カテゴリー「航空・鉄道」の794件の記事

2018年7月21日 (土)

スターフライヤーの台北便は北九州と中部の2往復から

スターフライヤーから、冬ダイヤから就航する台北便に関して、福岡空港の発着枠確保が困難なことから、当初の計画であった3路線への就航を断念する旨の発表がありました。

混雑空港に指定されている福岡空港では希望の時間帯の発着枠がとれないため、次の機会をうかがうとのこと。北九州空港2往復をちょいと期待したのですが…

Sfj_taipei

公式のリリースには、頭記の件に加えて発着時刻の目安も載っていました。

16時台に北九州を出て、台北→中部(ステイ)→台北→北九州に翌日15時頃までに戻る運用で、当面2機体制の国際線用機材を回すのでしょう。

大まかな時刻が決まれば、ツアーなどの企画もできるようになりますね。

Jrw

夏休みも迎えて、気になるのは先日の豪雨で寸断された鉄路のこと。

JR西日本のリリースでは、復旧時期の見通しが具体化してきました。山陽本線については三原~白市が11月中に復旧すると全面復旧。年内には広島や九州方面への貨物の運行に支障がなくなります。芸備線や呉線の全面復旧にはそれ以上の時間がかかる見込みのようです。

Img_4932

写真は幸い運行に支障がない観光列車「○○のはなし」ですが、ここ(送り込みで折り返す小月駅)を通過する貨物も、現在福岡(タ)~新南陽1往復だけになっているようで寂しい限りです(JR貨物のリリースから)

トラックや船舶での代行を進めているようですが、早く本来の姿に戻ってほしいものです。

Nagasaki

「本来の姿」のフリーゲージトレインが行き詰まり、事実上断念。フル規格かミニ新幹線か、いずれの方法でも負担の増える佐賀県が説得できるか、という問題はしばらく棚上げになりそうです。

どうやっても佐賀県がウンと言ってくれないという状態で膠着化すると、武雄温泉乗り換えが常態化することになります。うまいこと「政治決着」するか、あるいは長崎までの新線に標準軌でなく狭軌を敷設するスーパー特急でもいいんじゃない?と思ったりしますね。

Img_4904

久しぶりに新下関にハローキティ新幹線を見に行き、通常色の500系との並びを見ることができました。

新関門トンネルから出てくるところを動画でどうぞ。

| | コメント (0)

2018年7月14日 (土)

久大線1年ぶりに全線復旧、他

昨年7月の九州北部豪雨から1年。流失した花月川橋梁が再建され、本日から久大線は全線で運転が再開されました。

湯布院への足を確保するため、小倉・大分廻りで運行されていた特急「ゆふいんの森」も、本来の久留米経由に戻りました。

Yufuin1_1
Yufuin1_3

先月城野駅で撮っていた迂回の「ゆふいんの森91号」

Yufuin1_2

キハ71系の側面には「久大本線ぜんぶつながるプロジェクト」のステッカーが。

Yufuin2_1

こちらは迂回運転最終日となった12日の「ゆふいんの森92号」キハ72系(動画から切り出し)

Yufuin2_2

「1年間のご支援 ありがとうございました!」の文字。

元の動画もどうぞ。

再建なった花月川橋梁は、橋脚の数を減らし、流木等が引っかかるリスクを減らす対策がされています。

久大線が復旧した一方、日田彦山線の再建は手付かず。日田や由布院へのアクセスルートとして特急が走り、「ななつ星」にとっても重要な久大線と比べると…厳しいですね。

この後は1週間前の豪雨災害からの復旧情報。

Taimen1
Taimen2

中国四国地区の高速道路は、対面通行での仮復旧など規制は残りますが、山陽道も復旧し、広島呉道路を除いて通行可能となっています。

Buzen

当地の近くでは九州道の小倉東IC~門司ICの上り線の通行止が続いていますが、こちらの解除はまもなくのよう。新聞記事では、椎田南IC~豊前ICの斜面崩落の規模が大きく、目途が立っていないとか。

Jrw_1

鉄路の被害は深刻で、長引きそうです。

JR西日本が公表した情報によると、徳山~岩国は山陽線・岩徳線とも、広島~三原は山陽線・呉線ともに復旧に月単位を要する見込み。

山陽新幹線が早期に復旧したので同エリアを通過する旅客への影響は最小限となっていますが、地元の方や貨物への影響は大きいです。

Jrw_2

伯備線も同様に復旧に時間がかかるようで、山陰方面への移動がままなりません。

貨物は山陰廻りでの迂回も検討されているようですが、普段走っていないし牽引用のディーゼル機関車も足りるのか?といった限界も指摘されています。一部の迂回が可能になったとしても、輸送力が戻るには山陽法線の復旧を待つほかないと思われます。

