« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月の16件の記事

2020年5月31日 (日)

菜園の侵入者はディコンドラ? ~今日の庭5/31

梅雨の走りの雨模様&新型コロナ第2波で自宅にこもる日曜日。

Img_3309

自宅周りは庭は夏に向けて姿を変えつつあります。

Img_3310

シマトネリコは例年のように多くの種をつけ、落ちたところで発芽を進めます。

駐車場の溝に固まった種から、まるでカイワレのような新芽の群れ。

申し訳ないけど、放置するわけにもいかないので除去。

Img_3312
Img_3313

駐車場の脇にアガパンサスが植えてあったのですが、込み合ってきたので春先に掘り上げて間引き・株分け。

今年は花が咲かないかと思ったけど、花芽を伸ばしてくれました。

Img_3311
Img_3314

アジサイは、外壁補修のときに刈り込まれてしまったので、花芽は少な目。

それでも、これからしばらくは主役です。

Img_3326_20200531142201

今年の母の日に購入したアジサイが、まもなく庭に仲間入りの予定。

Img_3317

植え替えの時に小さな球根を捨てていたら、そこでしっかり花をつけるようになった百合。

Img_3318

菜園に移動します。

5月の天気が安定していたので、今年はキュウリやトマトの苗の生育が順調。

Img_3319

収穫を終えたグリーンピース(右)と、これからツルが伸びるインゲン(左)と。

Img_3320_20200531143401

最後に、大問題まではいってないのですが、ここ数年でカタバミ(左)やスズメノカタビラなどに混ざって、生育範囲を広げてきた丸い葉のこいつ。

Img_3321

密なところだとこんな感じにはびこっています。

チドメグサに似ているのですが、それにしては葉の切れ込みがない。

園芸種として、鉢植えやグランドカバーに使われるディコンドラ(ダイコンドラ)でしょうか?

Img_3324

少し掘ってみると、深くはないのですが、地下茎(匍匐茎)のに見える白いものが。

増え方もディコンドラと符合します。芝生の隙間にはびこって困るという記事も見かけました。

寄せ植えの鉢を片付けた(捨てた)時にでも入り込んだのかなぁ…

伸びてきたところはその都度排除するほかなさそうです。

2020年5月30日 (土)

黒崎バイパス春の町ランプ施工の現況他

一昨日、こんな事件(事故)の報道がありました。

水道管破損し国道水浸し バイパス橋台工事で矢板打ち込み直撃

黒崎バイパスと3号線現道を接続する春の町ランプの工事中に、矢板を打ち込む作業で水道管を破損してしまう事故。

そういえば車線が切り替わってから見に行ってないなと思い、ちょっと足を向けてみました。

Img_3307
Img_3288_20200530225901

(1枚目は帰り道で撮ったものですが)黒崎バイパスからJRをまたぐ部分への接続工事は、1枚目左側の盛土を残す程度に。

東田出入口の通行止も、今週末で解除になるようですね。

Img_3291

以前、架橋工事を見に行った部分の先で3号線現道に繋がります。

Img_3290
Img_3293_20200530225901

以前橋桁の仮置き場として使われていた部分に上り車線が移設され、ランプウェイができる部分が見えるようになってます。

Img_3295

水道管破損事故は上の写真で奥に重機が見えるあたりなのでこの写真とは違う場所だと思いますが、土台を造る穴を掘る前にこんなふうに金属板(矢板)を打ち込んで囲いを作る作業中だったのでしょう。

工期の遅れにつながらならなければ良いですが…

#以前の架橋工事に関しては、公式にここにまとめてありました。

Img_3299

ついでに折尾駅もチラ見。

新駅舎と、ホームの接続部分が見えてきました。

Img_3304_20200530225901

待合室は感染対策で引き続き閉鎖中。

Img_3305

階段工事のため閉鎖中の4番、5番のりば西側の階段ですが、開口部の囲いが更新されました。

まだ新しい階段の姿は上からは分かりません。

Img_3302

発車案内には、COVID19への注意喚起が流れていましたが、「北九州市内で感染急増」との文字。

ま、そうなんですけどね…

Img_3286

あんまりウロウロせんときや。

マスクして密なところは避けてるから許してねー

2020年5月29日 (金)

「ゆっくりのんびり日田彦山線」編成と、国道322号バイパス通行止めの現況

4月に偶然見かけて以来、撮ろうと思うとなかなかお目にかかれない「ゆっくりのんびり日田彦山線」ステッカーを貼った編成。

Img_3257

一度、石原町駅で撮影に成功。

仕事が早めに終わり、明るいうちに香春町方面まで行ける日があったので、先日通行止め予告を見つけた区間の現況の確認も兼ねてちょっと足を伸ばしてみました。

Img_3263

国道322号を南下して、金辺トンネルを抜けたところにある金辺峠(きべとうげ)交差点から規制が始まります。

まっすぐ行くとバイパス、右折すると旧道ですが、黄点滅信号になり、右折のみ可能。

規制内容を知っていればどうということはありませんが、トンネルから続く下り坂で、軽く右カーブしたところに交差点が現れるので、トンネルから車線規制したほうがスピードも抑えられて安全じゃないかなぁ…とちょっと思いました。

