« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月の14件の記事

2020年8月31日 (月)

全線運転再開した豊肥線へ①まずは立野駅まで

8月8日に肥後大津~阿蘇が復旧し、震災の被害から4年ぶりに全線運転再開した豊肥線。

訪ねる機会を作ってきました。

Img_4544

九州新幹線で熊本着。いい天気です(焼けそう)

Img_4557

豊肥線に乗り換えてまずは肥後大津まで(震災後の訪問記がこことかここに)

Img_4558

宮地行が向かいに待っています。この先が今回再開した区間。

Img_4559

キハ125形の単行で、だいたい着席できるくらいでしたが席はほぼ埋まっていましたので、途中の写真はなく立野に到着。

Img_4565

肥後大津行のキハ200形と交換です。

Img_4561

肥後大津行が先に着いて待っていたので、先に出るかと思ったら、乗ってきた宮地行が先に出るようです。

立野では全列車スイッチバックするので、入線時にポイントを渡らずまっすぐ入り、出るときは渡りを通って出る進路構成。

なので、左側の出発信号に「大分」、右に「熊本」と掲げられています。

Img_4564

左のホームから出て右へ転線していく宮地行を見送り。

Img_4632
Img_4635

復旧したJRホームへは駅前広場から仮設の通路を通ってアプローチ。

Img_4636
Img_4637

JRは復旧しましたが、南阿蘇鉄道の側はまだ手付かず。

こちらは2023年の復旧を目指しているそうです。

Img_4570

駅前に「ニコニコ饅頭」の看板の出た商店があり、飲料などの補給が可能なほか、店頭には休憩用のベンチもあります。

駅にはこれといった設備がないので、待ち時間があるときはここで。

#ニコニコ饅頭が名物のようですが荷物を増やせず購入は断念

Img_4574

駅から少し斜面を上がると国道57号線に出ます。

こちらは熊本方面の眺め。

Img_4575

反対を向くとカルデラ内の阿蘇五岳の姿も見えます。

このあたりに立つと、立野が外輪山の切れ目に位置していることがよくわかります。

国道57号は片側2車線ですが、現在この先で通行止めになっており、通行量は少なめ。

Img_4629

北側の斜面に線路があるはずですが、下からは分かりにくいです。

Img_4578

その先(西側)を見ると、線路沿いの防風林、法面が白く固めてあるのが折り返すあたり、そして手前(下)に逆進する区間の線路が見えます。

次はこのあたりでスイッチバックを眺めてみます。

2020年8月26日 (水)

黒崎メイト閉館・井筒屋閉店など黒崎駅周辺の話題

8月17日、黒崎メイトで営業していた黒崎井筒屋が閉店し、それに合わせて最後まで残っていた他の店舗も閉店して黒崎メイトは閉館状態になりました。

Img_4048
Img_4049

これは閉店1週間前に撮影したもの。

Img_4050

閉店セールの最中でした。

Img_4177_20200826170301

閉店後の週末に同じ場所から。

建物最上部の井筒屋の看板や垂れ幕は撤去済み。

Img_4179
Img_4181

国道に面した側の看板は足場がかかり撤去の準備中。

今日までにさらに撤去が進んでいるものと思われます。

Img_4182

他のテナントにも営業終了のシールが。

Img_4184

井筒屋の閉店に関する告知。

Img_4185

駐車場も営業を止めてるんでしょうね。

井筒屋はイオンタウン黒崎内に井筒屋黒崎ショップを改めて出店し、黒崎地区での営業の足がかりは残しますが、駅前のペデストリアンデッキと直結した巨大な建物の今後の活用はどうなるのか気になるところです。

黒崎駅で寂しくなったもののもう一つが、貨物扱いの縮小。

濃硝酸を輸送していた大牟田貨物が5月で終了しています。

Img_4204

日本製鉄(旧新日鐵)から出荷されるレールの輸送は継続しているので、貨物用の側線がさび付いていることはありません。

Img_4210

濃硝酸の出荷の他にも、三菱ケミカルとコンテナをやり取りする列車がありましたが、それはどうなっているのか?

