« 秋分の日を前に、紫川にかかる「太陽の橋」のマカロニ星人の真の姿を狙いに行ってみた | トップページ | 長崎エリアの新線やら新駅、新車両など一回り②武雄温泉~佐世保 »

2020年9月22日 (火)

長崎エリアの新線やら新駅、新車両など一回り①小倉~武雄温泉

外出抑制を求めるメッセージが減った4連休に、渋滞や観光地は急に混雑を見せているようですね。

思い返せばゴールデンウイークは緊急事態宣言のさなかで、当地ではJR九州は特急を全面運休し、北九州モノレールが減便。「巣ごもり生活」がテレビの買い替えにもつながりました🙄

夏休みの頃は「高齢者への感染拡大を防ぐためにお盆の帰省を控えましょう」

体育の日がオリンピックの予定で7月に移動し、10月には連休がありませんから、「行楽なら今しかない」という気持ちはよく分かります。

皆さん感染対策はされていると思いますが、1-2週間後の感染者数を見守りましょう…

私も似たようなもので、需要喚起に打ち出された「みんなの九州きっぷ」を効果的に使える行路を考え、豊肥線が運転再開した阿蘇エリアと同じくらい行きたかった長崎エリアに出かけてきました。

2022年度(2023年3月?)の開業に向けて工事が進む新幹線(武雄温泉~長崎)、今春高架線に切り替わった長崎線浦上~長崎、新しいYC1系と国鉄型のキハ66・67形(以下キハ66系)の混在など、今でないとみられない光景が満載です。

#(9/24追記)武雄温泉~長崎は2022年秋フル規格で開業の方針となったようです。早まるのはいいことですが、フル規格が確定だと、当面リレー方式となることも確定するのでやや複雑な思いもあります

Img_4480

効率的な❓乗り継ぎと滞在時間の確保を練った結果、出発は早朝に。

モノレールや新幹線がひっそりしている、5時過ぎの小倉駅へ。

Img_4483

何度か早朝出発でお世話になっている「きらめき1号」に乗車。

Img_4485

さすがに空いていますが、以前の記憶と比べると朝帰りの感じの酔客が目立たないというのが一番の感想。

783系はその昔鹿児島までの特急に投入されていた頃から好きなんですが、こういう2列分をとる大きな窓は、列によって外の見え方に不公平感があったり、カーテンの開閉具合で隣にも気を使うので、今は減ってます。

Img_5042

博多で「かもめ3号」に乗り継ぎ。

Img_4486_20200922103001

先ほどの783系と異なり、885系は一列ごとに窓が独立しています。

Img_5044
Img_5045

肥前山口にで佐世保行(925M)に乗り換え。

「みどり」の始発より早く佐世保方面に向かえます。

Img_5047

ワンマン設備付きの817系。

Img_5049

途中、左側で工事をしているので前から見てみると、新しいレールが敷かれています。

Img_5051

次の高橋駅は、左側に線路が増えそうな路盤あり。

武雄温泉で新幹線に乗り換えて長崎へ向かうルートが当面使われることになりますが、現在単線の肥前山口~武雄温泉を複線化する工事のようです(全線ではなく大町~高橋とのこと)

Img_5054

高橋を過ぎると佐世保線は高架に上がり、途中から在来線高架に沿って長崎新幹線の高架が出現します。

Img_5057

武雄温泉駅へ到着。在来線ホームの南側に新幹線駅を建設中。

駅の様子は次の記事で。

« 秋分の日を前に、紫川にかかる「太陽の橋」のマカロニ星人の真の姿を狙いに行ってみた | トップページ | 長崎エリアの新線やら新駅、新車両など一回り②武雄温泉~佐世保 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋分の日を前に、紫川にかかる「太陽の橋」のマカロニ星人の真の姿を狙いに行ってみた | トップページ | 長崎エリアの新線やら新駅、新車両など一回り②武雄温泉~佐世保 »

無料ブログはココログ