« 日田彦山線BRT化工事が始まる前の沿線を訪ねて①日田~大鶴 | トップページ | 日田彦山線BRT化工事が始まる前の沿線を訪ねて③彦山~添田 »

2020年7月25日 (土)

日田彦山線BRT化工事が始まる前の沿線を訪ねて②宝珠山~筑前岩屋

前の記事の続き。

鉄路での復旧にこだわった福岡県東峰村内にあたる宝珠山から筑前岩屋まで。

引き続き、図などはJR九州が公開する日田彦山線復旧会議の資料から。

Img_4353

宝珠山駅構内は、夏を前に草が刈られ、きれいに保たれていました。

4_housyuyama

JRの資料は彦山~筑前岩屋をバス専用道で整備する自社案に基づいており、国道211号から駅に乗り入れる形で描かれています。

駅前広場ではなく、旧ホーム側に乗降場を整備するかたち。

Img_4355

駅前の橋(上図の矢印)が架け替え後の位置(写真左側の基礎)に描かれているのが興味深いです。

宝珠山は代行バスが国道沿いに停まっているのですが、西鉄バスが駅前広場に入る(右の丸がバス停)のを考えると乗り入れないのが不思議ではあります。橋の架け替えを待っている?

4_housyuyama2

既報の通り、バス専用道は宝珠山駅まで伸びることになりました。

構内や駅前広場の広さは十分にあるので、この変更への対応は難しくないでしょう(JR案が駅前広場への停留所設置でないのも、専用道延伸の流れを踏まえた?)

Img_4119

駅北側にある流失した福井橋梁(写真は以前の撮影)の復旧を県の負担で行うことも明記されたので、バス専用道が宝珠山駅まで繋がることも確定的。

道路橋なら県の事業にしやすいのかもしれませんが、その代わりに一般道として整備されるかもしれせんね(とはいえ需要は限定的ですが)

Img_4358

バス専用道延伸となると大行司駅の扱いが一番難しいと思うのですが、JR案では一般道を通る想定のところですから今回の資料には言及なし。

上にある線路やホームと同じところにバス停を設けるのが一番コストはかかりませんが、バリアフリーの点では大いに問題が残ります。

ま、それで駅の位置としては現状復旧ですから、付随した工事をするなら県や村で何とかして、とJRは言うのかも…

Img_4365

今回の最後は筑前岩屋駅。

3_iwaya
Img_4359

筑前岩屋で一般道に出る方法なら資料図のようにここに出すでしょうね。
(合意文書にある平迫橋梁はここと釈迦岳トンネルの間です)

Img_4361

で、昨年秋に復旧した駅前の橋を通って県道へもスムーズ。

3_iwaya1

JR案と今回の合意をすり合わせる上で問題になるのは、ここに一般道と出入りする設備を設けるか否か(全便大行司駅経由なら無用の話ですが…)

Img_4365

青線のように一般道経由と、宝珠山まで続く専用道経由が便によって選べるという仕組みも考えられますが、専用道と一般道の間のチェックイン・チェックアウト機構など設備面での負担は増えます。

いやいや、緑線のようにバスが走るとしても、駅ごとに閉塞(のようなもの)を設けると仮定すると必要になるから一緒か…

本記事で取り上げた区間を中心に、地元との調整が必要な個所は残りますが、BRT化に必須といえる釈迦岳トンネルを含む区間から工事の動きがあると思いますので今後も目が離せません。

« 日田彦山線BRT化工事が始まる前の沿線を訪ねて①日田~大鶴 | トップページ | 日田彦山線BRT化工事が始まる前の沿線を訪ねて③彦山~添田 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日田彦山線BRT化工事が始まる前の沿線を訪ねて①日田~大鶴 | トップページ | 日田彦山線BRT化工事が始まる前の沿線を訪ねて③彦山~添田 »

無料ブログはココログ