Img_4209

かつて入換を見送ったことがある引込線は錆が浮き、草丈も結構長いです。

コンテナ列車のほうも今春のダイヤ改正で臨時扱い(8155レ、8154レ)になっていたので、大牟田貨物と一緒に運用を止めたのかもしれませんね(こちらのほうは大牟田貨物ほど情報がない)

Img_4206_20200826171601
Img_4212

最後は黒崎駅北側の新しい駅前ロータリーと、北側から見た黒崎メイト(在りし日の姿は過去記事で)

2020年8月24日 (月)

GoToトラベルキャンペーンの事後還付オンライン申請をしてみた

本題のGoToトラベルキャンペーンの件の前に少し内容を報告。

Img_4073

鹿児島から、桜島を眺めながら指宿に移動して投宿。

Img_4087_20200824183901

砂蒸し風呂や温泉を堪能した後、海の幸などをいただきました。

Img_4092
Img_4093_20200824183901

目の前でさつま揚げを揚げてくれるのが面白かったです。

Img_4115

夕食のあと海辺を散歩していたら花火が上がったのですが、宿でもwebでもそのような行事の告知はなし。

今年各地で行われている「ゲリラ花火」だったのでしょうか?

Img_4126

翌朝は開聞岳が頭だけ見えました(時間の都合でそっちまでは行かず)

Img_4140

さて、東京が除外されるというバランスの悪さや、新型コロナ感染者数の再燃傾向もあり賛否両論のGoToトラベル事業。

予約したのはキャンペーン開始前の時期で、適用されるか特に期待せずに出かけたのですが、宿で「GoToトラベルの証明書必要ですか?」と聞かれました。

頂けるものを頂かないのもアレですので早速申請手続きを…

#今回の宿泊は宿のみ直接予約で、8月中の現在は「宿泊代金の35%相当が後日還付」されるケースに該当…するはずです

Online0

GoToトラベルで検索すると、旅行会社などのサイトに当たるかもしれませんが、ストレートに還付手続きを進めるならGoToトラベル事業の旅行者向け公式サイトへ行きましょう。

オンライン申請のリンクが下のほうにありますが、その前に必要書類の記載があります。

注意点としては、このリストは郵送(書類)での申請を前提に作ってあること(オンライン申請は後で可能になったようなので仕方ないか)

必要書類を紙で作成する前に、以下の説明や、オンライン申請のページを一読して、直接入力することと、別途文書(画像)を用意するものとを御確認ください。

Online1

オンライン申請の場合、AとDの書類に相当する部分をwebで埋めていく形になるので作成は不要。

宿泊日以外に予約日を要求されるので、予約した日の確認メールなどを探しておいてください。

B, Cは宿泊先からもらっているはずです(ダウンロードできるのは標準様式ですがたぶん必要ない)

宿泊証明書がいただけないということは対象施設(事業者)でないか、対象にならない予約方法なのだと思いますが、宿泊先に御確認ください。

E, Fは代表者(明細書や証明書に名前のある人)の口座への返金になるので、同じ名義のものを用意してください。

これら4つは、オンライン申請の場合は書類をスキャンするかデジカメ・スマホで撮影してアップロードする形。

書類の電子化の手順は省きますが、10MBまで受け付けてくれてファイルサイズには余裕がある一方、複数施設を利用した場合に1つのファイルにまとめろというのが編集に慣れてない人にはハードルが高いかも。

Kitakyugin
Kitakyugin2

個人的経験をお話しすると、通帳やキャッシュカードをスキャナにかけると何とも読みにくいものが出来上がりました(番号や名前のところは修正していますが、通帳のほうはコントラスト調整しても薄くて読みにくかったです)

突き返されても困るので、スキャンか撮影か、分かりやすいほうを用意しましょう。

Kyojyu

最後のGは、家族やグループの名前と居住地(県)を記載して提出する必要があります。東京を除外することになったから必要になったのでしょうね。

webフォームにすればいいのになぜか添付が必要です。

Online2

PDFファイルで提出が可能なので、公式サイトからEXCEL形式のフォームをダウンロードし、そこに入力したうえでPDF形式でエクスポートするとそのまま提出できます(これで分かんない人は紙に記入してスキャンでも大丈夫かと)

Img_4125

とりあえず申請は済ませましたが、ン万円、返ってくるかなぁ…

2020年8月23日 (日)

