« 我が家の庭でクマゼミの羽化が… | トップページ | 国道322号香春大任バイパス、本日開通 »

2020年7月18日 (土)

クマゼミの頭が「ひょっこりはん」

昨日の記事と似た内容。

昨夜、妻から「朝、赤と黒の芋虫(ツマグロヒョウモンの幼虫)が壁にくっついてたのが、夕方見たら蛹になっていた」と聞きました。

Img_4211

今朝見に行ったのがこれ。

Img_4206

おお、金色の斑点があると聞いたことがあるのはこれか。

毒などないのに派手な色とトゲ風の突起をまとう幼虫と同じ方向性で、敵に警戒を与えるつくりなのかな?

Img_4227

ビオラの鉢に幼虫が付いていたので、その周りも探してみました。

Img_4226

あ、ジョウロの注ぎ口についているこれ、1週間くらい前に気づいたときは単に「抜け殻」としか認識しなかったけど、よく見るとこの突起はツマグロヒョウモンの蛹と同じだな…

踏み台の裏とかにいないかな?と探していると…

Img_4238

ん?

まさか君は??

Img_4233

あー、サンダルの裏で羽化しちゃったのかぁ

Img_4245

観察しやすいところにサンダルを移動してみましたが、羽根も体もまだ白く透けた感じ。

セミの幼虫は夕刻に土から出てきて、夜の早い時間に羽化します。前の記事でみたクマゼミのように、朝には羽根や体が乾いてよく見るセミの姿になっているはず。

Img_4273

何かトラブルがあったのか、問題のある個体なのかと気をもみましたが、午後見ると姿を消していました。

無事に空を飛び回っているといいのですが…

Img_4247
Img_4248

この日見つけたセミの抜け殻(たぶん二つ目もクマゼミ)

« 我が家の庭でクマゼミの羽化が… | トップページ | 国道322号香春大任バイパス、本日開通 »

家(DIY・ガーデニング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 我が家の庭でクマゼミの羽化が… | トップページ | 国道322号香春大任バイパス、本日開通 »

無料ブログはココログ