« 「大正」駅から「昭和」駅までの乗車券の買い方に変化が? ~JR運賃特例の変更など | トップページ | Powershot G5X mark2で自宅周りを撮影 ~今日の庭8/4 »

2019年8月 3日 (土)

PowerShot G5X mark2買っちゃいました。まずはファーストインプレッション

Powershot G7Xを購入してから5年近く、今般同シリーズの次々世代が発売になりました。直系のG7X mark3と、レンズとEVFが違うG5X mark2で悩んだ挙句後者を購入しました。

いわゆるコンデジの買い替えは久しぶり。とりあえず少し弄ってみた感想を。

Img_6691

ポチっておいたのが昨日到着。64GBのSDカードとともに。

Img_6693
Img_6694

さっそく、先代のG7Xと比較します(左が新人のG5X mark2)

少し大きいのは否めないですが、右手のかかる位置にグリップがあるので、ホールド感は良い。いつものカバンには問題なく収まりますが、さてポケットに入れて持ち歩けるかというと、G7X以上に厳しいかなと。

スペック上、バッテリー込みで先代の304gに対して340gと1割ほど重くなっていますが、持ち上げようとしたときには案外新人のほうが軽く感じます。グリップで滑りにくいから、指先に込める力は少なめで良いのかも、と考察。

金属ケースの質感がなくなったのが残念と言えば残念。

Img_6696

電源を入れて、ストロボと、G5X mark2の特徴であるEVFをポップアップさせてみました。

Img_6697

EVFは側面のボタン一つで飛び出すのですが、そのまま覗いても暗いまま。

Img_6699
Img_6698

アイピース部分を手前(後方)に引っ張り出して覗くと初めて使えます。

収納も2ステップ。

しばらく使うと慣れるかもしれませんが、EVFは収納の都合で左隅に設置されており、覗いて撮影すると構える手が右にズレるのに違和感あり。どのくらい使う場面があるかなというところではあります。

Img_6701

液晶のチルトはこの程度。バリアングルではありません。

G5x2_suihei

もう一つ戸惑ったのが、G7Xにあった水準器が出てこない点。メニューの設定項目にはちゃんとあるのに液晶画面に出てこない、ファームウェアにバグでもあるのか?と思っていたら、ダウンロード版の詳細マニュアルに注記がありました。

デフォルトの「顔認識+追尾優先AF」だと水準器は表示されないとのこと。「一点AF」にすると水準器が出ますが、前者に慣れているのでちょっと困った…

どういう理由での制限か分かりませんが、手持ちで構図を工夫しつつ水平も取ろうと努力することが多いので、改善を望みたいです。

Img_0010
Img_0009

外で撮ってないので、まずは夜間室内で撮った写真から。

例によってこのカメラが配達されてきた箱に入ってしまったチビ猫を撮影。

35mmフィルム換算24mm相当から120mm相当の5倍ズームレンズが付いてくるので、その実力の確認を(EXIFでは8.8mm~44mmと出ます)

Img_0018
Img_0017

こちらは今朝、外気が入って少し涼しい廊下に陣取る先住猫。

光線の条件が厳しいですが、まずまず見た感じに近く撮れます。

G7x_g5x2

テレ端で20cmまで近づけるようになったのが今回のレンズの改良点としてあげられているので、マクロ性能の確認。

左のG7Xは、テレ端だと40cm離れる必要があり、あまり大写しにできませんが、10cmまで寄れる範囲で最大望遠のところで撮るという一工夫で左側くらいまでいけます。

G5X mark2は素直にテレ端で20cmまで寄るのがいいみたい(右半分)

大写しという点では意外とG7Xのほうがいいですが、裏技っぽいのが何とも…

発色の違いはホワイトバランスなどの処理の違いで致し方ないとして、G7Xのピントが甘いと感じていたは間違いじゃなかったと実感した比較。もともとではなく、数回落としたことによる光学系の劣化でしょう。総撮影数1万2千枚以上。よく頑張ってくれました。

« 「大正」駅から「昭和」駅までの乗車券の買い方に変化が? ~JR運賃特例の変更など | トップページ | Powershot G5X mark2で自宅周りを撮影 ~今日の庭8/4 »

猫日記」カテゴリの記事

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「大正」駅から「昭和」駅までの乗車券の買い方に変化が? ~JR運賃特例の変更など | トップページ | Powershot G5X mark2で自宅周りを撮影 ~今日の庭8/4 »

無料ブログはココログ