人吉駅と青井阿蘇神社の水害後の現況を訪ねて

前の記事の続き。鹿児島からの帰り道です。

Img_4138

天気に恵まれ、眺めの良いえびのPAに立ち寄り。

Img_7704

女性陣はえびの高原や山々が奇麗に見えてご満悦。

Img_7708
Img_7710

私はむしろ国道221号のループ橋や自衛隊の通信施設のほうに興味があったりして…

Img_7714

えびのから、長い加久藤トンネルを抜けると人吉。

駅までの道中で球磨川を渡りましたが、この日は流れも穏やかで、この川が氾濫したとはにわかには信じられません。

Img_7713

駅舎には入れますが、ホームは立ち入り禁止。

みどりの窓口は時間を限って営業しているようでした。

Img_7716
Img_7715

フェンスの向こうにJRとくま川鉄道の車両が停まっているのが見えます。

先日記事にした由布院駅と「列車が来ない、動かせない」点では同じですが、異なるのは、ここまで水が来て車両も被災していること。

駅に立ち入れないのも致し方ない…

Img_7711

駅前にある駅弁「やまぐち」は営業されていますが、材料の入手の関係でメニューは限られているとのこと。

Img_7718

ちょっと移動して、青井阿蘇神社へ。

駐車場は停められるようでした。

Img_7722

蓮池にかかる禊橋は欄干が崩れています。

水の流れた方向が分かりますね…

Img_7726

近くの石垣の上の塀に流れてきたものが引っかかって残っており、このあたりの浸水の深さがうかがえます。

Img_7723

拝殿で参拝は可能。

Img_7724

境内はまだまだ片付けの途中で、お守りを求めたりはできなさそうでした。

少し多めにお賽銭を…(公式サイトにも支援の窓口が書いてあります)

Img_7717

以前宿泊した人吉旅館はこの先。

川を渡るときに見えた旅館のあたりはまだまだ片付けが進んでいない様子だったので、立ち入るのは控えました。

落ち着いたところで、球磨川沿いも含めてゆっくり訪れたいものです。

2020年8月22日 (土)

市電鹿児島駅前停留場を一時休止して建替工事中の鹿児島駅へ

娘のところを訪ねて鹿児島へ。
(このご時世あまり褒められたことではないのかもしれませんが)

姉の一人暮らしを見て、下の子も大学進学後のイメージがわいたよう。

Img_4135

一泊したあと、鹿児島中央駅(アミュプラザ鹿児島)で観覧車に乗る、買い物する、という家族とちょっと分かれて単独行動。

Img_7663
Img_7669

市電に乗って、桜島桟橋通で下車。

本来もう一つ先の鹿児島駅前停留場が終点でそこで折り返すのですが、今春から1年の予定で停留所の建替工事中。

Img_7670

桜島桟橋通で乗客を降ろした電車は、その場で折り返すのでなく鹿児島駅方向へ。

Img_7673

駅前公園の噴水の横まで引き上げて折り返すようです。

清掃の方などの詰め所も公園の一角に作ってありました。

Img_7674

ここのシーサスは、4年前に訪ねた時の写真と同じっぽい。

Img_7675
Img_7682

鹿児島駅前との間はフェンスで区切られていますが、線路は残してあります(復旧するから当たり前か)

Kagoshima_stn

google mapの航空写真と照らし合わせてみると、×が既存のシーサス、□が工事中の停留場部分、そして、今は○のところの1両分のスペースで折り返しをしていますね。

Img_7683

市電より一足先に新駅舎になったJR鹿児島駅へお邪魔します。

Img_7685

駅舎内に、駅前広場などの整備予定の図が掲げてありました。

鹿児島市のサイトに整備計画が載っていますが、経緯を見ると谷山駅のように高架化も検討されたが断念したと記載あり。

Img_7687

トイレに薩摩切子が飾ってあったりします。

Img_7688

通路から、市電の新停留所の基礎工事をしているのが見えます。

Img_7697

ホームでは、構内通路と平行して作られる自由通路の橋脚工事中。

Img_7692

駅の北側では、使用されていないホームや線路が撤去され、駅前広場の整備などが行われる計画。

Img_7696

南側では、貨物駅との間のヤードが再開発され、公園になってます。

写真奥の貨物駅に気づき、「少し待てば4093レの着く時間だな…」と貨物ダイヤを見て考えましたが、肥薩おれんじ鉄道が復旧するまでの間鹿児島行の貨物は運休なのでした…残念

Img_7701

JRで鹿児島中央駅へ戻り、家族と合流。

2020年8月18日 (火)

福岡空港国内線ターミナルの新展望デッキにお邪魔してきた

8月7日にリニューアルオープンした福岡空港国内線ターミナルの展望デッキへ行ってきました。

前の記事にC-3PO JET(俗称:たくあん)の写真を載せましたが、他の部分も含め改めての紹介です。

Img_4150

小倉駅から新幹線・地下鉄を乗り継いで福岡空港へ。

Img_4149

改札を出たホールのエレベーターで4階の展望デッキに行けるようになりました。

3階のレストランエリアにも近いので、飛行機に乗る目的以外で遊びに行くにもより便利になりました(コロナ禍のさなかなのが恨めしい)