最後で申し訳ありませんが、筑豊線桂川~原田も復旧に時間がかかるようです。広域への影響は出ない区間ですが…

| | コメント (0)

2018年7月11日 (水)

スターフライヤーの国際線用機材、まずは国内の空へ

まず初めに、「平成30年7月豪雨」を受けて、日赤や自治体への義援金送金の他、各社がポイントやマイレージを拠出する形での支援を募っています。

ANAJALのほか、スターフライヤーでもこちらに寄付の仕方が書いてあります。1マイルから受け付けていますので、特典に変えるほどじゃないけど搭乗履歴があるという方は一度航空会社のサイトを巡ってみてください。

スターフライヤーの場合、普段開かないのでわかりにくいだろうなと思うのが、手続するページへの飛び方。

Mypage

ログイン後、名前やマイル数が表示されているところをクリックするとマイページに飛びます(先のリリースには会員メニューと書いてあるし、トップページでここがクリックできると分かりにくいので、改善したほうがいいかもです)

Mypage2

その中の下のほうに義援金受付へのリンクがあります。

この機会に航空会社、クレジットカード、各種ポイントサイトなどを巡ってみられることをお勧めします。特に、よく見るところ、熱心に貯めているところ以外をcoldsweats01

話をタイトルの内容に戻します。

6月25日に北九州空港に到着した、スターフライヤーの新機材JA25MC

Img_8235

台湾線就航に向けた国際線用機材とされており、また、到着した姿を見ると、これまでの機材と異なり翼の上の非常扉が1枚です。

Img_4702

いずれも以前の記事から再掲ですが、JA25MCとJA09MCの違いをご確認ください(非常扉以外にウイングレットの形も違いますね)

日本到着から2週間。北九州空港から飛び立つことのなかったJA25MCですが、9日に報道公開されました。公式のリリースはこちら(pdf)

こちらの記事などにも新機材のことが詳しく書かれていますが、特徴をいくつか挙げておきます。

  • エアバスの「スペースフレックス」を採用して機内の空間が拡がった
  • そのため、シートピッチを34インチから35インチへ拡大した
  • ホットミールが提供できるように、ギャレーにオーブンを備えた
  • 前方後方の脱出用スライドを幅広のものにすることで、翼上の非常扉を1枚に減らしても脱出時間のルールを遵守できる
  • 機内デザインを若干変更し、座席案内などにユニバーサルデザインを採用

本格的に国際線に参入するには供食設備の充実も欠かせないとのことで、機内設備のほか、北九州空港にもケータリング施設が増えるのでしょうか?

翼上の非常扉を減らすのは、シートアレンジの自由度を増したり、「リクライニングしない席」を減らすのに有効ですから、今後採用する航空会社が増えるのではないでしょうか?

座席数がほかの機材と同じ150席なので、国内線に投入するのに支障はないはず、報道公開が終われば…と思っていると、今朝FR24アプリにアラートが。

7g76

本日のSFJ76便が商業運航デビューとなりました。今日は折り返しの77便とで1往復だけ。

使用頻度は少な目になるかもしれませんが、国内線で当たった人はラッキーです。

話題変わって、開発が進むMRJに関連して気になるニュースが。

MRJ「量産検討段階に」 三菱航空機社長、国交省の認証取得へ

一方では、型式証明取得のめどが立ってきたとのことで、量産体制をどうするかという検討がされているという前向きな話題。

量産が始まると北九州空港も飛行試験の拠点として使われる予定ですので、早く目鼻を付けて欲しいものです。

ボーイングとエンブラエル、民間機の合弁会社設立へ MRJさらなる苦戦も

もう一方では、ボーイングがエンブラエルと合弁会社を作るという話題。MRJとERJは一部競合するサイズもあるので、ボーイングの意向次第でMRJの売り込みに厳しい状況になることもあり得ます。

さらにビックリしたのがこちら。

Cs300
A220_300

エアバス、A220発表 Cシリーズを改称

ボンバルディアの開発したCS100, CS300をエアバスA220-100, -300としてエアバスのラインナップに加えるとのこと。

エアバスがCシリーズの事業会社を買収したからできることですが、ボーイングのほうもERJシリーズをBなんちゃらに改称して売り出したりしませんかねcoldsweats01

| | コメント (0)

