カテゴリー「パソコン・インターネット」の95件の記事

2020年11月17日 (火)

GoToトラベルの電子クーポンを使ってみたの巻

国内のCOVID19新規感染患者が増える傾向にあり、「第三波」がささやかれる中、だいぶ前から決まっていた大阪へ出かける予定がありました。

ギリギリまで会合のキャンセルもあるか?と中止の期待と、久しぶりに関西方面へ行く機会を得たことが失われるのは困るという想いが混ざっておりましたが結果的には予定通り。

Goto1

御存知の通りGoToトラベルキャンペーンが展開中です。普段は新幹線とホテルと別にとるのですが、セットで旅行商品にすると往復の交通費分も合わせて割引になるのでそちらをネットで手配。

割引になる前提だからか、元値は特にお得と感じない価格…

進化してるなと思ったのは、QRコードで新幹線のきっぷ部分(乗車票)を発券できること。

Img_4820

当日発券しようとしてトラブっても困るので、数日前に小倉駅へ。

Img_4827

「ひまわりプラザ」はリニューアル目的で閉館しており、新幹線改札前はさみしい状況。

Img_4823

「みどりの券売機」の「予約したきっぷの受取」から入ります。

Img_4825

右下の読み取り部分が点灯するので、先ほどの旅行会社から発行されたQRコードを読み込ませるとアッサリ完了。
(番号を手入力して発券することもできるようなので、旅行会社からのメール等をよくご確認ください)

Img_4826

とりあえず大阪行きの切符をゲット。

自動改札機も通れますが、あくまでも旅行会社から出た乗車票なので、通常の乗車券・特急券と扱いが異なります。

分かりやすいところでは、駅で変更ができないのが一番の違い(乗り遅れた際に自由席に乗車可という救済はありますが、これも旅行商品によるのかも)

「普段ならEX予約で直前まで変更できるのにな」と思いますが、🤑金に目がくらんだ結果なので制限も致し方ない…

Img_4873

さて当日。無事に出発しまして新大阪駅近くに投宿。

思ったより高層の部屋で、新幹線や宮原の車両基地が良く見えました。

上の写真は新大阪に着いた列車が折り返しのために留置線に入るところ。

本線の間の狭いスペースの屋根付き車庫は「鰻の寝床」のようです。

Img_4925
Img_4923

ちょっと早く目が覚めた朝、夜明け前の空を見て「タイムラプスしたら面白いのでは」と思い付き。

タブレットにその機能があったのでセットして二度寝😪

出来上がった作品がこちら。

「ホテルの目の前」にしか向けられなかったので、中途半端ですが…

Goto2

さて、今回の旅程では「地域共通クーポン」初体験。

電子クーポンしか発行されず、使える店が紙クーポンより少ないのが残念と言えば残念。

大阪駅や新大阪駅の駅ビルの中とか、構内の土産売り場なんかは大丈夫でしたが、お土産を駅で買われるつもりなら、最後に慌てないように到着時に使えるか確認しておかれるのを勧めます。

Goto3

旅行会社からの案内(メールとか予約確認ページとか)に、電子クーポンのサイトのリンクはあったのですが、事業者IDや予約番号は手入力せねばならず、プリントアウトかメモがあったほうが無難。

旅行当日、いくら残高があるか確認出来たところで、このページをブックマークしてホーム画面に出しておくのをお勧めします。ログアウトしなければ二度目からはID入力などせずに済みました。

Goto4

利用金額を選んで「利用する」ボタンを押すと、上の残高が減って、下に金額の入ったクーポンが表示されます。その後、クーポンをタップして、店舗のQRコードを読み込むと利用済みになります(上の画像は利用済みの状態)

一つ注意をするとすれば、金額を入れたクーポンを発行後、使用前(QRコードスキャン前)の状態から金額訂正やキャンセルをしようと思っても不可能でした。

「夕食に3000円は使うかな」と思って待ってる間に操作して、実際にその通りになったから良かったのですが、試しに全額とかはやめときましょうね。使いたいところで使えなかったり、思わぬ高額商品購入なんて羽目に…