Img_4160

4階にオープンしたビアテラスSORAGAMIAIR(ソラガ・ミエール)が目玉の一つ。

Img_4153
Img_4154

デッキに行く前にチェックインカウンターや出発口を見てみましたが、例年ならUターン客の多い日というのに混雑はなし。

Img_4156

まずは3階の展望デッキ。北側を見たところ。

Img_4420

見上げると4階のデッキがありますが、左奥が先日まで暫定的に解放されていた部分だと思います。

Img_4404

ふと横を見ると、尾翼が目の前、ってのが新鮮でいいですね。

Img_4434

デッキの北側に隣接するSpot8に停まるB777。

左奥はプッシュバックしたB787。

Img_4439

B787が出発していきます。

このあたりだと、望遠だと飛行機の全体像が入りきらないので、レンズの付け替えが増えて忙しくなりそうです(あるいはカメラ2台持ちのほうが捗るか)

Img_4447

海風が吹く夏の昼間らしく、北側への離陸。

見晴らしがいい一方、日差しも強いので、このあたりで一度室内に入り休憩。

Img_4477

後半は4階デッキへ。一角に半開放のSORAGAMIAIRがあります。

大画面に空港のライブ映像を流す、と記事で見たのですが、この日はホークス戦の中継を流してました。

Img_4493

A350が出発。

Img_4504

北側へ離陸するところや、ターミナルより南側に駐機する小型機の動きなどは、4階からのほうが見やすそうです。

Img_4517

最後に、見ている間に唯一降りてきた国際便がこのフィリピン航空。

このご時世で、発着が1便もない日もあるようなので、貴重です。
(他の写真に写っている国際線ターミナル、全く飛行機がおりません)

2020年8月16日 (日)

小倉駅ホームの「ラーメン屋の向こう」に停まると案内される肥薩線応援特急の話題他

以前の記事でも紹介した、肥薩線から疎開した車両で走らせる臨時特急。

Img_4162

下りの「かわせみやませみいさぶろう91号」の小倉駅の発着案内で「ラーメン屋」が停車位置の基準になっているとごく一部で話題になっています。

そのあたりを確認に出かけました。

まずは上りの「かわせみやませみしんぺい92号」の発着案内。

ホームに「うどん屋」のある8番のりば。

Img_4393

ほかの4両編成の電車と同じ位置に停まるので、先頭がうどん屋近くになります。

小倉駅到着を確認した後、いったん福岡空港へ移動。

Img_4414

もちろん、リニューアルオープンした展望デッキが目的。

着いてみると、トーイング中のC-3PO JET (JA743A)が目に入りました。

Img_4427
Img_4429
Img_4430

デッキの目の前でターン。すごく近いです。

標準~むしろ広角のレンズでないとB777のような大型機は切れてしまいますね。

Img_4472

デッキの南側に隣接するSpot9へ。

以前は見通せなかった方向です。

Img_4482

先ほどは3階から撮っていましたが、食事がてら休憩した後、4階から見たのがこちら。

少し見下ろす位置になります。

Img_4486
Img_4496

プッシュバックすると、デッキの3階部分の目の前に。

Img_4522

北側に向け離陸していきました。

ちょっとイレギュラーなトーイングから離陸まで見ることができて満足しつつ、あまりの暑さに長時間の滞在は避けて撤収。

#福岡空港のほかの写真は別に記事にします

門司港からの折り返しの時刻に合わせて小倉駅に戻ってきました。

「ラーメン屋より門司側」との案内もバッチリ収録。

Img_4169

この「DC<4>」の停車目標を使うようですね。

ホームの門司側と聞いて、日田彦山線のように、かさ上げされていない部分を使うのかと思ったのですがさにあらず。5番のりばは門司側も電車に合わせた高さになっています。

Img_4524

門司側から「かわせみやませみいさぶろう91号」が進入。

Img_4534

小倉で10分ほど停まるので、隣接ホームから件のラーメン屋も入れて撮影。

ホーム高さが理由じゃないとすれば、長時間停車中「撮影タイム」になることを見越して、定期列車と異なる位置に停めるという配慮か?

2020年8月13日 (木)

インバウンド観光客不在の湯布院と列車の来ない由布院駅へ

週末の休みを使って、太宰府編に続いてインバウンドが減って訪ねやすくなった観光地を狙い湯布院日帰りへ。

Dsc_2772

東九州道から大分道へ。

こちら側から見る由布岳は山頂から崩れてるなぁ、たくさん砂防ダムがあるなぁと思いながら由布岳PAに入ると、治山事業の説明看板がありました。

Dsc_2771

ここにスマートICが設置されたので、今回のルートでは湯布院ICを使うより遠回りがなくなりありがたい。

Img_7591

由布岳スマートICから市街地に下りる途中で蕎麦屋に立ち寄り昼食。

Img_4029

Social distancingに腐心されているようです。

Img_7623

湯の坪街道を散策し、スイーツやおみやげ物をゲット。

Img_7619

日曜日の昼下がりでこの程度の人出。

前に来たときは往来する人の多さもさることながら、駐車場を求めてこの通りに入り込む車も多く、非常に窮屈で危険と感じました。

ほぼ観光道路なのに歩行者専用とか一方通行の対策がされておらず、駐車場も路地の奥にあったりするので、このままの状況なら正直何度も来たくないと思ったものです。

想像よりは多かったものの、このくらいの人出だとゆっくり観光できます。お店の経営的にはどうか?

