« 折尾駅西口前アンダーパスは埋め戻され、間もなく通行可能に? | トップページ | 福岡空港国内線ターミナル側平行誘導路二重化の効果を見に »

2020年2月 8日 (土)

自宅の外壁補修完了のお知らせ

先日、保証延長のための外壁補修工事に着手したことを書きましたが、ようやく完了しました。

雨模様の日が多かったこともあり、足場かかってから外れるまで18日間。

Img_2218_20200208122201
Img_2215_20200208122201

途中、ちょっと足場にお邪魔したりしましたが、狭いし微妙に揺れるので、ここで作業したり、荷物を持って上り下りするのは素人には難しいなというのが正直な感想。

職人さんはすごいです。

このあとは、着工時点の記事と、合間の途中経過の写真と対比を。

Img_2223_20200208122401

囲いが取れて、開放的になった(元の姿ですが)とともに、屋根が輝きを増しています。

Img_2230

北側の小屋根を2階から覗いてみると、苔が除かれ塗りなおされています。

Img_2225_20200208122401

外壁だけでなく、軒天や樋も塗りなおしていただきました。

窯業系サイディングの上からシリコン系塗料を塗ってあるので、質感もツルッと、あるいはテカッとした感じになってます。

Img_2126_20200130233701

途中のこの状態が違いが分かりやすいです。

サイディングメーカーの意図した風合いが失われるのは割り切るしかないですね。

色はどのようにもなるらしいですが、玄関ドアや、我が家であればアルミ製の格子など変わらない部分もあるので、そこから大きく外れた色遣いはお勧めできないとのことでした。結局は元の色を基準にすこし好みの方向へ振るくらいですね。

Img_2221
Img_2224_20200208122401

足場がかかったり、塗装をする都合で、壁ギリギリに伸びていたアジサイは結構大胆に刈り込まれました。

今年の花は少な目かな…

Img_2222

外構の一部も塗りなおされ、壁を乗り越えるように(ピンクの線のように伸びていた)植栽は根元近くでカット。

次も同じように伸びてくれるやろかこれは…

Img_2227

クリスマスローズは無事で、これからが盛り。

Img_2226

アゲハの蛹もカバーを外してやりました。

傷ついたりはしていませんが、生きているかは春まで分かりません。

Img_2228

猫たちにもこれで平穏が訪れる?

« 折尾駅西口前アンダーパスは埋め戻され、間もなく通行可能に? | トップページ | 福岡空港国内線ターミナル側平行誘導路二重化の効果を見に »

家(エクステリア・構造)」カテゴリの記事

猫日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 折尾駅西口前アンダーパスは埋め戻され、間もなく通行可能に? | トップページ | 福岡空港国内線ターミナル側平行誘導路二重化の効果を見に »

無料ブログはココログ