クーポンは複数枚併用できるので、操作を試してみたかったら最低額の1000円にしておきましょう。

私が次に使う機会があるか分かりませんが、電子クーポン困るなと思った人に少しでも届けば…

店舗のほうは慣れた様子だったので、そこは心配無用かと。

2020年9月 5日 (土)

台風10号最大警戒と、北九州モノレールの「ざっくぅ号」と無観客競馬

繰り返し報じられていることではありますが、台風10号が非常に強い勢力を保った状態で九州地方に接近することが予測されています。

Dsc_2995
Dsc_2994

停電や断水に備えるためか、ホームセンターでは水やガスボンベは売り切れ。スーパーではパンやカップ麺が売り切れ。

Img_4304_20200905180601

本屋さんで、ガラス割れ対策にテープを貼っているところに遭遇したり…

Img_4265

交通機関も、西鉄が昨日(金曜日)のうちに7日(月曜日)の電車・バスの運休を決め、バスが止まるとなれば学校は休校。

今日(土曜日)には山陽新幹線(博多~広島)も終日運休と発表されました。

Img_4303_20200905180601

JR九州はこの掲示の時点では「全面運休の可能性」でしたが、午後になって九州新幹線・在来線とも7日は全線終日運休とのリリースを出しています。6日も夕刻以降運休予定。

北九州モノレールは明日(日曜日)の午後に7日の方針を出す予定。モノレールは風雨には強いですが、飛来物が危険になるようなら運休となるかもしれませんね。

Img_4266

当地では明日まで小倉競馬が開催されていますが、新型コロナの影響で無観客開催(これは台風は無関係)

明日の開催が中止されるとの報はまだありませんが、レースを行う時刻はよくてもその後の馬匹車や関係者の移動を考えるとどうか…

Img_4269

先日から北九州モノレールに新しいラッピング車両が走っているとのことで、今日は走っているかと小倉駅に見に行くと、ちょうどやってきました。

Img_4272

CATVから始まりネット事業などを手掛けるJ:COM(ジェイコム)の広告に車内も満たされています。

Img_4274

競馬場前で降りて見送り。

パドックに馬や関係者の姿が見えますから、競馬はやっている。

Img_4277_20200905181301

無観客開催なので競馬場へつながるシャッターは下りたまま。

Img_4290

レースがチラッと見えました(写真はゴール後)

Img_4291

旦過に戻り、折り返してきた編成を撮影。

Img_4298

小倉駅で折り返してきたところをもう一度。

アレ?先頭の図柄が違うけど側面の図柄が同じに見えるってことは、2両目3両目は左右でラッピングの色が違うんだ…

Img_4301_20200905181301

今回のラッピング編成にはJ:COMのマスコット「ざっくぅ」の名前が付けられています。

今はあまり表に出ないですが、CATVケーブルを使ったZAQケーブルインターネットを主力に展開していたころからのキャラクターですね。

2020年8月24日 (月)

GoToトラベルキャンペーンの事後還付オンライン申請をしてみた

本題のGoToトラベルキャンペーンの件の前に少し内容を報告。

Img_4073

鹿児島から、桜島を眺めながら指宿に移動して投宿。

Img_4087_20200824183901

砂蒸し風呂や温泉を堪能した後、海の幸などをいただきました。

Img_4092
Img_4093_20200824183901

目の前でさつま揚げを揚げてくれるのが面白かったです。

Img_4115

夕食のあと海辺を散歩していたら花火が上がったのですが、宿でもwebでもそのような行事の告知はなし。

今年各地で行われている「ゲリラ花火」だったのでしょうか?

Img_4126

翌朝は開聞岳が頭だけ見えました(時間の都合でそっちまでは行かず)

Img_4140

さて、東京が除外されるというバランスの悪さや、新型コロナ感染者数の再燃傾向もあり賛否両論のGoToトラベル事業。

予約したのはキャンペーン開始前の時期で、適用されるか特に期待せずに出かけたのですが、宿で「GoToトラベルの証明書必要ですか?」と聞かれました。

頂けるものを頂かないのもアレですので早速申請手続きを…

#今回の宿泊は宿のみ直接予約で、8月中の現在は「宿泊代金の35%相当が後日還付」されるケースに該当…するはずです

Online0

GoToトラベルで検索すると、旅行会社などのサイトに当たるかもしれませんが、ストレートに還付手続きを進めるならGoToトラベル事業の旅行者向け公式サイトへ行きましょう。