Img_7600

湯布院に来たついでに、先日の豪雨災害で運転見合わせの続く久大線由布院駅へ行ってみました。

#個人的にはこっちがメインだったりして

Img_7607

辻馬車は鋭意運行中。妻が聞いたところこの日は全便満席と。

Img_7606

代行バスは駅前広場ではなく、1ブロック離れた由布院駅前バスセンター発着とのこと。

駅の窓口は開いており、きっぷ販売、代行バスの案内などされていました。

改札のところのガラス戸が閉まっており「構内へ入る場合は入場券を求めて」との看板あり。

以前から出してある看板だと思いますが、これがあるということは入場券を買えば入っていいんですか?と尋ねると「どうぞ」

Img_4042

券売機で入場券を購入してお邪魔します。課金課金w

Img_7611
Img_7614

ホームのある3線にキハ200, 220。留置線に「ゆふいんの森」が1編成。

Img_7609

あわせて14両が、扉に施錠された状態で留置されていました。

Img_7613

久留米方、大分方いずれも復旧の見通しは明らかにされていない状態で、当面このまま留置されることになりそうです(長期化となればトレーラーなどで搬出するのか?)

2020年8月11日 (火)

都市計画道路戸畑枝光線の現況を見てきた

最近、電車に乗っていてある工事が気になりました。

Img_4047

戸畑駅の西側で、鹿児島線(旅客線も貨物線も)の下をせっせと掘っている。

Tobata_edamitsu2

何回か見ているうちに、ようやくここに都市計画道路(もともとは都市高速の計画を市の事業に切り替えたもの)を通す計画があるのに思い当たりました。

Tobata_edamitsu

アンダーパスを作っているのは、戸畑と枝光をつなぐ自動車専用道の1期区間(牧山から枝光まで)の牧山出入り口と戸畑の市街地をつなぐアクセス道路ですね。

令和4年(元文書では平成34年)に1期区間が完成予定なので、あと2年はかかる予定。

見える範囲で現在の進捗を確認してきました。

Img_3986

先ほどのアンダーパス工事現場を貨物線の踏切から。

ここの進捗は鹿児島線の電車から見るほうが分かりやすそう。

Img_3978

海沿いに進んで都島展望公園。貨物線を跨ぐ歩道橋が作られています。

Img_3983

真ん中が鹿児島貨物線、左が建設中の道路。向こうには若戸大橋。

Img_3985

道路が中心になるように振ってみると、向こうのほうに出入り口と思われる分岐が見えます。

Img_3984

反対側(枝光側)を見たところ。

このあたりは道路自体の構築は終わっているように見えます。

Img_3979

山上へ続く道路から枝光方面をみたところ。

枝光出口からこちらへ延びてくる高架が見えます。

Img_3992

ちょっと移動して、枝光駅近く。

ここまではだいたい高架が繋がっています。

Img_3993

少し北側に進んだ松ヶ島港のところでは、架橋作業の真っただ中。

Img_3999

貨物線に沿って建設が進んでいることが分かるように1枚。

アンダーパスや高架の構築が進んだらまた訪ねてみましょう。

2020年8月10日 (月)

かわせみやませみいさぶろうしんぺい、とか、北九州モノレールのJRA編成リニューアルとか

連休最終日。ちょっと遠出はしにくく、近場で。

Img_7627

昼前の小倉駅。

肥薩線を走っていた観光列車を博多~門司港で走らせる復興支援臨時特急の時刻が表示されています。

「かわせみやませみ」は往復とも同じ列車名ですが(カワセミ車両とヤマセミ車両1両ずつの組み合わせ)、もう一方は同じ編成で吉松行が「いさぶろう」人吉行が「しんぺい」を名乗っているので、同様に上り下りで名前を変えてあります。

