« 北九州モノレールの1109Fが全検明けで緑の原色に | トップページ | 北九州モノレールの今年のクリスマスデコレーションは、全検後の1109Fに »

2019年12月10日 (火)

マルショク新守恒店、ファディとともに始動

以前、開店間近と書いたマルショク新守恒店、12月3日にオープンしました。

Open_maru

サンリブもりつねの近隣への出店という、サンリブグループのドミナント戦略はどうなるか、などと上から目線の分析は今後の客の入りを見て考えるとして、ご近所にオープンしたての新店舗に買い物に行ってきました。

前の記事と比較しながら見ていただくと分かりやすいと思います。

Img_1564_20191210115801

まずは外周りから。

守恒二丁目交差点から上がってきたところの入口には、歩道の高さの側壁に看板が出ています。

坂の下から見上げると、ここがちょうど目線の位置になるので、高い看板を掲げる必要はないとの判断でしょう。

Img_1563_20191210115801

ここから上がったところの駐車場には一部舗装されていないエリアが。

今はロープで区画されて臨時駐車場みたいになっていますが、別棟の店舗を誘致する計画でもあるのか?

Img_1572_20191210115801

坂を上がった側の出入口にはよく見る縦長の看板。

Img_1574_20191210115801

駐車場は、サンリブもりつねと同じく、1時間無料(買い物すれば2時間無料)

この日は開店セール中でゲートは開きっぱなしでしたが、現在は通常運用。

サンリブもりつねと異なるのは営業時間で、

サンリブもりつね 9:30~22:00
マルショク新守恒 9:00~21:00(いずれも一部店舗を除く)

となっています。

近隣住宅との協定の都合かもしれませんが、営業時間をずらすことで2店舗の「どちらかが開いている」時間は長くできます。それならば「考えたな」と。

Img_1576_20191210115801

店舗周りにはキャッシュレス決済5%還元ののぼり。

サンリブグループがちょっと残念なのは、自社のクレジットカードと電子マネー(masaca)しか還元対象ではないこと。

Img_1577

支払いに自動精算機を使う「セミセルフレジ」を多く配置したのは新店舗らしい特徴ですが、これも「現金か自社電子マネー」しか使えないので、クレカを使いたい場合は先に申し出る必要があります。

どうせならクレカや複数の電子マネーに対応してほしかったです。

Img_1571_20191210122001
Img_1570_20191210122001

マルショクの店内は、最近できたサンリブきふねとか、他社ですがハローデイにも通じる雰囲気。

Img_1578_20191210122001

併設のファディ。我が家は以前から他店舗を利用することが多く、今回近くにできたのは大歓迎。

店舗内の色合いや、壁面の標示にマルショクと共通点が多く、設計段階で内装を調整されたものと思われます(ファディが白抜きのロゴをよく使っているので、それに合わせた?)

Img_1579_20191210122001

店内で売られている冷凍食品(コロッケや唐揚げ)の揚げたてをテイクアウトできるのが新サービスだそう。

ファディは以前からカフェのある店舗がありますが、そこで提供するのは売っている商品を調理したもの(グローサラント型というそうです)

今回のテイクアウトコーナーは、一歩踏み込んできたな、という感じです。お試しで食べてみる、一人暮らしなのでちょっとでいい、という場合などにありがたい。

下のサンリブと異なり、銘菓や総菜、ファストフードの専門店は入っていませんから、カフェやテイクアウトもあるファディというのはマルショクの補完にちょうどいいのではないでしょうか。

Img_1565_20191210122001

参考までに、ダイソーとココカラファインも入っております。

こちらはそれぞれの店の他店舗と同様の構成に見えました。

« 北九州モノレールの1109Fが全検明けで緑の原色に | トップページ | 北九州モノレールの今年のクリスマスデコレーションは、全検後の1109Fに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北九州モノレールの1109Fが全検明けで緑の原色に | トップページ | 北九州モノレールの今年のクリスマスデコレーションは、全検後の1109Fに »

無料ブログはココログ