オンライン申請のリンクが下のほうにありますが、その前に必要書類の記載があります。

注意点としては、このリストは郵送(書類)での申請を前提に作ってあること(オンライン申請は後で可能になったようなので仕方ないか)

必要書類を紙で作成する前に、以下の説明や、オンライン申請のページを一読して、直接入力することと、別途文書(画像)を用意するものとを御確認ください。

Online1

オンライン申請の場合、AとDの書類に相当する部分をwebで埋めていく形になるので作成は不要。

宿泊日以外に予約日を要求されるので、予約した日の確認メールなどを探しておいてください。

B, Cは宿泊先からもらっているはずです(ダウンロードできるのは標準様式ですがたぶん必要ない)

宿泊証明書がいただけないということは対象施設(事業者)でないか、対象にならない予約方法なのだと思いますが、宿泊先に御確認ください。

E, Fは代表者(明細書や証明書に名前のある人)の口座への返金になるので、同じ名義のものを用意してください。

これら4つは、オンライン申請の場合は書類をスキャンするかデジカメ・スマホで撮影してアップロードする形。

書類の電子化の手順は省きますが、10MBまで受け付けてくれてファイルサイズには余裕がある一方、複数施設を利用した場合に1つのファイルにまとめろというのが編集に慣れてない人にはハードルが高いかも。

Kitakyugin
Kitakyugin2

個人的経験をお話しすると、通帳やキャッシュカードをスキャナにかけると何とも読みにくいものが出来上がりました(番号や名前のところは修正していますが、通帳のほうはコントラスト調整しても薄くて読みにくかったです)

突き返されても困るので、スキャンか撮影か、分かりやすいほうを用意しましょう。

Kyojyu

最後のGは、家族やグループの名前と居住地(県)を記載して提出する必要があります。東京を除外することになったから必要になったのでしょうね。

webフォームにすればいいのになぜか添付が必要です。

Online2

PDFファイルで提出が可能なので、公式サイトからEXCEL形式のフォームをダウンロードし、そこに入力したうえでPDF形式でエクスポートするとそのまま提出できます(これで分かんない人は紙に記入してスキャンでも大丈夫かと)

Img_4125

とりあえず申請は済ませましたが、ン万円、返ってくるかなぁ…

2020年8月 4日 (火)

Nintendo Switchの制限をめぐる攻防

先日の、WiFiアクセスポイントの更新と関連する話。

先月下旬、どうもWiFiの通信量が多いと気づきました。

アクセスポイントとルータの間に入っているハブの点滅が激しい。

断続的じゃないので、巨大なデータをダウンロードしているのか、何らかの故障か?と思って見ていると、どうも息子がSwitchを触っているときと一致します。確か今までパッケージ版のソフトしか買っておらず、「あつ森」も友達を招いたりしてないはず。

ネットの設定変えたりしてないか聞いてみたけどはぐらかすので、寝るのを待って調査すると、FORTNITEをダウンロードして遊んでいました。

Switch0_wifi

あぁ、新しいアクセスポイントに、2.4GHzと5GHzで共通のSSIDを設定したのを「次になにか繋ぐときはこれ使って」と家庭内で共有したのを、これ幸いとswitchに設定したな息子め(やりよる)

アプリをダウンロードするには任天堂のアカウントを作る必要がありますが、そこは妻のメールアドレスを使って勝手に作成したよう。Zoom授業に使うタブレットが妻のアカウントに紐づいており、部活の連絡を見ることなどがあって知っていたな…

前者は私がまいた種。後者もセキュリティ面で甘いことをしてしまいましたが、勝手に人のメールアドレスを使ったりアカウントを作ったことに関してはダメなことだとキッチリお仕置きも必要です。

Switch3_home

「ゲームを全くするな」とも言いにくいので、ネットにつながってしまったのを期に「みまもりSwitch」を入れて監視することに。目に余るようなら接続を遮断するという条件付きで。

本当は、子供用のアカウントを別に作って、親のアカウントから監視する形を想定しているようなのですが、親のアカウントでゲームに参加している状態でどうなるの?と思ったらとりあえず連携できました。もちろん勝手に設定されたパスワードは変更。