門司港行が上りなので「かわせみやませみしんぺい92号」

Img_7636 
Img_7639

まずは門司駅で門司港行を撮影。

折しも降り始めた雨粒が写ってる…

Img_7642
Img_7643

次の電車で門司港へ着いたのですが、すでに隣接する車両基地へ入換されたあと。

門司港のホームに合う列車と思うのですが、それを見ようと思えば前の電車で着いて待ち構えるようにしないとですね。

Img_7647
Img_7649

後半戦は折尾駅。

待避のために中線(4番のりば)に停まるので狙ってみたのですが、ホームや屋根が写り込んで側面の色がきれいに出なかったですね…

Img_7648

2つの編成の連結部分。

Img_7651

「かしわめし」の立ち売りも。

Img_7655

ソニックに先を譲るので、青い特急の並びが撮れます。

Img_7660

博多へ向けて出発していきました。

Img_4062_20200810210801

最後に少しだけ、北九州モノレールの新しいラッピング編成を紹介。

8月15日からの当地での競馬開催を前に、JRAラッピングがリニューアルされました。

Img_4066_20200810210801

前の白とピンクを基調としたものから、黄色ベースになりました。

CMに登場する6名をちりばめたデザインという点では以前と似たり寄ったりですね。

Img_4068

今回の小倉開催はCOVID19の影響で無観客でのレース。

そのためラッピングの更新も行われないのではないかと気をもんでいましたが、そこはさすがJRA。地元企業への出稿は減らしませんね。

2020年8月 9日 (日)

北九州空港アクセス道路の高架橋の架設工事を見に

以前の記事の後の進捗についての話です。

建設中の県道245号線新北九州空港線の高架が県道25号線をまたぐ部分の橋桁の架設工事がありました。

Img_3958

大詰めの工事の数日前に現地を訪問。

Img_3972

現場の「空港・IC入口」交差点や周囲の掲示板に通行止め情報が出ていました。

Img_3969

交差点南西角に、今回架設予定の橋桁が置いてあります。

Img_3965

お、すでに下に移動用の台車が入っていますね。

多軸式特殊台車と記事や行政のリリースには書かれるもの。「山九」のロゴがあるので調べてみると、同社のサイトでは「ユニットドーリ」という名前が記されています。

Img_4373

さて当日。道路の通行止のあと、仮設の信号機が除去され、歩道と車道の間の段差をならす鉄板が敷かれたりしてから移動開始。

Img_4378

まずは前進。

Img_4379

台車の車輪が一斉に横を向いて、進行方向を切り替え。

周りの観客から「車輪を見たら動いてるのわかる」という声が聞こえてきたので、車輪メインで動画撮影。

…ゆっくり過ぎてこれでもわかりにくい😅

Img_4383

設置する高架に寄り添う位置まで来ました。

次は横向きから前向きへの方向転換(人で一部隠れますが、車輪の向きが変わるのがわかるでしょう)

再度前進。近づいたこともあってすこし動きが分かりやすい。

Img_4385

このあと、ジャッキアップしてから横に台車を移動させ、橋桁を下ろして設置完了という段取り。

1cm以内の精度が求められるとアナウンスがあり、そこの微調整のために時間がとってあるとのこと。

Img_4390

翌日の予定もあり、ここで撤収としました。

結構な人出で、ちょっとした夏祭りのようでした。

Img_4019

本日再訪して、県道25号線をまたぐ橋が増えていることを確認。

ユニットドーリは元の場所に戻り、撤収を待っています。

Img_4022

南側からもう1枚。

今回の工事で、「橋」の部分の工事は山場を越え、構造部分の残りはアプローチ部分の擁壁や盛土程度に。

年度末には開通するでしょうか?

2020年8月 7日 (金)

福岡空港新展望デッキオープンや、「ゆふいんの森」運転再開の話題など

例年ならば今週末から「お盆の帰省ラッシュ」「長い人は9連休で海外へ」といったことが話題になる時期ですが、今年は海外旅行はほぼ不可能な状況かつ帰省は控えて感染拡大防止をと呼びかけられるご時世。

全く混雑がないということはないでしょうが、高速道路の渋滞の名所が(緊急事態宣言中の)GW並みにスムーズに流れるのか、といったあたりくらいしか興味は向けられません。

Saikai_fuk_deck

そんな中、今日から福岡空港の新展望デッキがオープンし、常設のビアテラス(以前期間限定でビアガーデンが作られていた)もオープンです。

バス搭乗のラウンジの上にあたります。以前のデッキとは違う方向に展望が開けますから楽しみ。

いつ行けるかな…

Hisatsu1

7月豪雨で大きな被害を受けたJR九州ですが、JRからのリリースでは、肥薩線の被害は450ヶ所にのぼるとされています。

Hisatsu2

リリースはこちら(PDF)で見ることができますが、鉄橋の被害に加え、路盤が流出したところ、そして、道路の仮復旧のために残っている肥薩線の路盤を使っているところがあるなど、復旧までの期間や費用は日田彦山線を大きく上回ると思われます。