Img_3265

その先は旧道を通って、観音口橋交差点。バイパス側は封鎖中。

ここはそのまま直進なのでどうということはありません。

Img_3267_20200529164101

採銅所駅に車を停めたところでナビの画面を確認すると、ちゃんとバイパスの通行止め情報を受信していました。

Img_3270
Img_3271_20200529164101

採銅所で交換がありましたが、いずれもステッカーなし。

Img_3272
Img_3273

帰り道の観音口橋交差点。右折レーンが塞がれてます。信号は黄点滅。

Img_3274

南から木部峠交差点に差し掛かると、赤点滅になっており、一旦停止して左折。

バイパスが通行止めの結果、旧道回りで若干時間がかかる可能性はありますが、2か所の交差点の信号待ちがない分もしかしたら早く通過できるかも…という状況ではあります。

大きな混乱は生じないと思いますが、最初に上げた金辺トンネルを出たところのスピードの出しすぎだけは重々ご注意ください。

Img_3277

この日は結局、次に立ち寄った呼野駅でステッカー付編成をゲット。

Img_3278
Img_3281 

日田彦山線の復旧については、東峰村のBRT化受け入れ、専用道延長の方針についてこんな記事が。

「断腸の思い」JR日田彦山線のBRT案受け入れ 東峰村長、苦渋の決断

高台の駅は階段80段 専用道延伸にJR九州、懸念も 日田彦山線復旧

BRT専用道の延長に関しては県とJR九州で調整が付いているような記事も見ましたが、アーチ橋や高台の大行司駅をバスが走るのが便利と言えるのか、というのは私も以前から疑問を呈しているところ。「地元が望むなら」JRもやるのかもしれませんが、着地点はどこに…

2020年5月28日 (木)

「大牟田貨物」の入換に使われていたHD300の回送を小倉駅で見送ってきた

今春のダイヤ改正で臨時便扱いになり、GW明けにタンクの輸送を終えた通称「大牟田貨物」

大牟田に入換用のHD300が1両残されていましたが、ついに回収(無動力回送)されるとの動きをキャッチ。仕事終わりに見送りに行ってきました。

Img_3194

アミュプラザの営業が再開して、少し賑わいを取り戻した小倉駅。

Img_3193

アミュプラザもモノレールも、利用時はマスク着用をとの掲示あり。

Img_3243

気が付けば、ホームのうどん屋・ラーメン屋が営業を再開しています。

間隔を開けて食べてくれ、と掲示がありますが…

Img_3230

8152レのスジで、EF81-502に牽引されたHD300-27が通過。

Img_3236

特徴あるこのスジを追うこともなくなるのだなと思うと感慨があります。

Img_3244

駅撮りのあとは北側のデッキを移動。

あるあるCityの入口は、こんな感じの注意書き。

Img_3245

さらに進んで、ベスト電器小倉本店。

Img_3246

入口に消毒液。

Img_3247

6月14日に閉店とのことで売り尽くしセールをしていますが、残念ながら閑散としていました。

Img_3249

「本店」を名乗り、駅近くではあるものの、繁華街からは外れ、また郊外型店舗ほど車でのアクセスも良くない、ちょっと立ち寄りにくい立地でした。

駅前のアイムの再編に伴って移転入居するようですが、賑わいに寄与できるのか、実力が試されます。

Img_3184

今回の写真を撮ってから記事にするまでの2日の間に、当地ではCOVID19の患者が再び増え、「第2波」として全国に報道されるようになりました。商業施設の営業や、学校の再開に影響が出ないか気になるところ。

当地に特別な原因があるとは考えにくく、おそらくはどの街でもこのような感染者数の再燃はありうることと思います。引き続き注意が必要ですが、経済活動のことも気になるわけで…難しい問題です。

#最後の写真は先日折尾駅構内通路で撮ったもの

2020年5月26日 (火)

北九州空港のVOR/DMEは仮設のもので運用中

週末のこと。久しぶりに北九州空港へ出かけてきました。

Img_4015

欠航便ばかりの発着案内。

Img_3963

(出発が午前中の1便のため)ひっそりした航空会社カウンター。

Img_3964

物販は井筒屋の売店と、1階のコンビニくらい。
(6月になると少し運航便が増えるので、開く店舗が増えるかも)

Img_4010

誰もいない搭乗口にも、ご丁寧に運航予定と欠航の表示。

Img_3966
Img_4006

スターフライヤーの機材が多く羽を休めていましたが、近くで見ると、ピトー管や静圧孔(Static Port)に封印がされ、しばらく飛ぶ予定がないことが分かります。

いつも通り忙しく飛び回る日々が戻るのを待ちましょう。

Img_3994

この日空港に行ったのは、GW明けから運用が変更になったコリアンエアカーゴの到着を見るため。

LAX→KKJ→ICNという一方向の寄航であったKE230便から、同じ週2便ですがICN⇔KKJの往復(KE557/558)に。

韓国→日本の輸送にも応える必要があったのでしょう。

Img_3981

時刻はKE230の早朝から午後に変わり、KE557便の北九州到着が15:00、KE558便の出発が18:30というダイヤ。
(現在、ターミナルビルの閉館が早いので出発は展望デッキから見られません)

