« 下関貨物駅で、DB500による入換作業を見る | トップページ | 「元号駅」考 ~明治から令和まで »

2019年7月21日 (日)

JR城野駅近くの「若富士町」交差点の改良がほぼ完了

JR城野駅は北口では住宅開発や病院誘致にペデストリアンデッキの整備、そして新たに南口が新たに作られたりと、再開発が進んでいます。

Wakafuji_wakasugi

都市計画上で一体のものかは分からないのですが、城野駅西側の若杉踏切につながる「若富士町」交差点の改良が進んで、ようやく最終形が見えてきました。

Wakafuji0

今見られるものだと、グーグルマップの航空写真で表示されるものが一番古く、真ん中の国道10号線に対して段違いに南北から道路がつながっているところと、その「断層」に対応して誘導線が引かれているのが分かります。

南北が別のタイミングで青になるので効率が悪い、10号線からの右折待ちをどこですればいいか分かりにくい、といった問題の多い交差点でした。

Wakafuji2

同じグーグルマップで3D表示にしたところ。南側の若杉踏切も入れて。

Wakafuji1

北側から見たところ。再開発エリアの擁壁が、写っている道路に対して軽くカーブしていて、道路を付け替える計画があることが分かります。

真ん中のビルがいかにも邪魔!と思うのもこの擁壁に沿って道路ができると考えるから。

Wakafuji3

次は、航空写真より少し新しく、昨年春の画像に基づいてる「ストリートビュー」から。

上で「邪魔」と書いたビルが解体されています。

Wakafuji4

南側も、道路に沿う建物が解体され、拡幅する用地が確保されてています。

Img_1126

この先は今春以降に自分で撮った写真。

まず今年3月に、北側の道路が左にカーブするように切替え。

Img_1130_20190721233201

南側はこれからといったところ。

Img_1597

次は5月。

Img_1666_20190721233201

南側が、新たに舗装された向かって右側に切替えられました。

Img_1669

信号制御も南北が同時に青になるように変わったのはいいのですが、右折レーンが整備されてないため、かえって通りにくい状況に。

Img_2130

最後は最近の状況。

Img_2133

北側も南側も、完全に1車線分にはなっていませんが、右折の待機用に広がった部分が確保されました。

ようやく以前よりマシになった感じです。

Img_2134

若杉踏切は手付かずですが、この際ここの車路や歩道も広げてほしかったです。

« 下関貨物駅で、DB500による入換作業を見る | トップページ | 「元号駅」考 ~明治から令和まで »

小倉駅あたり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 下関貨物駅で、DB500による入換作業を見る | トップページ | 「元号駅」考 ~明治から令和まで »

無料ブログはココログ