2018年7月10日 (火)

北九州モノレールのJRA編成が夏開催を前にリニューアル

北九州モノレールから告知が出ていました。

Mono1

2年前からホームでWiFiが使えるようになっている北九州モノレールですが、この度7月9日から改札階でも使えるようになったとのこと。

Img_9825

ちょうど乗車機会があったので、改札周りを探してみました。

Img_9831

ホームに関しては、自販機の上に置いてあるこの箱の中身が怪しいんですが、改札階に同じものは見つかりません。

Img_9824

目についたのは、発着案内のディスプレイの裏にあるこの部分。

ちょうど構内を見渡せる位置にありますし…

Mono2

改札階もホームと同じSSID・パスワードです(全駅共通)

Img_9826

ホームに上がろうとすると、ブラタモリ延期のお知らせ。

Img_9827
Img_9828

本日乗ったのは、紫帯に黄色いJRAラッピングの編成。

Img_9726

1104-1404編成でしたので、6月下旬から、井筒屋ラッピングを剥がされた状態で運用に就いていたやつです。

Img_9723

同じときちょうど撮っていた緑のJRA編成はどうなったか?

Img_9829

今朝、車内から見送った写真ですが、青帯(原色)の1103-1403編成がJRA編成だったやつ。

JRAが豪華2本立てかと思ったら、小倉競馬場の夏開催を前に黄色い新バージョンを作成し、すかさず旧バージョンを剥がしたのですね。

「HOT HOLIDAYS!」のキャッチと登場人物は同じですが、色だけでなく人物の配置などに変更があるようです。

Mono3

最後に、今年もアドベンチャープールのセット券が出ます。券売機でも購入できますのでプールに行かれる方は是非(誰だ、アドベンチャープールなくなるって言ったやつは…

| | コメント (0)

2018年6月30日 (土)

「ハローキティ新幹線」本日デビュー

先日から取り上げている、500系にラッピングした「ハローキティ新幹線」。ついにデビューの日を迎えました。

Img_4823

小倉駅にもポスターが出ておりました。

Img_8240

今朝はまず在来線で新下関へ。

雨の中下関で乗り換えましたが、3色の並びをパチリ。

Img_8241

新下関に着いて、下りホームに行ってみると、アレ?

2番のりばに700系が停泊していて、他の列車が1番のりば発着になっています。

Img_8251

雨と、2番のりばに居座る700系が恨めしい。
(あとのアナウンスを聞くと、やはり普段は1番のりば停泊のようです。なぜ今日に限って…)

Img_8252

7時過ぎ、こだま730号は関門トンネルを越え、新下関に到着。

到着前、上りホームでは「本日からハローキティで…」というようなアナウンスや撮影者への注意が繰り返し流れていました。

Img_8253

とりあえず先頭部分のアップ。

Img_8258

同じ時刻に下りのこだま(500系)があります。700系が1番のりばにいれば比較にちょうどいいのですが、今日はこんな並び。

Img_8259
Img_8262

こだま730号は新下関で5分停車。

700系の横を移動して先頭側に出ると、すかさず「のぞみ」が抜いていきました。

Img_8270

出発を見送って、小倉へ戻りました。

同じV2編成を使った「エヴァンゲリオン新幹線」と何が違うって、キャラクターの方向性は言うまでもありませんが、エヴァンゲリオン新幹線のときは特別な塗装がされていなかったパンタカバーまでピンクなこと。これはインパクトあります。

Img_4813

午後、福岡で用事があったので博多駅を見てみると、ハローキティ新幹線に連動したカフェが。

Img_4815

新幹線と同様のデザインが使用されていますね。

Img_4819

外へ出てみると、博多は山笠の季節がもうすぐなのでした。

| | コメント (0)

2018年6月25日 (月)

北九州空港にSFJの新造機、JA25MCがデリバリー他

今年の冬ダイヤから台北便を就航させるスターフライヤー。

Img_4671

まだ便名や時刻の情報が出ておらず気が早いようにも思いますが、北九州空港にはすでに台北便の宣伝が出ています。

国際線再参入に必要な機材として今回デリバリーされたのが、11機目(退役機を含む通算では15機目)になるJA25MC。

Img_8237

今日の午前中に到着し、夕刻見に行くとspot0に停まっていました。

Sfj8334_1

今回のフェリーフライトは、23日にフランスのトゥールーズを出発。今までのように中東方面に行かないなと思っていたら、カザフスタンの首都にあるアスタナ空港で一休み。

Sfj8334_2

一日近く休んで、日本時間では本日未明にアスタナを出発。この先は寄航することなく北九州まで飛んできました。

Route

Great Circle Mapperで直行の大圏コースと今回のルート、JA23MC他が使用したドバイ・バンコク経由を比較してみました。

確かに南回りよりアスタナ経由のほうが距離が短く、寄航が減らせるようです。今までなかったのは、経由地の受け入れ態勢や、通過国の許可を得るのに難があった?

