« 日田彦山線大行司駅の再建駅舎の活用やいかに? | トップページ | 北九州空港のチェックフライトは、仮設VOR/DMEの確認目的 »

2020年1月28日 (火)

黒崎の「ゴールド免許センター」で運転免許更新の巻

今年は運転免許の更新の年であります。

Img_2128_20200128224601

久しぶりに(たぶん6年ぶりに)ゴールド免許奪還です。

自宅と職場の間に免許試験場があるので、そこに更新に行くのが普通ですが、ゴールド免許の更新は黒崎駅前のゴールド免許センターでも可能と表示されているので、行ってみることにしました(免許試験場は、違反講習の人とかもいるじゃないですか、ねぇ)

Img_2147

黒崎到着。駅の南東側にある「クロサキメイト」の運営会社が破産手続開始と、今年4月末での閉館を発表したこともあり、現状を撮影。

井筒屋黒崎店が(いったん閉店の意向を表明したものの)フロア減になったことによる賃料減、そして、レッドキャベツも2月に閉店することを決めたために、事業継続は困難との判断になったようです。耐震補強に必要な費用の捻出が困難との情報も。

Img_2137

今日見た限りは閉館の掲示などは見当たりませんでした。

井筒屋のほうは「2022年まで新たに賃貸契約を結んだのになぜ」というリリースを出し、今後に関してはまだ決定事項はないと書いていますが、おそらく4月末で閉店になるのでしょうね。

Img_2142

別アングルから。

黒崎は駅とクロサキメイト、奥に見えるコムシティをペデストリアンデッキで結び、そこから駅の南北へもデッキが伸びています。

デッキで動線は確保されているとも言えますが、駅の南側しか市街地がないことに加えて、駅前に片側3車線の国道3号線が通っています。線路と国道の間の狭いエリアの賑わいを確保するのは難しかったのではないかと感じます。

別の事業者の手で商業施設として生き残りをはかるのか、コムシティのように公共性の高い施設にするのか(もう一棟は市も流石に要らないか)、あるいはマンションなどの形で再開発するのか、など今後の行方は気になります。

Img_2149

さて、本日の目的地のゴールド免許センターは、八幡西区役所も入居するコムシティの2階にあります。

Img_2152

デッキからつながる入口のところにもゴールド免許センターと書いてあるのですが、ここから入ると3階で、免許センターはありません。

Img_2154
Img_2156

なので、迷わず免許センターに行こうと思ったら、手前の階段かエスカレータでワンフロア降り、2階の入口へ向かわれることをお勧めします。

コムシティの中で3階から2階に行くのはエスカレーターがなくて意外と戸惑います(エレベーターはあります)

Img_2157

手続き自体は他の試験場と同様に進みますが、講習が30分で済む人ばかりなので(高齢者で講習受講済みの人は視力検査だけ)、非常にコンパクトなスペースにおさまっています。

Img_2166

無事ゴールド免許はゲットしましたが、まず使うことのない暗証番号の記入を申請書に求められるのと、その番号が記載された紙を渡されるのが相変わらずイケてないなぁ。昨年e-Tax用のID/パスワード設定に行った時に、パスワードを含む用紙を印刷して渡すのが当たり前みたいな対応に唖然としたのを思い出しました。

いや、本来はですね、パスワードってのは職員のあなた方にもわからないように設定されるべきものなのですよ…

« 日田彦山線大行司駅の再建駅舎の活用やいかに? | トップページ | 北九州空港のチェックフライトは、仮設VOR/DMEの確認目的 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日田彦山線大行司駅の再建駅舎の活用やいかに? | トップページ | 北九州空港のチェックフライトは、仮設VOR/DMEの確認目的 »

無料ブログはココログ