だいたい早めに着くので、FR24でICN離陸を確認して家を出ました。

Img_3968

西からきて、空港の上をパスして東側(周防灘上)で旋回して進入するのが定番ですが「音が大きい」と思ったら展望デッキの上を通過していきました。

Img_3971

わりと真正面に戻ってきて、左旋回してR/W36へ。

Img_3974

この日の機材はHL7605でした(その後は最初の2枚)

Vor_b2

このときの着陸ルートをFR24でおさらいするとこんな感じ。

Vor_b1

普段は、空港北端にある周防VOR/DME(SWE)を目標に飛んでくるので、もうすこし展望デッキから離れたところを飛びます(上の図は4月中旬の沖縄便、レーダー誘導で違うコースになることもあります)

Vor_swe

現在有効のチャートでも、SWEを基点にしたルートが載っています。

だが、FR24で見直すと、どうも4月下旬から、SWEを目標にしたルートではなくなっている…

どこかに情報があるはず、と、AIPの中を探り、ようやくSupplementの中にSWEの運用停止の項目を見つけました。
(一時的な変更はこっちに載るのか…)

今年4月23日~8月12日まで工事のため停波、代わりに駐車場の南側に仮設された小倉VOR/DME(KKE)が運用中。

航跡の変化とも合う内容です。

Vor_kke

同じ項目に、KKEからの方位や距離が記載されたチャートも載っていました。

現地で運用を感じることは大切だなぁ…

2020年5月25日 (月)

日田彦山線採銅所駅を彩る花が特定外来生物「オオキンケイギク」であったとは

新型コロナ禍が去るまで棚上げだろうと思っていた、日田彦山線の復旧問題。

JR日田彦山線、鉄道復旧を福岡県が断念 東峰村がBRT専用道延伸案容認

日田彦山線鉄道断念「死刑宣告のようなもの」 東峰村民、知事に憤り

最近、2つ続けて記事になりました。

前者は、東峰村側もBRT案を容認するものの、県知事から村民に説明してほしいとの条件。後者は説明会で知事の姿勢が批判されたという話。

今後村議会に諮った後で方針が決まるようですが、根回しは済んでいて住民説明会は単なるガス抜きであったのか、まだ荒れるのか…

Brt_touhou

県側が提案するのは、以前の記事にも書いた、BRT専用道をJR九州が想定する彦山~筑前岩屋から宝珠山まで延長する案。

東峰村全域で専用道BRTを整備しますよ、という形で誠意を見せようということでしょうが、乗客になる村民の利便につながるかどうかをよく検討いただきたいものです。JR案では筑前岩屋~大行司間の県道に沿ってバス停を追加するようですし。

Img_3130

鉄道の廃止が決まれば、毎日「アサデス」で流れる運転見合わせ情報も扱いが変わるか?

Img_4045

その話はもうええがな。

Img_7491

日田彦山線の、運行中の区間に話題を変えます。

国道322号バイパスの状況確認と併せて、時々採銅所駅に寄るのですが、この時期、黄色い花が目立ちます。

Img_4077

山を背景に撮っても、ホームの傍に咲いているのが写ります。

Img_7487

黄色いコスモス?と思いますが時期も違うので、調べてみると、

オオキンケイギク。なんと特定外来生物に指定された外来種です。

このことを知ってから、自宅近くにも(こちらは特定外来生物指定ではありませんが)ナガミヒナゲシと仲良く咲いているのを見つけました。自宅の庭には侵入を許さないように注意しないと…

Img_7352
Img_7337

今は花の盛りを過ぎていますが、白いこの花も採銅所駅で多く見られます。

こちらもフランスギクという外来種。北海道などでは増えすぎて問題になるようですが、ここも少し山あいなので環境があっている?

ついこれらを入れて列車を撮ろうかと思ってしまう彩りなのですが、外来種(特にオオキンケイギクは特定外来生物扱い)と知ると見方がちょっと変わりますね。今後積極的に駆除の対象になったりするのでしょうか?

Img_4057
Img_3148

自宅近くの日田彦山線はすぐに廃止どうのこうのという状況ではありませんが、最初に書いた区間の復旧方針によっては路線名とか愛称が変わるかもしれません。車両更新もそう遠い話ではないと思います。

注意して見守ります。

2020年5月24日 (日)

国道322号線はバイパス延伸のため明日から一部区間通行止めに(事実上車線規制)

昨年末から、定期便のように記事にしている国道322号香春大任バイパスの整備。

Img_4071
Img_4070

香春町北部の既開通区間と現道がクランク状に接続される部分(観音口橋交差点)に工事予告の看板が出ていました。

明日5月25日から7月下旬まで全面通行止めとあります。

Map_north2

ナンバリングは以前の記事を踏襲しましたが、いつもNAVIを開いてみると、開通予定のバイパスが点線で表示されたので、今回はこちらの地図を流用。

観音口橋は⑥のところです。

Img_4058

田植えの進む水田の向こうに、整備中のバイパスを。

法面の植栽や、案内標識が整備済。

Img_4062
Img_4063

接続部分をみるとこんな感じ。

信号が設置済みですが、路面にかなり高低差があるので、交通を維持しながらの工事は難しいのでしょうね。

とはいえ、金辺峠~観音口橋は並行する旧道部分もよく整備されているので、バイパスを走るか旧道を行くかは気分次第な区間。(交通量の増える沿道の方には申し訳ないですが)バイパスが使えなくても大きな混乱は生じないと思います。

Img_4066

既開通のバイパスは4車線分の道幅に2車線だけ通している感じなので、2ヶ月の通行止の間にこの区間も整備しなおすのでしょうか?