Img_8232

Spot0にいるのを正面から。

Img_8235

回り込んで、JA25MCのレジがかろうじて見えるところから。

「翼の上の非常口が1つしかない」という点が今までの機材と異なるようですが、それが何を意味するのかはよくわかりません。

Img_4689

SFJがらみのほかの話題。

先日、コリアエクスプレスエアを待っていたとき到着したJA09MC。

Img_4702

おや?と思って反対側と比べると、エンジンカウルの色が左右で異なります。本来描かれている"SF"のロゴもない。

予備か他社から融通してもらってそのまま?画像を検索するとかなり前からこの状態のようです。

Img_8098

最後は、公式のfacebookページからいただいたネタを確認に。

Img_8106

シミュレータの設置してあるSFJトレーニングセンターの玄関。

Img_8108

燕が玄関ドアの上に巣を作ったようで、注意喚起の掲示あり。

Img_8103

自動ドアのセンサーの上に立派な巣がありました。抱卵中?

SFJ機と同じ白黒のカラーリングですし、幸せを招く使者であるといいですねhappy02

| | コメント (0)

2018年6月23日 (土)

北九州空港に新規就航したコリアエクスプレスエアとANA Cargoを見に

久しぶりに北九州空港の話題です。

最近の二つの新規就航を中心に。

Img_4705

一つはコリアエクスプレスエアの国際定期便就航。

以前から定期チャーターとして飛来していましたが、5月27日より晴れて定期便としての就航になりました。直接webで予約できるようなページが見つけられないのですが、定期便ですから日本発の予約もできるはずです。

同社の拠点である襄陽発着の便と、務安便が週3便ずつ出ています。

Img_9654

もっと早く紹介すべきでしたが、日が長くなり、定刻19:10着の務安便を明るいうちに撮れる時期まで待っていたというのが言い訳です。

FR24で見えない機材なのも、存在を忘れやすい理由…

Img_9652

50人乗りのERJ145なので、A320(SFJ仕様でも150人乗り)と比べても随分小柄。

Img_9656

PBBは使用できず、オープンスポットへ。

Img_8119

機体に内蔵されたタラップでの乗降です。

乗客はSpot4のPBBの横の階段を上がり到着口へ向かっていました。

Img_8122

小型故、国際線ですが30分で折り返すダイヤになっています。日没となりさすがに暗いですが粘ってみました。

この写真はスポット上でエンジンスタートしているところ。マーシャラーが右手を回していましたが、エンジンスタートに支障となる障害物がないよという合図のようで。

Img_8126
Img_8137

プッシュバックは要さず、その場でクルっと回って出発していきました。

金網をクリアできる踏台を持っていなかったので、最後はこんな写真でスミマセンcoldsweats01

#複数の撮影機会の画像が混ざっています

お次は、「沖縄貨物ハブ」に組み込まれる形で6月5日就航したANA CargoのB767F。

就航が報じられた時点で一度記事にしています。

Anacargo

空港のサイトにもこういうバナーが登場していますが、いかんせん展望デッキも閉まる深夜ですから、なかなか足が向きませんでした。つい晩酌を口にしてしまいアウトって事情もcoldsweats02

コリアエクスプレスエアを取り上げる以上、こちらも無視できないと金曜の夜に出撃してきました。

Img_8160

23時前。貨物機がよく使うSpot0には、ナイトステイするSFJ機が既に停まっており、MRJ格納庫との間にできたSpot90のほうで動きが。

Spot90も、エプロンに隣接して貨物上屋などが作れる用地が確保してありますが、今のところ空き地なので近づきやすいです。

Img_8166

R/W36に降りたあと、戻ってきてヌッと登場。

Img_8191
Img_8206

スポットインsign01

Img_8216

すぐにタラップや荷役用の車両がつき作業開始。

Img_8222

出発までは見送りませんでしたが、こんなふうに見られるのなら、近いうちにもう少し高い踏台を持って再挑戦ですね。

| | コメント (0)