球磨川の治水計画とも不可分な話になるでしょうから、どういう議論になるか分かりませんね。

この先は今後の運転計画の話。

Saikai_nanatsu1

まずは「ななつ星」の運転計画。8月15日出発から再開されます。

3泊4日コースは後半で鹿児島経由で肥薩線(矢岳越えでスイッチバック体験)を通って博多に戻るルートでしたが、肥薩線に加えて代替ルートになりうる肥薩おれんじ鉄道も八代~佐敷の復旧に3ヶ月ほどかかる見通しなので、南宮崎折り返しに変更。

門司港での折り返しが毎週2回見られるのは当地には朗報なのかもしれませんが、周遊を楽しみにしていた乗客には残念ですね。おれんじ鉄道が復旧した後の運行ルートが気になります(36ぷらす3が走る予定になっていますしね)

Saikai_nanatsu2

1泊2日コースは、2日目に由布院に行っていたのを阿蘇方面へ変更。

ここは、明日8月8日に運転が再開される区間なので、JRにとっても乗客にとっても悪くない選択肢があってよかったなと…

Saikai_yufuin

同じく8日から運転が再開されるのが特急「ゆふいんの森」

1編成が由布院に取り残されており、1編成で運用が可能な2往復の運行。豊後森~由布院の代行バスと接続する形です。

光岡~日田の鉄橋流失のときは小倉・大分経由の迂回運行が行われましたが、今回は由布院の東側にも不通区間があるので同様の迂回では対応できませんね。

Saikai_isashin

もう一つ、復興支援に「出稼ぎ運行」が計画されているのが、本来肥薩線を走る「かわせみ・やませみ」と「いさぶろう・しんぺい」

併結して4両で博多~門司港を走行します。

遠出しなくてもJR九州のD&S列車を体験するチャンスですので「密」にならない程度に是非ご利用ください。

2020年8月 4日 (火)

Nintendo Switchの制限をめぐる攻防

先日の、WiFiアクセスポイントの更新と関連する話。

先月下旬、どうもWiFiの通信量が多いと気づきました。

アクセスポイントとルータの間に入っているハブの点滅が激しい。

断続的じゃないので、巨大なデータをダウンロードしているのか、何らかの故障か?と思って見ていると、どうも息子がSwitchを触っているときと一致します。確か今までパッケージ版のソフトしか買っておらず、「あつ森」も友達を招いたりしてないはず。

ネットの設定変えたりしてないか聞いてみたけどはぐらかすので、寝るのを待って調査すると、FORTNITEをダウンロードして遊んでいました。

Switch0_wifi

あぁ、新しいアクセスポイントに、2.4GHzと5GHzで共通のSSIDを設定したのを「次になにか繋ぐときはこれ使って」と家庭内で共有したのを、これ幸いとswitchに設定したな息子め(やりよる)

アプリをダウンロードするには任天堂のアカウントを作る必要がありますが、そこは妻のメールアドレスを使って勝手に作成したよう。Zoom授業に使うタブレットが妻のアカウントに紐づいており、部活の連絡を見ることなどがあって知っていたな…

前者は私がまいた種。後者もセキュリティ面で甘いことをしてしまいましたが、勝手に人のメールアドレスを使ったりアカウントを作ったことに関してはダメなことだとキッチリお仕置きも必要です。

Switch3_home

「ゲームを全くするな」とも言いにくいので、ネットにつながってしまったのを期に「みまもりSwitch」を入れて監視することに。目に余るようなら接続を遮断するという条件付きで。

本当は、子供用のアカウントを別に作って、親のアカウントから監視する形を想定しているようなのですが、親のアカウントでゲームに参加している状態でどうなるの?と思ったらとりあえず連携できました。もちろん勝手に設定されたパスワードは変更。

Switch1_mori

どんなゲームを何分くらいしたか見ることができます。

Switch1_fort

セキュリティ関連では「暗証番号の入力間違い」というメッセージが出たりするので、アカウントを突破しようとすれば即バレることでしょう。

FORTNITE、無料でプレイを始められるので、小中学生にも流行ってるみたいですね。「15歳以上対象」なのに…(内容等の是非についてはここでは言及しません)

Switch4

遊ぶ時間を曜日ごとに決められて、「土日は長めでもいいかな?」とかも可能。

Switch51

「今日は自由に遊んでいいよ!」と制限を外す機能もあります。

悪役のクッパの息子、クッパJr.が登場するのが面白いので紹介。

Switch52

設定するとマリオが走って…

Switch53

無敵のスターが表示されます(Switchの側にも出ます)

このあたりでクスッとさせるのは任天堂らしいです。

ゲームのプレイ時間、ネット対戦の是非、ときて、次は「課金」が問題になるだろうなぁ…

妻は無頓着なのかと思っていたら、「『あつ森』に熱心だったときはテレビに繋いでやってたけど、そうじゃないのと指の動きが早いから違うと思ってた」とのこと。ゲームの時間が長いとは思っていたようで、今はノリノリで監視ツールを確認しています。

ここで子供に向けたメッセージを発してもしょうがないのですが、隠してるつもりでも親にはバレますからねすぐに!

