« Powershot G5X mark2で自宅周りを撮影 ~今日の庭8/4 | トップページ | 8月24日開業の令和コスタ行橋駅、まだまだ工事中 »

2019年8月 8日 (木)

Powershot G5X mark2のホワイトバランス「雰囲気優先」と「ホワイト優先」の違い

数日前。

Img_2250

チビ猫が箱に入っていたので、近くにあったカメラで1枚。

オヤ、猫の白い部分の色合いが微妙。

Img_2252

そう、うちのLDKは、リビング部分に昼白色のLED電球、ダイニング部分に電球色のLED電球を入れているからか、カメラのホワイトバランスがちょっとずれた感じになりやすい。

ちなみに、上の2枚はG7Xです。

Img_0072
Img_0073

G5X mark2で撮り直してみると、こっちのほうが自然な色合いです。

Dsc_8472

G5X mark2は、「オートホワイトバランス」に2つのモードがあります。

Dsc_8473
Img_0077

デフォルトの「雰囲気優先」だと、電球色をそのまま残した雰囲気に。

手元にあるカメラだと、EOS 80Dにも実装されています。

Dsc_8474
Img_0078

「ホワイト優先」を選ぶと白色の際現に忠実になるようですが、複数の光源の平均を取るような処理をされてしまうのか、奥の昼白色のランプとか周辺の壁紙が青っぽくなります。

Img_0079

電球色のランプの下にあるテーブルの上で、白いティッシュを撮って比較してみました。

すべてオートホワイトバランスですが、左からG7X、G5X mark2の「雰囲気優先」「ホワイト優先」

一日の長があるのか、G5X mark2の「雰囲気優先」が一番見た目に近いかな。

Img_0067
Img_0069

最後は、テーブル上で一進一退の2匹の攻防を。

« Powershot G5X mark2で自宅周りを撮影 ~今日の庭8/4 | トップページ | 8月24日開業の令和コスタ行橋駅、まだまだ工事中 »

猫日記」カテゴリの記事

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Powershot G5X mark2で自宅周りを撮影 ~今日の庭8/4 | トップページ | 8月24日開業の令和コスタ行橋駅、まだまだ工事中 »

無料ブログはココログ