« サンリブもりつねの近隣にマルショク新守恒店がオープン間近 | トップページ | 黒崎バイパス春の町ランプ工事で、都市高速との連絡道路をまたぐ橋桁が設置される »

2019年11月26日 (火)

ソーラー充電式センサーライトの電池をエネループに交換してみた

まずは、ギラヴァンツ北九州のJ2復帰決定、おめでとうございます。

あと一つ勝って、J3優勝して堂々とJ2の舞台に駒を進めましょう。

Img_1447

さて、11月も下旬になり、ツワブキの花が咲き始めました。

Img_1448

食卓をにぎわせてくれたカボスも、残った実が黄色く熟してしまいました。

こうなると酸味が減ってしまうそうです。

Img_1450_20191125232901
Img_1449

アジサイやトサミズキは冬芽が目立ちます。

Img_1461_20191125233301

残りは、庭先のソーラー充電式センサーライトの話。備忘録的に。

Img_1462

外階段の登り口が暗いと危なっかしいのと、防犯も兼ねてセンサーライトを設置しています。

AC電源を取りまわすのは大変なので、ソーラー充電式にしました。

Img_1451

購入時期を覚えてないのですが、少なくとも3年以上は活躍してくれました。最近、非常に弱々しくしか点かなくなったので、買い替えを覚悟。

同等品を調べてみると、1.2Vニッケル水素電池を使っているものが多いので、外してみるとうちのも単三電池が入ってました。

Img_1452

あー電池が劣化して液漏れしたかな…

Img_1455

液漏れを見て、やっぱり買い替えようかと思ったのですが、引き出しに眠っている「エネループ」を思い出して考え直すことに。

同じ1.2Vのニッケル水素電池ですが、容量はセンサーライトに付属していたものよりだいぶ大きい。

センサーライトの側に、交換の際は600mAh以上のものをと書いてあるので、容量の大きいエネループは問題なく使えるはず。

Img_1457_20191125233301

今はPanasonicに吸収されて消滅した「SANYO」ブランドのエネループ。

いつ買ったかな?と考えて思い出すのは、子供がプラレールで遊んでいたころ。

あまりに乾電池の消費が速いので、充電池を買って、その数の範囲で遊ぶようにしていた記憶。

Img_1459_20191125233301

現在、単三アルカリ乾電池のかわりに充電池を使う場面がないので、妻にも確認を取って充電済みのエネループをセンサーライトに。

Img_1463_20191125233301

ちゃんと光って一安心。

すごく明るく感じるのは、前の電池が徐々に劣化して、気づかない程度に暗くなっていたいたからでしょうね。

数千円ですが、余計な出費をせずに済みました。

« サンリブもりつねの近隣にマルショク新守恒店がオープン間近 | トップページ | 黒崎バイパス春の町ランプ工事で、都市高速との連絡道路をまたぐ橋桁が設置される »

家(DIY・ガーデニング)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サンリブもりつねの近隣にマルショク新守恒店がオープン間近 | トップページ | 黒崎バイパス春の町ランプ工事で、都市高速との連絡道路をまたぐ橋桁が設置される »

無料ブログはココログ