« 「オリオンプラザ」の解体が進む折尾駅鷹見口など | トップページ | 折尾駅の鹿児島線はBTき電、短絡線はATき電、ってことを確認 »

2020年10月14日 (水)

朽網駅~北九州空港間で中型自動運転バスの実証実験が開始

週末の話。

マイカーの整備の間代車をお借りしたので、いつもと違う車でプチドライブ。

Img_4655

8月初めに県道25号線を跨ぐ高架橋の架設工事を見学に行った箇所。

2か月たってあまり変わった感じはなし。

Img_4656

ここは足場が無くなったかな。

高架区間前後のアプローチ部分の工事を進めているようでした。

Img_4657_20201014213301

その足で北九州空港へ。

スターフライヤーもそれなりに便数を戻したものの、まだ欠航便が目立ちます。

この日も2機ほどお休みしてる感じ。

Img_4658

8月まで仮設のVOR/DMEが運用されていましたが、すでに撤去済み。

撤収を見に行かなきゃなと思いつつ、この状況で空港へ足が向くことが減っていました。仕方ない…

Img_4660

空港島内にある東横インは、現在もCOVID19軽症患者の受け入れ施設となっており、一般の宿泊は受けていない状態。

とはいえ、スターフライヤーが深夜早朝のフライトを減らしていますし、本来の需要はないでしょうね。

協力に感謝しております(患者受け入れについては書いていいものかと思いましたが、公式サイトに載っていることなのでここにも書きました)

Bus_automatic1

さて、表題の話に戻ります。

今年2月に小型バスを使ったプレ実証として朽網駅~北九州空港のルートで自動運転バスが試験運行されました。

Bus_automatic2

今回は10月22日から11月29日の予定で同じコースを走行します。

バスが中型車になり一回り大きくなることや、高架橋の建設でGPS受信が難しくなる区間に磁気マーカーを設置したなどの工夫もみられます。

Img_4655_crop

そういう目で最初の写真を見直してみると、信号に何やら付属物があります。

自動運転と関係ないものかもしれませんが、興味を引きますね。

体験乗車も受け付けるようです。前回のは見に行けなかったので、今回は時間がとりたいなぁ…

« 「オリオンプラザ」の解体が進む折尾駅鷹見口など | トップページ | 折尾駅の鹿児島線はBTき電、短絡線はATき電、ってことを確認 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

航空・鉄道」カテゴリの記事

飛行機・空港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「オリオンプラザ」の解体が進む折尾駅鷹見口など | トップページ | 折尾駅の鹿児島線はBTき電、短絡線はATき電、ってことを確認 »

無料ブログはココログ