« 国道57号線復旧日決定と「みんなの九州きっぷ」発売延長の話題など | トップページ | 日田彦山線代行バス乗車レポート②大行司~夜明 »

2020年9月14日 (月)

日田彦山線代行バス乗車レポート①添田~筑前岩屋

前の記事の続き。「みんなの九州きっぷ」を手に日田彦山線のバス代行区間へ。

現状はあくまでも鉄道路線の代行なので、通しの乗車券とか、今回のような乗り放題きっぷが問題なく利用できますが、BRT化されると別枠になってしまう可能性もあるので今のうちに

#BRTになったらなったで専用道区間に乗りに行くのでしょうが…

Img_4344
Img_4345_20200914220101

添田駅北側の広場に、西鉄バスなどと共に代行バスの標柱があります。

Img_4346

車内に運賃箱はありますが、両替の設備はなく、基本的には駅の券売機で乗車券を買ってくださいということなのでしょう。

普段は定期券利用が多いのだと思いますが…

公式にも両替不可やお釣りは出ないことが書かれています

Img_4347

車窓を見つつ、乗車の証拠に各駅(停留所)の標柱の写真を集めてみようとを思い立ちました(走行ルート自体は知った道なので新鮮味はないです)

まずは歓遊舎ひこさん駅。同名の道の駅に入ったところに町バスと共に標柱が立っています。

ぐるっと駐車場を回って出るので、少し時間がかかる…

Img_4348

豊前桝田駅は、駅前広場に少し入って停まるのですが、駅の側に標柱なし。

BRT化のときはこっち側の広場は活用するのでしょうか?

Img_4349

彦山駅は、駅舎前に標柱がありわかりやすい。

ここからはBRT化されると専用道(トンネル)を経由することになりますが、一般道経由の現在は小石原へ向けて標高を上げていきます。

Img_4350_20200914220101

東峰村の小石原庁舎前(道の駅小石原の近く)

左側に何もないと思ったら、右側に標柱!(ピント合ってないですが)

豊前桝田も反対側にあったんだろうな…

Img_4353_20200914222001

この先は山を下っていき、宝珠山庁舎前(大行司駅に近いですが、宝珠山交差点の西側)

ここも右側に標柱(一番マークがわかりにくい向きになった…)

この2つの停留所は、代行バスが小石原経由になることで、村内の移動に便宜を図った形だと思います。彦山駅~小石原庁舎前の区間利用が1名ありました。

Img_4352

この先を左折して筑前岩屋駅へ向かいます。

Img_4355_20200914222001

車窓からアーチ橋。BRTのバスはこの上を走るのか…

Img_4357

筑前岩屋駅前の橋を渡ります。

Img_4360

駅に隣接した農協施設の前で向きを変え、駅舎前で停車。
(以前代行バスを外から撮ったのはこちら

もともと隣の駅ですが、一般道経由だと山の上を大きく迂回する必要があり、代行バスの時刻表では彦山~筑前岩屋の運行に36分とってあります。BRTにメリットがあるのはここの短縮。

一方、釈迦岳トンネル経由のBRTになると、先に上げた小石原・宝珠山庁舎への立ち寄りはできなくなります。そのあたりの折り合いも東峰村と付ける必要がありますね(元来の経路じゃないので、JRにその義理はないでしょうが…)

« 国道57号線復旧日決定と「みんなの九州きっぷ」発売延長の話題など | トップページ | 日田彦山線代行バス乗車レポート②大行司~夜明 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国道57号線復旧日決定と「みんなの九州きっぷ」発売延長の話題など | トップページ | 日田彦山線代行バス乗車レポート②大行司~夜明 »

無料ブログはココログ