カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の313件の記事

2020年11月22日 (日)

西鉄バスの自動運転バスに体験試乗の巻

先日から朽網駅~北九州空港で行われている西鉄バスの自動運転バスの実証実験

無料体験試乗が可能ということで、ネット予約をして出かけてきました。
(11月29日までやっているので、まだ乗車機会があります)

記憶が新しいうちに、見聞きしてきたことを記録しておきます(事実と異なるところがあったら申し訳ありません)

Img_6126

午後の朽網駅へ。

Img_6129

乗車予定の自動運転バスがやってきました。

Img_6137

「自動運転バス、産総研実験車、公道実証実験中」との掲示。

到着したバスから、大人数が降りてきたのでびっくりしましたが(企業の見学が入っていたとのこと)、折り返しの便には乗られないようで、余裕をもって体験できそう。

手を消毒してから乗車します。

Img_6140

車内にはモニターが複数。左上から時計回りに紹介。

・運転席モニタ(走行中に覗き込めない、ハンドル周りの状況が見られます)
・信号や現在位置・障害物などの情報表示(運転席にも同じ表示あり)
・LiDAR(レーザー光を使った光学式レーダー)がとらえた自車周辺の状況
・自動再生の各種プロモーション(ちょうどLiDARのことが出ています)

Img_6143

出発すると、2名乗車されている運転士の1名による解説開始。

まずは今回の実証実験は自動運転レベル2で、大半の区間で自動運転が可能であるものの、ドライバーによる監視や緊急時の対応が必要ということ。具体的には、自動運転時もドライバーがハンドルに手を添える形(以下の記述はその前提で書いています、自動運転のレベルについては国交省の資料から)

信号の情報は信号機から直接無線で得ているので、「信号が変わるまでの秒数」も見越して制御していることとか、自車の前や隣接車線に他車などの障害物を認識しているという情報など。

Img_6145

今回のルートで一番大きな「空港・IC入口」交差点は、大型車の通行も多く、信号にカメラをつけてそこからの情報をバスに送るという地上側からのアシストが追加されています。カメラは丸の位置。

特に空港→朽網駅ではここを右折する必要があるので、対向の(進路を妨げない)右折待ち車の向こうで直進車がいるかいないかを判断するのがバス側のセンサーだけでは難しいとのこと。
(他にも右折はあるけど、ここ以外はT字路で対向車がない)

Img_6152

途中、「トヨタ九州苅田工場前」バス停にも自動停車。

運転士とは別の社員さんがスロープを展開して確認していました。

車椅子での利用も想定し、スロープが適切な位置に展開できるよう、数cm単位で寄せ方を調整したとか。

バス停からの出発は完全自動ではなく、運転士が後方の安全を確認したうえで再始動のスイッチを押す形。速度差が大きいときの安全確保は先ほどの右折と同じで難しいですよね。

Img_6158

北九州空港到着。

空港利用者用の横断歩道に信号がなく、ここの安全確認は現状目視に頼るほかないとのこと。

Img_6159

折り返しの30分ほど空港で過ごしましたが、残念ながら発着なし。

Img_5076_20201122115401

さて後半戦。空港から朽網駅に向かうルート。

Img_5081_20201122115401

出発前に車両を撮っていると、「床下もどうですか?」と。

矢印のところが、後で紹介する磁気センサーなのでぜひ見てくれと。

Img_5087

こんどは後方の席に座ってみました。

空港連絡橋を中心に、スムーズに走れる区間では自動運転バスとしては最高の50km/hまで加速する一方、連絡橋のランプウェイでは40km/hまで減速するようにプログラムされています。

「コンプラ的に」当然のことなのですが、「50キロとか60キロで走っちゃいますよね」と運転士さんの本音もチラリ😅

連絡橋は風が強く、ハンドルを取られることもあるが、そんな中でも安定してまっすぐ走ってくれると、大型車ドライバー目線でも信頼できるシステムだと言っておられました。

Img_5088

車内には監視カメラが複数搭載されており、自動運転で営業することを見越して、走行中に歩き回ると警告する機能あり(解説の運転士の動きに反応あり)

Img_5092

逆方向もトヨタ前のバス停に停車。

Img_5093

この先、先日から時々記事にしている高架工事中の区間に差し掛かりますが、高架の影でGPS電波が遮断されがちなこの区間では、道路に埋め込んだ磁気マーカーをなぞるように走行していきます。

