« 防府天満宮では、子沢山のネズミを彫った干支の御柱が展示中 | トップページ | 北九州空港の仮設VOR/DMEと綱敷天満宮詣で »

2020年1月 3日 (金)

国道322号バイパス工事現場の追加取材をしてきた

先月の記事とはちょっと違うアングルから322号バイパスの工事現場を見てきました。

撮影は昨年末ですが、年末年始で工事が止まっているうちにアップを(笑)

Img_3444
Img_3443

今回は自宅発着で回っていったので、まずは前回記事の⑥地点から。

2枚目の写真のアングルを見比べると、標識が増えてます。

Img_3438
Img_3440

ちょいと移動して、標識が見えるところから撮影。

旧道の国道指定はそのまま残る模様。

Img_3456

続いて道の駅香春(地点④)へ移動。

国道201号の北側は目立った変化なし。

Img_3462

南側は、ここも標識が増えているのが確認できました。

Img_3460

交差する201号は北側に拡幅用地が確保され、一部先行して工事が進んでいるところもありますが、架橋が必要なところもあるのでまだまだ時間がかかりそうです。

Map_bypass

矢印のようにぐるっと回り、県道64号を味見峠側から。
(地図の番号は前回記事に合わせています)

Img_3466

⑤地点へ。車線規制で片側交互通行が続いています。

Img_3465

一段低いところに道路ができていて、バイパス開通の折には県道とバイパスは立体交差になることが標識からも分かります。

Img_3469

年末年始で工事が止まっているのをいいことに、バイパスのトンネル坑口を1枚。

Img_3474

先ほどの一段低い道路はここに。

トンネルや橋の設計や施工の都合で、現在の県道と同じ高さで工事を進め、最終的に県道のほうを付け替える段取りになったのでしょう。

Img_3472

バイパスと、県道との連絡路には、前回も書きましたが既に標識あり。

Img_3477
Img_3480

こんな内容。バイパスの北側は「北九州 小倉南」という表示。

Img_3454

最後に、前回行けなかった⑦地点。

Img_3451

前回通った時、橋桁がまだないように見えたのですが、重機や仮受けが残っているのを見ると比較的最近の架橋か?

ここの進捗でバイパスの開通時期が決まるのではないかと思っています。

« 防府天満宮では、子沢山のネズミを彫った干支の御柱が展示中 | トップページ | 北九州空港の仮設VOR/DMEと綱敷天満宮詣で »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 防府天満宮では、子沢山のネズミを彫った干支の御柱が展示中 | トップページ | 北九州空港の仮設VOR/DMEと綱敷天満宮詣で »

無料ブログはココログ