« 深夜の黒崎バイパス春の町ランプの架橋工事を見学の巻 | トップページ | 大井川鐵道にトーマス号を見に行くの巻② »

2019年11月 5日 (火)

大井川鐵道にトーマス号を見に行くの巻①

またもやお出かけの記録を。

今回は東京に行った帰りに静岡方面に寄ってみました。

Img_1180

東京で所要の済んだ翌朝。

浜松町で「東京消防庁音楽隊」の衣装を着せられた小便小僧にお目にかかるところから。

Img_1187

品川へ移動。写真は到着する京浜東北線上り。

山手線・京浜東北線は今月16日に大規模運休を伴う工事を行い、来春開業予定の高輪ゲートウェイ駅を通る線路に切り替わりますが、それに合わせて写真の場所でも京浜東北線と山手線乗換の便を高めるための変更が行われます。

Takanawa

今回の記事とは関係ないですが、最近日清が「大崎、品川、高輪ゲートウェイ!」ってCMを流していて、最初JR東日本が新駅開業に向けてイカレたCMを流し始めたのかと思いました…

Img_1197

品川から東海道新幹線に乗り換えます。

新幹線のきっぷを取り出したときに「東京都区内発の乗車券を買ったのに浜松町でSuicaをタッチして乗車してしまった」ことに気づいたので「浜松町~品川の運賃を別に支払う必要がある?入場を取り消したりできる?」と駅員さんに申し出てみました。

「新幹線のきっぷを乗換改札機に入れてからICカードをタッチすれば、ICカードからは引き落とされませんよ」との回答(公式には以下ような通過方法の案内あり、JR東海版JR東日本版

半信半疑ながら(笑)、言われたとおりに実行して新幹線に乗車。

Shinkansen_noritsugi

車内でSuica Readerを起動して履歴を確認したところ、ちゃんと、浜松町で入場して品川で出場して0円清算の記録。

前の乗車が「自動改札機」なのに対して「乗継精算機」と表記も異なります。

予想以上に高度な処理をやってくれる新幹線改札機に感謝。

Img_1198

やや曇っていましたが、富士山の姿も見えました。まずは小田原あたりから。

Img_1204

新富士あたりではてっぺんが見えたり隠れたりでしたが、富士川を越えながら撮ったものに、鉄骨の隙間から水管橋と富士山がバランスよく写ったものがありました(雲がアレなので位置関係だけですけど)

Img_1210

静岡で在来線に乗り換えて、島田で下車。

Img_1211_20191105145201

仕事の関係で一時期島田に住んでいたのですが、そのころにはなかった「島田市緑茶化計画/SHIMADA GREEN Ci-TEA JAPAN」の文字が。

Img_1212

昔からお茶の生産は盛んな地域ですが、2005年に島田市と金谷町が合併し、今の市制がスタートしてから10年を記念して制定されたようですね。

Img_1213

2008年には川根町が編入され、次の目的地の家山駅も島田市内となっています。観光案内の守備範囲が広い…

ちなみに、川根町の北側(大井川の上流)にあった中川根町・本川根町は2005年に合併して川根本町になりました。

平成の大合併で、自分が住んでいた頃と行政区にも変化があります。

Img_6875

家山駅まで向かうのに見つけたのが、島田市が運行するコミュニティバス。

次はこれに乗車します。

« 深夜の黒崎バイパス春の町ランプの架橋工事を見学の巻 | トップページ | 大井川鐵道にトーマス号を見に行くの巻② »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 深夜の黒崎バイパス春の町ランプの架橋工事を見学の巻 | トップページ | 大井川鐵道にトーマス号を見に行くの巻② »

無料ブログはココログ