« ワンチャン埋蔵金あるで、と銀行に行ってみた結果 | トップページ | テレワークやネット授業の増加でwebカメラが入手困難に »

2020年4月11日 (土)

スターフライヤーの運休増加、成田空港B滑走路閉鎖など航空業界は縮小が著しく…

内容的には、前の記事の続きです。

通常早朝北九州空港に到着するKE230便が、この日は午後になっての到着。

しかも、通常B747F(400Fだったり8Fだったり)がB777F (reg. HL8252)での運航でしたので、流れでチラ見に。

Img_2818

国道10号線から空港方面へ。

工事中の高架道路の立ち上がりは現在このくらいの出来。

Img_2819

県道25号線をまたぐ部分はこんな感じ。

Img_2820

道路に沿って、なにか仮受けするような支柱が置いてあったので、そのうちここに県道をまたぐ部分の橋桁が登場するかもしれません。

Img_2823_20200411123301

空港に着いて、まずは海上保安庁の北九州航空基地。

どの程度福岡から移転が進んだのかはあまり報じられていませんが、門やフェンスが整備され、工事の看板や事務所は無くなっています。

Img_2826

お、いたいた。

777のエンジンはでっかいなぁ…

Img_2824_20200411123301

空港で待つバスは、新型コロナ対策で換気をしているのかドア開放多め。

Img_2827

北九州空港発着の国際旅客便は現在すべて運休状態で、国際線チェックインカウンターは閉鎖中。

Img_2830

展望デッキへ行くと、タイミングよくKE230がプッシュバック。

Img_2836

出発準備中のJALの周りをぞろぞろ歩くのは、研修中の新人かしら?

Img_2839

出発していきました。コンデジしか持っていなかったのでここまで。

Img_2853

航空業界は旅客減を受けて減便が進んでおり、北九州空港にも、少なくとも4機が羽根を休めた状態で停まっていました。

Sfj_kkj

さらに、明日12日からは、北九州~羽田が1日3往復に減便されます。

当地も東京も緊急事態宣言の対象地域で、移動は控えるように言われていますから致し方ない対応ではあります。

現在減便計画は発表されているのは28日までで、29日以降は現在も全便の予約を受け付けています。

GWも緊急事態宣言の対象期間ですので、減便は避けられないと思いますが、帰省の動向を見極めてから運航計画が発表されることでしょう。

他には、緊急事態宣言後の山陽新幹線の利用が通常期の83%減といった厳しい数字も出ていますが、驚く一方納得せざるを得ないのが、成田空港のB滑走路閉鎖

リンクを貼ったNHKの報道によれば、成田空港の発着は昨年同時期の16%まで落ち込んでいるとのこと。B滑走路はターミナルから離れているので、灯火の維持管理なども含めて見直しはやむを得ないという判断でしょうね。

« ワンチャン埋蔵金あるで、と銀行に行ってみた結果 | トップページ | テレワークやネット授業の増加でwebカメラが入手困難に »

航空・鉄道」カテゴリの記事

飛行機・空港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワンチャン埋蔵金あるで、と銀行に行ってみた結果 | トップページ | テレワークやネット授業の増加でwebカメラが入手困難に »

無料ブログはココログ