Img_4060

⑥地点から北側だけ見ると、香春大任バイパスは4車線で整備されるのかと期待してしまいますが、南側ですぐに矢印の幅分狭くなるのが気になります。

Img_4087

ちょっと移動して、バイパスと県道64号線が接続する⑤地点。

Img_4086

バイパスと立体交差するために県道は一段下げられ、お役御免となった旧道と整備中のバイパスの間には仕切りが作られていました。

Img_4084

ここのトンネルは、4車線ではなく2車線に見えるんですよねぇ…

南側の既開通区間を見ても2車線なので、仕方ないか…

2か月後の開通を楽しみに待ちましょう。新型コロナを気にすることも必要なくなっていることを期待しながら。

2020年5月23日 (土)

筑豊線折尾~本城が、コッソリと複線化

1年前に折尾駅筑豊線ホームが高架に移る際、暫定的に単線化された折尾~本城間。

旧線撤去の後築堤を造り足し線路の敷設も進んでいましたが、今年3月のダイヤ改正の時点では単線のまま。

どうやら今日から複線に戻るらしいとの情報があり、様子をうかがってみました。

#のりば変更やダイヤ改正など、旅客に影響の出る工事ではないので、今回の切替えは案内やリリースなど全くありませんでした。

Wakamatsu_testrun

今朝5時過ぎの「どれどれ」の画面。若松→折尾方面に試運転のような表示を確認。

今朝の始発から複線での運用になっていると思われます。

Img_3154

さて、確認に出かけましょう。

Img_3157

天気もいいので、久しぶりに戸畑から若戸渡船で若松へ。

Img_3159

若松から戸畑に戻ると… 480円…

渡船は100円で済むので、需要はありますよね。

Img_3163

若松からDENCHAに乗車。

Img_3167

本城駅の手前に第一閉塞信号。

Img_3169

駅直前に、場内信号の中継がありましたが、既に撤去されています。

Img_3170

本城の先にあった場内信号も撤去済み。横向きかと思ったのに…

Img_3172

単線区間に入るため、右の分岐側に固定されていたポイントも直進方向に変更されています。

ここのポイントの撤去など、まだ作業は残っています。

Img_3174
Img_3176

新しい築堤の側を上っていきます。

Img_3177
Img_3180

折尾駅に入る時に、新しい駅舎が見えましたが、旧駅舎を模した意匠がそれなりに出来上がってますね。

Img_3183

降りたところでもう1枚。

Img_3185

鹿児島線の新ホームは、屋根などの工事が盛り。

囲いがされたために筑豊線ホームまで見渡せなくなっています。

ここの切替えは来春(貨物が減る正月)と予測していますが、発表を待ちましょう。

2020年5月17日 (日)

テレビに録画用HDDを増設した話など

新しく買ったテレビの話の続きです。

テレビが新しくなったので、できることを色々試してみました。

Dsc_2294

子供は、Nintendo Switchを繋いで大喜び。

SwitchのTV出力は1080pとのこと。

画面は大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL(スマブラ)の一場面。

Dsc_2289
Dsc_2288

一方、こっちは復刻版のファミコン(ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ)を繋いでみたところ。

こちらも昔と異なりHDMI接続で、出力は720p。

4Kパネルは3840x2160なので、ちらつきとかぼやけたりがないかと気にしたのですが、内部のアップコンバータが優秀なのか、気にならなかったですね。

古いゲームをやってみて、スマブラの舞台や、出てくるキャラ・アイテムの意味が分かったものもあるようで、「古典」に触れることの意義を感じてみたり…😅

Zoom3

他には、実家の両親のタブレットにもZoomアプリを入れてもらって、娘のところも含めて三元中継オンライン帰省を大画面でやってみました(HDMI出力が可能なノートパソコンと、iVCam接続のスマホを使用)

Img_3100_20200517135901

最後は、今のテレビには当たり前の機能ですが、主には4K番組の録画を期待して録画用HDDを導入。

PanasonicのテレビはどうもHDDを選ぶようで、ちょっと割高ですが推奨品を購入しました。

録画は番組表から選ぶのが基本になるので、既存のレコーダのほうが番組検索機能は豊富と感じましたが、慣れの問題か?

本体からだと、録画中の番組の「追いかけ再生」もできます。

HDDはひたすら静かなので、逆に不気味😓

Img_3098

録画した番組は、テレビ自体がメディアサーバになるので、他のクライアント機能を持ったテレビや対応アプリで再生可能。

Panasonic謹製のアプリをスマホやタブレットに入れて再生できますが、スクショできないように対策されており画面の紹介はできません。

上の画面は小さいほうのソニーのテレビで開いたところ。

Img_3096_20200517135901

面白いのは、「チューナ」を選ぶと放送中の番組がリアルタイムに転送されてくること。

テレビ同士だとほとんど意味がありませんが、スマホに転送してテレビのない部屋で見るのは良いかも。

テレビがONになっていると、「裏番組」的な視聴ができなくなるのは、チューナーやデコーダ/エンコーダの機能的な制限なのか、ライセンス等の問題があるのか?(裏番組録画とか、本体で2画面同時視聴はできるので不思議です)