Switch1_mori

どんなゲームを何分くらいしたか見ることができます。

Switch1_fort

セキュリティ関連では「暗証番号の入力間違い」というメッセージが出たりするので、アカウントを突破しようとすれば即バレることでしょう。

FORTNITE、無料でプレイを始められるので、小中学生にも流行ってるみたいですね。「15歳以上対象」なのに…(内容等の是非についてはここでは言及しません)

Switch4

遊ぶ時間を曜日ごとに決められて、「土日は長めでもいいかな?」とかも可能。

Switch51

「今日は自由に遊んでいいよ!」と制限を外す機能もあります。

悪役のクッパの息子、クッパJr.が登場するのが面白いので紹介。

Switch52

設定するとマリオが走って…

Switch53

無敵のスターが表示されます(Switchの側にも出ます)

このあたりでクスッとさせるのは任天堂らしいです。

ゲームのプレイ時間、ネット対戦の是非、ときて、次は「課金」が問題になるだろうなぁ…

妻は無頓着なのかと思っていたら、「『あつ森』に熱心だったときはテレビに繋いでやってたけど、そうじゃないのと指の動きが早いから違うと思ってた」とのこと。ゲームの時間が長いとは思っていたようで、今はノリノリで監視ツールを確認しています。

ここで子供に向けたメッセージを発してもしょうがないのですが、隠してるつもりでも親にはバレますからねすぐに!

2020年8月 1日 (土)

自宅のノートパソコン更新の巻(DELL Inspiron 15 5593)

梅雨が明け、8月になりました。

とはいえ、コロナ禍で学校の夏休みは短くなり、旅行にもおいそれといけませんから、いつもの夏とはだいぶ違う感じ。職場で「納涼会で🍺ビアガーデン行くぞー」みたいなのも❌NGですしね…

さて、wifiアクセスポイントの置き換えを優先せざるを得ない状況になったので、セットアップが後回しになりましたが、自宅のPCを更新した報告を備忘録程度に。

以前のPCは6年前の購入3年目にSSD+HDDのハイブリッド構成に更新してして使っていました。

普段使いでストレスになる能力不足はないのですが、画面が小さめなのが老眼に辛くなってきたのが一つ。そして、最終的なきっかけは、娘のところとzoomミーティングをやっていて、向こうはバーチャル背景を使いこなしているのにこちらは未対応なこと(PCのスペックで線引きされるようです)

Img_3809

さて開封の儀。右側が今回購入のDELL Inspiron 15 (5593)

液晶は14インチから15インチに変更。今売られているノートパソコンは大容量SSD搭載のものが増えていますが、SSD+HDDのハイブリッドにして、なんならHDDの更新ができるようにと思ってこの機種を選択(次に買い替えるときはこういう構成も過去のものになってるかも)

Img_3815
Img_3816

Core i5がi7にアップグレード。

Img_3817

今回セットアップして、同じWindows10でありながら大きく変わっていたのは、Windows Helloへの本格対応(逆に言えば対応を求められる)。PCごとに作成するユーザーアカウントではなく、Microsoftアカウントで管理される形がデフォルトです。

OneDriveを試すときにアカウントを作ったので、そちらを使うように設定。そして指紋認証でサインインする設定を済ませました。

Img_3823_20200801162101

右隅の小さなキーが電源ボタン兼指紋リーダーになっています。

印字が全くないので、ここだけは説明書を見ないとわかりません。
(説明書にもACアダプタつないでここを押せとしか書いてない)

Img_3818

アップデートの必要数はさすがに少なめ。

Mx230_1

NVIDIA GeForce MX230搭載のやつを選んだのですが、タスクマネージャで確認するとCPU統合型GPUと併存する形となっていて、しかもブラウザを使う程度ではこっちだけが使われている…

Img_3826

NVIDIAの設定画面を見ると、負荷に応じて作業が振り分けられるようですが果たして…

何か試す方法はないかと考え、3Dグラフィックに負荷をかける目的でドラゴンクエストXベンチマークを試してみました。

最初は、前のノートパソコン。

Img_3827

同じ解像度で、新しいPCで走らせてみると、スコアが3倍近くに!