2020年8月 1日 (土)

自宅のノートパソコン更新の巻(DELL Inspiron 15 5593)

梅雨が明け、8月になりました。

とはいえ、コロナ禍で学校の夏休みは短くなり、旅行にもおいそれといけませんから、いつもの夏とはだいぶ違う感じ。職場で「納涼会で🍺ビアガーデン行くぞー」みたいなのも❌NGですしね…

さて、wifiアクセスポイントの置き換えを優先せざるを得ない状況になったので、セットアップが後回しになりましたが、自宅のPCを更新した報告を備忘録程度に。

以前のPCは6年前の購入3年目にSSD+HDDのハイブリッド構成に更新してして使っていました。

普段使いでストレスになる能力不足はないのですが、画面が小さめなのが老眼に辛くなってきたのが一つ。そして、最終的なきっかけは、娘のところとzoomミーティングをやっていて、向こうはバーチャル背景を使いこなしているのにこちらは未対応なこと(PCのスペックで線引きされるようです)

Img_3809

さて開封の儀。右側が今回購入のDELL Inspiron 15 (5593)

液晶は14インチから15インチに変更。今売られているノートパソコンは大容量SSD搭載のものが増えていますが、SSD+HDDのハイブリッドにして、なんならHDDの更新ができるようにと思ってこの機種を選択(次に買い替えるときはこういう構成も過去のものになってるかも)

Img_3815
Img_3816

Core i5がi7にアップグレード。

Img_3817

今回セットアップして、同じWindows10でありながら大きく変わっていたのは、Windows Helloへの本格対応(逆に言えば対応を求められる)。PCごとに作成するユーザーアカウントではなく、Microsoftアカウントで管理される形がデフォルトです。

OneDriveを試すときにアカウントを作ったので、そちらを使うように設定。そして指紋認証でサインインする設定を済ませました。

Img_3823_20200801162101

右隅の小さなキーが電源ボタン兼指紋リーダーになっています。

印字が全くないので、ここだけは説明書を見ないとわかりません。
(説明書にもACアダプタつないでここを押せとしか書いてない)

Img_3818

アップデートの必要数はさすがに少なめ。

Mx230_1

NVIDIA GeForce MX230搭載のやつを選んだのですが、タスクマネージャで確認するとCPU統合型GPUと併存する形となっていて、しかもブラウザを使う程度ではこっちだけが使われている…

Img_3826

NVIDIAの設定画面を見ると、負荷に応じて作業が振り分けられるようですが果たして…

何か試す方法はないかと考え、3Dグラフィックに負荷をかける目的でドラゴンクエストXベンチマークを試してみました。

最初は、前のノートパソコン。

Img_3827

同じ解像度で、新しいPCで走らせてみると、スコアが3倍近くに!

Mx230_2

ベンチマーク中はGeForce MX230にも負荷がかかっており一安心。

#3Dmarkも試してみましたが、強制的にフルスクリーンで動作するのでタスクマネージャとの相性がよろしくなかったです

Img_3829

今回のディスプレイ解像度に合わせてみても、前のPCの倍ほどのスコア。

ほとんどゲームはしませんし、本格的なゲーミングマシンにはもちろん及びませんが、能力アップは単純にうれしい。

Img_3831

環境移行に欠かせないのがクラウド(dropbox)に保存しているデータ(デジカメの画像が多め)の同期。ひと手間かかりますが、長時間ネットワークに負荷がかかるのを好都合と考え、同期中の通信速度を調査。

11g(2.4GHz)で接続すると50Mbps、11ac(5GHz)だと100Mbpsに迫る速度でダウンロードが進んでいました。向こうのサーバの能力と、途中で接続を切り替えたりシャットダウンしても同期が正常に続くクライアントアプリに感謝。

プロバイダ(bbiqの光ファイバ)との契約が100Mbpsプランなので、11ac接続時の速度がwifiの実効速度なのか、上流が律速になっているのかはわかりません。11acであればwifiがボトルネックにはならないだろうということが分かっただけでもよしとします。

こんな感じで、クラウドの同期を待って、新しいPCを主に使うようになりました。

…IrfanViewなど普段使いのツールを入れる前で、スクリーンショットを使えばいいのに画面をデジカメで撮ったものが多くなってしまいました。

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

無料ブログはココログ