« お彼岸過ぎて彼岸花を撮って回った話 | トップページ | COVID19で世界が混乱する年、ノーベル医学生理学賞はC型肝炎ウイルス発見の業績に »

2020年10月 4日 (日)

「映え」で有名になった元乃隅稲成神社と竜宮の潮吹を訪ねて

GoToキャンペーンもあり、国内旅行の動きは増えていますが、「インバウンドの観光客のいない間に行ってみよう」シリーズ。

#過去には太宰府編湯布院編とあります

今回は「インスタ映え」で観光客がどっと増えたことで知られる、山口県長門市の元乃隅稲成神社

Img_5372

前の記事の最後に写真を載せた棚田に引き続き訪問。

早めの時間ではありますが、駐車場は余裕あり。観光バス1台。

Img_5374
Img_5380

崖の上にある鳥居をくぐってまずは参拝。

Img_5386

鳥居の続く階段を下ります。

伏見稲荷など、奉納された鳥居の続く稲荷神社が国内には結構ありますが、海外では珍しいのでしょうね。

Img_5390

海や空を背景に赤い鳥居が続く光景が「映える」スポットとしてSNSで拡散され、あっという間に有名になってしまいました。

すごく渋滞すると聞き、隣県の人間としてはどっちかというと訪問を控えたくなる状況に…

Img_5418

ここまでの写真では全く伝わりませんが、この日は日差しはあるものの北東の風が強く、画面でいうと右側から潮交じりの風が吹きつける状態。

Img_5388

津黄(つお)の漁港を守る防波堤を越えるような波が立っています。

「向こうの人が立っているあたりに行くと、『竜宮の潮吹』がよく見えます」と言われ、恐る恐る行ってみます。

Img_5391

岩場の狭い穴に波が押し寄せて上に吹き抜ける現象(場所)を「潮吹」と呼ぶようです。

連続写真だとこんな感じ。

Img_5405

もちろん風が強く波が高いほうが大きく噴き上げるわけですが、真冬でない時期の風の強い日に偶然訪ねることができてよかったです。

Img_5376

最後に、上から撮った「竜宮の潮吹」を1枚。

Img_5430
Img_5434

仙崎に移動して、青海島観光船のりばに隣接した道の駅「センザキッチン」で一息ついて昼食。

「キッチン」とつけるだけあってイートイン・テイクアウトともに複数の施設が入っており、楽しめます。

« お彼岸過ぎて彼岸花を撮って回った話 | トップページ | COVID19で世界が混乱する年、ノーベル医学生理学賞はC型肝炎ウイルス発見の業績に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お彼岸過ぎて彼岸花を撮って回った話 | トップページ | COVID19で世界が混乱する年、ノーベル医学生理学賞はC型肝炎ウイルス発見の業績に »

無料ブログはココログ