2018年6月17日 (日)

折尾~黒崎~門司港で進行中のプロジェクトを見に

先週末に撮ったものから。

Img_9580

まずは折尾駅から。建設が進む、新しい筑豊線ホームを見に。

Img_9581

重機と重なって分かりにくいですが、高架の真ん中にホームになる部分の姿が見えるようになってきました。

Img_9583

筑豊線の切り替えは予定では今年度中となっていますが、鹿児島線と同じく正月を使うのか、来春のダイヤ改正に合わせてか?

ホーム移設や折尾~東水巻間の分岐点が変わることで運転時分などの見直しが必要になる可能性を考えると、ダイヤ改正時が無難でしょうか。

Img_9578

お次は黒崎駅。

Img_9577

旧南北自由通路の撤去作業に伴い、一部屋根がない箇所ができています。

Img_9573

新しい自由通路から見るとこの箇所。

旧自由通路によらない形で屋根を作り直したり、仮受けを設置したりといった作業と思われます。

Img_9565
Img_9570

新自由通路の北側から見ると、線路北側に降りる階段は設置されていますが、その先の歩道が未舗装で、旧自由通路(矢印)を受ける橋脚も残っています。

撤去工事は8月までとなっていますが、鉄道を支障しないように気を使う作業の山場がまだまだ残っています。

Img_9609

最後は門司港。

駅舎の修復作業が進み、囲いが取れ始めたと聞いて見に行きました。

駅舎はこれ以上見えないので、折り返し待ちの間海のほうへ。

Img_9605

んん?この白い船はもしかしてネットで話題の…

Img_9603

写真のはね橋(ブルーウィングもじ)がちょうど開いており、降りるのを待つのももどかしく白い船のほうへ。

#このあたりからだと門司港の駅舎は見えないのですね。クレーンだけ。

Img_9601
Img_9598

白い大きな船。船尾には「A」という大きな文字。

この記事などによると、「スーパーヨット」とよばれるカテゴリーの船で、ロシア人富豪の所有だとか。

ヨットと呼ばれればそういうスタイルだけど、もちろん帆を張って走るような船ではなく…

#どうやら先週半ばには門司港を離れたそうです

| | コメント (0)

2018年6月15日 (金)

新幹線の人身事故で広島~博多長時間運転見合わせ

昨日のこと。仕事が一段落したときに気づくと、新幹線が停まっているとの情報がメールで届いていました。

山陽新幹線人身事故、死亡したのは福岡・直方の男性介護士

先ほどようやくこういう情報が出ましたが、事故現場や被害者につながる情報が得づらく、昨夜は博多~広島終日運転見合わせ。今朝も車両手配の都合で遅れや運休があったようです。

昨夜は別件もあったので、小倉駅へ様子を見に。

Img_9660
Img_9666

発着案内の表示は現在時刻から大きく離れたものになっていました。

駅員さんが時折運転再開のめどが立っていないアナウンスをしていますが、人の動きが少なく、発着案内の流れない新幹線コンコースはシーンと静まり返った感じです。

Img_9663
Img_9664

みどりの窓口は空席状況の案内が消え、自動券売機は停止。

Img_9661
Img_9662

JR九州側の案内はこんな感じ。

在来線は動いているので、小倉から博多方面への移動は何とかなる状況でしたが、広島までは在来線で今日中に乗り継ぐってのは既に無理な時間帯です。山口県内なら何とか…

改めて、九州のりものinfo.comで届いたメールと報道の情報から時系列を整理してみます。

Mail1446

ボンネットが割れているという最初の情報。

「のぞみ176号」の運転士はどうも博多~小倉間で異常音に気づいたようですが、以前小動物にぶつかった時と似ていたため停止や通報をしなかったとのこと。

700b

小倉駅入線時に、監視している駅員が気づいてそこで停めなかったのか、というのが次の見逃しポイント。

ですが、駅員は車両の確認よりもホームの安全確保が主な仕事でしょうから、ホームの人に目を配っていれば無理ですわな…

GJだったのは、小倉を出発してすぐ、対向列車の運転士がノーズの異変に気付き、新下関までに臨時停車の手配ができたこと。時刻的には「みずほ615号」が当てはまります。高速ですれ違って気づくのは難しいでしょうから、双方スピードの出てない状況が幸いしました。

