« 「即位礼正殿の儀」の日に太宰府天満宮にお詣りしてきた | トップページ | 南海電鉄の有料特急乗り比べの巻 »

2019年10月23日 (水)

日田彦山線、筑前岩屋駅前の橋が再建されました

ひとつ前のお出かけの続きにあたる内容です。

Dsc_0850

昼食後、妻の行先の希望は「道の駅 うきは」。

人気があるのを聞いて、果物などゲットしたいと。

そこから戻ってくるのに、来た道ではなく小石原経由をチョイス。福岡県内(一部日田市)をグルっと回るルートにしました。

日田彦山線の不通区間と重なるルートなので、ここを通るのは2年ぶりの妻と豪雨災害の爪痕や復旧工事の具合を確認しながら国道211号を北上しました。

Dsc_0854

この先は、1か月前の記事との比較になるのですが、まずは宝珠山駅。

Dsc_0853

国道と駅をつなぐ新しい橋の建設工事が、国道側でも進み始めました。国道側の用地確保が難しいからか、川の上に盛土して作業スペースを確保しているようですね。

Dsc_0856
Dsc_0855

前回、駅舎再建が始まっていてびっくりしたと書いた大行司駅。

わりとゆっくり進んでいるようで、まだ足場が残っていました。

Dsc_0858

最後は筑前岩屋駅。水害で流失した橋が復旧され、通れるように。

Dsc_0859

「岩谷駅前橋」という名前なのですね。

銘板とともに、ツツジのきれいな築堤の写真も。

Dsc_0857

今年10月完成という銘板。記事を検索すると、今月19日に渡り初めをしたというニュースが出てきました。

どおりで真新しいはずです。

Dsc_0861

見ている間にもトラックの出入りがあったことから、ここの治山工事や復旧工事にも弾みがつくことが期待されます。

また、岩屋湧水を汲むのに細い路地を通らなくてよくなりました。

「鉄路でなくBRTで復旧になったとしても、バス運行に支障のない橋が架かって良かった」ということも考えたのですが、これは大きな声では言えず…

このあと、「道の駅 小石原」で少々小石原焼を物色して帰路についたのでした。

« 「即位礼正殿の儀」の日に太宰府天満宮にお詣りしてきた | トップページ | 南海電鉄の有料特急乗り比べの巻 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「即位礼正殿の儀」の日に太宰府天満宮にお詣りしてきた | トップページ | 南海電鉄の有料特急乗り比べの巻 »

無料ブログはココログ