ここの表示が変わったところをとらえてみました。

Img_5099_20201122115401

先ほど書いた大きな交差点での右折、ハンズマンくさみ店と国道10号線をつなぐ細くカーブした道での細かなハンドル操作、10号線は片側2車線でバンバン割り込まれるが車間を自動で調整してくれる、といった話を聞きながら朽網駅前へ。

駅前ロータリーと、北九州空港での合流は自動化されず、手動運転が義務付けられているそうです。

空港アクセスルートということで、実用化されたときに導入候補になるコース(かつ、都心ほど混んでない)が実証実験に使われているかと思っていましたが、解説を聞いていると、いろんな性格の道路や交差点といった要素が盛り込まれたルートなのだなと理解しました。

Img_5102

貴重な体験をありがとうございました。

朽網駅前バス停に、特例付きで「駐車可」の標識が立っているのが不思議でしたが、今回の自動運転バスが白ナンバーで路線バス扱いではないからでしょうね。

2020年10月22日 (木)

駐車場のスミレで育つツマグロヒョウモンの話(幼虫注意)

タイトルにも書きましたが、チョウの幼虫(イモムシ)が登場しますので苦手な方はこの先の閲覧をお控えください。

まずは9月下旬のこと。

Dsc_3090

我が家の駐車場の目地にはいつのころからかスミレが多く生えています(ほかの草は抜いて、スミレは残すという選択も入ってます)

そこにとまるツマグロヒョウモンのメスを発見しました。

Img_1875_20201022212501

ちなみに、オスはメスと比べると黒い部分が少ないです(この写真は2016年のもの)

去年くらいから、駐車場のスミレにツマグロヒョウモンの幼虫がついていることはありましたが、今年は夏前から目立っていました(7月のこの記事の頃とか)

…ここから幼虫注意です

Img_4633

上の写真は10月初め。

二匹ほど、黒い体にオレンジの帯が入り、トゲトゲの幼虫が写っています。

Img_4254

時期が違う写真ですが、アップのものを。

トゲトゲに見えますが、全く刺さったりすることはなく、毒虫のような害はありません。

Img_4262

スミレの葉を食べているところを。

こうやって、園芸種のパンジー類を食べてしまうので、ガーデニングの敵ではあります。

Img_5626
Img_5627

さらに1週間ほどして、駐車場の壁にぶら下がる蛹を発見。

車のドアが壁に当たらないように張ったモールなので、車の乗り降りに気を使うことに…

Img_4644

こっちは、2日続けて前蛹の状態から、脱皮して蛹になった直後を撮ったもの。

Img_5631

蛹もトゲトゲですが、幼虫の際のトゲはきれいに脱ぎ捨てています。

4つの蛹を見つけることができましたが、よく車にひかれずに生き残ったものと思います。

朝に羽化するのかと思って毎朝のように見ていたのですが、どうも日中に羽化したようで、気づけばすべての蛹がもぬけの殻に。もともと暖かい地方のチョウのようで、ある程度の気温の時間帯に羽化するのかもしれません。

次の機会には、羽化を狙いたいものです。

2020年10月14日 (水)

朽網駅~北九州空港間で中型自動運転バスの実証実験が開始

週末の話。

マイカーの整備の間代車をお借りしたので、いつもと違う車でプチドライブ。

Img_4655

8月初めに県道25号線を跨ぐ高架橋の架設工事を見学に行った箇所。

2か月たってあまり変わった感じはなし。

Img_4656

ここは足場が無くなったかな。

高架区間前後のアプローチ部分の工事を進めているようでした。

Img_4657_20201014213301

その足で北九州空港へ。

スターフライヤーもそれなりに便数を戻したものの、まだ欠航便が目立ちます。

この日も2機ほどお休みしてる感じ。

Img_4658

8月まで仮設のVOR/DMEが運用されていましたが、すでに撤去済み。

撤収を見に行かなきゃなと思いつつ、この状況で空港へ足が向くことが減っていました。仕方ない…

Img_4660

空港島内にある東横インは、現在もCOVID19軽症患者の受け入れ施設となっており、一般の宿泊は受けていない状態。

とはいえ、スターフライヤーが深夜早朝のフライトを減らしていますし、本来の需要はないでしょうね。

協力に感謝しております(患者受け入れについては書いていいものかと思いましたが、公式サイトに載っていることなのでここにも書きました)

