« スターフライヤーの「右側ドアを使って降機する」パターンを体験してみた | トップページ | 阪急淡路駅高架工事の現場2020年1月②淡路~下新庄 »

2020年1月14日 (火)

阪急淡路駅高架工事の現場2020年1月①崇禅寺~淡路

過去に6年前に同様のタイトルで記事にした、阪急淡路駅と隣接区間の高架(連続立体交差)工事。

あとは、おおさか東線工事のレポートついでですが、3年前1年前にも訪ねています。

当初の予定では既に高架に切り替わっているはずの時期ですが、用地取得の遅れなどから高架切換は2024年度末(2025年3月?)の予定に延期されています。

昨年おおさか東線も開通したので、今回は阪急淡路駅の高架工事現場を中心にレポートします。

Img_7108

まずは、北梅田駅(仮称)の建設も進むうめきた地区を、阪急中津駅近くの高架から。

Img_7114
Img_7115

相変わらずホームが超狭い中津から阪急に乗車。

京都線にホームがないため、淡路に行くには十三で乗り換える必要があるのですが、十三では一部でホームドアの運用が始まっていて違和感あり。

Img_7120

淡路の一つ手前、崇禅寺で下車。

Img_7117

この駅も淡路とともに高架化されますが、大阪梅田側では仮線の横で高架のアプローチ部分を建設中。

Img_7119

駅部分や京都河原町側では、現路線の直上に高架を建設中です。

Map_awaji

今回の撮影範囲に番号を振ってみました。崇禅寺駅は①

Img_7127
Img_7130

線路沿いを淡路に向かって進んでいくと、線路脇に別のレールを見つけました。

仮線とかじゃなくて、直上での施工を助けるクレーンの移動用ですね。

Img_7134

この2層になったトラス橋は、1年前にはすでに設置されていましたが、②のところの計画道路(線を引きました)をまたぐためのもの。

千里線(写真奥)にも必要になりますが、こちらは未設置。

崇禅寺駅からここまでの高架がまだ橋脚だけなので、複線を上下に振り分けるあたりはまだ分かりません。

Img_7137

③のあたり。京都線と千里線が合流し、幅の広い二層の高架になります。

Img_7140

駅部分は、現淡路駅の南側に建設中です。大きいですね。

« スターフライヤーの「右側ドアを使って降機する」パターンを体験してみた | トップページ | 阪急淡路駅高架工事の現場2020年1月②淡路~下新庄 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スターフライヤーの「右側ドアを使って降機する」パターンを体験してみた | トップページ | 阪急淡路駅高架工事の現場2020年1月②淡路~下新庄 »

無料ブログはココログ