カテゴリー「航空・鉄道」の1000件の記事

2020年7月 5日 (日)

10年前に人吉に泊まった時の写真を引っ張り出してきた

球磨川の氾濫から1日たって、改めて被害の大きさが分かってきました。

Suigai_219

これは地理院地図で閲覧できる被災地の航空写真ですが、国道219号線の鎌瀬橋(左側)、肥薩線の球磨川第一橋梁(右側)がいずれも流失しているのがみてとれます。

九州道が通行できるので、人吉へはこちら経由でアクセスできますが、川沿いの集落は当座のアクセス路を確保するまでもかなり時間がかかりそうです。

鉄路はここの球磨川第一橋梁(肥薩線鎌瀬駅付近)の他、球磨川第二橋梁(肥薩線渡駅付近)、球磨川第四橋梁(くま川鉄道)の流失が報じられており、年単位での運休は避けられないところ。

九州北部豪雨での鉄橋流失から久大線は1年で復旧しましたが、こちらのほうが条件は厳しそうです。

7stars_course

「ななつ星」3泊4日コースの4日目にここを通って博多へ戻ることになっているのですが、さてどうなるか…

人吉に行ったのいつだっけ?と過去の写真を繰ってみると、2009年のことでした。ちょうど家の工事が始まろうかという時期で、家族旅行のことをアップしてる場合じゃなかったんでしょうね。

Img_4621

午後に球磨川沿いに着き、子供に見せようと「SL人吉」の時刻を調べて待ってたんだと思います。

ガチ鉄道撮影ではないので、橋梁とかではなく、一勝地駅近くの線路沿いに立ち寄りやすい場所で。

Img_4624
Img_4625

おーおー、手なんか振ってもらってるじゃないですか。

Img_4626

川下りしてるのを横目で見ながら、球泉洞に立ち寄ってから人吉へ。

Img_3424
Img_3444_20200705193101

幽霊の掛軸が見られる永国寺や、青井阿蘇神社へ立ち寄り。

Img_4667
Img_4664

そして泊ったのは、歴史ある建物の人吉旅館。

Img_3446

翌朝球磨川沿いを散歩しているときの1枚(妻撮影)

写ってるのは私ですが、何を熱心に撮ってたのかな?

Img_4657

水面と鷺を狙ってたのね…

落ち着いたところでまた訪ねたいものです。

2020年7月 4日 (土)

人吉や肥薩線など球磨川沿いに甚大な水害被害が、他

起きて、熊本・鹿児島に大雨特別警報発令の報に驚いた朝。

Hitoyoshi

徐々に被害状況が明らかになってきていますが、球磨川が氾濫して人吉市内の浸水、また球磨川沿いの集落の孤立や鉄橋の流失などが報じられています。

人的被害が大きくないことを願うほかありません。

震災被害から豊肥線復旧のめどが立ち、コロナ禍で運休していた「ななつ星」の運行再開も決まった矢先にまた長期間運休区間が発生するというのは恨めしいというほかありません。

個人的にも、ここにはSLを見に行った記事くらいしか書いていませんが、家族で人吉旅館に泊まったこともあります。知ったところの被災は余計に心が痛みます。

Img_3668

気を取り直して定点手観測的な報告。

折尾~本城は複線に戻って1ヶ月半ほど。

前回は残っていたポイントの跡がきれいになくなりました。工事に伴う速度制限も撤廃。

Img_3671
Img_3669_20200704131601

踏切の遮断桿も更新済みに。

Img_3672

ここの工事は、工事事務所の片付けを残してだいたい終わったようです。

頻繁に見に来ることももうないかな…

Img_3662_20200704131601

次は折尾駅。

Img_3651

北側からオリオンプラザ方面を眺めたもの。

外から見てわかるような解体は進んでいません。

Img_3655_20200704131601

前の記事で「道路拡幅に伴って移転か」と書いた交番。

Img_3653

高架の橋脚や、拡幅用地が分かるように撮りなおしてみました。

Img_3659

反対側(西側)からも1枚。一応、まだ現役ですよ。

Img_3658

ここに筑豊線の踏切があったことがだんだん分かりにくくなってきていますが、ガードレールが切れているところや、路面に停止を促す鋲が残っているのを今のうちにと記録。

Img_3677

最後はご近所。

Img_3675

マルショク新守恒店に隣接してオープンした「生そばあずま」が、同じ系列はありますが「ウエスト」の生そば・うどん店に様変わりしました。

蕎麦に特化した店では少し難しかったか…

2020年6月30日 (火)