Bus_automatic1

さて、表題の話に戻ります。

今年2月に小型バスを使ったプレ実証として朽網駅~北九州空港のルートで自動運転バスが試験運行されました。

Bus_automatic2

今回は10月22日から11月29日の予定で同じコースを走行します。

バスが中型車になり一回り大きくなることや、高架橋の建設でGPS受信が難しくなる区間に磁気マーカーを設置したなどの工夫もみられます。

Img_4655_crop

そういう目で最初の写真を見直してみると、信号に何やら付属物があります。

自動運転と関係ないものかもしれませんが、興味を引きますね。

体験乗車も受け付けるようです。前回のは見に行けなかったので、今回は時間がとりたいなぁ…

2020年10月 5日 (月)

COVID19で世界が混乱する年、ノーベル医学生理学賞はC型肝炎ウイルス発見の業績に

ノーベル賞各賞の受賞者が発表される、いわゆるノーベルウィークになりました。

Hcv1

日本人の受賞が毎年注目されるなか、先陣を切って発表された医学生理学賞は「C型肝炎ウイルス(HCV)の発見」に関して3氏の受賞が発表されました。

食事や水から感染するA型肝炎、血液を介して感染するB型肝炎が比較的古くから知られていたものの、ほかにも血液を介して感染する肝炎があるようだが原因が特定されていなかった「非A非B型肝炎」

厄介なのは、慢性肝炎となることが多く、肝硬変や肝細胞癌を長い間に起こしてくること。

Hcv2

3氏の詳しい業績は解説ページなどができると思うのでそちらを見ていただきたいですが(私もそれほど詳しくないので)、wikipediaにはHCVの発見は患者血液からウイルスの遺伝子断片が発見された1989年と記載されています。

注射針の使いまわしや輸血といった医療行為で広がってきた側面もあるC型肝炎(ほかには刺青、麻薬や覚醒剤の回し打ち、数は多くないようですが性交渉なども感染経路に挙げられます)

Hcv3

病原体であるHCVが発見されてからの30年で、

①注射針や注射器は使いまわさず1回使用(使い捨て)に
②献血された血液にウイルス検査を行う

というウイルス伝播を防ぐ対策が徹底され、また、不幸にしてHCVに感染した方に対しては、

③ウイルス増殖を抑える薬剤が開発され体内からウイルスを退治することが可能になった

という進歩があり、C型肝炎は撲滅に近づけることが現実的になっています。

残念ながらHCVワクチンは開発されていませんが、①②で新規感染をかなり防ぐことができるのが空気感染・飛沫感染する感染症と異なるところ。

一度に3人までに限られるのと、「オリジナル」を重視するノーベル賞の性格上、ウイルスの発見が授賞対象になっていますが、病原体の発見から感染対策・治療が確立される現在までの流れが「人類への貢献」として評価されたと言っていいと思います。

COVID19が世界中で拡がる中、同じウイルス感染症に対する業績への授賞には「感染症対策は永遠のテーマ」という強いメッセージがありますね。

HCVに対する研究の歩みを見ていると、COVID19に対する研究のスピードはかなり速く感じますが、ワクチン開発が容易でないこともHCV対策の歴史から感じられることです。制圧か、共存か、いずれにせよまだ先は長いです。

#今回の記事の図は公式ページから

2020年10月 4日 (日)

