« 折尾駅に隣接するオリオンプラザから「丸和」の看板が消えた | トップページ | 10月初めの小倉駅周辺の動き »

2019年9月29日 (日)

北九州空港まつり2019で、タカギの購入したホンダジェットがお披露目

昨日28日、北九州空港で恒例の空の日イベント(北九州空港まつり)が開催されました。

Img_0717

SFJカウンター前に猫の着ぐるみがいて、かわいいので写真を撮ったのですが、あとで確認する「ねこねこ日本史」に登場する新撰組沖田総司とのこと。

なぜ呼ばれた?

物販などには目もくれずまずは展望デッキへ。

Hondajet

今回の個人的な目的は、当地の(株)タカギが購入した、日本国内で3機目とされるホンダジェットの撮影(上の写真はwikipediaより参考画像)

今回の空港まつりに合わせて公募による体験飛行が予定されており、その準備か先週は毎日のように北九州空港周辺を飛行しているのがFR24で確認できました。一度だけ小倉駅近くを飛んでいるのもチラッと目撃。

Img_2817

デッキに行くと、初回の体験飛行から戻ってくるところ。

北からの着陸なので着陸の瞬間はとらえにくいですが、北九州空港らしく、沖合に停泊するフェリーと一緒に1枚。

Img_2821
Img_2823

主翼の上にエンジンを配置する独特の形状です。

Img_2824

ターミナル南側のエプロンへ。レジはJA10HJ。

'HONDA'の下に、やや控えめに'takagi'のロゴ。

Img_2858

展望デッキからは見えない位置ですが、記念撮影をする人の姿もあり、次の準備が進んでいるよう。

Img_2864

出てきました。

相変わらず南寄りの風で、Rwy18へ向かいます。

Img_2869
Img_2871

公式には離陸距離3,491feet(1,064m)とあり、インターセクションで十分離陸できるはずですが、北の端まで行って離陸滑走開始。

案の定すぐに上昇をはじめ、展望デッキからはずいぶん見上げる形になりました。

単に小さいから、エンジン出力が小さいから(あとで出てくるA320と比べて推力は1/10未満)と言われればそれまでなのですが、非常に静かに離陸していきます。

Img_0718

エプロン開放の時間になったので、移動します。

タカギの格納庫もここにあるので、普段はここでお休み?

タカギは整備中の新工場・新社屋に滑走路を作る計画があると報じられており、「社有機がある」ことが人材確保にもつながっているとのこと。ホンダジェットをどのように活用する計画なんでしょうね?

Img_2890

体験飛行から戻ってきたところで1枚。

Img_2892

スターフライヤー(SFJ/7G)と、中国東方航空(CES/MU)とともに。

Img_2920
Img_2960

SFJ80便と、CES796便の離陸を撮影してエプロンを離れました。

いろんな向きからホンダジェットが見られて満足満足😁

« 折尾駅に隣接するオリオンプラザから「丸和」の看板が消えた | トップページ | 10月初めの小倉駅周辺の動き »

航空・鉄道」カテゴリの記事

飛行機・空港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 折尾駅に隣接するオリオンプラザから「丸和」の看板が消えた | トップページ | 10月初めの小倉駅周辺の動き »

無料ブログはココログ