Mx230_2

ベンチマーク中はGeForce MX230にも負荷がかかっており一安心。

#3Dmarkも試してみましたが、強制的にフルスクリーンで動作するのでタスクマネージャとの相性がよろしくなかったです

Img_3829

今回のディスプレイ解像度に合わせてみても、前のPCの倍ほどのスコア。

ほとんどゲームはしませんし、本格的なゲーミングマシンにはもちろん及びませんが、能力アップは単純にうれしい。

Img_3831

環境移行に欠かせないのがクラウド(dropbox)に保存しているデータ(デジカメの画像が多め)の同期。ひと手間かかりますが、長時間ネットワークに負荷がかかるのを好都合と考え、同期中の通信速度を調査。

11g(2.4GHz)で接続すると50Mbps、11ac(5GHz)だと100Mbpsに迫る速度でダウンロードが進んでいました。向こうのサーバの能力と、途中で接続を切り替えたりシャットダウンしても同期が正常に続くクライアントアプリに感謝。

プロバイダ(bbiqの光ファイバ)との契約が100Mbpsプランなので、11ac接続時の速度がwifiの実効速度なのか、上流が律速になっているのかはわかりません。11acであればwifiがボトルネックにはならないだろうということが分かっただけでもよしとします。

こんな感じで、クラウドの同期を待って、新しいPCを主に使うようになりました。

…IrfanViewなど普段使いのツールを入れる前で、スクリーンショットを使えばいいのに画面をデジカメで撮ったものが多くなってしまいました。

2020年7月17日 (金)

我が家の庭でクマゼミの羽化が…

なかなか梅雨明けという雰囲気でなく、涼しいのはいいけど梅雨明け前にもう一雨来るだろうなという不安を感じておりますが、ぼちぼちセミの声も聞かれるようになっています。

Img_3760

そんな朝、庭に出てみると、カボスの木にお客さんが。

Img_3756
Img_3755

クマゼミなんですが、中のほうの枝にじっととまったまま。

Img_3758

羽化したばかりかと気付き、あたりを見回すと、ありました。

Img_3759

同じ枝の葉先に抜け殻を発見。

ここで羽化して、飛び立つのを待っていたのかな?

今回は抜け殻を発見しましたが、羽化に失敗して蟻がたかっているのを2つほど見ていたので、無事に羽化してるのを見てホッとしました。

…それだけの数がうちの庭木の根を吸って育ってるってことよね

Img_3753_20200717183701

追加で、新しい無線アクセスポイント(WAPS-1266)の覚え書き。

Waps_dfs

11aは最初に使われるようになった周波数帯(W52)に加えてW53, W56にも拡張されています。

多くのチャンネルから選ぶほうが干渉による効率低下は避けやすいですが、DFSというレーダー波の干渉を避ける仕組みがちと厄介です。

立ち上がりに、干渉する電波がないかウォッチする時間が1分ほどとられるので、再起動後に11aが使えるまで時間がかかるという難点あり。

これに配慮した機種もあるようなので、次に買うときは考慮。当面は近隣に11aのアクセスポイントが多く検知されなければ、DFSが作動しないW52使用で。

Waps_ssid

もう一つは、11gと11aに同じSSIDで電波を出すのがデフォルトのような設定画面。

「どっちで繋ぐか」を意識しないで済むのはいいのですが、「選べない」のも問題と言えば問題。

これも機種によっては「バンドステアリング」という仕組みで、例えば5GHzの電波が届く場合は優先的に11aで繋ぐといった設定ができるようですが、残念ながらWAPS-1266は未対応。

これも後継機を選ぶときの参考にしましょう。

あとは、一部メーカーが「メッシュWi-Fi」という主に戸建て住宅向けに中継器を使ってまんべんなく電波を届ける仕組みに力を入れています。これも興味深いのですが、法人向けアクセスポイントの安定性に慣れていると、一般家庭向けのものを買ったとき「落ちやすい」のに腹立たしくならないか、という懸念が…最近のはどうなのかな…

2020年7月13日 (月)