「映え」で有名になった元乃隅稲成神社と竜宮の潮吹を訪ねて

GoToキャンペーンもあり、国内旅行の動きは増えていますが、「インバウンドの観光客のいない間に行ってみよう」シリーズ。

#過去には太宰府編湯布院編とあります

今回は「インスタ映え」で観光客がどっと増えたことで知られる、山口県長門市の元乃隅稲成神社

Img_5372

前の記事の最後に写真を載せた棚田に引き続き訪問。

早めの時間ではありますが、駐車場は余裕あり。観光バス1台。

Img_5374
Img_5380

崖の上にある鳥居をくぐってまずは参拝。

Img_5386

鳥居の続く階段を下ります。

伏見稲荷など、奉納された鳥居の続く稲荷神社が国内には結構ありますが、海外では珍しいのでしょうね。

Img_5390

海や空を背景に赤い鳥居が続く光景が「映える」スポットとしてSNSで拡散され、あっという間に有名になってしまいました。

すごく渋滞すると聞き、隣県の人間としてはどっちかというと訪問を控えたくなる状況に…

Img_5418

ここまでの写真では全く伝わりませんが、この日は日差しはあるものの北東の風が強く、画面でいうと右側から潮交じりの風が吹きつける状態。

Img_5388

津黄(つお)の漁港を守る防波堤を越えるような波が立っています。

「向こうの人が立っているあたりに行くと、『竜宮の潮吹』がよく見えます」と言われ、恐る恐る行ってみます。

Img_5391

岩場の狭い穴に波が押し寄せて上に吹き抜ける現象(場所)を「潮吹」と呼ぶようです。

連続写真だとこんな感じ。

Img_5405

もちろん風が強く波が高いほうが大きく噴き上げるわけですが、真冬でない時期の風の強い日に偶然訪ねることができてよかったです。

Img_5376

最後に、上から撮った「竜宮の潮吹」を1枚。

Img_5430
Img_5434

仙崎に移動して、青海島観光船のりばに隣接した道の駅「センザキッチン」で一息ついて昼食。

「キッチン」とつけるだけあってイートイン・テイクアウトともに複数の施設が入っており、楽しめます。

2020年10月 1日 (木)

酒税改正で「第3のビール」値上げの秋

10月になりました。年度の半ばが過ぎたことになります。

1年が過ぎるのが早くなると感じるののは年齢のせいが大きいと思いますが、今年はコロナ禍で行事やイベントが減り、「何もしていないのに季節だけ過ぎる」感じがより強いです。

Img_4561_20201001171401

先日の「世界ネコ歩き」の放送がどうも新作らしい(国内ロケですが)ということで何となく見ながら作業をしていると、先住猫がやってきて遠巻きに見ているのに気づきました。

Img_4562

本編はちょうど終わってしまったので、大きなテレビのほうで録画したのを再生してあげました。

Img_4564_20201001171401

さすが「猫視聴率ナンバーワン」と言われる番組。熱心に見てます。

Img_4566

と思うとウトウト…

Img_4569
Img_4571

寝ちゃいましたね…

Img_4572

そんな我が家の玄関先には、ビール(風飲料)がドッサリ。

Zei_beer

報道も多いので皆さんご存知と思いますが、10月からビール系飲料のうちいわゆる新ジャンル(第三のビール)の税率が上がり、一方「ビール」は税率が下がることに。

最終的には6年後に「発泡酒」も含めて税率が統一されることになります(図はこちらのページから)

Fuk_wpt1

直接は関係ないのですが福岡空港近辺のウェイポイントを参考に…

ビールから麦芽を減らせば税金が安くなるということに目を付けて、サントリーが「ホップス」、続いてキリンが「淡麗生」を出したのが1990年代。

すでに私はお酒を嗜む年齢でしたので、消費者にはうれしい、いや脱法的商品だ、本物のビールに比べると今イチ、といった議論とか、アサヒは「スーパードライ」にこだわってなかなか参入しなかったこととかが記憶にあります。

メーカーの努力もあって、発泡酒よりさらに税率が低く位置付けられる「第三のビール」も定着し、中間に位置する「発泡酒」は少し目立たないのが昨今です。

財務省からすれば税金のとりっぱぐれが続いていたようなものですから、段階的とはいえ思い切ったテコ入れをするものだと思います。

税額分の価格差がなくなるので「ビール回帰」となるのか、原材料等を調整したなるべく安いビール系飲料の競争が続くのか、別の面ではクラフトビールのバリエーションは増えそうとか、6年後のビール事情はいかに?

Fuk_wpt2

福岡空港の北側にはビール系ウェイポイントが目立つのですが、南側には並べると「ソフトバンクホークス」と読めるウェイポイントもあります(本題と全く関係ない)

Zei_wine

ビール系飲料だけでなく、醸造酒の中で清酒(日本酒)と果実酒(主にワイン)の税率の違いも埋められることになっています。

こちらは商品価格に比べて値動きの幅が小さいからか(ワイン1本で7円、日本酒一升瓶で18円)、ビールほどは話題になっていませんね。

先ほどの「第三のビール」は350ml缶1本で約10円。1ケースで200円以上になりますから大きいです。とはいえ、まとめ買いした結果飲みすぎたら何の意味もないですね…

あと、改めて思うのは、含まれるアルコール(エタノール)の量を考えるとビール系飲料の税率は高いです。「ストロング系」の飲料もアルコール依存を増やすと問題になっているようですし、最終的には「酔える度合い」に応じた税額に収斂できないもんですかね?

