« 黒崎バイパス春の町ランプのJRをまたぐ架橋工事が進行中 | トップページ | コードレスホン子機の電池を交換して延命の巻 »

2019年10月31日 (木)

北梅田駅(仮称)へのアプローチ部分の工事界隈をウロウロ

先日からパラパラとアップしている、台風19号が接近する中関西に出かけてきたときのネタ。これで最後です。

Img_0852

12日の夜、台風接近のため岡山~東京で動きを止めた新幹線。

Img_0855
Img_0857

新大阪駅の新幹線改札は閉鎖され、問い合わせに応じる駅員と、警備員の姿のみ。

在来線や周辺のオフィスは動いているため、駅ビルの飲食店や土産物店は開いていましたが、当然のことながら人は少な目。

Img_0860
Img_0858

新幹線だけでなく在来線の北陸特急や新快速も運休になっており、特に弁当屋さんがかわいそうでした。

止まる予告があったので、出荷量は調整していたと思いますが…

Img_0845_20191031225001

この日、地下鉄中津駅近くに宿をとったので、移動していると、梅田貨物線に沿って工事用地が確保されています。

Img_0844

ちょうどこのあたり、建設中の北梅田駅(仮称)にむけて地下に潜っていく区間なんだな。

現在梅田貨物線を仮線に移し、新線の建設工事に取り掛かったところのよう。

Img_0851
Img_0865

この界隈の梅田貨物線は、古い時代の築堤だからか、異様に桁下の低い通路が続いています。

Img_0866

掲示物を見ていると、新線の高さに合わせて歩道橋とかアンダーパスとかを構築する方法がいくつか地元向けに提示されているよう。

地下線へのアプローチに切り替わるので、同じように通れなくなる部分ができるのか…

地元への配慮が必要な区間なわけですな。

Img_0861

線路が切り替わると、「うめきた」につながるこのあたりもずいぶん変わるのでしょうね。

Dsc_0768

それを見越してか、地下鉄中津駅もリニューアルが進んでいました。

先ほどの新線をまたぐ動線の図にも中津駅の出入り口が書き込んであったので、バリアフリーな通路と地下鉄出入口が互いに利用しやすいように配慮されることと思います。

« 黒崎バイパス春の町ランプのJRをまたぐ架橋工事が進行中 | トップページ | コードレスホン子機の電池を交換して延命の巻 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黒崎バイパス春の町ランプのJRをまたぐ架橋工事が進行中 | トップページ | コードレスホン子機の電池を交換して延命の巻 »

無料ブログはココログ