自宅のアクセスポイントを急遽WAPS-1266に更新の巻

週末にかけての話。

Img_3706

自宅で使っているノートPCを更新するために購入したのが届き、週末にでもセットアップしようかと思っていた矢先のこと。

ん?自宅のWi-Fiが繋がらない…

不思議なことに、私のスマホやタブレットは繋がったままで、ノートPCはダメ。

5GHz(11a)のSSIDのみ表示され、本体のランプも2.4GHz(11g)のほうは消えてます。

11a対応の機器は接続が確保され、11gだけのやつがアカンのやな…

Airstation_status

電源を入れなおしても、設定を見直しても、ハードウェアリセットしても、11gは復活しません。

回路がどんな壊れ方をしたらこういう状況になるのかは理解できませんが、使い始めて5年半になりますから、故障自体は仕方ないと割り切った気分(そろそろ世代交代と思ってたから腹を立てた?

Img_3742_20200713180201

ふふふ、こんな時のために、念のために古いアクセスポイントを残しているのさ(一番上の赤い箱)

Img_3708

と思ったら空箱かーい⁉ というズッコケも。

手元に仮復旧できる機材がないのは困ったなぁ…

Img_3743

ルータやハブは生きているので、PCは有線接続という当座の回避が可能。

困るのは、11gのみ対応のスマホ(娘と息子の)、急ぎの予定はないですがプリンタとかデジカメの転送とか…

Img_3748

うちはPoE対応アクセスポイントを壁付けしています。まずは同様のものを近所の電気店で探しましたが見当たらず。慌てて注文し、ありがたいことに翌日には到着。

在庫・価格もですが、既存のPoEインジェクタを流用できることを重視して、BUFFALO WAPS-1266をチョイス。

PoEに関しては、ワンランク上の物を選ぶと大容量の給電が可能なIEEE 802.3at(PoE Plus)が必要となるので、802.3afの給電能力で大丈夫なものを取り急ぎ…

Img_3749

壁に設置する前に、手元でPoEインジェクタに繋いで起動確認と設定を。

Img_3750

ちゃんと前と同じSSIDとパスワード(暗号化キー)にしましたからねー

誰か褒めてー😤(と猫に言っても無駄😅

Img_3751_20200713180201

ここで、役目を終えたWAPS-APG600Hを壁から降ろしてきて比較。

公式サイトでも後継機のように比較されています。

大きさがかなり小さくなったのは良いとしても、外部アンテナがないので「電波の飛び」に一抹の不安を感じます。そこはPoEの関係で妥協したところなので仕方ない。

Img_3752

とりあえず、同じ位置に設置して、Wi-Fiのクライアント側から見ると以前と同じ状態に戻りました(11ac対応になったので、接続が若干早くなる端末はあるか?)

新PCの立ち上げより、Wi-Fiというインフラの復旧を急いだ週末でした。

2020年5月17日 (日)

テレビに録画用HDDを増設した話など

新しく買ったテレビの話の続きです。

テレビが新しくなったので、できることを色々試してみました。

Dsc_2294

子供は、Nintendo Switchを繋いで大喜び。

SwitchのTV出力は1080pとのこと。

画面は大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL(スマブラ)の一場面。

Dsc_2289
Dsc_2288

一方、こっちは復刻版のファミコン(ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ)を繋いでみたところ。

こちらも昔と異なりHDMI接続で、出力は720p。

4Kパネルは3840x2160なので、ちらつきとかぼやけたりがないかと気にしたのですが、内部のアップコンバータが優秀なのか、気にならなかったですね。

古いゲームをやってみて、スマブラの舞台や、出てくるキャラ・アイテムの意味が分かったものもあるようで、「古典」に触れることの意義を感じてみたり…😅

Zoom3

他には、実家の両親のタブレットにもZoomアプリを入れてもらって、娘のところも含めて三元中継オンライン帰省を大画面でやってみました(HDMI出力が可能なノートパソコンと、iVCam接続のスマホを使用)

Img_3100_20200517135901

最後は、今のテレビには当たり前の機能ですが、主には4K番組の録画を期待して録画用HDDを導入。

PanasonicのテレビはどうもHDDを選ぶようで、ちょっと割高ですが推奨品を購入しました。

録画は番組表から選ぶのが基本になるので、既存のレコーダのほうが番組検索機能は豊富と感じましたが、慣れの問題か?