2020年9月 7日 (月)

台風一過?の月曜日の巻

前の記事の続き。台風10号の当夜と翌朝の話を備忘録的に。

被害が予測されるという予報に対して、交通機関の予定運休や商業施設の休業の動きが定着してきたなというのが今回の感想。

Typhoon1

ほかには、新聞の配達が困難と予測されるという告知あり。

特例で「電子版を無料公開します」という対応は目新しく感じました。
(西日本新聞は紙媒体の購読者には追加負担なしで電子版を提供していますが、事前登録が必要です)

Img_4307

さて、6日は夜になって風が強くなってきました。

早めに夕食と風呂を済ませ、水を貯め、懐中電灯の位置を確認して寝ることにします。

Img_4308_20200907200401

雨戸(シャッター)があるのが1階だけなので、1階リビングに布団を敷いて雑魚寝モード。

Img_4310

この位置からシーリングファンやエアコンを眺めるのは珍しいこと…

Typhoon3

ただ、ガラスが割れるリスクは少ない部屋とは言え、風が強くなかなか寝付けませんでした。

Img_4321

寝不足ながら朝が来て、まだ風が残る庭へ。

庭木と車が無事でホッとしました。

Img_4326

停電はなく、通信ラインも無事。

Img_4328

猫はあまり風を怖がらず、どちらかというと周りの様子に興味があるよう。

私は休みというわけにもいかず、少し早めに車で出勤。

Typhoon2

北九州モノレールは、6日の夜から運休中。

Img_4329

モノレール駅の改札前通路は歩道橋の役目もあるので、改札を閉めているだけかと思ったら、階段の上り口のシャッターも閉められていました。

珍しい光景に車を停めて1枚。

Img_4332

コンビニが閉店を進めたのも今回の新しい動き。

事前の告知などが問題になりますが、従業員・お客さんやサプライの方の安全確保のために、24時間営業にこだわらず一定期間閉めるという対応は交通機関と同様必要になると思います(住民の理解も必要です)

Img_4335_20200907201601

さて、一仕事終えて夕刻。小倉駅へ寄ってみました。

Img_4336_20200907201601

モノレールと西鉄バスは昼頃運行を再開しましたが、JRが運休し、商業施設も閉じた小倉駅は閑散としていました。

Img_4337
Img_4338

全路線終日運休のJR九州は、改札を閉めるだけでなく、みどりの窓口も休業。

Img_4342_20200907201601

山陽新幹線博多~広島を運休したJR西日本は、改札につながるシャッターを閉める一方みどりの窓口は営業中。

計画運休には批判も当然あると思いますが、企業活動・商業活動を抑制することで結果的に被害や混乱の軽減につながりますから、今後も必要な時には英断をお願いします。

2020年8月26日 (水)

黒崎メイト閉館・井筒屋閉店など黒崎駅周辺の話題

8月17日、黒崎メイトで営業していた黒崎井筒屋が閉店し、それに合わせて最後まで残っていた他の店舗も閉店して黒崎メイトは閉館状態になりました。

Img_4048
Img_4049

これは閉店1週間前に撮影したもの。

Img_4050

閉店セールの最中でした。

Img_4177_20200826170301

閉店後の週末に同じ場所から。

建物最上部の井筒屋の看板や垂れ幕は撤去済み。

Img_4179
Img_4181

国道に面した側の看板は足場がかかり撤去の準備中。

今日までにさらに撤去が進んでいるものと思われます。

Img_4182

他のテナントにも営業終了のシールが。

Img_4184

井筒屋の閉店に関する告知。

Img_4185

駐車場も営業を止めてるんでしょうね。

井筒屋はイオンタウン黒崎内に井筒屋黒崎ショップを改めて出店し、黒崎地区での営業の足がかりは残しますが、駅前のペデストリアンデッキと直結した巨大な建物の今後の活用はどうなるのか気になるところです。

黒崎駅で寂しくなったもののもう一つが、貨物扱いの縮小。

濃硝酸を輸送していた大牟田貨物が5月で終了しています。

Img_4204

日本製鉄(旧新日鐵)から出荷されるレールの輸送は継続しているので、貨物用の側線がさび付いていることはありません。

Img_4210

濃硝酸の出荷の他にも、三菱ケミカルとコンテナをやり取りする列車がありましたが、それはどうなっているのか?

