« 大行司駅の駅舎再建(新築)工事が始まっているのに遭遇 | トップページ | 北九州空港まつり2019で、タカギの購入したホンダジェットがお披露目 »

2019年9月25日 (水)

折尾駅に隣接するオリオンプラザから「丸和」の看板が消えた

先週末の折尾駅。

Img_0707

博多方面の列車が停まる3番のりばの端から、鷹見口ホームなどを俯瞰。

最終的に現在鷹見口にある短絡線ホームがここへ移り、6両分のホームだけが残ります。

Img_0709_20190925230301

立っているところは仮設ホームで、短絡線ホームになるまでに撤去されるところ。

この眺めも、鹿児島線ホームが最終位置に移動する次の切替えまでですね(貨物への影響を考えると2020-2021年の年末年始?)

Img_0714

さて、上の3番のりばから見た写真でも、4番のりばから「ソニック」を撮った写真でも、何かが足りない気がします。

Img_6462

以前(今年6月)の4番のりばからの写真と比べると、ほら。

タイトルに書いているので今更ですが、オリオンプラザに入居していた「丸和」の看板が撤去されています。

Img_6590
Img_6586

筑豊線ホームからの写真もどうぞ。

丸和が閉店しても残るこの看板が昭和っぽくて、ついつい撮っていました。

Img_0710

「丸和」の名前自体も経営難から移管された「ゆめマート」に変わって消滅しており、一つの時代の終わりを感じる看板の撤去となりました(大袈裟?

Img_0589

折尾駅に関しては、閉鎖された階段の下部の撤去が進みました。

Img_0712_20190925230301
Img_0716

前回訪問時より、下が透けて見える程度が増えてます。

転落防止の柵やネットはしてありますが、物を落としたりしないようご注意ください。

« 大行司駅の駅舎再建(新築)工事が始まっているのに遭遇 | トップページ | 北九州空港まつり2019で、タカギの購入したホンダジェットがお披露目 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大行司駅の駅舎再建(新築)工事が始まっているのに遭遇 | トップページ | 北九州空港まつり2019で、タカギの購入したホンダジェットがお披露目 »

無料ブログはココログ