Img_3107

BS4Kの番組を録画したものがリストに出てこないとか、上の「チューナ」にもBS4Kのチャンネルが出てこないとか、そういう制限もあります。

Img_3108

地デジの番組を録画したものは、別のテレビから問題なく再生できました。

自分が録画したい番組は、なるべくこっちを使ってみましょう。

Img_3050
Img_3049

さて、チビ猫は相変わらず箱が好きで、この間届いたこの箱はサイズが丁度いいみたいでお気に入り。

Img_3106

丸まるとピッタリ収まります。

Img_3103
Img_3028

先住猫のほうは、相変わらず箱はお好みでないようで…

2020年5月12日 (火)

妻の逆襲にあい洗濯機まで買い替えの巻(引き続きノコリーユECO対応)

前の記事と表裏一体の話。

テレビを買い替えるとき、一応現物を見てもらおうと、家電店へ妻も連れて行ったのですが「大きーい」「きれーい」と通り一遍の反応を示した後「もうコレを買うって決めてるんでしょ?じゃ」と白物家電のコーナーへ。

今の家を建てたときに購入した洗濯機や冷蔵庫がいずれも10年になるので、妻はこれらの買い替えを急ごうとしているようです。特に洗濯機は扉のヒンジ部分にガタがきていると感じるようで、買い替え候補の筆頭。
(積極的に使わないので困ってないのですが、乾燥機能はエラーが出て止まるようになっていました)

ちょうど今あるものと同等の大きさや機能のものが見つかり、また、

  • 10%ポイント還元
  • テレビと洗濯機をまとめて買うと10% OFF

といったキャンペーンもあり、「いつ買うか?今でしょ!」(古い…

テレビは在庫があり即設置可能でしたが、洗濯機は(組み立ては国内ですが)中国からの部品供給が遅れているものがあるとかで入荷待ち。

それでも、それなりの値引きとポイント還元をしていただき、決済や配達の手配をテレビとセットで済ませました。別の機会に同じことをすると思うとまとめてで良かったかなと。

待っていると、5月末かもと言われていた洗濯機が連休最後には配達されることになりました。

Img_2999
Img_2997

10年間、家族5人の洗濯を続けてくれた日立のドラム式洗濯機。

Img_2998

家を建てるときに、TOTOのカタログで見つけたお湯取り配管(ノコリーユECO)を設置したのが我が家の特徴。

どのくらい節水になっているのかは正直分かりませんが、時々内部を洗浄しながら使ってきました。

#ノコリーユECO(カタログでは正確にはノコリ~ユECOとの表示)で過去の記事を検索していただくと設置の経緯使い勝手など書いてます

次の洗濯機も、使用感が悪くないため同じ日立から。妻のこういう割り切りは早い。

家族が5人から4人に減ったので「洗濯機は一回り小さくてもいいかも」と決めかけたのですが、それにはお湯取り機能がないことが分かり、結局ほぼ同じ容量で、お湯取り機能も付いたものになりました。

もう一段階高級品にすると、洗剤自動投入とか、スマホ連携機能が増えるようですが、そこは妻が所望しなかったため採用されず。

Img_3014

さて設置当日。でかい箱がやってきました。

ヒートリサイクル、風アイロン、ビッグドラム、というキャッチは10年前と同じ。成熟した商品であることが分かります。

Img_3015_20200512135501

古いのを搬出後、慌てて掃除と片付け。

ランドリーラックが曲がったり錆びたりという状況だったので、買い替えを決めこちらも撤去。

Img_3016

掃除が終わったところ。真ん中に垂れ下がっているのがノコリーユECOの配管。左が水道の配管です。

Img_3017
Img_3018

無事に新品が収まり、ノコリーユECOの配管も接続されました(矢印)

残り湯ホースの接続口は業界標準が変わっていないようで、使えない可能性を考えていましたが問題なくはまりました。

Nokoriyu

ノコリーユECO(ノコリ~ユECO)自体も、TOTOのオンラインカタログを見ると今でも取り扱いがありますので、興味のある方は是非ご検討ください。

Img_3020

子供が閉じ込められる事故があった影響か、ひらがなで「はいってはいけません」のステッカーが増えました。

万一の際脱出できるように、扉にロックがかからないようにする仕組みもあるようです(うちには現在入れる大きさの子供がおりませんので、詳しく検討していません)

扉の真ん中のロゴは先代と同じ。変わったのは、ヒンジの構造と扉の色。濃いめの色に変わったので、注水や洗濯物が回る様子が分かりにくいです。見えなくて心配な人より、洗濯物が見えるのが嫌な人のほうが多いのか…

Img_3021

設置完了後、すぐに近所のニトリに走ってランドリーラックを購入。
(遠出できずに家のことを片付ける人が多いのか、妙に混んでました)

以前の状態に近いセットアップが割とすぐにできたので、妻も満足。

洗濯機の動作は、モーターの制御が10年分進化したのか、10年分の経年変化がなくなったからか分かりませんが、静かに黙々と働いてくれる感じになりました。

10年目途の大型家電の買い替え。次は冷蔵庫の番ですが、来年かな?