新山口駅と山口宇部道路を直結する道路が開通してた

県外への移動の自粛要請も緩和され、お出かけの範囲を広げた話。

Img_3608_20200630105801

実家に帰省し、両親のお祝いを目的に会食してきました。

帰る前にお土産を買おうというところで、父親から表題の件を聞き、新山口駅にも寄ってみた次第。

Img_3638

駐車場に車を停め、自由通路(デッキ)に上がったところ。

駐車場の西側で建築が進んでいます。

この時娘から聞いたのが「新山口駅は『キノコ』のイメージ」ということ。

Img_4438

「ああ改装前は確かに…」と思いながら改めて探してもちゃんと撮ってないものですが、たぶん写真右側に写るものの印象ですね(この時の撮影)

駅前広場に徳利が笠をかぶったデザインの碑?が建っており、種田山頭火ゆかりの其中庵(ごちゅうあん)の名が記されていました。

今はここまでデッキが拡がっており、解体されたのだと思いますが、どこかに移設されてたりする?

私は個人的には左奥のフグのマークの交番のイメージ(これも上の写真の右奥の位置に移設されました)

Img_3623
Img_3622

建設中の建物は、山口市の産業交流拠点施設

愛称等はこれから公表されると思いますが、来春、多目的ホールを中心にしたいわゆるMICE施設が開業予定です。

3階部分がデッキと繋がる設計になってます。

Img_3624

そして、今回開通した道路がここ(以前の状態はこちら

山口宇部道路(中国道や山陽道と繋がる自動車専用道)の長谷ICを降りてまっすぐ進むとここに出るので、駅前駐車場や前述のホールへのアクセスが改善されました。

Img_3627

以前からある国道と駅をつなぐ道路も、歩道など整備されており役割を終えるわけではありません。

Img_3624_reiwa

3月に開通したこの道路、「令和通り」と名付けられたと後で知り、「標識撮ってなかった」と悔しく思ったのですが、拡大してみるとかろうじて読めるくらいに写っていました😁

Img_3628
Img_3629

自由通路の壁面緑化も、5年近くがたち、なかなか繁っております。

Img_3630_20200630105801

Img_3632

新幹線口側もなにやら工事をしてますね。

Yudaic1

山口エリアでは同じ3月に、中国道湯田PAのところに湯田温泉スマートICが開業しています。

Yudaic2

上下線の出入り口が分散するタイプではなく、下り線からは本線を跨ぐ形のなかなか本格的な構造。

「湯田温泉」を名乗っていますが、山口大が一番恩恵を受けるように思います。

ここも利用する機会を考えてみましょう。

2020年6月23日 (火)

折尾駅前の「オリオンプラザ」解体始まる

定期便的な折尾駅探訪記事。

Img_3532
Img_3536

建設中の新鹿児島線高架は、ホームや屋根の構築がだいたい終わったのか、すっかり囲われてしまいました。

中で旅客向け設備などの工事が進んでいることでしょう。

囲いの外では、レール敷設が進んでいます。

Img_3539
Img_3538

4番・5番のりば西側の階段が閉鎖されて工事中ですが、エスカレーターを設置中と一目で分かるようになりました。

乗降の多いホームですから、新ホーム・新駅舎の供用に先行して使用可能になるとありがたいですね。

Img_3535_20200623114301

今回目を惹かれたのはこれ。

Img_3540

東口から出てみると、オリオンプラザの周りに足場が組まれています。

中の施設が退去したとは聞いていましたが、いよいよ解体されるようです。

Img_3541

現3番のりばの仮設部分より先に無くなるのかぁ…

Img_3543

ぐるっと回って北口のほうへ。

筑豊線高架(旧踏切)あたりの199号線拡幅工事に着手されており、旧線の名残が消えていきます。

Img_3545_20200623113501

折尾駅前交番も、拡幅予定部分に建っているので(奥の矢印が北側の橋脚)立ち退き予定か?