Img_4209

かつて入換を見送ったことがある引込線は錆が浮き、草丈も結構長いです。

コンテナ列車のほうも今春のダイヤ改正で臨時扱い(8155レ、8154レ)になっていたので、大牟田貨物と一緒に運用を止めたのかもしれませんね(こちらのほうは大牟田貨物ほど情報がない)

Img_4206_20200826171601
Img_4212

最後は黒崎駅北側の新しい駅前ロータリーと、北側から見た黒崎メイト(在りし日の姿は過去記事で)

2020年8月13日 (木)

インバウンド観光客不在の湯布院と列車の来ない由布院駅へ

週末の休みを使って、太宰府編に続いてインバウンドが減って訪ねやすくなった観光地を狙い湯布院日帰りへ。

Dsc_2772

東九州道から大分道へ。

こちら側から見る由布岳は山頂から崩れてるなぁ、たくさん砂防ダムがあるなぁと思いながら由布岳PAに入ると、治山事業の説明看板がありました。

Dsc_2771

ここにスマートICが設置されたので、今回のルートでは湯布院ICを使うより遠回りがなくなりありがたい。

Img_7591

由布岳スマートICから市街地に下りる途中で蕎麦屋に立ち寄り昼食。

Img_4029

Social distancingに腐心されているようです。

Img_7623

湯の坪街道を散策し、スイーツやおみやげ物をゲット。

Img_7619

日曜日の昼下がりでこの程度の人出。

前に来たときは往来する人の多さもさることながら、駐車場を求めてこの通りに入り込む車も多く、非常に窮屈で危険と感じました。

ほぼ観光道路なのに歩行者専用とか一方通行の対策がされておらず、駐車場も路地の奥にあったりするので、このままの状況なら正直何度も来たくないと思ったものです。

想像よりは多かったものの、このくらいの人出だとゆっくり観光できます。お店の経営的にはどうか?

Img_7600

湯布院に来たついでに、先日の豪雨災害で運転見合わせの続く久大線由布院駅へ行ってみました。

#個人的にはこっちがメインだったりして

Img_7607

辻馬車は鋭意運行中。妻が聞いたところこの日は全便満席と。

Img_7606

代行バスは駅前広場ではなく、1ブロック離れた由布院駅前バスセンター発着とのこと。

駅の窓口は開いており、きっぷ販売、代行バスの案内などされていました。

改札のところのガラス戸が閉まっており「構内へ入る場合は入場券を求めて」との看板あり。

以前から出してある看板だと思いますが、これがあるということは入場券を買えば入っていいんですか?と尋ねると「どうぞ」

Img_4042

券売機で入場券を購入してお邪魔します。課金課金w

Img_7611
Img_7614

ホームのある3線にキハ200, 220。留置線に「ゆふいんの森」が1編成。

Img_7609

あわせて14両が、扉に施錠された状態で留置されていました。

Img_7613

久留米方、大分方いずれも復旧の見通しは明らかにされていない状態で、当面このまま留置されることになりそうです(長期化となればトレーラーなどで搬出するのか?)

2020年8月11日 (火)

都市計画道路戸畑枝光線の現況を見てきた

最近、電車に乗っていてある工事が気になりました。

Img_4047

戸畑駅の西側で、鹿児島線(旅客線も貨物線も)の下をせっせと掘っている。

Tobata_edamitsu2

何回か見ているうちに、ようやくここに都市計画道路(もともとは都市高速の計画を市の事業に切り替えたもの)を通す計画があるのに思い当たりました。

Tobata_edamitsu

アンダーパスを作っているのは、戸畑と枝光をつなぐ自動車専用道の1期区間(牧山から枝光まで)の牧山出入り口と戸畑の市街地をつなぐアクセス道路ですね。

令和4年(元文書では平成34年)に1期区間が完成予定なので、あと2年はかかる予定。

見える範囲で現在の進捗を確認してきました。

Img_3986

先ほどのアンダーパス工事現場を貨物線の踏切から。

ここの進捗は鹿児島線の電車から見るほうが分かりやすそう。

Img_3978

海沿いに進んで都島展望公園。貨物線を跨ぐ歩道橋が作られています。

Img_3983

真ん中が鹿児島貨物線、左が建設中の道路。向こうには若戸大橋。

Img_3985

道路が中心になるように振ってみると、向こうのほうに出入り口と思われる分岐が見えます。

Img_3984

反対側(枝光側)を見たところ。

このあたりは道路自体の構築は終わっているように見えます。

Img_3979

山上へ続く道路から枝光方面をみたところ。

枝光出口からこちらへ延びてくる高架が見えます。

Img_3992

ちょっと移動して、枝光駅近く。

ここまではだいたい高架が繋がっています。

Img_3993

少し北側に進んだ松ヶ島港のところでは、架橋作業の真っただ中。

Img_3999

貨物線に沿って建設が進んでいることが分かるように1枚。

アンダーパスや高架の構築が進んだらまた訪ねてみましょう。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