« 日田彦山線BRT化工事が始まる前の沿線を訪ねて②宝珠山~筑前岩屋 | トップページ | 自宅のノートパソコン更新の巻(DELL Inspiron 15 5593) »

2020年7月26日 (日)

日田彦山線BRT化工事が始まる前の沿線を訪ねて③彦山~添田

ここから先はこの間のバイパス開通の日爆発踏切とともに訪ねた記録です。

福岡県添田町に属する区間です。

Img_4299

まずは彦山駅。

2_hikosan

復旧会議の資料では、旧ホーム側に乗降設備を作り、一般道とバス専用道を接続する計画。

この図だと、駅舎の北側の一段低いところを削ってバスを通すよう。

Img_4301

添田町バスも同じ乗降場を使う計画のようです。

添田駅~彦山駅はほぼ同じルートを通ることになるので、まとめたほうが乗客にとってもメリットがありそう(バス化で復旧とするわけですから、運賃等のすり合わせも検討されるか?)

Img_4303

ここから釈迦岳トンネルに向けてバス専用道が整備されますが、以前「BRT専用道の入り口になるかも」と書いた深倉踏切あたりに停留所を作ることを添田町が要望しています(下記の要望書)

深倉踏切より山側に入った集落の利便を考えてのことのよう。

1_soeda2

添田までの途中にある豊前桝田、歓遊舎ひこさんの両駅は県道52号線沿いにあり、停留所の設定に関して特別な提案はされていませんが、歓遊舎ひこさん付近は渋滞することがあるとバイパス建設の要望が出ています。

旧線路+隣接地の買収でバイパス建設につながるのならそれもあり?

Img_4304

最後は、鉄路の終点となることが決まった添田駅。

Img_4308

ここは添田線があったころの配置が残っており、駅舎と日田彦山線ホームが離れた残念な状態が続いています。

Img_4312

現在の代行バスは、駅舎のさらに北側の広場に発着するので、このままの位置関係でBRT化すると非常に不便。

1_soeda

JRからの提案はこうなっています。

Img_4314
Img_4316

現在の日田彦山線ホーム1面2線の片側を鉄道用、もう一方をバス用にして、これを機会に駅機能もこちらに移す計画。

現駅舎(図中では旧駅舎)との間に駅前広場を作るようで、添田駅自体のアクセス改善にもなりますが、現駅舎に寄せて乗り換えホームを作るといった方向には金をかけないという意思も感じました。

彦山駅には書いてあった、町バスとターミナルを共用する案はここには書いてないですね。

BRT化工事が始まれば適宜レポートします。

« 日田彦山線BRT化工事が始まる前の沿線を訪ねて②宝珠山~筑前岩屋 | トップページ | 自宅のノートパソコン更新の巻(DELL Inspiron 15 5593) »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日田彦山線BRT化工事が始まる前の沿線を訪ねて②宝珠山~筑前岩屋 | トップページ | 自宅のノートパソコン更新の巻(DELL Inspiron 15 5593) »

無料ブログはココログ