Img_3542_20200623115201
Img_3544

最後は建設中の折尾駅新駅舎。

Img_3547

西口側から見ると、高架の間をつなぐコンコース部分の建物の大きさが見えてきました。

高架が離れている分結構な「エキナカ」スペースができますが、どのように活用されるのか…

2020年6月21日 (日)

香春大任バイパスの開通が7月19日に決まりました

県から、国道322号香春大任バイパスの開通が7月19日に決まったとのリリースがありました。

あと4週間。梅雨の晴れ間に現況を見てきました。

Img_7511

まずは小倉南区から322号を南下して金辺峠(きべとうげ)交差点。

この先バイパスが工事通行止めとなっており、右折して旧道側へ入る必要あり。

Img_7516

既設のバイパスの終点の観音口橋(以前の記事の⑥地点)

以前は左に折れる標識でしたが、バイパス開通後の案内に更新済み。

Img_7522

カーブのため凹凸があったところはならされ、舗装を待つ状態。

Img_7521

北側を見ると、限られた範囲の分離帯やガードレールが除去されています。

7月19日までという期間を考えると、4車線化はないかな…
(金辺峠側も工事してないですし)

Img_7524

322号現道側の観音口橋交差点の由来は、金辺川にかかるこの橋。

バイパス側の交差点はまだ名前が確認できませんが、「バイパス観音口橋」あるいは現道側とセットで更新して「観音口橋東詰・西詰」とか?

Map_middle2

このあとは、細かな連絡路(地図は以前の記事より)

Img_7542

⑦地点のライスセンターのところ(奥の橋がバイパス)

Img_7538

橋の北側でバイパスから分かれるスロープが見えます。

Img_7541

途中の土砂がまだ多く残っており、7月19日のバイパス開通に間に合わせるのは難しそう。

Img_7543

最後に⑧地点。ワイエスフード(株)の前からバイパスに繋がります。

Img_7544

交差点部に街灯が設置され、ラインの下書きがされています。

Img_7545

香春町の宣伝の看板が設置されてますね。

Img_7551
Img_7555

帰り道、日田彦山線沿いの踏切に立ち寄ったら、運よくステッカー付きが。

2020年6月19日 (金)

豊肥線全線運転再開後の特急運行計画や、熊本空港アクセス鉄道整備案が明らかに

2016年の震災以来不通となっている豊肥線肥後大津~阿蘇の運転再開が8月8日と決まりアナウンスがあったのが先月末のこと。

数日前、豊肥線全線運転再開後の運行計画が、まず特急から明らかになりました。

Aso_tokkyu

熊本~大分・別府を走り抜けるのは、九州横断特急が2往復。

土日にはそのうち1往復が「あそぼーい!」になります。

熊本~宮地の区間便として特急「あそ」が3往復。

コロナ禍が落ち着いているようなら、運転再開後早いうちに訪問したいものです。

Aso_fukkyuu

また、豊肥線と並行する国道57号線の復旧予定も国交省から発表されています。

Aso_fukkyuu2

早期復旧を目指して策定された「北側復旧ルート」開通と同時期の10月には、国道57号現道も復旧の見込み。

北側復旧ルートの前後(東西)に接続する道路をみると、今回の災害現場の迂回路の他、九州道北熊本スマートIC~二重峠トンネル~内牧方面という広域の57号迂回ルートを形成することが期待できます。

57号、いつも混んでますからね…

Aso_oohashi

同じリリースに、阿蘇大橋も来年3月に開通見込みであると載っています。

昨年崩落現場(〇を付けたあたり)を見たときの記事はこちら

次は復旧ではなく新しい鉄道の話。

熊本エリアでは、熊本空港へのアクセス鉄道計画の調査報告書がまとめられ、話題になっています。

Airport_access_map

ルートについては、距離的に最も近い肥後大津ではなく、三里木(さんりぎ)駅から分岐する計画でまとまりました。

三里木分岐のほうが、県民総合運動公園や、運転免許試験場の利用が見込める場所に中間駅を設置できることが決め手のよう。

Airport_access_sanrigi

三里木駅の豊肥線上下線の間にアクセス鉄道を割り込ませて上下方向とも対面乗り換え可能な駅とする計画。三里木から熊本方面への直通は現時点では想定しないようです。

豊肥線に乗り入れるなら、もともと折り返しの多い肥後大津から分岐するほうが運用しやすいですが、他の駅ならこの形がシンプル。

Airport_access_douro

豊肥線と熊本空港の間を鉄路で結ぶときに、ネックとなるのが段丘上の高低差の存在。

道路も矢印のように、大回りする形で通してあります。

Airport_access_danmen0

肥後大津から向かうほうが段差がきつそうに見えるので、三里木から空港ターミナルを通って肥後大津までの高低差を、地理院地図の「断面図」機能を使って求めてみました。

Airport_access_danmen

いやー、肥後大津へまっすぐ向かうと完全に壁(崖)ですね。

三里木から空港へのルートも、傾斜を緩和するためにトンネルを使う計画となっています。

最後に、この件に関する新聞記事。

三里木駅「対面乗り換えに」 アクセス鉄道計画、熊本空港は高架に(熊本日日新聞)