本体からだと、録画中の番組の「追いかけ再生」もできます。

HDDはひたすら静かなので、逆に不気味😓

Img_3098

録画した番組は、テレビ自体がメディアサーバになるので、他のクライアント機能を持ったテレビや対応アプリで再生可能。

Panasonic謹製のアプリをスマホやタブレットに入れて再生できますが、スクショできないように対策されており画面の紹介はできません。

上の画面は小さいほうのソニーのテレビで開いたところ。

Img_3096_20200517135901

面白いのは、「チューナ」を選ぶと放送中の番組がリアルタイムに転送されてくること。

テレビ同士だとほとんど意味がありませんが、スマホに転送してテレビのない部屋で見るのは良いかも。

テレビがONになっていると、「裏番組」的な視聴ができなくなるのは、チューナーやデコーダ/エンコーダの機能的な制限なのか、ライセンス等の問題があるのか?(裏番組録画とか、本体で2画面同時視聴はできるので不思議です)

Img_3107

BS4Kの番組を録画したものがリストに出てこないとか、上の「チューナ」にもBS4Kのチャンネルが出てこないとか、そういう制限もあります。

Img_3108

地デジの番組を録画したものは、別のテレビから問題なく再生できました。

自分が録画したい番組は、なるべくこっちを使ってみましょう。

Img_3050
Img_3049

さて、チビ猫は相変わらず箱が好きで、この間届いたこの箱はサイズが丁度いいみたいでお気に入り。

Img_3106

丸まるとピッタリ収まります。

Img_3103
Img_3028

先住猫のほうは、相変わらず箱はお好みでないようで…

2020年5月11日 (月)

「巣ごもり需要」で4K有機ELテレビを勝ち取った話

『稲葉さんが小さい』と君が言ったから四月二十日は4K記念日

どこかで聞いたことがあるようなフレーズですが、今回はここから始まった話。

外出自粛、「密」になる集会も自粛ということで、ライブ等のイベントが開かれない中、ライブやミュージックビデオの配信を強化しているアーティストの情報が我が家にも流れてきました。

Img_2897

ダイニングにある小さいほうのテレビ(24インチのSONY BRAVIA)はネット対応なので、「今はネット配信でも結構奇麗な映像だよね」とYouTubeを楽しんでおりました。

そんな中、ふと呟かれたのが冒頭の妻の台詞。

ファンであるB'zのライブ動画を見ていて「このテレビでは稲葉さんが小さくしか映らない」「60インチくらいあれば大きく見えるかな」と。

Img_2894

もう一台、リビングにあるのは、Panasonicの37インチプラズマテレビなのですが、YouTubeなどの動画配信には未対応。

Img_2900

2006年に、引っ越しを期に地デジ対応にしようと求めたものなので、移行期の証として地上アナログ放送と両対応(BS/CSはデジタルハイビジョンに移行済)

いい加減買い替えたいのだけど、明らかな故障のない局面で、普段大型テレビに興味を示さない妻の了承を得るにはそれなりのきっかけが要ります。

ここ半年の個人的な葛藤はこんな感じ。

⤴ BS 4K放送が始まったし、買うなら4Kパネルだよね
⤴ どうせなら有機ELの締まった黒のほうが好きだなぁ
 (前回プラズマにしたのも、液晶の発色がどうも不自然だったから)
⤴ 東京五輪までには買い替えたいよね
⤵ 娘の進学費用がいくらかかるか分からないから、それまではダメ
⤴ 幸いなことに、国立大に行ってくれたよ
⤵ コロナ禍で五輪延期じゃん

最終的に、

「ライブ映像を大画面で見たい」との言質を得る形で大逆転 ❗

B'zさまさまと思いながら、さっそく動きました。

Img_2901

連休前の週末に、同じPanasonicの有機ELパネルのやつを滑り込み購入。
(有機ELであることを優先して、サイズは手頃な55インチで妥協)

