« 黒崎バイパス春の町ランプ工事で、都市高速との連絡道路をまたぐ橋桁が設置される | トップページ | マルショク新守恒店、ファディとともに始動 »

2019年12月 8日 (日)

北九州モノレールの1109Fが全検明けで緑の原色に

ちょっとだけ北九州モノレールの話題。

Img_1503

先日、帰り道に小倉駅からモノレールに乗ろうとすると、緑色の原色編成。

Dsc_1130

きれいなので確認すると、11月に全検が終わって運行に復帰したばかりの1109Fでした(1109-1409)

Img_1504_20191208000501

現在ラッピングが外れた状態になっています。原色もいいのですが、北九州モノレールの経営や、撮影のネタということを考えると、次のラッピングに期待したいところです。

さて、前の記事でも触れた黒崎バイパス春の町ランプの架橋工事。

Img_1549

都市高から黒崎バイパスへ抜ける機会がありました。

Img_1550_20191208000501

真ん中の橋脚から左が前回架けられたJR鹿児島線をまたぐ部分。

右半分が今回の架橋。まだクレーンは残っています。

Img_1552
Img_1553

レーンが少しずらしてあります。通行にはご注意ください。

Img_1558

残りは帰り道。

Img_1560_20191208000501
Img_1561

車線を(上の写真では)左に振っておいて、右側に作られるもう一つのランプウェイの作業用地を確保するのかもしれませんね。

« 黒崎バイパス春の町ランプ工事で、都市高速との連絡道路をまたぐ橋桁が設置される | トップページ | マルショク新守恒店、ファディとともに始動 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黒崎バイパス春の町ランプ工事で、都市高速との連絡道路をまたぐ橋桁が設置される | トップページ | マルショク新守恒店、ファディとともに始動 »

無料ブログはココログ