熊本県が空港鉄道事業化を再検討 整備に最大561億円、試算超す(西日本新聞)

地元紙の比較的歓迎ムードの記事と、ブロック紙(熊本総局あり)の温度差が興味深いです。建設への補助金が増えて、かつ空港利用者が増える状況にならないと、採算面では厳しそうですが、計画が進めば貴重なアクセスルートになりますね。

2020年6月13日 (土)

日田彦山線石田駅の4連?レピータがLED仕様に更新

城野で日豊線から分かれて一駅。

Img_3148_20200613152801

1面2線で交換可能な石田駅は、一線スルー式の配線で(右側の2番のりばが主本線)、いずれの乗り場も上下双方向に列車が出せるようになっています。

Img_3151

ホームには2面のホームに上下方向それぞれの出発反応標識(レピータ)があり、1本の柱に4つまとめて設置してあるため特徴的な景色となっています(他のアングルはこの記事とかこの記事とか)

上の2枚は5月下旬の撮影で、ここから先は直近のもの。

Img_3454_20200613152801

お、小倉行きはステッカー付。

じゃなくて、レピータが更新されています。

Img_3456_20200613152801

当該のホームのほうに少し振ってあるので、正面になるようにもう1枚。

この前まで電球だったのが、LED式に。

Img_3457

反対向きから。

Img_3451_20200613152801

2番のりばには他にもレピータがあって、ホームの北端にあるもの(右矢印)は、上り出発信号(左矢印)には反応しません。

Img_3459

ホーム先端からよく見てみると「下2」とのラベルが付いており、下り用です。ここはまだ電球ですが、今も必要なのかどうか…

ホームより向こうを向いていますから、ここをはみ出すような長い列車が往時にはあったということでしょうね(車掌車を連結した貨物?)

Img_3461

もう一つ、ホーム真ん中くらいにある「下2」のレピータ。

ケースは少し古いのですが、LED式。

あまり意識して見たことがないのですが、2年前の記事に偶然写っているのもLED式なので、それ以前にLED化されていたよう。

Img_3462_20200613152801

下り列車とレピータ。

Img_3464

ケースが新しいので、庇部分にきれいに反射していますね。

Img_3444_20200613155501

徐々に更新されているのでしょうが、石原町など、まだ電球式が現役の駅もあります。

ちょっとしたノスタルジーを感じるものが減って、すこし残念です。

2020年6月12日 (金)

折尾~本城間複線化後の変化や、引込線あとなど

またもや、ネタに困った時の折尾駅工事ネタ。

写真はありませんが、新しい鹿児島線高架のレール敷設も始まっています。

今回は、5月下旬に折尾~本城が複線運用に戻ったあとの変化を見てきました。

Img_3391

本城駅近くの、部分的に単線にするためのポイントがあったところ。

転轍機や渡り線が撤去され、信号が載っていた支柱も姿を消していました。

Img_3393

折尾側にある踏切から見ると、線路の名残(固定具)が良くわかります。

まだ臨時の速度制限が残っていますが、片付けは着々と…

Img_3412_20200612134901

もう一つ折尾側の踏切から。

案内板にさりげなくツバメが描かれているのがいいですな。

Img_3400

新しい線路も、使用感が出てきました。

Img_3409

そういえば新しい線路の走行シーンを撮っていなかったと気づいたころには築堤のはるか上…

Img_3405

ここの踏切、今回の工事にあわせて、警報機と遮断桿が新品になりました(遮断桿の片側はまだ作業中)

Img_3411
Img_3410_20200612134901

ホントにどうでもいいことなんですが、手前(1枚目)と奥(2枚目)で、異なる灯器が使用されています。

いずれも全方向から警報灯が見えるタイプですが、見え方は異なります。

設置場所による基準に従った選択なのか、何らかのフィールドテストなのか?

