« Nintendo Switchの制限をめぐる攻防 | トップページ | 北九州空港アクセス道路の高架橋の架設工事を見に »

2020年8月 7日 (金)

福岡空港新展望デッキオープンや、「ゆふいんの森」運転再開の話題など

例年ならば今週末から「お盆の帰省ラッシュ」「長い人は9連休で海外へ」といったことが話題になる時期ですが、今年は海外旅行はほぼ不可能な状況かつ帰省は控えて感染拡大防止をと呼びかけられるご時世。

全く混雑がないということはないでしょうが、高速道路の渋滞の名所が(緊急事態宣言中の)GW並みにスムーズに流れるのか、といったあたりくらいしか興味は向けられません。

Saikai_fuk_deck

そんな中、今日から福岡空港の新展望デッキがオープンし、常設のビアテラス(以前期間限定でビアガーデンが作られていた)もオープンです。

バス搭乗のラウンジの上にあたります。以前のデッキとは違う方向に展望が開けますから楽しみ。

いつ行けるかな…

Hisatsu1

7月豪雨で大きな被害を受けたJR九州ですが、JRからのリリースでは、肥薩線の被害は450ヶ所にのぼるとされています。

Hisatsu2

リリースはこちら(PDF)で見ることができますが、鉄橋の被害に加え、路盤が流出したところ、そして、道路の仮復旧のために残っている肥薩線の路盤を使っているところがあるなど、復旧までの期間や費用は日田彦山線を大きく上回ると思われます。

球磨川の治水計画とも不可分な話になるでしょうから、どういう議論になるか分かりませんね。

この先は今後の運転計画の話。

Saikai_nanatsu1

まずは「ななつ星」の運転計画。8月15日出発から再開されます。

3泊4日コースは後半で鹿児島経由で肥薩線(矢岳越えでスイッチバック体験)を通って博多に戻るルートでしたが、肥薩線に加えて代替ルートになりうる肥薩おれんじ鉄道も八代~佐敷の復旧に3ヶ月ほどかかる見通しなので、南宮崎折り返しに変更。

門司港での折り返しが毎週2回見られるのは当地には朗報なのかもしれませんが、周遊を楽しみにしていた乗客には残念ですね。おれんじ鉄道が復旧した後の運行ルートが気になります(36ぷらす3が走る予定になっていますしね)

Saikai_nanatsu2

1泊2日コースは、2日目に由布院に行っていたのを阿蘇方面へ変更。

ここは、明日8月8日に運転が再開される区間なので、JRにとっても乗客にとっても悪くない選択肢があってよかったなと…

Saikai_yufuin

同じく8日から運転が再開されるのが特急「ゆふいんの森」

1編成が由布院に取り残されており、1編成で運用が可能な2往復の運行。豊後森~由布院の代行バスと接続する形です。

光岡~日田の鉄橋流失のときは小倉・大分経由の迂回運行が行われましたが、今回は由布院の東側にも不通区間があるので同様の迂回では対応できませんね。

Saikai_isashin

もう一つ、復興支援に「出稼ぎ運行」が計画されているのが、本来肥薩線を走る「かわせみ・やませみ」と「いさぶろう・しんぺい」

併結して4両で博多~門司港を走行します。

遠出しなくてもJR九州のD&S列車を体験するチャンスですので「密」にならない程度に是非ご利用ください。

« Nintendo Switchの制限をめぐる攻防 | トップページ | 北九州空港アクセス道路の高架橋の架設工事を見に »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

飛行機・空港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Nintendo Switchの制限をめぐる攻防 | トップページ | 北九州空港アクセス道路の高架橋の架設工事を見に »

無料ブログはココログ