「巣ごもり需要」(引きこもり需要?)か、販売店の方も配達の方も、テレビは結構出てますとのこと。

Img_2903

アンテナ端子とLANのほか、HDMIとUSBが多いのが今どき。

右側面に並ぶコネクタを使う限りはカバーを閉めてスッキリ配線できるけど、背面に向くコネクタを使うようだと閉まらないと…

こういうのは買った後でないと分かりにくいですね。

Img_2902

古いHDDレコーダ(アナログ放送時代のものでほぼ休眠)は前のテレビにD端子で接続しており、この機会に廃棄が決定。

Img_2906

4K放送の受信ができてまずは満足(4K画質に対応した放送はほぼNHKだけなんですが今後に期待)

画面周りの縁が非常に細くなっており、画面幅が40cmほど広くなったのに対して、外寸は30cmほどの拡大になります。

その分、前面の端子がなくなり、メーカーロゴも申し訳程度😅

Youtube_cast

次は妻が期待するYouTube。

テレビで動画を検索することもできますが、文字入力など操作性に劣るので、スマホやタブレットからキャストできるようにしたい。

テレビ側で受け入れを許可する設定が必要でしたが、キャスト可能なテレビが2つ出てくるようになりました。

Youtube_cast1

ジャン❗❗ ネット対応アプリの起動が早いのもいいですな。

Img_2907

新しいテレビの周りで様子を伺っていたチビ猫は、動画再生が始まると逃げ出し、しばらく遠巻きにしていました。

前と違うところから突然音が出て怖かったのかな?

テレビに関しては、とりあえずここまで。

しかし、今回の話はテレビだけでは済まなくなったのでした…

2020年5月 8日 (金)

「EOS Webcam Utility Beta」を使ってデジカメをwebカメラ化してみた

先日から、webミーティング対応を迫られているわけですが、子供たちに環境を用意できた後で、面白いものが見つかりました。

Webcam_eosjpg

キヤノンが、同社の比較的最近のデジカメをwebカメラ化するユーティリティを公開しました(画像はzoomの仕様で左右が反転した画面のまま😅)

4月28日公開だそうで、iVCamを使ってスマホを繋ごうとしていたころには未公開だったわけだ(情報収集が遅れたわけじゃなくてちょっと安心)

導入を説明し初めると長くなるので、以下の記事を参考にしてください。

うちにある機材で、webカメラ化して一番使い勝手がよさそうなのが、Powershot G5X mark2。

Img_7401

上の記事に記載がないことで、面食らうかもしれないのが、EOS Webcam Utilityを入れた後でUSBを繋いだ時。

ユーティリティを入れていないときと同じで、画像をPCに取り込むモードになります。

ここで慌てずに、Zoomなどwebカメラを使うサービスを起動すると、レンズが伸びてライブビューと同じ画面がPCに転送されるようになります。ピント合わせや色温度など、カメラ側の設定によるので、好みの設定を試してみるのが良いでしょう。クリエイティブフィルターも使えます(上の記事にもヒントがあります)

Webcam_select

ここから、ノートパソコン(5年以上前に購入したDELL Inspiron 14R)内蔵のカメラも含めて実力の違いを試してみました。

Webcam_builtin

まずは、PCの液晶上部に内蔵のwebカメラ。
(Zoomを1366x768の液晶に全画面表示してキャプチャ後に縮小)

Img_7399

次は、手元のスマホから、Xperia XZ3(iVCamで接続)

Webcam_xperia

インカメラで撮影して、PC内蔵カメラと同じくらいに倍率調整。
(インカメラだからか、これだけ左右が違ってしまいました)

Img_7400

最後に今回の本命、Powershot G5X mark2。

Webcam_g5x

2:3が基本だからか、両側に黒帯が入りますね。

Webcam_builtin2
Webcam_xperia2
Webcam_g5x2

画質のほうは、画面から720x480で切り出したもので比較してください。

PC内蔵カメラは、今売られているPCだと違うのかもしれませんが、発色も解像度も下2つとは明らかに格下。スマホは頑張っていますが、文字のにじみがデジカメより目立つかも。最後のデジカメがやはり1段きれいです。

Img_7402

EOS 80Dも対応してるので繋いでみました。背景をぼかしたりすることを考えたら明るいレンズに交換できるカメラのほうが効果的ですが、さすがにこれを設置できる三脚を毎回セットするのは大変ですね。

webミーティングのとき、画質で差を付けたいという方は、こういう工夫をしてみるのも良いかもしれません。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