« 折尾駅4番5番のりば西口階段閉鎖後の様子など | トップページ | 鶴見線訪問の記録② 大川~海芝浦編 »

2019年9月 5日 (木)

鶴見線訪問の記録① 扇町~大川編

京急の快速特急がトラックと衝突して脱線という痛ましい事故が起こりました。

踏切に進入して立ち往生したトラックの運転手が亡くなっており、なぜこのようなことになったのか分かりませんが、踏切がある以上避けきれない事故ではあります…

早期の運転再開と、お怪我をされた方の回復を願います。

Tsurumi_line

さて、気を取り直して、先日アップした「元号駅」シリーズのチェックポイント「昭和駅」が所属する鶴見線の探訪記をアップしていきます。

アクセスが特別悪いわけではないですが、なかなか訪ねる機会のないこの界隈を一回りしてきました。

 

Img_2131

「大正→昭和」の乗車券で尻手・浜川崎経由で昭和駅に降り立ったのち、歩いて鶴見線の終点である扇町駅に向かいました。

この地の埋め立てに携わった浅野家(浅野総一郎)の家紋から「扇町」と名付けられたとのこと。

この駅の周り、猫の姿が目立ちます(上の写真にも1匹写っています)

Img_2132

扇町に着くと、乗車予定の1本前の電車が出ていったところ。

旅客ホームはこの1面1線だけですが、左手に貨物線が何本か。

Img_0280

朝食にと川崎駅で買ってきた「崎陽軒のシウマイ弁当」を今のうちに食べることにします。

Img_0282

すると、どこからともなく現れました…

Img_0283
Dsc_0252

ダメよ、何もあげないよ。

Img_0285

うーん、ダメだってば❗❗

誰かがエサをくれるからここに居ついているのでしょうが、ダメなものはダメであります。

Img_2141

乗車予定の列車が到着し、近隣の事業所に向かうと思われる人たちが降りていきますが、お互い意に介さない感じです。

Img_2144_20190905221401

列車と一緒に1枚。

昭和、浜川崎(既出)、武蔵白石(次回)と進んで、安善駅で大川行に乗換。

Dsc_0253

時刻表上で1分のdoor to door乗換でしたので、ホームの駅名票だけ証拠に。

安田財閥の創始者である安田善次郎の名にちなんで「安 善」なのだそう。

Img_2148

武蔵白石駅のそばを通過して大川支線に入り、大川駅に到着。

「製紙王」と呼ばれた大川平三郎にちなんだ駅名。

大川支線の列車は平日でも7-8時台に4本、17-20時台に5本の列車しかありません(土日はさらに少なく、全日で3本だけ)

そのため、平日朝ラッシュ?の最後の便に間に合うようにさかのぼって、昭和駅に着く時刻や蒲田を出る時刻も決まった次第。

« 折尾駅4番5番のりば西口階段閉鎖後の様子など | トップページ | 鶴見線訪問の記録② 大川~海芝浦編 »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 折尾駅4番5番のりば西口階段閉鎖後の様子など | トップページ | 鶴見線訪問の記録② 大川~海芝浦編 »

無料ブログはココログ