この14時11分というのは、上のニュース映像のように新下関に停まった時刻ではなく、対向列車からの通報で指令が覚知した時刻と考えられます。

Mail1502

次がこんな内容。当該列車は新下関で打ち切るが、後続列車は動かしますよと。

人身事故であるという認識はこの時点ではなく、当該編成は破損があるのでこれ以上の運行は無理と判断したというところまでですね。

その後、3番のりばを開けるため当該編成は一旦厚狭側の引き上げ線に入り、上の写真のように1番のりばへ入れ換えたのち博多総合車両所への回送を待つ、という段取りだったのでしょうか?(小倉側から直接1番のりばには入れません)

Mail1640

混乱を感じるのがこの時間帯からのメール。

私が最初に見たのがこの時期で、「2件も事故があって大変やな」と思ったものです。たぶん「人身事故みたいなので線路点検や警察への通報を」となったのが16時12分ですね。

新下関の1番のりばで連結器カバーを改めて点検して(あるいは外して)「人体の一部と思われるもの」が見つかったと考えると、2時間のタイムラグも説明できそうです。それでもちょっと時間がかかりすぎか…そのまま車両所まで回送されていたら…coldsweats02

Mail2122

それらしいものが見つかったという情報はあるものの、捜索すべき範囲が広すぎるためか、結局この日は列車を動かせず。

せめて小倉に着いた時点で人身事故疑いとして手配がかけられていれば、もう少し早く運転再開できたかもしれません。

あと、JR西日本が出す情報が最後まで「お客様と接触」となっていたのにも違和感を感じました。

Mail2115

同じ時間帯にJR九州から来ていたのはこんな文面。

沿線住民は潜在的なお客様ではありますが、線路は原則立ち入り禁止。新幹線は特例法があってより厳しくなっています。駅で起こった接触事故ならホームにいたお客様の可能性が高いですが、それ以外の場所では線路に入ること自体が不法行為ですから、JR九州のような書き方のほうが正しいと感じます。

自殺などの意図をもって線路に入る行為を完全に防ぐことは、新幹線であっても難しいと思います。しかし、上に挙げた「もう少し早く対応できなかったか?」という点や、小倉~博多は当日中の運転再開が難しいとなった時点で、本数は少なくとも小倉などで折り返す便の設定はできなかったか?といった残念な思いの残る事故でした。

| | コメント (2)

2018年6月10日 (日)

西鉄下大利~春日原高架化(連続立体化)工事の現況

JR鹿児島線水城駅から徒歩圏にある西鉄大牟田線の駅は下大利(しもおおり)

Img_4611

駅の南側では、仮線の横で高架の橋脚が立ち上がっています。

Img_4610

こちらは駅になる部分でしょうか?

Img_4614

仮駅のホームから。大牟田行の特急は「水都」編成。

Img_4612

下大利の北側も仮線の横に高架が続いています。

Img_4616

隣の白木原(しらきばる)は車窓(先頭の隙間)から。

このあたりは直上に高架を作成中。

Img_4618

次の春日原(かすがばる)でいったんホームへ。

駅施設は仮設感が強いですが、ホームの北端から見た範囲では高架の姿は分かりにくいです。

Img_4620

駅南側には橋脚と、横たわる梁のようなものが見えます。

Img_4619

春日原は2面4線ある駅なので、これが高架になると大きく景色が変わりそうです。

雑餉隈(ざっしょのくま)の先まで高架化を進めていますが、春日原で乗り換えた急行がすし詰めだったので、この先の写真はありませんcoldsweats01

平成32年度(確実に次の元号に変わっていますが)に高架切換の計画になっているので、それまでにまた機会をつくって訪ねてみましょう。

Img_9585

閉園後のスペースワールドの遊具の扱いに関して、「ヴィーナスGP」が北海道のリゾート施設に移設されるという記事が出ました。記事にはスペワを運営していた加森観光の関連施設としか書いてありませんが、「ルスツリゾートか」という声がネットでは。

Img_9586

先ほど車内からみると、レールが途切れているところがあったので、解体中ですね。今解体されているということは移設先があるという報道と合致します。

隣のスペースシャトルの譲渡・移設先は残念ながら無いようで、加森観光の管理から離れる7月以降に解体・撤去されるものと思われます。

以前紹介した記事と同様、「跡地を開発するイオンは更地での引き渡しを求めている」と書かれていますのでgawk

| | コメント (0)

より以前の記事一覧