« 北九州空港の仮設VOR/DMEと綱敷天満宮詣で | トップページ | スターフライヤーの「右側ドアを使って降機する」パターンを体験してみた »

2020年1月 7日 (火)

年始もヘッドマーク付きの「銀釜」詣でから

工場が止まらないためか、例年正月も休まず運転される「大牟田貨物」

めでたいことに?「銀釜」ことEF81-303が充当されているようなので、「年末も撮ったよな」と思いながら出張ってみました。

Img_3521
Img_3525

1152レが黒崎に到着するところから。

Img_3535

いい日差しで、正面は残念ながら逆光になりますが、ここのおでこ?のあたりのピカピカが目立ちました。

同じエンドを年末に折尾駅で撮った時と比べると、洗車されて輝きを増していたのかもしれません?

Img_3545

長めの正月休みにも重なり、遠征と思われる人も見守る中、いつものように入換作業は進みます。

Img_3542

ピカピカもいいですが、無塗装の車体は影を活かしたほうが雰囲気出るかな…

Img_3546
Img_3549

三菱ケミカルのスイッチャーと銀釜の競演。

Img_3557

毎日のように黒崎でタンクコンテナの入換が行われていますが、三菱ケミカルが今年4月をめどに黒崎事業所で硝酸の製造を停止することから、近いうちにこの光景が見られなくなるかもしれません。

銀タンコでの濃硝酸出荷が止まり、他のコンテナ輸送もトラックに切り替わって専用線廃止、というファンにとっては残念なシナリオから、当地で製造はしないものの流通拠点としては残り大牟田貨物安泰、ということまで考えられますが、これは見守るほかありません。

Img_3577

この日は、このあと夕暮れ迫るスペースワールド駅へ移動。

Img_3587

夕日を背にする作例を見たので期待したのですが、天気が良く日差しも予想以上に強い。

Img_3591
Img_3595

夕日を一緒に入れるのはあきらめてこんな感じで。

Img_3602

大牟田貨物の行方もですが、国鉄から引き継いだED76やEF81、そして415系の置き換えも気になるところです。

前者はまだ具体的な方法が示されていませんが、415系は今後821系増備に伴い数を減らすと思います。九州島内はそれでいいのですが、関門区間はどうするつもりなのでしょうね?

« 北九州空港の仮設VOR/DMEと綱敷天満宮詣で | トップページ | スターフライヤーの「右側ドアを使って降機する」パターンを体験してみた »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北九州空港の仮設VOR/DMEと綱敷天満宮詣で | トップページ | スターフライヤーの「右側ドアを使って降機する」パターンを体験してみた »

無料ブログはココログ