです

広島カープがついにマジック1。マジック対象の巨人が最後に逆転したので今日は優勝が決まりませんでした

まぁここまで来て巨人に追いつかれることはないと皆思うのか、NHKまで広島優勝の前提で特集組んでましたね。

ややこしいのは、明日巨人が負けると、広島の試合がない日に優勝が決まってしまいますこと。どうせなら、週末に東京ドームで巨人を撃破して優勝決定がいいかな。

Img_3047

さて、小さな変化ではありますが、最近コーヒーメーカーを買い換えました。

Coffee

前は良くあるこういう奴。ガラス容器でドリップしたコーヒーを受け、保温機能の付いたもの。

あるとき、ガラス容器が割れてしまいました。

Img_3051

ガラス容器だけ買い足すこともできたのですが、以下の不満な点を夫婦で確認した結果、本体ごと買い換えることに。

ドリップしたコーヒーがすぐに煮詰まって不味くなる(水分の蒸発というよりは、酸化による味の変化らしいです)。朝など、同時にコーヒーが飲めるわけでもないので、いれるタイミングが難しい。

スイッチを入れっぱなしにしてしまうことがある(これは本当に煮詰まったり焦げたりします。危ない)

Img_3042

今回は、ステンレスの魔法瓶容器にコーヒーが注がれるタイプのものを求めてみました。

Img_3040

先ほどのの問題は、ドリップが終わるとスイッチが自動的に切れるようになり解決。魔法瓶なので、保温用のヒーターはありません。

に挙げた味の問題は、容器の口が絞ってあり、しっかり蓋がされているためか、たしかにいれたての状態に近いように思います。

Img_3044

良い点ばかりかというと、そうとも言い切れません。

容器の口が小さい(すぼまっている)ため、注いでいくと最後のほうが素直に出ません。

Img_3045

また、透明じゃないので残量が分かりません。

蓋を取って、のぞき込み、「うーん、まだあるな」と確認。

Img_3046

ようやく最後まで注ぐことができます。

容器の使い勝手もあり、一長一短ですが、ドリップ後置いておいたコーヒーを飲んで「マズイ」と思った経験のある方には、魔法瓶方式のメリットがあるのではないかと思います。

Img_3034

上の写真のところどころにもチビ猫が写っていますが、成長著しいチビ猫はついにキッチンカウンターに直接跳びあがるようになりました。

食べ物の「安全地帯」がなくなっちゃいました

2015年8月 9日 (日)

久しぶりに風呂釜とノコリーユECOの配管洗浄

暑い日が続きます。

Img_3835
Img_3836

猫も人もゴロゴロ…

昨日朝、洗車して汗をかいたのでシャワーを浴びようと浴室をのぞくと、浴槽に残った水の回りに、一晩しか経っていないのにうっすらとピンクの水垢が…

こりゃ風呂釜の配管やノコリーユECO(浴槽から洗濯機に残り湯を汲み上げる専用配管)のなかも汚れてるな、と久しぶりに洗浄を決意。

ノコリーユECOについては、以前の記事とその次の記事を確認しながら洗濯機を操作しました。備忘録も兼ねて手順など記載。

Img_3842

買ってきたジャバの説明書に従い、浴槽に水を張りながらノコリーユECOと洗濯機の接続部分を確認。思ったよりマシでしたが、水垢が付着しているのは分かります。洗濯機側の網が詰まっているようなことはありませんでした。

Img_3843

水を張って、ジャバを投入し、追い炊きスイッチON

Img_3844

同時に、ジャバの溶けた水を汲み上げホースに回すため洗濯機始動。

うちのH社のドラム式洗濯機、「洗濯」のときは最初のうちしか残り湯を汲み上げず、後半は庫内で循環させているだけなことに気づきました。「すすぎ」のほうがたくさん汲み上げるようなので、「すすぎ」中心にするほうが良さそうです。

Img_3845

ジャバの溶けた湯を一度落として、再度水張り。

もう一度追い炊きして、風呂釜の配管をすすぎます。洗濯機の操作ももう一度行って、ノコリーユECOの配管内もすすぎましょう。

Img_3846_2

一通り終了後に接続部を再度確認。湯垢は少し残っていますが、洗浄効果はあったようです。

Img_3847

剥がれた水垢がフィルターに詰まっていないか確認しましたが、ここも大丈夫。

しめて1時間ほどはかかりますね。あまり間を開けずにまた洗浄することにしましょう。

Img_3848

今は主(ぬし)のいない子供部屋を好きなように使っているうちの猫ですが、まもなくうるさい人たちが帰ってきますよ

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