2020年5月11日 (月)

「巣ごもり需要」で4K有機ELテレビを勝ち取った話

『稲葉さんが小さい』と君が言ったから四月二十日は4K記念日

どこかで聞いたことがあるようなフレーズですが、今回はここから始まった話。

外出自粛、「密」になる集会も自粛ということで、ライブ等のイベントが開かれない中、ライブやミュージックビデオの配信を強化しているアーティストの情報が我が家にも流れてきました。

Img_2897

ダイニングにある小さいほうのテレビ(24インチのSONY BRAVIA)はネット対応なので、「今はネット配信でも結構奇麗な映像だよね」とYouTubeを楽しんでおりました。

そんな中、ふと呟かれたのが冒頭の妻の台詞。

ファンであるB'zのライブ動画を見ていて「このテレビでは稲葉さんが小さくしか映らない」「60インチくらいあれば大きく見えるかな」と。

Img_2894

もう一台、リビングにあるのは、Panasonicの37インチプラズマテレビなのですが、YouTubeなどの動画配信には未対応。

Img_2900

2006年に、引っ越しを期に地デジ対応にしようと求めたものなので、移行期の証として地上アナログ放送と両対応(BS/CSはデジタルハイビジョンに移行済)

いい加減買い替えたいのだけど、明らかな故障のない局面で、普段大型テレビに興味を示さない妻の了承を得るにはそれなりのきっかけが要ります。

ここ半年の個人的な葛藤はこんな感じ。

⤴ BS 4K放送が始まったし、買うなら4Kパネルだよね
⤴ どうせなら有機ELの締まった黒のほうが好きだなぁ
 (前回プラズマにしたのも、液晶の発色がどうも不自然だったから)
⤴ 東京五輪までには買い替えたいよね
⤵ 娘の進学費用がいくらかかるか分からないから、それまではダメ
⤴ 幸いなことに、国立大に行ってくれたよ
⤵ コロナ禍で五輪延期じゃん

最終的に、

「ライブ映像を大画面で見たい」との言質を得る形で大逆転 ❗

B'zさまさまと思いながら、さっそく動きました。

Img_2901

連休前の週末に、同じPanasonicの有機ELパネルのやつを滑り込み購入。
(有機ELであることを優先して、サイズは手頃な55インチで妥協)

「巣ごもり需要」(引きこもり需要?)か、販売店の方も配達の方も、テレビは結構出てますとのこと。

Img_2903

アンテナ端子とLANのほか、HDMIとUSBが多いのが今どき。

右側面に並ぶコネクタを使う限りはカバーを閉めてスッキリ配線できるけど、背面に向くコネクタを使うようだと閉まらないと…

こういうのは買った後でないと分かりにくいですね。

Img_2902

古いHDDレコーダ(アナログ放送時代のものでほぼ休眠)は前のテレビにD端子で接続しており、この機会に廃棄が決定。

Img_2906

4K放送の受信ができてまずは満足(4K画質に対応した放送はほぼNHKだけなんですが今後に期待)

画面周りの縁が非常に細くなっており、画面幅が40cmほど広くなったのに対して、外寸は30cmほどの拡大になります。

その分、前面の端子がなくなり、メーカーロゴも申し訳程度😅

Youtube_cast

次は妻が期待するYouTube。

テレビで動画を検索することもできますが、文字入力など操作性に劣るので、スマホやタブレットからキャストできるようにしたい。

テレビ側で受け入れを許可する設定が必要でしたが、キャスト可能なテレビが2つ出てくるようになりました。

Youtube_cast1

ジャン❗❗ ネット対応アプリの起動が早いのもいいですな。

Img_2907

新しいテレビの周りで様子を伺っていたチビ猫は、動画再生が始まると逃げ出し、しばらく遠巻きにしていました。

前と違うところから突然音が出て怖かったのかな?

テレビに関しては、とりあえずここまで。

しかし、今回の話はテレビだけでは済まなくなったのでした…

2020年5月 9日 (土)

JR九州「どれどれ」での鹿児島本線貨物線走行列車の表示について考察してみた

大した内容ではないのですが、記憶のあるうちに。

JR九州がスマホアプリで提供している列車位置情報「どれどれ」

乗車予定の列車もですが、回送や貨物といった乗車できない列車も(位置だけですが)表示されるので、趣味的にも非常に助かります。

鹿児島線の貨物列車を見ていると、黒崎までの貨物線が別線(複々線)になっている区間で「貨物線」とコメントが付くことと、一部区間で表示されないことが気になっていました。そのあたりの扱いを考察してみました。

Dore1

先ほどのこと。折尾~遠賀川に上り貨物が居そう(グレーの枠だけの列車)

Img_7425
Img_7428

ほどなくして、折尾を通過。

Dore2

陣原から黒崎へ。

Dore3

黒崎から、貨物線と旅客線が分かれ、「どれどれ」の画面上では八幡~黒崎間に「貨物線」のコメント付きで表示されます。

私の乗った後続の門司港行は、八幡に着いた時点で追い越したように見えますが、実際には貨物のほうが先行しています。

その後「貨物線」の列車が消えましたが…なかなかその先に出てこない。

Img_7436
Img_7438

もしやと思って外を見ていると、「浜小倉」で停車中でした。

Img_7442

こちらは西小倉で下車。

以前紫川橋梁の架け替えをしているときに、ここから小倉までの貨物線が単線化され「紫川信号場」と呼ばれていました。

工事が終わって複線に戻った後、信号場は廃止になったと思っていましたが、同じ位置に場内?出発?信号が残っているんですよね(閉塞信号と異なり閉塞区間を示す番号が付いていない)

