« 2019年も小倉競馬場の夏開催に合わせてモノレールのラッピングがリニューアル | トップページ | PowerShot G5X mark2買っちゃいました。まずはファーストインプレッション »

2019年8月 2日 (金)

「大正」駅から「昭和」駅までの乗車券の買い方に変化が? ~JR運賃特例の変更など

先日「元号駅」に関する記事を書きましたが、それに関連する旅行をしようとした時のちょっとした問題。

駅を訪ねるだけできっぷにこだわりがない方には関係ない問題ですが、例えば「大正発昭和着の乗車券で旅したい」と思うと簡単ではないのです。

JRの乗車券には「特定の都区市内駅を発着する場合の特例」というものがあり、適用範囲は時刻表やJRのサイトに載っています。

Shinai_osaka1

先の例で行くと、大正駅は「大阪市内」

Shinai_yokohama

昭和駅は「横浜市内」(実際には川崎市にありますが)

このゾーン内相互の乗車の場合、実際の乗車区間が「大阪から横浜」でも「新大阪から新横浜」でも「大正から昭和」でもすべて「大阪市内から横浜市内」の乗車券になり、運賃は大阪駅と横浜駅の間の距離で決まります。大阪も横浜も、市内を代表する駅と新幹線駅が異なるので、新幹線を使う場合など意識せずともこの制度の恩恵を受けていることになります。

#要は大都市圏相互の移動に関しては都市を代表する駅間で運賃を固定してしまって、運賃計算や発券を容易にしようというルールです。今や端末に駅名や経路を入れれば運賃や料金が計算され、プリンタで券面を印刷する仕組みが当たり前ですが、常備された印刷済みのきっぷか、さもなくば手書きが普通の時代に考えられた仕組み。

逆に、「大正」「昭和」の駅名が券面に出るような乗車券を発券しようとすると工夫が必要になります。

先ほどの特定都区市内発着の乗車券のルールには但し書きがあり、「特定都区市内にある駅を発駅とする場合で、普通旅客運賃の計算経路が、その特定都区市内の外を経て、再び同じ特定都区市内を通過するとき(中略)を除く」とあります。

「市内」をいったんはみ出して戻ってくるときは実際の乗車経路に沿った運賃を負担してね、という至極当たり前のルールを逆手にとるのです。

「大正から昭和」の場合、関西線とおおさか東線が交わる久宝寺駅を経由して大阪市内をはみ出し、新幹線で品川まで行って折り返すことで横浜市内をはみ出す方法が知られています。

Img_2090

鉄ヲタのくせにこういう面倒なきっぷを窓口で駅員さんに頼むのは気が引ける人なので、「みどりの券売機」で購入できるか試してみました。

「乗換案内から購入」を選ぶと、発着駅が自由に指定できるのです。

#ほかのお客さんがいないときを狙ってやっています

Img_2091
Img_2092

九州にいながらこういう経由地を入力してみます。

Img_2094

ちゃんと実際のダイヤに基づいた乗り換え情報と、きっぷの値段が出ます。

期待通りの経路が検索できましたが、なぜか大正駅の横に「大阪市内」の文字。

Shinai_osaka2

不思議に思って調べてみると、今春の「おおさか東線」全線開業に伴って、南吹田など住所が大阪市外の駅も含めて「大阪市内」の駅が増えたほか、「市外乗車の特例」に加美~久宝寺~新加美経由が追加されています。久宝寺で途中下車しないという条件付きですが、乗客に便宜を図る形になっています(尼崎にも同様の設定あり)

券売機だけでなく「えきねっと」の乗車券購入も試してみましたが、いずれもこの便宜をはかり、久宝寺経由は「大阪市内完結」の乗り継ぎと判定されるようです。

おそらく窓口で申し出れば久宝寺経由(途中下車可)の乗車券が買えると思いますが、窓口氏を煩わせない策としては「大正~大阪~西明石~(新幹線)~品川~(鶴見あるいは尻手)~昭和」ルートですかね…

「市内駅」は運賃計算を煩わしくしないためのものなので、さきほどのおおさか東線のような例外がいくつかあります。

Shinai_yokohama_

「横浜市内」を再掲。川崎駅が含まれるのは知っていたので、横浜市と川崎市を一体で設定したのかと思っていましたが、川崎市内の駅すべてが対象ではないので不思議な感じ。

矢向(やこう)駅が横浜市にあるので、横浜から矢向に行くルートを考えると鶴見線や川崎駅を入れざるを得なかったのかなと。鶴見線の支線まで全部入っているのが面白いですが。

Shinai_hiroshima

「広島市内」も同様。府中町にある向洋(むかいなだ)駅や海田町にある海田市(かいたいち)駅も、瀬野駅に行こうと思えば通らざるを得ないのでお仲間に。

Shinai_kobe

山陽新幹線新神戸駅は在来線と直結しておらず、運賃計算上も別ルートとして扱われることがありますが、「神戸市内」に含まれており、その恩恵を受けることも可能です。

乗り継ぎのための地下鉄やバスは別料金になりますが、この記事にあるように「神戸市内」発着のきっぷで市内の在来線が利用できるようになっています。

六甲山の向こうがわ、福知山線にある道場駅は、市内駅に入れようと思うと尼崎まで遠回りを認めることになるのでさすがに除外。

Shinai_fukuoka

「福岡市内」は地下鉄と相互乗り入れする筑肥線の駅が対象外になっています。

もともとは市内駅だったのですが、地下鉄が代替する形で筑肥線の一部が廃止された時に市内駅から外れました。神戸市内のように、地下鉄連絡での市内駅扱いを残しても良かったんじゃないかと思ったのですが、運賃収受や改札で問題になりそうなケースをすぐに思いついたので撤回します。

« 2019年も小倉競馬場の夏開催に合わせてモノレールのラッピングがリニューアル | トップページ | PowerShot G5X mark2買っちゃいました。まずはファーストインプレッション »

航空・鉄道」カテゴリの記事

鉄道(乗り鉄・紀行)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年も小倉競馬場の夏開催に合わせてモノレールのラッピングがリニューアル | トップページ | PowerShot G5X mark2買っちゃいました。まずはファーストインプレッション »

無料ブログはココログ