Img_3396_20200612134901

最後に、このあたりを歩くことがなければ気づかなかったことですが、本線の西側に少しスペースがあり、踏切も線を書き込んだところにもう一つ線路があったような作りです。

Img_3402

川沿いの路地が、昔は浅野セメントへの引込線であったようです。

2020年5月30日 (土)

黒崎バイパス春の町ランプ施工の現況他

一昨日、こんな事件(事故)の報道がありました。

水道管破損し国道水浸し バイパス橋台工事で矢板打ち込み直撃

黒崎バイパスと3号線現道を接続する春の町ランプの工事中に、矢板を打ち込む作業で水道管を破損してしまう事故。

そういえば車線が切り替わってから見に行ってないなと思い、ちょっと足を向けてみました。

Img_3307
Img_3288_20200530225901

(1枚目は帰り道で撮ったものですが)黒崎バイパスからJRをまたぐ部分への接続工事は、1枚目左側の盛土を残す程度に。

東田出入口の通行止も、今週末で解除になるようですね。

Img_3291

以前、架橋工事を見に行った部分の先で3号線現道に繋がります。

Img_3290
Img_3293_20200530225901

以前橋桁の仮置き場として使われていた部分に上り車線が移設され、ランプウェイができる部分が見えるようになってます。

Img_3295

水道管破損事故は上の写真で奥に重機が見えるあたりなのでこの写真とは違う場所だと思いますが、土台を造る穴を掘る前にこんなふうに金属板(矢板)を打ち込んで囲いを作る作業中だったのでしょう。

工期の遅れにつながらならなければ良いですが…

#以前の架橋工事に関しては、公式にここにまとめてありました。

Img_3299

ついでに折尾駅もチラ見。

新駅舎と、ホームの接続部分が見えてきました。

Img_3304_20200530225901

待合室は感染対策で引き続き閉鎖中。

Img_3305

階段工事のため閉鎖中の4番、5番のりば西側の階段ですが、開口部の囲いが更新されました。

まだ新しい階段の姿は上からは分かりません。

Img_3302

発車案内には、COVID19への注意喚起が流れていましたが、「北九州市内で感染急増」との文字。

ま、そうなんですけどね…

Img_3286

あんまりウロウロせんときや。

マスクして密なところは避けてるから許してねー

2020年5月29日 (金)

「ゆっくりのんびり日田彦山線」編成と、国道322号バイパス通行止めの現況

4月に偶然見かけて以来、撮ろうと思うとなかなかお目にかかれない「ゆっくりのんびり日田彦山線」ステッカーを貼った編成。

Img_3257

一度、石原町駅で撮影に成功。

仕事が早めに終わり、明るいうちに香春町方面まで行ける日があったので、先日通行止め予告を見つけた区間の現況の確認も兼ねてちょっと足を伸ばしてみました。

Img_3263

国道322号を南下して、金辺トンネルを抜けたところにある金辺峠(きべとうげ)交差点から規制が始まります。

まっすぐ行くとバイパス、右折すると旧道ですが、黄点滅信号になり、右折のみ可能。

規制内容を知っていればどうということはありませんが、トンネルから続く下り坂で、軽く右カーブしたところに交差点が現れるので、トンネルから車線規制したほうがスピードも抑えられて安全じゃないかなぁ…とちょっと思いました。

Img_3265

その先は旧道を通って、観音口橋交差点。バイパス側は封鎖中。

ここはそのまま直進なのでどうということはありません。

Img_3267_20200529164101

採銅所駅に車を停めたところでナビの画面を確認すると、ちゃんとバイパスの通行止め情報を受信していました。

Img_3270
Img_3271_20200529164101

採銅所で交換がありましたが、いずれもステッカーなし。

Img_3272
Img_3273

帰り道の観音口橋交差点。右折レーンが塞がれてます。信号は黄点滅。

Img_3274

南から木部峠交差点に差し掛かると、赤点滅になっており、一旦停止して左折。

バイパスが通行止めの結果、旧道回りで若干時間がかかる可能性はありますが、2か所の交差点の信号待ちがない分もしかしたら早く通過できるかも…という状況ではあります。

大きな混乱は生じないと思いますが、最初に上げた金辺トンネルを出たところのスピードの出しすぎだけは重々ご注意ください。

Img_3277

この日は結局、次に立ち寄った呼野駅でステッカー付編成をゲット。

Img_3278
Img_3281 

日田彦山線の復旧については、東峰村のBRT化受け入れ、専用道延長の方針についてこんな記事が。

「断腸の思い」JR日田彦山線のBRT案受け入れ 東峰村長、苦渋の決断

高台の駅は階段80段 専用道延伸にJR九州、懸念も 日田彦山線復旧

BRT専用道の延長に関しては県とJR九州で調整が付いているような記事も見ましたが、アーチ橋や高台の大行司駅をバスが走るのが便利と言えるのか、というのは私も以前から疑問を呈しているところ。「地元が望むなら」JRもやるのかもしれませんが、着地点はどこに…

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