時々停まっている貨物を見るので、ポイントはなくとも、運行管理上は信号場として残っていると思われます。

Img_7444
Img_7445

数分後、先ほどの貨物が通過していきました。

Dore4
その後、「どれどれ」の小倉と東小倉の間に再度出現。

Dore5

東小倉の先の北九州ターミナルに到着しました。

Dia_1074

追い越す形になった貨物は、ダイヤを見ると1074レか(ピンクが乗車列車)

今までなんとなく「並行する貨物線」という認識だったので「貨物列車の表示が消える」のが不思議でした。

「別線だけど表示される」と考えると、ヒントがあります。

Dore_wakamatsu
Dore_chikuho

折尾の前後に「若松線」や「筑豊本線」

Dore_sanyo
Dore_nippo

下関に行く列車は門司から「山陽本線」、西小倉に向かう「日豊本線」

いずれも直通列車や接続駅での利便を考えてか、接続する路線の列車が同一区間にいるように表示されているのですが、「貨物線」も同じと思うに至りました。

Dore_line

赤い貨物線は別線だけど、旅客線に接続する黒崎~浜小倉、紫川信号場?~東小倉にいる列車は黒崎~八幡、小倉~東小倉に表示されると考えると現状が説明できます(浜小倉~紫川信号場が表示されないことも)

なんとなく個人的にすっきりしたので記事にしてみました。

2020年5月 8日 (金)

「EOS Webcam Utility Beta」を使ってデジカメをwebカメラ化してみた

先日から、webミーティング対応を迫られているわけですが、子供たちに環境を用意できた後で、面白いものが見つかりました。

Webcam_eosjpg

キヤノンが、同社の比較的最近のデジカメをwebカメラ化するユーティリティを公開しました(画像はzoomの仕様で左右が反転した画面のまま😅)

4月28日公開だそうで、iVCamを使ってスマホを繋ごうとしていたころには未公開だったわけだ(情報収集が遅れたわけじゃなくてちょっと安心)

導入を説明し初めると長くなるので、以下の記事を参考にしてください。

うちにある機材で、webカメラ化して一番使い勝手がよさそうなのが、Powershot G5X mark2。

Img_7401

上の記事に記載がないことで、面食らうかもしれないのが、EOS Webcam Utilityを入れた後でUSBを繋いだ時。

ユーティリティを入れていないときと同じで、画像をPCに取り込むモードになります。

ここで慌てずに、Zoomなどwebカメラを使うサービスを起動すると、レンズが伸びてライブビューと同じ画面がPCに転送されるようになります。ピント合わせや色温度など、カメラ側の設定によるので、好みの設定を試してみるのが良いでしょう。クリエイティブフィルターも使えます(上の記事にもヒントがあります)

Webcam_select

ここから、ノートパソコン(5年以上前に購入したDELL Inspiron 14R)内蔵のカメラも含めて実力の違いを試してみました。

Webcam_builtin

まずは、PCの液晶上部に内蔵のwebカメラ。
(Zoomを1366x768の液晶に全画面表示してキャプチャ後に縮小)

Img_7399

次は、手元のスマホから、Xperia XZ3(iVCamで接続)

Webcam_xperia

インカメラで撮影して、PC内蔵カメラと同じくらいに倍率調整。
(インカメラだからか、これだけ左右が違ってしまいました)

Img_7400

最後に今回の本命、Powershot G5X mark2。

Webcam_g5x

2:3が基本だからか、両側に黒帯が入りますね。

Webcam_builtin2
Webcam_xperia2
Webcam_g5x2

画質のほうは、画面から720x480で切り出したもので比較してください。

PC内蔵カメラは、今売られているPCだと違うのかもしれませんが、発色も解像度も下2つとは明らかに格下。スマホは頑張っていますが、文字のにじみがデジカメより目立つかも。最後のデジカメがやはり1段きれいです。

Img_7402

EOS 80Dも対応してるので繋いでみました。背景をぼかしたりすることを考えたら明るいレンズに交換できるカメラのほうが効果的ですが、さすがにこれを設置できる三脚を毎回セットするのは大変ですね。

webミーティングのとき、画質で差を付けたいという方は、こういう工夫をしてみるのも良いかもしれません。

2020年5月 5日 (火)

久々におうちでBBQ ~今日の庭5/5

こどもの日。

Img_7326

天気もまずますですが、引き続き外出は自粛中。

Img_7329

菜園は夏向けへ変化が進み、トマトの苗を植えました。

Img_7330

手前はキュウリの苗、奥はまもなく収穫のエンドウ(グリーンピース)にカラス除けのネットをしたところ。

Img_7328

先日種まきしたインゲンは芽が出ました。

Img_7334

アジサイのつぼみが付き始めましたが、家に近い側のものは、先日の外壁の修繕の時にかなり刈り取られており、花芽があまりつかないかもしれません。

Img_7331

もう一つ気がかりなのは、カボスのつぼみが数個しか見つからないこと。

今ついているつぼみが気が早いだけならいいのですが…

Img_3003

河原などへお出かけして、あるいはご近所や友達を招いて、というわけにいかないので、家族だけでバーベキューを計画。

Img_3005

大人数だとテーブルとは別にコンロを置いて焼いていましたが、人数が少ないので今回はビルトインに。

Img_3006

連休気分を少しだけ味わいました。

2020年5月 4日 (月)

ANAの減便に、コードシェア相手に対する配慮が?

