« JALが導入するA350の訓練飛行が北九州空港に飛来 | トップページ | シマトネリコの花に集まるクマバチやミツバチ »

2019年7月 1日 (月)

水巻~スペースワールド、車内から見たまま情報

週末、鹿児島線の車内から見た(見えた)沿線の工事などの現況。
(上り下りが混ざっているので撮影順とは一致しません)

Img_1972

まずは水巻駅から少し折尾寄り。線路の用地を拡げているように見えます。

Img_1971

橋の架け替えのようですが、下を通る道路の拡幅に伴うもののようです。

ロングスパンのものに変更するのでしょうな。

Img_1973

続いて折尾駅の西側。先日のトンネルウォークでお邪魔した筑豊線のトンネルが右側。まだ使用されていない「短絡線」側のトンネルが左奥。

Img_1968

トンネル内の線路敷設はトンネルウォークの時より進んでいます。

その先は、鹿児島線の切り替え後でしょうね。

Img_1976

折尾駅(ちょっと降りました)では、新ホーム(鹿児島線用)部分の構築が進んでいます。

Img_1977

先日使用が終了した仮設通路は解体済みに。

Img_1988

ちょっと小倉方面に進んで八幡駅。

仮置きされた橋桁は1ヶ月ほど前には1つでしたが、2つに増えていました。

Haru

北九州市が公開している黒崎バイパス春の町ランプの予想図を見ると、JRをまたぐ部分は上下線で別の構造になっているので、2つの橋桁が置いてあるのは当然のこと。

Img_1961

スペースワールドの跡地は、遊具だけでなく植栽も撤去されてほぼ更地。

Img_1959

このあたりの植栽にはなんとなく元のスペースワールドのころの名残を感じます。

Img_1990

最後おまけに、一時期「アイアンツリー」としてライトアップされていた煙突が解体中です。

« JALが導入するA350の訓練飛行が北九州空港に飛来 | トップページ | シマトネリコの花に集まるクマバチやミツバチ »

航空・鉄道」カテゴリの記事

小倉駅あたり」カテゴリの記事

鉄道(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JALが導入するA350の訓練飛行が北九州空港に飛来 | トップページ | シマトネリコの花に集まるクマバチやミツバチ »

無料ブログはココログ