« 年始もヘッドマーク付きの「銀釜」詣でから | トップページ | 阪急淡路駅高架工事の現場2020年1月①崇禅寺~淡路 »

2020年1月13日 (月)

スターフライヤーの「右側ドアを使って降機する」パターンを体験してみた

成人の日ですね。

当地の成人式も何かと話題になりますが、それと関連の話題から。

先日スターフライヤー(SFJ)に乗ったら、機内で見られるビデオのリストにこんなものが。

Dsc_1487

TNCが不定期に放送しているWORLD FUKUOKA NEWS(WFN)が入ってます。
(前回搭乗時は国際線のみのコンテンツになっており、視聴できず)

ほう、北九州の紹介もあるようなので見てみましょう。

Dsc_1491

のっけからこれかい…
(言いたいことは想像がつきますがそこには触れません)

Dsc_1495
Dsc_1497

北九州のファッションの紹介として、パンチパーマに、(昔は)ジャージ。そして最後は成人式のド派手な晴れ着。

ん、まぁそうよね…

Dsc_1499
Dsc_1500

他のコーナーでは、「福岡ではラーメンにトッピングするのは高菜か紅生姜かという対立軸がある」

個人的にはこういうパロディというかフェイクとリアルの境目をいくニュースバラエティ番組は好きなんですが、リアルを知っているから外国人や英語を使った(ちょっとズレた)紹介が面白いのであって、初めて福岡や北九州を訪ねようかという人が見たら…まぁその時の反応も見てみたいですけど(笑)

興味がある方は、少なくとも今月中は視聴可能だと思いますので是非。
(SFJの最新の機内エンターテインメントの内容はこちらを確認ください)

後半は、SFJが羽田空港でやっている「第1ターミナルのスポットに着いた機材に、第2ターミナルからバス搭乗・降機」の体験について。

以前、第1ターミナルの搭乗口付近にいて「到着便から乗客が降りてこないから、右側からタラップに降ろしてるな」と判断したことはありますが、実体験はなし。

いつまで続くかわからないので、SFJ各便の羽田の地上走行をFR24で分析し、そのパターンの便に乗る機会をようやく得ました(何とか作った)。もちろん運用が変わることもありますからイチかバチか。

Dsc_1484
Dsc_1485

関空からの出発。羽田行きSFJ26便の搭乗手続きはANAのカウンターで。

Img_1945_20200113230501

定刻17:30出発で、関空の地上はだいぶ暗くなったころ。

座席は右側前方を確保しました。

Img_1948

雲の上に出て、少しだけ残照を浴びるとすぐに真っ暗に。

スムーズなフライトで羽田に着きました。

Img_1950

事前の調査通り、第1ターミナルのSpot1に到着。

右側にバスが待っています。

Img_1958_20200113230501
Img_1959_20200113230501

タラップが付いて、右側のドアから降機が始まりました。

Img_1962

私も地上へ。関空便ですので、ここからバスで第2ターミナルへ移動して到着ロビーに。

機材は折り返し福岡行きになるので、降機完了後は右ドアのタラップを外して左ドアにPBBを付け、次の乗客を迎え入れるはずです。

沖止めにしないのは、第1ターミナル発着の北九州便・福岡便のPBB搭乗を増やす(バス搭乗を減らす)ための策と思われます。FR24を見る限りSpot1だけで行われているので、右側に他の飛行機が来ないことから許可されたと考えています。

大したことではありませんが、経験したかったことが一つクリアできました。

« 年始もヘッドマーク付きの「銀釜」詣でから | トップページ | 阪急淡路駅高架工事の現場2020年1月①崇禅寺~淡路 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

航空・鉄道」カテゴリの記事

飛行機・空港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年始もヘッドマーク付きの「銀釜」詣でから | トップページ | 阪急淡路駅高架工事の現場2020年1月①崇禅寺~淡路 »

無料ブログはココログ