国内航空路線の減便が進み、北九州空港の旅客便は1日2往復まで減ってしまいました。

Timetable_kkj2

今日の出発予定ですが、SFJとJAL各1便だけの運航。

#ここから先は、明日5月5日の羽田発運航予定に基づいて記載します

Timetable_kkj

これはSFJの羽田→北九州の予約画面。やはり1便だけ。

そんな中、連休前に娘が「鹿児島は羽田から来る飛行機がなくなる」と言っていたのを思い出しました。

多分この報道あたりだと思うのですが、ANAが羽田~鹿児島便を全便運休するとのこと。

実際のところをANAのサイトで確認してみると、1日2便の運航あり。

SNA運航便の一部は飛んでおり、コードシェア便が表示されています。

Timetable_kmi

お隣の宮崎も同じで、ANA運航は全便運休してSNAのコードシェア便のみ。

他には長崎や大分が同じ状況。熊本はSNA運航便も含め全便運休です(JALが1往復あり)

Img_6836

ANAが減便を決める際に、宮崎が本拠地で九州南部を中心に就航するSNA(ソラシドエア)に配慮をしたのでしょうか?

ANA運航便より機材が小さいので運航コストがかからないという面もありますし、コードシェアで一部座席をANAが買い上げているので、SNAに対する一定の支援ととらえることもできます。

Img_2629

SFJ(スターフライヤー)運航便にも同様の傾向があります。

SFJは地元北九州便と羽田~福岡便を各1往復まで減らす一方、羽田~関西、羽田~山口宇部は減便せず運航しています。

(それでも、FR24で調べると全13機のうち5機しか飛んでないので半分以下です)

Timetable_ubj

山口宇部も、ANA運航便が欠航表示で、SFJ運航便のみ。

Img_6868

もう一つ、ANAと連携しているADO(エア・ドゥ)就航地域はどうか?

Timetable_hkd

函館を見てみると、ここもANA運航便が欠航してADO運航便のみ。

ANA本体も楽ではないと思いますが、各地方の運航を担っている連携会社に配慮していただいているようです。

Img_4079

非常事態宣言も延長されるようですし、北九州空港に賑わいが戻るのはいつの日なんでしょうか…

2020年5月 2日 (土)

JR九州在来線特急全面運休の「ステイホーム週間」が始まる

ゴールデンウィーク後半の連休が始まりました。

とはいえ今年は「ステイホーム週間」「ガマンウィーク」などと言われる外出自粛をより強める時期に。

Cancel_jrq

当地のJR九州は、本日2日から6日までの5日間、在来線特急をすべて運休として、九州内の移動を極力抑える作戦に出ています。

Img_2958

仕事終わりにちょっと駅に様子を見に行ってみました。

Img_2970

今月には廃止と言われる、濃硝酸タンクを輸送する通称「大牟田貨物」を、紫川に架かる橋から見送り。

Img_2973

その足で西小倉駅へ。

ウォーキング企画の中止のほか、特急運休の案内も出ています。

Img_2980

空いてる電車に一駅乗って、小倉駅へ。

Img_2982

ホームの時刻表に、特急運休の案内。

Img_2981_20200502213601

特急券券売機に「節電」という紙が貼ってありましたが、特急を運転していないのに、いつものようにホームで特急券を求められても困りますしね…

Img_2983

ホームの立ち食いうどんは先月から閉店中。

Img_2985

改札横の土産物売り場はこの前は営業していましたが、特急が止まる間は閉めることにしたようです。
(駅弁屋とコンビニは開いてましたので、何も買えない事態は回避されています)

Img_2989

発車案内にも在来線特急を運休する案内。

この時間帯も、17:39発のソニック44号博多行と、17:41発のソニック41号佐伯行が普段なら表示されているはず。

Img_2990_20200502215001

改札前の券売機にも、特急運休の案内と、節電で一部消灯中。

Img_2991

JR西日本側のみどりの窓口も、連休中とは思えないくらい閑散としていて、窓口1つだけで営業中でした。

Img_2992
Img_2993_20200502215001

小倉駅から北に延びるペデストリアンデッキでは、動く歩道の上に架かる広告がゴッソリ減っています。

AIMに入る公的施設や、ギラヴァンツの宣伝は残っているので、おそらくは展示場の夏のイベントの告知が出せないのでしょうね(例年ならトミカ博の案内などが出る時期かと)

Cancel_fda

全面運休と言えば、フジドリームエアラインズ(FDA)は静岡~北九州便を早々に運休にした後、現在は全便運休状態。

感染症の伝染も怖いですが、ここまで経済が止まってしまうと、感染対策が一段落した後にすぐに元通りというわけにはいかないように思います。どちらをどのくらい優先するか、難しいところ…

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

無料ブログはココログ